FXをやっている人なら誰しもが
安定した結果を出して
資金を大きく増やす事を望んでいます。

 

でも、結果が出ずにFX歴が長くなると、

「安定した結果が出るようになる感覚って
いったいどんな感じなんだろう?」

なんて疑問に思う事がありますよね。

 

そこで今回は、
安定した結果を出すまでに
5年以上の時間を使った私が
安定した結果を出せるようになった
感覚についてお伝えしていこうと思います。

 

急に勝てる感覚になる?

FXのトレードで
勝てるようになった人の
ブログなどを読んでいると、

「ある日突然色んな事がつながって
急に勝てる感覚がわかった!」

なんていうのを
よく目にすると思います。

 

ですが、私の感覚では
そんな感じは全くなくて、

「これなら大丈夫かも・・・」

という感覚が少しずつ
ついていった感じでした。

 

特に私の場合、
トレードを始めてから

・ポジポジ病
・ハイレバトレード
・ナンピン
・損切りせずに放置

といった、
FXでのありとあらゆる失敗を
5年ぐらい続けてきました。

 

だから、

「何をやってもダメ」
「何をやればいいかわからない」

という感覚に陥っていたので、
安定した結果が出るようになっても、
なかなか自信が持てずに
常に自分自身を疑っていました。

 

実際に3ヶ月連続で
初めて月間200pipsを超えた時も、

・ルール外のトレード
・損切りできずにナンピンする

というのをちょこちょこしていました。

 

その為、結果だけ見れば
安定した結果だったのですが、
中身を見ると
ダメなトレードも混じっているので、

「本当に勝てるようになったのか??」

なんて思っていました。

 

この事もあって、
私の中では、

「FXで急に勝てるようになった」

という感覚は余計ありませんでした。

 

「大丈夫」と思える感覚になるまでの過程

FXで安定した結果を出して、

「これなら大丈夫だな」

と徐々に思えるようになったのですが、
そこにくるまでの過程を
ここから少し話していきます。

 

まず、最初のきっかけとしては、
徹底的に検証をして
自分の手法を確立した時でした。

 

FXで負けまくっていた頃の私は
自分のトレードスタイルや
手法を全く確立せずに
曖昧な状態でトレードをしていました。

その為、エントリー後は常に不安で
ちょっと利が乗れば利食いしたり、
損切りできずに放置したりと、
トレード内容がとにかくバラバラでした。

 

コチラの記事でも書いたように、
FXで安定した結果を出すには、
トレードに一貫性が必要になります。

よって、これに気づいた私は
一旦リアルトレードを止めて
自分の手法を確立する事を決意しました。

 

そしてそこから、
1年近くずーっと検証をし続けていました。

「これ以上、検証項目が見つからない」

っていうまでずっとです。

 

このおかげで、
初めて自分の手法がしっかり確立されて

「この手法なら大丈夫かも・・・」

という感覚を感じ始めました。

 

因みに、
この時に行っていた検証方法は
以下の記事で紹介しています。
FXで勝てる手法を作れる具体的な検証方法とは?

 

1ヶ月のデモトレードに入る

徹底的な検証で、
自分の手法を確立して
大丈夫そうな感覚を少し掴んでから
1ヶ月間のデモトレードに入りました。

 

この時は、いくらデモとは言え、
リアルタイムで動くチャートで
トレードをするので、
本当に大丈夫か心配でした。

 

そしていざトレードをしてみると、

・6割ルール通りのトレード
・4割ルール外のトレード

という感じでした。

 

やっぱり検証で手法を確立しても、
リアルチャートを見ながらだと、
エントリー時に躊躇したり、
逆に我慢できずにエントリーしたりと
全てを完璧にすることはできませんでした。

 

更に連敗したりすると
イラっとする感覚が一気に蘇って、
デモトレードなのに

・損切りせずにナンピン
・大ロットでリベンジトレード

なんてことをしていました。

 

だから、こんなことをするたびに、

「やっぱりダメなのかなぁ・・・」

なんて感覚に襲われていました。

 

それでも、
6割ぐらいがルール通りにできたので、
トータルでプラスになって、

「ルール通りにやれば大丈夫かも」

という感覚も少し出てきました。

 

最低ロットで3ヶ月間のリアルトレードに入る

1ヶ月間のデモトレードで
トータルプラスになって

「大丈夫かも・・・」

という感覚がほんの少しついてから
翌月からは最低ロットの1,000通貨で
リアルトレードに入りました。

 

この時が正直な話、一番緊張しました。

 

最低ロットであっても、
やはり久々のリアルトレードだったので、
ここで前の悪夢が戻ってこないか
かなり心配でした。

 

それで実際にトレードをしてみると、

・6割ルール通りのトレード
・4割ルール外のトレード

という感じでした。

 

つまり、デモトレード時と
ほとんど変わっていませんでした(笑)

 

やっぱりリアルトレードだと、
いくら最低ロットで
失う金額が少ないとは言え
自分の大切な資金を使っているので

・負けたくない
・エントリーが怖い
・早くエントリーしたい

などの色んな感情が混ざって
ルール通りのトレードと
ルール無視のトレードが
交互にやってきた感じでした。

 

しかも、週に1~2回ぐらいの頻度で
ナンピンをしたり、
リベンジトレードをしたりして
痛い思いもしていました。

 

それでも、徹底的な検証や
デモトレードの経験値によって
完全に崩壊することはなく、
何とかギリギリ耐えながら
初月に+200pips超えを達成できました。

 

この時に、ダメなトレードはあったものの、

「リアルでトータルプラスにできた」

というのが結構大きくて、

「大丈夫かもしれない・・・」

という感覚がまた湧き出てきました。

 

そして、この少しの自信によって、
次の月もモチベーションが高いまま
トレードができて、
2ヶ月目、3ヶ月目も
+200pips超えを達成できました。

もちろん、2~3ヶ月目も
ルール外のトレードは普通にあって
へこむこともあったけど、
徐々にダメトレードが減っていき、
更に自信が深まる感覚がありました。

 

3ヶ月連続で
+200pips超えを達成してからは
ダメトレードをすることはあっても、
その量は大きく減ったし、
最悪損切りはちゃんとできるようになりました。

 

だから、資金をとばす事はなかったので、
このこともあって、

「とにかくルール通りやっていけば
絶対にプラスにできるから大丈夫」

という感覚が、
かなり身につきました。

 

あとはここからは
少しずつロットを上げていき、
ちょっとダメトレードを挟みながら
何だかんだでずっとプラスになっていき、

「もう大丈夫だろうな」

っていう感覚になって
やっとトレード結果と内容が安定しました。

 

大体ここにくるまで、
1年半以上掛かりました。

 

私の場合、
大丈夫と思えるようになるまでの過程は
こんな感じでした。

 

“大丈夫”と思える感覚になるのに一番役立ったこと

・徹底的な検証
・1ヶ月のデモトレード
・3ヶ月のリアルトレード

この過程を踏んでいくことで
やっとトレード結果が安定して
自信がつきました。

 

そして、この自信を得るのに
一番役立ったことが、

トレード記録をしっかり取る

というのでした。

 

なぜなら、デモトレードと
リアルトレードをする時は
上記でもお伝えしたように、
40%ぐらいがルール通りに
トレードできなかったからです。

 

その為、
トレード記録をしっかり取って
ルール通りにできなかった時の

・エントリー内容
・決済内容
・感情

といった辺りをチェックして、
自分のダメな部分を把握して
常に改善を意識していきました。

 

これによって、
自分が思い描く理想のトレードと
現実のトレードとのギャップを
少しずつ埋めることができて
自信をどんどん深めることができました。

だから、
トレード記録をしっかり取ったことが
安定した結果を出せるようになるのに
すごく大きく役立ちました。

 

因みに、私がその時にやっていた
トレード記録の取り方は
以下の記事で紹介しています。
FXのトレード記録を付けるならエクセルが最強!

 

まとめ

今回は、FXでトレード結果が
安定するようになるまでの感覚について、
私の経験談をお伝えしてきました。

 

他のブログなどを読むと

「急に勝てる感覚になった」

なんていうのをよく目にしますが、
私に関しては、

“徐々に自信がついていった”

という感覚でした。

 

特に私の場合は、
暗黒の時代が長かったせいか、
常に不安な状態だったので、
こういう感覚だったのかもしれませんね。

もし、参考になれば嬉しく思います。

 


P.S. メルマガを始めました

大衆心理を中心に、
FXで勝つ為のコツをお伝えしていきます。

「FX歴が長いけど勝てない」
という方には特におススメです。

FX初心者用のメルマガも用意しているので、
"何から勉強すればわからない"
という場合にもオススメです。

メルマガの詳細内容はコチラ


登録はもちろん無料で、
解除もワンクリックで出来ます。