FXでトレードをしていると、

「少額の資金から増やしてやろう」

なんて考えて、
数千円~数万程度の資金から
始める人が多くいます。

 

ただ、私の経験上、
FXでは少なすぎる資金だと
逆に全て失う確率が高いです。

では、なぜ少なすぎる資金が
失敗しやすいのでしょうか?

 

今回はこの事について、
私の経験談を交えながら
お話していこうと思います。

 

少なすぎる資金はなぜ失敗しやすいのか?

FXではレバレッジが効くので、
資金が少ない状態からでも
問題なくトレードはできます。

 

ですが、数千円~数万といった
少なすぎる資金からトレードをすると、

「早く大きく資金を増やしたい」

という気持ちが強くなります。

 

その為、今ある資金に対して、
過剰なレバレッジを掛けてしまい
無理なトレードをしやすくなります。

 

これによって、
1回の損切り額が大きくなり、

・損切りができなくなる
・ナンピンをする

といったことをして
あっという間に資金を失うのです。

 

どうです?

あなたもこの経験ありません?

私は思いっきりこの経験があります(笑)

 

例えば、
昔の私はFXで負けまくっていた頃に、

「これ以上、資金を失うのは嫌だ」

と思って、1~3万ぐらいの
少額の資金からトレードをしていました。

 

最初の方は1,000通貨ぐらいで
チマチマトレードをしていたのですが、
資金の増え方が数百円とかなので、

「チマチマ増やすの面倒くさいな」
「これじゃあ全然稼げないよ」

なんて段々と思ってしまい、
ロットを一気に上げていきました。

 

そして、ロットを上げてから
トレードしてみると、
逆行された時には

「今の資金に対して
この金額の損失を出したら復活できない」

なんて考えてしまい、
損切りせずに放置したり、
ナンピンをし始めました。

 

そしたらその時に限って、
どんどん逆行していき、
最後は強制ロスカットです。

 

そこから一気に悔しさが爆発して、
またすぐに数万を入金します。

でも、この時は、

「前の資金分は取り返さなきゃ」

なんて切れて意気込んでいるので、
最初から資金管理無視の
ハイレバトレードをしていきます。

 

しかしながら残念なことに、
こういう切れている時には
冷静な判断ができないので、
トレード自体も雑になります。

だから、すぐに逆行されて
また強制ロスカットになります。

 

そしてまた切れて数万を入金して・・・

っていうのをひたすら繰り返して、
結局トータルで見ると、
数十万を損していたわけです。

 

このように、
少なすぎる資金から始めると
逆に無理なトレードをしてしまい、
資金を失う可能性が高くなるのです。

 

少ない資金から始めるべき本当の理由は?

「FXは少額の資金から始めましょう」

こんなことをよく聞くと思います。

 

実際に私自身も、
少なすぎる資金は逆効果と言いながらも、
この意見には賛成です。

 

しかし、これには理由があって、
少ない資金から始めるのは
稼ぐのが目的ではなく、
リアルトレードで
勝てる自信をつける為のものです。

 

やはりリアルトレードとなると、
デモトレードや検証時とは
精神的な負担が大きく違います。

だから、
検証やデモで出来ていたトレードが

“リアルになると急にできなくなる”

なんてことが必ず出てきます。

 

そうなると、
余計な損失が増えることで、
段々と取り返したい気持ちが強くなり、
ルール外のトレードをしやすくなって、
最後は全ての資金を失います。

 

これを数十万などの
大きな資金でやってしまうと、
再起不能になるの可能性が高いです。

よって、これを防ぎながら、
トレード経験値を積んでいき、
徐々に自信をつけていく為に
少額の資金から始めるべきなのです。

 

トレード資金はいくらがいいの?

ここまで少なすぎる資金から
FXをやると逆効果な理由を
お伝えしてきました。

 

でも、そうなると、

「じゃあトレード資金はいくらがいいの?」

なんて思いますよね。

 

これに関しては正直、

「〇〇万円から始めるべき」

という決まった金額はないです。

 

なぜなら、
損失の許容度が人によって違うからです。

 

例えば、実際にトレードをしてみて、

「1万円を損しても切れない」

という人もいれば、

「5,000円の損ですら切れる」

という人もいるわけです。

 

1万円の損でも切れない人なら、
ある程度資金が多くても、
切れて資金を全て失うことは
少なくなるでしょう。

逆に5,000円の損で切れてしまう人は、
リベンジトレードが多くなるので、
資金を多くすると、
その分だけ全てを失う確率が高くなります。

 

だから、自分の中で、

・損失許容額
・余裕をもってトレードできる金額
・トレードするロット

この辺りを考えて、
資金を決めていくしかないです。

 

因みに私の場合は、
5,000通貨でトレードをしていた時に
30万円の資金があった時は

・損をしても切れない
・変に稼ごうと考えない

という状態で、
かなり心に余裕があったので、
落ち着いてトレードができていました。

 

例えば、
5,000通貨で-15pipsの損切りだと、
-750円の損失になります。

この損失額は30万に対して0.25%ですから。

 

FXでは通常、

「1回のトレードの損失は2%まで」

なんてよく言われていますが、
これと照らし合わせても、
圧倒的に低いですよね。

 

このぐらいだと、
心にすごい余裕が出来て
損をしても切れずに
ルール通りのトレードができました。

しかも、このおかげで
月間200~500pipsのプラスになりました。

 

そして、これが3~4ヶ月ぐらい続いたら
自分のトレードにかなり自信がついて
そこからロットを毎月、

・1万通貨
・2万通貨
・3万通貨
・4万通貨
・5万通貨・・・

といったように増やしていったら、
知らない間に資金が激増していました。

 

だから、FXの資金に関しては、
自分の性格などを考慮して
ちょうどいい金額を
見つけていくようにしましょう。

 

資金云々の前に自分のトレードを確立しよう

上記ではFXでトレードをする際の
資金について色々とお伝えしましたが、
当然ですが資金云々の前に
まずは自分のトレードスタイルや手法を
しっかり確立するようにしましょう

 

そうしないと、いくら資金があろうと、
余計なトレードをしたりして、
ほぼ確実に資金を失っていくでしょう。

昔の私もトレードスタイルや
手法が曖昧な状態でトレードをしていたら、
確実に資金を失っていましたから。

 

だから、もし今の自分のトレードで
手法が曖昧だったりする場合は
まずは徹底的に検証をすること。

手法自体がない場合は、
まずは手法作りから始めること。

トレード資金の事を考えるよりも、
これらのことが優先です。

 

もし、検証方法や
手法の作り方がわからない場合は、
以下の記事を参考にしてみてください。
FXで勝てる手法を作れる具体的な検証方法とは?

FXで自分に合う手法のルール作りはどうやればいい?

 

まとめ

FXは練習段階では
少額の資金から始めるのがいいですが、
資金を増やしていくことを目的にすると、
少な過ぎる資金は逆効果です。

 

ただし、だからといって、
資金を多くし過ぎても、
全て失った時のダメージが大き過ぎるので、

・損に対する精神的な許容値
・トレードするロット
・トレードスタイル

といった点などから
自分にあった資金量を
考えていくようにしましょう。


P.S. メルマガを始めました

大衆心理を中心に、
FXで勝つ為のコツをお伝えしていきます。

「FX歴が長いけど勝てない」
という方には特におススメです。

FX初心者用のメルマガも用意しているので、
"何から勉強すればわからない"
という場合にもオススメです。

メルマガの詳細内容はコチラ


登録はもちろん無料で、
解除もワンクリックで出来ます。