FXでデイトレードをする場合、
トレードをする前に
戦略を立てておくことが必要です。

でも、
この戦略をどう立てれば良いのか、
よくわからない人が多いです。

 

前もって戦略を立てておかないと、
いざエントリー場面に来た時に
迷ってエントリーできずに
利益を取り逃すこともあります。

そこで今回は、
私がデイトレードをする際に
立てる戦略を紹介していきます。

 

デイトレードをする際の戦略の立て方

私がデイトレードをする時は
“戦略”なんてカッコつけた言い方ですが、
実は至って普通のことをするだけです。

 

大きな時間軸で全体の流れを把握する

戦略を立てる最初の段階として、
まずは大きな時間軸で
全体の流れを把握することから始めます。

 

私の場合、
15分足のデイトレードがメインですが、
まずは4時間足と1時間足で
全体の流れを把握します。

 

例えば、
今チェックしたチャートが
以下のようになっていたとしましょう。

4時間足

1時間足

 

上記の状態を見て
全体の流れを把握するのですが、
もしあなたがデイトレードをするなら、
これらのチャートの全体の流れは
どうなっていると判断しますか?

 

 

 

 

私であれば、
まず4時間足を見てみると、

・上昇トレンド
・短期的に下落トレンド

この2つが混ざっていて
ちょっと微妙な感じに見えます。

 

次に1時間足を見てみると、
短期的に下落トレンドに
入ったように見えます。

なぜなら、1時間足では
押し安値を下抜けた上に、
高安切り下げが起きているからです。

 

よって、
この2つの時間軸で流れを見ると、

“大きく見ると上昇の可能性があるけど、
短期的には下落する可能性の方が高そう”

と判断します。

 

そして、デイトレードの場合、
短期的な動きを狙っていくので、
大きな時間軸を見て、

“短期的に下落しそう”

と判断したのであれば、
売り戦略を立てていきます。

 

これで戦略の
ほぼ8割ぐらいが完了しました。

どうです?

簡単ですよね?

 

でも、この簡単なことを
最初にやっておかないと、
全体の流れと逆のトレードをして
損をしてしまう可能性が高くなります。

ですから、トレード戦略を立てる際は
まずは必ず全体の流れを
把握することから始めていきましょう。

 

反転しそうな場所を把握する

全体の流れを把握したら、
次に考えることが、
反転しそうな場所を把握しておくことです。

 

今回のデイトレードであれば、
売り戦略を立てたので、
戻り売りを狙っていきます。

その為、
レジスタンスとなる場所を
探していきます。

つまり、反転しそうな場所に
水平線を引いていくわけです。

 

もしあなたが水平線を引くなら、
どの場所に水平線を引きますか?

どの場所に来たら、
エントリーをしたいと思いますか?

 

4時間足

 

1時間足

 

 

 

 

 

どうですか?

頭の中でもいいので、
水平線が引けましたか?

 

私であれば、以下のように引きます。

4時間足

 

1時間足

 

 

1時間足の水平線は3本の内、
上の2本は4時間足と同じです。

ただ、4時間足よりも細かく見ると、
一番下(3本目)にも
水平線が引けるので引いてみました。

 

こんな感じで水平線を引くと、
更にトレード戦略がハッキリしますよね。

売りのイメージとしては、
以下のような感じになります。

 

これでデイトレードをする際の戦略は
9割ぐらいが完成です。

 

どうです?

これも特に難しいことはなく、
至って普通のことですよね。

 

でも、これもしっかりやることで、
より戦略が明確になって
トレードがしやすくなります。

 

ポイントに来るまで待ってエントリー

・全体の流れを把握する
・反転しそうな場所に水平線を引く

この2つができたら、
あとはポイントに来るまで待つだけです。

 

今回のチャートであれば、
まずは以下のように動きました。

 

直近安値をしっかり更新してきました。

ということは、
直近のレジスタンスラインまで戻ってきたら、
戻り売りを狙う戦略を使うことになりそうですね。

 

では、更にその後の動きを見てみると、
以下のようになりました。

 

わずかに水平線に届かずに
下落していってしまいました。

ちょっと取り逃した感がありますが、
ここで悔しがらずに、
もう1度短期的な戦略を立て直します。

 

例えば、
この動きから次に売りを狙うなら、
以下のようになってくれると
売りを狙っていけます。

 

だから、この動きが出るまで
またじっと我慢です。

 

そして、この後の動きを見ると、
以下のようになりました。

(上の水平線はもう使わないので削除しました)

 

ピンクラインまでレートが戻ってきたので、
いよいよ売り戦略が発動する形になりましたね。

そしたらここからは、
15分足に時間軸を落として、
エントリーポイントを探っていきます。

 

今の状態を15分足で見ると、
以下のような感じです。

 

この状態を細かく見ると、
ダブルトップができていますよね。

 

これは1回上を目指して動いたけど、

“高値更新できなかった”

という合図を出したことになります。

 

よって、買っていた人達は

「直近高値が効いているんだな」
「じゃあ逃げないと危ないかも」

と判断して決済をしてきます。

 

一方で売りを狙っている人達は、

「直近高値が効いているんだな」
「じゃあここから下がるかも」

と判断して売りエントリーをしてきます。

 

ということは、
この2つの思惑によって、
下落する可能性が高いと見れるので、
この流れに乗って売っていきます。

 

因みにこの時の損切りは、
赤ラインの少し上で、
利食いは第一目途が
直近の安値付近になります。

もちろん、
利食いは伸ばしてもいいですが、
デイトレードなので
短期的にサクッと取っておくのが
私的にはやりやすいです。

 

その後の動きを見ると、
以下のようになりました。

 

結局大きく下げていきましたね。

この感じであれば、
ピンクラインで利確を様子見して
抜けるか確認してからでも
いいかもしれませんね。

 

特に今回であれば、
ピンクラインを強めに抜けているので、
利益を伸ばすこともできそうです。

 

もしくは、
ピンクラインで一旦利食いをして、
再度戻ってきたところを
売ることだってできますよね。

 

デイトレードだと、
こんなこともできるので良いですよね。

 

以上が、私がデイトレードをする際の
戦略の立て方とトレードになります。

 

どうでしたか?

ものすごく単純でしたよね。

 

やっていることは、

・全体の流れを把握する
・反転しそうな場所に水平線を引く
・ポイントに来るまで待つ
・ポイントに来たらエントリー

といったように、
至って普通のことです。

 

でも、こんな簡単な戦略でも、
迷わずにトレードができるし、
FXで安定した結果も出せます。

 

まとめ

今回は、
FXでデイトレードをする際の
戦略の立て方をお伝えしてきました。

 

戦略と聞くと、

「複雑な事をしないとダメなのでは?」

なんて思うかもしれませんが、
実際はシンプルな事で十分通用します。

 

むしろ、
このシンプルな考え方の方が
迷わずトレードができるし、
トレードの精度も安定してきます。

 

それに、この考え方できれば
スイングトレードや
スキャルピングにも使えます。

もちろん、この考えをベースに
デイトレードの戦略を
更に精密にすることだってできます。

 

ですから、もしあなたが今現在、
デイトレードの戦略の立て方に
悩んでいるのであれば、
まずは今回お伝えしたような
シンプルな戦略を
立てられるようにしましょう。

そうすれば、
トレード内容も安定するはずですから。

 

もし、この戦略の立て方以外にも、

“エントリーをピンポイントでしたい”

といった場合は、
以下の記事も参考にしてみてください。
デイトレで1分足を使ってピンポイントでエントリーする方法

 


P.S. メルマガを始めました

大衆心理を中心に、
FXで勝つ為のコツをお伝えしていきます。

「FX歴が長いけど勝てない」
という方には特におススメです。

FX初心者用のメルマガも用意しているので、
"何から勉強すればわからない"
という場合にもオススメです。

メルマガの詳細内容はコチラ


登録はもちろん無料で、
解除もワンクリックで出来ます。