FXではトレード手法が
資金を増やす為に
重要な割合を占めてきます。

ただ、FXの場合、
どんな手法であっても
資金を増やすことは可能です。

 

しかし、このことが逆に

「どの手法を使えばいいかわからない」

なんて迷いを引き起こしてしまい、
中途半端なままトレードをして
資金を失う人が非常に多いです。

 

そこで今回は、
手法作りが上手くいかない人の為に
FXのトレードで使う手法を
遠回りせずに作る為のポイントについて
お伝えしていきます。

手法を遠回りせずに作る為の5つのポイント

FXのトレードで使う手法を
遠回りせずに作る為の
5つのポイントですが、

・まずは王道であること
・シンプルにすること
・徹底的に検証すること
・デモで最低2ヶ月運用してみること
・最小ロットで最低3ヶ月運用すること

この5つになります。

 

それでは1つずつ
説明していきますね。

 

まずは王道であること

FXで勝つための手法となると、

「何か特別手法に違いない」

なんて思う人が意外に多くいます。

昔の私も実はその一人でした。

 

ですが実際は、
特別なことは何もせずに
王道の手法であっても
十分安定した結果は出せます。

もちろん、安定した利益が出て
出金ができているのであれば、
王道でない手法でも
何の問題もありません。

 

ただ、
FXでなかなか結果が出ない人って、
結果が出ない焦りから、

「王道の手法なんて知ってるし試したよ」
「でも使えなかったから迷ってるんじゃん!」

なんて思い込んでいる事が多いです。

 

ですが、そのような人に限って、
ダウ理論や水平線の引き方について
質問をしてみると
あまり理解していない事が多いです。

更に、王道の手法であっても、
実は使う場所を間違ってる事も多々あります。

 

例えば、自分が見てる時間軸では
上昇トレンドが出ていて、
押し目買いでエントリーをしたとしても、

「1つ上の時間軸を見たら下落トレンドだった」

なんてことも多いです。

 

ですから、今現在、
トレード手法がぐちゃぐちゃになって
迷っているような場合は、
再度基礎に立ち戻って、
王道の手法を徹底的に
検証してみるといいと思います。

 

個人的にオススメなのは、
ダウ理論と水平線を使った
単純な押し目買いと戻り売りです。

 

これを徹底的に検証して
ダメだったら
その時に初めて、
もう少し複雑にしてみると
いいかもしれません。

ただ、
これを徹底的に検証すれば
使えないってことはないはずです。

 

もし、ダウ理論や水平線について
よくわからないような場合は、
以下の記事も参考にしてみてください。
FXの効果的な勉強方法とは?まずやるべき事は環境認識から!

効果的な水平線を引く際のちょっとしたコツとは?

 

シンプルにすること

2つ目のポイントとしては、
手法はシンプルにすることです。

 

FXで負けている時って、

「勝っている人の手法は
緻密に計算された
複雑な手法に違いない」

なんて思いがちです。

 

昔の私も同じことを考えていて、
RSIやストキャスティクス、
一目均衡表などを意味もわからずに
表示して複雑にしていました。

 

ですが、これをしていると、

「RSIは買いのサインだけど
雲がまだ売られやすい状態だ」

みたいな感じで、
逆に迷いを引き起こす原因となり、
トレード自体ができなくなります。

 

しかも、手法を複雑にするほど、
判断材料が多くなってしまいます。

人間の脳は判断材料が多くなると、
自分に都合のいい部分だけを選択したり、
そもそも考えるのを
止めてしまう傾向があります。

 

こうなってしまうと、
適当にトレードをしてしまい、
大きな痛手を受けることになります。

 

逆に、手法をシンプルにすると、
判断材料が少なくなるので
迷うことなくトレードができます。

また、チャートもスッキリするので、
全体の流れを判断しやすくなるし、
反転ポイントも
見つけやすくなります。

 

ですから、
まずは手法自体をシンプルにして
検証を始めていくのがいいです。

私個人としては先程お伝えした、
ダウ理論と水平線のみの手法が
オススメです。

 

もし、それだけじゃ心細いなら、
ここにMAを1本足すのでもいいでしょう。

 

因みに、MAを足すのであれば、
MAの値はまずはSMAの20で十分です。
(EMAでも勿論OKですが)

その理由についてはコチラ

 

また、MAなどの
テクニカル指標を足すにしても、
1つか多くて2つまでにしましょう。

これ以上増やすと、
先程お伝えしたように
トレードが複雑になって
迷走する原因になりますので。

 

徹底的に検証をすること

3つ目のポイントは
徹底的に検証をすることです。

これに関しては、
このブログで何度も伝えていますが、
とにかく大事です。

 

検証は自分の手法に
本当に優位性があるかを
確認するための作業でもあり、
その優位性を自分の意識に
染み込ませるものでもあります

この検証なしでは、
FXで安定した結果は
絶対に出せないと
私は考えています。

 

今の私自身の手法も
王道でシンプルな手法ですが、
この検証を徹底的にして
作られたものです。

 

因みに、今の手法は
王道でシンプルだけど、
検証で行ったトレード数は
恐らく5,000回は余裕で超えています。

ひたすら検証ツールを回して
大量のデータを取って、
何度も改善をして極限まで
自分に合わせました。

 

もし、私の検証方法について
知りたい場合は、
以下の記事を参考にしてみてください。
私がFXのトレード手法を作る時の検証例をお教えします!

FXの検証回数は最低100トレードは必要!その理由はなぜ?

一気に勝ち組へ!FXの検証で確認すべき項目とは?

 

デモで最低2ヶ月運用してみること

4つ目のポイントは
徹底的な検証をして
自分の手法を作り上げたら
デモトレードで実践に入ることです。

いくらデモとはいえ、
実際に動いているチャートで
トレードをしていくので
これも大きな経験になります。

 

そして、
デモトレードをやる期間ですが、
最低でも2ヶ月はやりましょう。

できるなら3ヶ月続けるのがベストですが、
私の経験上、2ヶ月連続でプラスなら
3ヶ月目以降はリアルに入ってもいいです。

 

もちろん、
3ヶ月連続で続けるのがベストですが、
2ヶ月連続プラスになると、
リアルで試したくて
ウズウズするんですよね(笑)

この状態を無理に我慢すると
トレードが適当になったりするので
それであれば我慢せずに
リアルに入った方がいいと考えています。

 

あと、もし3ヶ月連続プラスを目指して
2ヶ月目までプラスで
3ヶ月目でマイナスになってしまうと、
またそこから3か月間は
デモトレードをしなければなりません。

 

このようなことが続いてしまうと、
いつまで経ってもデモから抜け出せずに
モチベーションの低下にもつながります。

逆にデモを1ヶ月だけだと、
取れるデータも少なすぎるので
このことから、私の中では
最低2ヶ月は続けるべきだと考えています。

 

因みに、

「デモじゃ真剣になれない・・・」

なんて言う人がたまにいますが、
私の中では、
デモで真剣にできない人が
リアルで結果を出せるわけがないと
思っています。

 

例えば、もしあなたに、
どうしても合格したい
資格試験があったとしましょう。

そしてその資格試験に
模擬試験があって受ける場合、
適当にやってしまいますか?

 

そんなことはないと思います。

FXのデモトレードもこれと同じです。

 

特にFXなんて、
お金を本当に稼ぎたくて
やっているんですよね?

それなのにリアルとほぼ同じ
デモトレードを真剣にやれないなんて
少しおかしな話ですよね。

 

最小ロットで最低3ヶ月運用すること

最後のポイントは
デモトレードを最低2ヶ月続けて
プラスの結果が出たら、
いよいよ自分の資金を使って
リアルトレードをしていくことです。

 

ただし、リアルトレードをする時は
まずは最小ロットでトレードです

 

やはり、自分の資金だと、

「お金を失いたくない」

という気持ちが強く働くので
エントリーの躊躇や
予定より早い利食いなどを
する可能性が大きくなってきます。

更に、
どんなに少額であっても
連敗したらイライラします。

 

ですから、
すぐに稼ぎたい気持ちは
痛いほどわかるのですが、
ここはグッと我慢して
最小ロットでトレードをしましょう。

 

デモで結果が良かったからといって
すぐに大きめのロットで
トレードをする人がいますが
せっかくデモまで良かったのに
最後で転んだら本末転倒ですからね。

 

そして、作った手法の運用期間は
最低でも3ヶ月以上続けましょう

FXの場合、確率が働く世界です。

長い期間で大量にデータを取って
トータルでプラスになるかが重要です。

 

その為、
ちょっと連敗したからといって
すぐに手法を捨ててしまうと、
本来は続けていればプラスになるのに
それがわかる前に終わってしまいます。

 

FXで負け続けている人の特徴として、
何度か連敗を経験したら
すぐに作った手法を捨てて
また新しい手法探しに出ます。

しかし、これをやってしまうと
いつまで経っても結果は出ないので
たとえ連敗したとしても
最低3ヶ月は続けてみましょう。

 

もし、検証通りに3ヶ月以上続けて
プラスの結果になったら
ほぼ確実に大丈夫なはずなので、
そこから少しずつロットを上げていけば
あっという間に資金は増えますから。

 

まとめ

今回は、FXのトレード手法を
遠回りせずに作る為の
5つのポイントについて、
私の考えをお伝えしてきました。

 

FX歴が長いのに
なかなか結果が出ないと
手法を複雑にしてしまい、
難しく考えて迷走しがちです。

ですが、FXでは、
王道でシンプルな手法でも
十分安定した結果は出せます。

 

もちろん、
複雑な手法がダメというわけではなく、
シンプルな手法で結果が出るなら
まずはこのような手法を
徹底的に試していった方が
簡単であることが多いということです。

 


P.S. メルマガを始めました

大衆心理を中心に、
FXで勝つ為のコツをお伝えしていきます。

「FX歴が長いけど勝てない」
という方には特におススメです。

FX初心者用のメルマガも用意しているので、
"何から勉強すればわからない"
という場合にもオススメです。

メルマガの詳細内容はコチラ


登録はもちろん無料で、
解除もワンクリックで出来ます。