FXでなかなか結果が出ないと、
何をしていいのかわからずに
迷走することが多いです。

そして、
ついFX商材に手を出してしまい
使ってみるものの、
イマイチ上手く使いこなせずに
余計迷ってしまうのです。

 

実際、昔の私自身も
このループに思いっきりハマって、
FX商材を買いあさっていました。

 

そこで今回は、私の経験から、
FX商材を買う意味がある場合と
そうでない場合について
お伝えしていきます。

 

FX商材を買う意味がある場合

まず、FX商材を買う意味がある場合ですが、

“自分が今使っている手法を
改善してくれる場合”

といったことが一番になります。

 

例えば、今自分が、
トレンド中の押し目買いや
戻り売りの手法を
使っていたとしましょう。

しかし、その手法には
短所があって、そこを何とか
改善したい状態だったとします。

 

このような時に、
買おうとしている商材の内容が、
その短所を
補ってくれるようなものなら、
買う意味があります。

 

FXで安定した結果を出すには
基本的に1つの手法だけでも
十分可能です。

もちろん、複数あれば、
その分、利益を得るチャンスを
増やすことができますが、
まずは1つの手法を極めることが先決です。

 

その為、まずは、
今自分が持っている手法を
更に磨き上げていくことが
結果を出すには一番重要です。

 

よって、FX商材を買うにしても、
自分の手法の短所を改善してくれたり、
長所を更に伸ばしてくれるような
商材を買わないと意味がありません。

 

自分の手法が完全にゼロの場合もOK

基本的にFX商材を買う場合、
自分の今ある手法を
より良くしてくれるものでないと
意味がありません。

 

ただし、もし、自分の手法が
全く確立されていないのであれば、
1つぐらいは買う価値があると思います。

なぜなら、FXで勝てない状態で
ゼロから手法を作ると、
勝ち方がわからないので、
手法作りにものすごく苦労するからです。

 

そのような時は
FXですでに勝っている人が作った
手法を取り入れた方が
より効率的に自分の手法を
作り上げることができます。

 

とはいっても、
今では無料で手法を
公開している人も多いので、
まずはそれを試してみるのも手です。

ですから、
無理にFX商材を買う必要は
ないと思います。

 

商材を買ったらしっかり検証しよう

もし、自分の手法がゼロの状態で
FX商材を買った場合は、
それをすぐに実践で使うのではなく、
しっかり検証をしましょう。

 

なぜなら、コチラの記事でも
その理由を書いたのですが、
FX商材と同じ結果を出すには、

・商材の作成者と同じ経験値
・トレード技術
・生活環境
・性格

といったことが必要になります。

 

しかし、そんなことは
絶対にありえないので、
いくら商材が優秀でも
自分には合わないかもしれません。

 

その為、すぐに実践をするのではなく、
しっかりその手法を検証して、

・自分に合う部分
・自分に合わない部分

これらをしっかり把握するのです。

 

そして、
自分用にカスタマイズしてから
リアルトレードをすべきです。

 

さもないと、
望む結果が出ずに、

「この商材クソだな」

なんて言い出して
また新しいものに手を出して
迷走することになります。

 

FX商材を買う意味がない場合

次に、FX商材を買う意味が
ない場合ですが、

“今自分が使っている手法とは
全然違う手法になる場合”

ということになります。

 

私の経験上、FX商材を買う時って、
自分の手法がある状態なのに
それで上手く結果が出なくて、

「何かいい手法ないかなー」

なんて思って手を出す時です。

 

ですが、先程もお伝えしたように、
FXで結果が出ていないなら、
まずは今ある手法を
磨き上げることが重要です。

 

逆に、
自分の手法が使えないからと言って、
全く新しいものに手を出してしまうと
新しく入れた知識に振り回されてしまい、
迷う原因になることが多いです。

 

FXで結果が思うように出ないと、

「自分には知識が足りないのでは?」

なんて思ってしまい、
FX商材に色々と手を出しがちですが、
FX歴が1年以上もあれば、
その中の知識で十分です。

 

単純に今持っている知識を
活かせていないだけですから。

 

実際に私自身も、
FX商材に手を出しまくった時期があって、
結局、情報過多になってしまい
手法をアレコレ変えていました。

そしたら案の定、
各手法が混ざってしまい
逆に迷走するはめになって、
長い期間苦しみました。

 

よって、自分の手法とは
全く違うような場合は、
FX商材を買う意味はないと
思った方がいいです。

 

結局最後は自分次第

上記では、
FX商材を買う意味がある場合と
そうでない場合について
お伝えしました。

しかし、
結局最後は自分次第です。

 

いくら優秀な商材を買っても、
結局自分で検証をしないと
効果は発揮されません。

それに、どんな手法であっても
ほとんどの場合、
自分の性格や生活環境に合わせれば、
結果を出すことはできます。

 

それなのに結果が出ないのは、
どこかで自分自身と手法の歯車が
かみ合っていない証拠です。

 

その為、本来は、
FX商材を買う前にやるべきことは、

・検証
・トレード記録の見返し

この2つになります。

 

ここさえしっかりやっていれば、
手法の弱点や強みが必ずわかるので、
改善することもできます。

逆にこれをやらないと、
いつまで経っても改善せず、
ダメな原因を手法だけのせいにして
次から次へと商材に手を出し、
迷走することになるのです。

 

ですから、
FX商材を買ったとしても、
結局最後は自分でやらないと
お金を無駄にするだけですので、
ここはしっかり覚えておきましょう。

 

もし、検証方法や
トレード記録の取り方が
わからない場合は、
以下の記事も参考にしてみてください。
FXで勝てる手法を作れる具体的な検証方法とは?

私の宝!FXで結果を出す為の検証ノートの内容をお見せします!

 

“FX商材=詐欺”と言われる理由

ここからはちょっと余談になりますが、

“FX商材=詐欺”

と言われる理由について
お伝えしていこうと思います。

 

よくSNSなどのネット上では、

「〇〇という商材は詐欺だね」

なんていうの聞くと思います。

 

ですが、私の経験上、
今のFX商材は
優秀なものが多いです。

今はFXが認知されて
勝っているトレーダーも
増えてきたので、
特に裁量トレード系のものは
優秀なものが多いです。

 

それなのに詐欺と騒がれるのは、
過去に詐欺商材が多かったからです。

私がFXを始めた頃は
FX自体があまり認知されていなかったので、
初心者を騙すような商材が
かなり多かったです。

 

しかも商材って、
1個数万するようなものがほとんどです。

それなのに、
ネットで調べれば
わかるようなことだけが
書いてあったり、
1ページで終わるような
薄い内容のものが多かったです。

 

実際に私が買った中にも、
ローソク足の始値、終値などの
超基本的な読み方と
注文の仕方だけが載った商材が
5万円以上したものもありましたから(笑)

この名残が今でも残っているので、
“FX商材=詐欺”
ということが言われているのでしょう。

 

中にはもちろん本当の詐欺商品もある

今のFX商材は
かなり優秀になってきたとはいえ、
現実にはまだ詐欺商品は存在します。

 

特に今ではツイッターや
FacebookなどのSNSから

「FXで簡単に稼げますよ」

みたいなメールを送ってきて

・高額塾
・高額のコミュニティ
・高額の商材

といったものへ
誘導していく手口が
流行っているみたいです。

 

FXでなかなか結果が出ないと、
ついこういうのに引っかかって
手を出しがちです。

 

ですが、どんなことでも
楽に稼げるものはないので、

「簡単に稼げる」

みたいな雰囲気を感じたら
手を出さないようにしましょう。

 

そもそも商材を買わなくても、
高額塾に入らなくても
普通にFXで勝てるようになります。

何度も言いますが、
結局自分次第ですから。

 

まとめ

今回は、
FX商材を買う意味がある場合と
そうでない場合について
お伝えしてきました。

 

FX商材は上手く使えば
かなり近道ができますが、
時と場合によっては
遠回りになることもあります。

 

その為、
商材を買おうと考えているなら、

「それは今の自分に本当に必要なのか?」

ということをしっかり考えてから
買う決断をするようにしましょう。

 


P.S. メルマガを始めました

大衆心理を中心に、
FXで勝つ為のコツをお伝えしていきます。

「FX歴が長いけど勝てない」
という方には特におススメです。

FX初心者用のメルマガも用意しているので、
"何から勉強すればわからない"
という場合にもオススメです。

メルマガの詳細内容はコチラ


登録はもちろん無料で、
解除もワンクリックで出来ます。