FXではトレードをする際に
複数の時間軸の流れを見ながら
エントリーをする事が多いです。

いわゆる、
“マルチタイムフレーム分析”
というのものです。

 

ですが、
このマルチタイムフレーム分析が
苦手な人が実はかなり多いです。

私のところにも、
これが苦手でできない人が
よく相談してきます。

 

そこで今回は、
マルチタイムフレーム分析が
苦手な場合の対処方法について
私の考えをお伝えしていきます。

 

トレードの時間軸を大きくする

マルチタイムフレーム分析が
苦手な場合、
5分足や15分足などの
短期的なデイトレードを
していることが多いです。

 

こうなると、

・日足
・4時間足
・1時間足
・15分足
・5分足

といったように、
トレードの時間軸が
短くなるにつれて
流れを確認すべきチャートの数も
必然的に増えていきます。

 

これによって、
判断材料がどんどん増えて
脳が処理できなくなり、

「どうすればいいのかわからない」

なんて混乱してしまうのです。

 

ですから、このような場合、
トレードの時間軸を
1つか2つほど上げて、
判断材料を少なくしてあげるのです。

 

そこで私が個人的にオススメなのは
1時間足以上のトレードになります

 

なぜなら、1時間足以上になると
相場参加者が一気に増えるので、

・トレンド
・反転のポイント
・MAなどのテクニカル

といった辺りが
強く効きやすくなるからです。

 

しかも、
1時間足以上の時間軸をメインに
トレードをしていけば、
1時間足未満のチャートは
見なくてもトレードができます。

これであれば、
トレンドなどを
判断する材料が減るので
マルチタイムフレーム分析が苦手でも
相場に振り回される事が大きく減るでしょう。

 

因みに、私自身も、
FXを始めた当初は
マルチタイムフレーム分析が
すごく苦手で負けまくっていました。

そんな時に
4時間足のトレードに変えたら
凄くトレードが楽になって
上手くいくきっかけを掴めました。

 

もし、このトレードに変えた時のことを
詳しく知りたい場合は、
以下の記事も読んでみてください。
4時間足のデイトレがFXで勝てるきっかけになった!

FXで使う4時間足の手法を紹介!こんなに簡単で結果が出る!

 

ここでは4時間足をメインに
解説をしているのですが、
4時間足を1時間足に変えても同じです。

 

中長期足と短期足のトレンドが一致した時だけトレードする

マルチタイムフレーム分析をすると、
頭が混乱してしまう場合って、

・中長期足:上昇トレンド
・短期足:下落トレンド

といったように、
中長期足と短期足のトレンドが
逆になってる時に多いです。

 

この状態でトレードをしようとすると、

「え?買い目線?売り目線?」
「いったいどっちなの?」

なんて混乱してしまうんですよね。

 

ですから、
トレードの時間軸を大きくせずに、
マルチタイムフレーム分析をしながら
トレードができるようになりたい場合は、

“まずは中長期足と短期足のトレンドが
一致した時だけトレードをする”

というのを心がけるといいです。

 

具体的な方法としては、
例えば、下記チャート画像は
1時間足チャートなのですが、
現状は上昇トレンドですよね。

 

そして次に、
15分足のチャートを見てみると
以下のようになっています。

 

15分足でも
しっかり上昇トレンドですよね。

よって、

“狙うべきは買いだけ”

というのがわかるので、
あとは水平線が引ける場所で
買いエントリーをしていくだけです。

 

このように、
中長期足と短期足のトレンドが
一致した時だけ
トレードをするようにすると
マルチタイムフレーム分析が苦手でも
上手くトレードができます。

 

もし、このトレードの仕方について
もう少し詳しく知りたい場合は
以下の記事も読んでみてください。
FXで複数の時間足チャートをシンクロさせてトレードする方法

 

中長期足チャートを多めに表示させる

これは対処療法的になるのですが、
中長期足のチャートを
多めに表示させると
大分混乱を防げると思います。

 

マルチタイムフレーム分析をする時って、
どちらかというと、
短期足のチャートを
多く表示させている事が多いです。

例えば、以下のような感じで。

 

これだと、
目に入るチャートが
中長期足チャートよりも、
短期足の方が多いですよね。

 

こうなると、
仮に中長期足のトレンドを
正しく確認できていたとしても、

“いざエントリー”

となった時に
短期足のトレンドにつられて
本来とは逆の方向へ
トレードをする可能性が高くなります。

 

その為、
このようなことを防ぐために
中長期足のチャートの数を
短期足のチャートの数よりも
多くするのです。

 

こうすることで、
脳に中長期足のトレンドを
インプットさせることができて、
全体の流れを間違えることなく
トレードをすることが可能になります。

 

因みにエントリーをする時は、
1つのチャートだけを
短期足に変えると効果的です。

例えば、今回のチャートなら、
右下が15分足チャートなのですが、
この部分を5分足などに変えるのです。

 

要するに、
短期足を表示させるのは
あくまでもエントリータイミングを
見る時だけにするのです

そうすれば、
短期足の流れに影響されずに
全体の流れに沿った
トレードができるようになります。

 

チャート画面を1表示だけでやらない

これに関しては恐らく、
そこまで多くないと思いますが、
たまにチャート画面を1表示だけで
トレードをしている人がいます。

 

これだと、
マルチタイムフレーム分析をする時に
いちいち時間軸を
変える必要が出てきます。

そして、
長期足から短期足へ時間軸を
落としていくことになります。

 

そうなると、
最初は長期足のトレンドを
ちゃんと確認できていたのに
段々と短期足のトレンドにつられて、

“買いで狙うところを
売りで入ってしまった”

なんてことが起きやすくなります。

 

1時間足以上のトレードなら
これでも問題ないですが、
5分足や15分足をメインにする時は
やらない方がいいです。

 

スマホだけでのトレードも危険

あとは中には、

「パソコンが買えなくて
スマホだけでトレードをしている」

という人もいますが、
マルチタイムフレーム分析をする時は
これもやめた方がいいです。

 

しかも、スマホの場合、
画面が小さいので
余計トレンド判断が鈍ります。

ですから、
スマホだけでトレードをするにしても、
FXで安定して結果を
出せるようになってからした方がいいです。

 

そもそもFXをやる上で、
パソコンを買う資金がない時点で
FXをやる準備ができていない証拠です。

パソコンも立派な商売道具なので
最初はちゃんと揃えた方がいいです。

 

関連記事
FXのトレードをスマホでやらない方が良い理由

 

まとめ

今回は、
マルチタイムフレーム分析が
苦手な場合の対処方法について
お伝えしてきました。

 

マルチタイムフレーム分析が
できるようになると、
ピンポイントでエントリーができて
勝率と利益が良くなります。

ですが、その分、難易度が高く、
混乱することが多いです。

 

その為、混乱するような場合は、
まずは上記で紹介したことを
1つずつ試してみてください。

そして、自分に合ったものがあれば、
まずはそれをひたすらやり続けましょう。

 

アレコレと手を出してしまうと、
更に混乱することになるので、
まずは1点集中でいきましょう。

そうすれば、
数をこなしていくうちに
マルチタイムフレーム分析を
混乱せずにできるようになるでしょう。

 


P.S. メルマガを始めました

大衆心理を中心に、
FXで勝つ為のコツをお伝えしていきます。

「FX歴が長いけど勝てない」
という方には特におススメです。

FX初心者用のメルマガも用意しているので、
"何から勉強すればわからない"
という場合にもオススメです。

メルマガの詳細内容はコチラ


登録はもちろん無料で、
解除もワンクリックで出来ます。