FXの場合、
買いから入る時と
売りから入る時があり、
両方から利益を出す事ができます。

 

株式投資なんかも
売りから入る事ができますが、
どちらかというと買いメインですよね。

しかも株の場合、
「空売りは危険」
なんて言われる事が多いので、
その影響なのか、
“FXも売りから入るのは危険”
なんて言われがちです。

 

しかし実は、
売りから入る方が
簡単というか、
トレードがしやすかったりします。

 

下落は波形がキレイ

売りから入る方が
トレードがしやすい理由に、

「下落時は波形がキレイ」

というのがあります。

 

例えば、
基本的なトレンドの定義として、

・高安切り上げは上昇トレンド
・高安切り下げは下落トレンド

といったものがありますよね。

 

上記の図を見ると、
上昇トレンドは
下落トレンドの形を
逆さまにしただけですよね。

でも実際のチャートを見ると
ここまでキレイに
逆さまにはならない事が多いです。

 

以下に上昇トレンドと
下落トレンドのチャートを出すので、
ちょっと見比べてみてください。

 

上昇トレンド

下落トレンド

 

どちらもパッと見た瞬間、
上昇トレンド、
下落トレンドってわかりますが、
よくよく見ると、
下落トレンド方が
波形がキレイじゃありませんか?

特に調整の部分を注目すると、
下落トレンドの方が
セオリー通りに
ジグザグなチャートですよね。

 

これはつまり、
下落トレンドの方が
セオリー通りの動きをしやすいので、
売りから入る方が
トレードがしやすい事を意味します。

 

これが逆に買いの場合のだと、
上昇トレンドの押し目の部分で
もみ合う事が多いので、
せっかく押し目買いをしても、
なかなか上がらずに、
損切りになる事も多いです。

 

そして損切りになった後に
ようやく上昇していき、
悔しい思いをするのです。

関連記事:チャートの動きから読む!FXでの買いと売りの違いとは?

 

短時間で利益が出せる

更に、売りから入る方が
トレードがしやすい理由に、

“短時間で利益が出せる”

というのがあります。

 

なぜなら、下落トレンドの場合、
下がるスピードが速いので、
あっという間に利益が出ます。

これは私たちの日常生活が
影響しています。

 

例えば、私たちは普段の買い物でも、
物を売る事よりも、
買う事の方が圧倒的に多いですよね。

このことから、
FXを含めた株などの金融商品も
買いから参入する人が多いです。

特に初心者なんかがその傾向にあります。

 

これによって、
レートが下落して含み損が増えると、

「もっと損をするんじゃないか?」

なんて怖くなって、
買いを手放す人たちが
一気に増えるので、
下げのスピードも速くなります。

 

だから、
短時間で一気に下落するので、
売りから入る場合の方が、
短時間で利益が出せるのです。

実際のチャートを見てみても、
下落トレンドの方が
下落スピードが速い事がわかります。

 

また、FXでは、

・買い:ロング
・売り:ショート

なんて呼びますよね。

 

つまり、買いの方が
上昇するまでに時間が掛かって、
売りの方が下落するまでに
時間が短い事を意味しています。

 

あとは

“重力によって、
上昇と下降の時間に差がある”

なんて事も言われます。

 

買いの方が重力に引っ張られるので
上がるまでに時間が掛かって、
売りの方が重力に逆らわないので
下がるのに時間が掛からないって事です。

このような事からも、
売りから入る方が
実はトレードをしやすかったりします。

 

売りから入る時の注意点

FXは売りから入る方が
トレードがしやすい事がありますが、
売りでトレードをする時の
注意点もあります。

 

短時間で戻ってくる

先ほど、売りから入る方が
短時間で利益が出せると
お伝えしました。

これは短時間で
大きく下がるからなのですが、
実は短時間で大きく下がる分、
戻ってくるスピードも速いです。

 

だから、
いつまでも利益を伸ばそうとすると、
“急に戻って来て利益を失う”
なんて事も起きやすいです。

 

このことからも、
売りから入った場合、
短時間で大きく伸びたら
サッと利食いするのが良いです。

特に強いサポートラインがある場合は、
そこから急反転する事が多いので。

 

トレンドに反した逆張りはNG

上昇トレンドが出ている時に
売りから入る事はしない方がいいです。

上級者でない限り、
大損する事がほとんどです。

 

なぜなら、FXに限らず、
どの金融商品も同じなのですが、
下落の場合はどんなに下がっても、
0が底になります。

しかし、上昇の場合は、
どこまでも永遠に上がり続けます。

 

その為、上昇トレンドの時に
売りから入ると、
永遠に含み損が増えていきます。

しかも先ほどお伝えしたように、
レートが上がる時は
時間を掛けて上がっていくので、
地獄に耐える時間が長くなります。

 

また、相場の格言に、

「買いは家まで、売りは命まで」

というのがあります。

 

これは先ほどお伝えしたように、
買いの場合は価値がゼロが底なので
家を失うぐらいで済みますが、
売りの場合は青天井なので、
命まで持っていかれるほど
損をするということです。

 

このような格言からも、
上昇トレンドの時に
売りから入る事はしない方がいいです。

 

人によって買いの方が得意な事もある

FXは売りから入る方が
簡単な事が多いですが、
実は人によって、
売り買いで得意な方が存在します。

 

例えば、売りから入ろうとすると、
値動きのスピードが速いので、

“エントリーが置いていかれて難しい”

という人がいます。

 

更には、売りから入っても、
あっという間に戻ってくるので

“すぐに損をしてしまい怖い”

という人もいます。

 

このように、
売りから入る方が簡単とはいえ、
売る事が苦手で、
買いの方が得意という人も結構います。

 

ですからまずは、
自分のトレード記録を見て、

「売りと買いどちらが成績がいいのか?」

というのを確認した方がいいです。

 

この確認で、
売りから入る方が成績が悪かったら、
無理に売りでトレードをする必要はなく、
買いだけでトレードをすればOKです。

 

ぶっちゃけ、
どちらか一方に絞っても
FXで稼ぐことはできますから。

因みに私の場合は、
売りから入る方が成績が良いので、
売りの比率が多いですね。

関連記事:FXの手法を売りだけ・買いだけにまとめるのもアリですよ

 

売りから入る手法は何がいい?

FXは売りから入る方が
トレードがしやすいですが、
だからといって
適当に売っていたら大損します。

 

そうなると、
「どんな手法がいいの?」
なんて思うかもしれませんが、
これは単純な戻り売り手法で十分です。

 

この記事の最初の方でお伝えしたように、
下落トレンドというのは、
波形がキレイに出やすいです。

ということは、
単純な戻り売りであっても
利益を出しやすいです。

 

むしろ、単純な戻り売りの方が
利益を出しやすいぐらいです。

 

特にレジスタンスラインと
重なるような場所や、
MAなどのテクニカル指標と
重なるような場所で
売りから入ると利益を出しやすいです。

関連記事:FXが戻り売り、押し目買いの単純な手法でも十分結果が出る理由

 

まとめ

今回は、
FXは売りから入る方が
簡単な理由について
私の考えをお伝えしました。

 

“売り=難しい”
というイメージがあるかもしれませんが、
実はそんな事はなく、
下落する際の特性を理解すれば、
売りから入る方が
簡単だったりします。

 

ただし、人によっては、
値動きのスピードについていけず、
“売りから入る方が難しい”
という人もいます。

その為、
まずは自分のトレード記録を見返して
得意な方を見極めてから
売りでのトレードを
していくのがいいでしょう。

 

FXはぶっちゃけた話、
苦手な事は一切せずに
得意な事だけやっていれば
お金が稼げる世界ですからね。

 

 


P.S. メルマガを始めました

大衆心理を中心に、
FXで勝つ為のコツをお伝えしていきます。

「FX歴が長いけど勝てない」
という方には特におススメです。

FX初心者用のメルマガも用意しているので、
"何から勉強すればわからない"
という場合にもオススメです。

メルマガの詳細内容はコチラ


登録はもちろん無料で、
解除もワンクリックで出来ます。