FXで安定した結果を出すには
機械的にトレードができるような
手法が必要になってきます。

 

淡々とトレードをすることで
トレード内容が安定し、
結果も安定していくのです。

その結果、収支も安定し、
FXで稼ぐ事につながっていきます。

 

でも、
機械的にトレードする為の手法って
どんな手法がいいのでしょうか?

今回はこの事について
私の考えをお伝えしていきます。

 

機械的にトレードする為の手法って何がいいの?

FXで安定した結果を出す為の
機械的な手法って
どんな手法がいいのでしょうか?

 

私個人の考えとしては、

シンプルな手法

というのが、
機械的にトレードをする為の
手法になります。

 

「じゃあ、シンプルな手法って
どんなのがあるの?」

なんて思うかもしれません。

 

これに関しては、
自分にさえ合っていれば、
どんな手法でも構いません。

ただ、そうはいっても、
“手法は何でもいい”
で終わらしたら、
何の答えにもならないですよね。

 

そこで私がオススメする
シンプルな手法が、
単純な押し目買いと
戻り売りの手法になります

 

「いやいや、そんなの知ってるよ」

なんて思うかもしれませんが、
私個人としては
やっぱりこの手法が一番ですね。

 

それに、
誰もが知っている手法だからこそ
シンプルで使いやすいので、
機械的にトレードもしやすいのです。

 

例えば、下記チャートを
まずは見てみてください。

 

今現在、赤ラインの押し安値を
明確に下抜けていますよね。

ということは、
トレンド転換した可能性が高く、
仮にレートが戻ってきたら、
戻り売りを狙いたい場面です。

 

では実際にその後
どうなったかというと、
以下のような動きになりました。

 

見事にシナリオ通りに
チャートが動いてますよね。

もし戻り売りをしていれば、
普通に利食いできた場面です。

 

では、この次に狙う形としては、
高安を切り下げたので、
下落トレンドに入った可能性がある為、
このまま継続して戻り売りを狙います。

 

さっきと同じように、
レジスタンスとなり得る場所に
水平線を引いて
そこでの戻り売りを狙うのですが、
その後の動きは以下になりました。

 

今回もキレイに反応しているので、
戻り売りをすれば利食いでしたね。

 

ではついでに
買いの場面も見てみましょう。

仮に現在のチャートが
以下のようになっていたとします。

 

そしたら、以下のように
サポートとなりそうな場所に
ラインを引いて、
そこでの押し目買いを狙います。

 

その後の動きは
以下のようになりました。

 

ここでもキレイに反応して
上昇していってますよね。

 

このようにFXで使う手法は
シンプルな押し目買いや
戻り売りの手法でも
十分結果を出すことができます。

しかも、シンプルな手法ほど、
エントリーがわかりやすく、
迷いが出ないので、
機械的にトレードができます。

 

実際に私自身も、
このようなシンプルな手法で
トレードをしています。

もし、詳しい内容を見たい場合は、
以下の記事を読んでみてください。
FXは簡単な手法で本当に勝てる?リアルな結果をお見せします

 

なぜシンプルな手法でも機能するのか?

上記ではシンプルな押し目買いと
戻り売りの手法を紹介したのですが、
なぜこんなシンプルな手法でも
機能するのでしょうか?

 

これに関しては、
大衆心理が大きく関係してきます。

 

まず、FXでのチャートというのは、
トレーダー達の思惑によって
作られています。

その為、
どのトレーダーが見ても、
わかりやすい形というのは
それだけ多くのトレーダー達が
一斉にエントリーをしてくるので、
同じ方向に動きやすくなります。

 

例えば、先ほどのチャートで
大衆心理を考えながら、
買いエントリーの流れを
考えていきましょう。

 

まず、レンジ状態を
強くブレイクすることで、
多くのトレーダー達が

「上昇トレンドが発生した」

と判断します。

 

これによって、
多くのトレーダー達は
買いを狙いにいきます。

しかし、今はブレイクをして
頂点付近にいる為、
ここで買うと高値掴みになり、
負ける可能性があるので、
下がってくるのを待ちます。

 

そして、
押し目買いを狙う場面としては、
レンジをブレイクしたポイントになります。

 

なぜなら、
レンジの上限を
ブレイクすることで、
高安を切り上げて、
上昇トレンドに入った可能性が
きわめて高いからです。

いわゆるダウ理論です。

 

そうなると、
多くのトレーダー達は
ダウ理論に沿って
目線を買いに変えます。

 

更にこれに加えて、
レンジ上限で売っていた人達も、
ブレイクされて損切りになる事で、

「あ、トレンドが変わった」

と判断してくるので、
買い目線になります。

 

そして、レートが
レンジ上限まで戻ってきた時に
レジサポ転換の法則で、
買いを狙っていたトレーダー達が
一斉に買いでエントリーをしてきます。

 

この買いに加えて、
レンジ上限で売っていて
ブレイクした時に
損切りできなかったトレーダー達も

「何とかレンジ上限まで戻ってきた」
「ラッキー!」

なんて思って、
レンジ上限で決済をしてきます。

 

これによって、

・新規の買いエントリー
・含み損で捕まった人達の決済

この2つのパワーが働くので、
レンジ上限を起点に
一気に上昇していくのです。

 

このように、
押し目買いや
戻り売りの手法は
相場参加者の心理が
強く働きやすいので、
シンプルであっても効果的なのです。

しかも、これらの手法は
簡単でわかりやすいので、
機械的にトレードをするには
最適な手法だと私は考えています。

 

もし、大衆心理の読み方について
詳しく知りたい場合は、
以下の記事を読んでみてください。
FXでも相手の気持ちを考える事が重要です

 

テクニカル指標を加えても機械的にトレードしやすい

機械的にトレードをするには
シンプルな手法がいいのですが、
上記でお伝えしたような
水平線だけの手法だと
少し難しいかもしれません。

 

シンプル過ぎるが故に、

「本当にこんなので勝てるの?」

なんて迷いが出る事があるからです。

 

また、私自身、
この手法を使っているのですが、
ここまでシンプルにするには
かなりの検証と実践訓練を
必要としました。

やはりシンプルがいいとはいえ、
色んなパターンがあるので、
それらを体に叩き込む必要があります。

 

そこで、そんな負担を軽減しつつ、
更に精度を上げて
機械的にトレードをするのに役立つのが、
テクニカル指標になります。

例えば、MA(移動平均線)や
フィボナッチ、ボリンジャーバンドなどが
それにあたります。

 

これらをスパイスとして使う事で、
より迷うことなく、
機械的なトレードが可能になります。

 

例えば、先ほどのチャート画像で
売りを解説したチャートがありましたよね。

 

このチャートにMAを加えると
以下のようになります。

 

キレイにMAが効いてますよね。

このような感じで、
テクニカル指標を
何か1つ加えてあげると
より迷わずに機械的に
トレードをする事が可能になります。

 

因みに、
テクニカル指標に関しては
自分が使いやすければ、
何を使ってもいいです。

その代わり、
1つか多くても2つぐらいに
絞るようにしましょう。

 

3つ以上使いだすと
すべての条件が揃うまで
エントリーができなくなり、
トレードチャンスを
逃すことになりますから。

 

更に、
人間は情報処理の数が増えるほど、
判断力が落ちるようになっています。

その為、テクニカル指標を
いくつも使うと、
逆に迷いが出てきて、
機械的なトレードができなくなります。

 

因みに、私個人のオススメは
MA(移動平均線)ですね。

MAは多くのトレーダーが使っていて
わかりやすいし、
トレンド判断や押し目買い、
戻り売りの手法と相性が良いからです。

 

また、MAの設定値に関しては
これも何でもいいのですが、
大衆心理の観点から
MAの数値も多くの人が使うような
数値を使うのがオススメです。

もしこの事について
詳しく知りたい場合は
以下の記事を読んでみてください。
FXのチャートで使う移動平均線の期間設定は何がいいの?

 

あとはフィボナッチなんかも、
押しや戻りの場所を判断するのに
使いやすくていいですね。

とはいえ、テクニカル指標は
人によって使いやすいものが違うので、
自分が好きなものを使えばOKです。

 

まとめ

FXで安定した利益を出すには
機械的にトレードをする事が
とても重要になってきます。

そしてそれを可能にするのが
シンプルな手法になります。

 

ですから、もしあなたが
“機械的なトレードをしたい”
と望むのであれば、
手法はシンプルにしてみると
効果があるでしょう。

 

 


P.S. メルマガを始めました

大衆心理を中心に、
FXで勝つ為のコツをお伝えしていきます。

「FX歴が長いけど勝てない」
という方には特におススメです。

FX初心者用のメルマガも用意しているので、
"何から勉強すればわからない"
という場合にもオススメです。

メルマガの詳細内容はコチラ


登録はもちろん無料で、
解除もワンクリックで出来ます。