FXには売りと買いポジションを
同時に保有する”両建て
という取引方法があります。

 

この両建てを使えば、
含み損を抱えた際に、
もう片方のポジションを取れば
損失の拡大を防げます。

また、含み益の時に
両建てをすれば、
利益確保につながります。

 

しかし、この両建てですが、
Titan FXではOKな場合と
NGな場合があることを知っていましたか?

これは実際に私がサポートへ
問い合わせた時にわかりました。

 

という事で今回は、Titan FXでの
NGな両建てとOKな両建てについて
解説していきます。

 

Titan FXでNGな両建てとは?

まず、Titan FXでは、
トレードの禁止事項というのがあって、
その禁止事項の中に、

・アービトラージ
・他業者のレート表示差を利用した取引

という取引方法があります。

 

これらの取引方法は、
例えば、FX業者では、
カバー先の銀行が違うので、
レートに違いが出てきます。

 

しかも、そのレートと言うのは、

・海外FX業者A:100円
・海外FX業者B:101円

といったように、ある時、突然、
大きく差が開くことがあります。

 

その為、このような時に、

・海外FX業者A:買い
・海外FX業者B:売り

という感じで両建てをすれば、
100pips分の価格差が
そのまま利益になるわけです。

Titan FXでは、
この両建てが禁止されています。

 

別業者での両建てなら大丈夫?

Titan FX内で
複数口座の両建てが禁止でも、
他のFX業者を使っての両建てなら
大丈夫なんじゃないの?

なんて思うかもしれません。

 

しかし、業者はこれを見抜いてきます。

詳しい方法はわからないですが、
裏で連携を取っているのか、
けっこうな高確率でバレます。

 

ですから、
アービトラージを狙った、
他業者との両建ては
やらない方がいいです。

 

因みに、Titan FXでは、
このアービトラージ自体が
禁止となっています。

もし、Titan FXでの
トレード禁止事項について
詳しく知りたい場合は、
以下の記事も読んでみてください。
Titan FXでの禁止事項は?守らないと口座凍結に!?

 

指標や窓開けを狙った両建てもNG

更にTitan FXでは、
はっきりと明記していないものの、
指標や月曜朝一の窓開けを狙った
両建ても禁止しています。

 

これは例えば、雇用統計など、
大きく動く指標発表前に
口座を2つ作って、
フルレバで両建てをしておけば、

・片方:爆益
・もう片方:強制ロスカット

という事になりますよね。

 

しかし、Titan FXでは、
ゼロカットという、
口座のマイナス分を補填する
制度が存在します。

関連記事:海外FXのゼロカットは最強!国内FXと比較したら安全さが判明!

 

これによって、
強制ロスカットになって
マイナスになった口座に対して
ゼロカットが発動するので、
損失を抑える事ができ、
トータルではプラスになります。

 

また、月曜朝一の窓開けも同じで、
例えば、金曜の終値で
フルレバで両建てをしておけば、
月曜朝一に窓が大きく開いた場合、
同じような結果になりますよね。

 

このような、
ゼロカットを利用した両建ても
禁止されています。

因みに、禁止された両建てをすると、
利益取り消しになるだけでなく、
最悪口座凍結にもつながるので、
注意が必要になります。

関連記事:海外FXで両建てが禁止の場合とOKの場合は?禁止の理由とは?

 

Titan FXでOKな両建てとは?

次にTitan FXでOKな両建てですが、
これは同一口座内での両建てです。

つまり、普通の両建てですよね。

 

例えば、
買いポジションを持っている時に
それが含み益になっているけど、

「一旦は下がりそうだ」

といった場合に、
買いポジションを持ったまま
売りポジションを入れます。

 

これによって、
買いポジションの利益を確保しながら
売りポジションで
調整の下落時にも利益を取れます。

そして、調整の下落が終わって
反転し始めたら
再度上昇が始まったと見て、
売りポジションを利食いするのです。

 

もしくは、
反転せずにそのまま下がって、
トレンド転換したような場合は、
買いポジションを手放して
利食いをします。

そして、
売りポジションだけを残して
利益を伸ばすことで、
買いと売り両方を
利益で終わらすことができます。

 

このように、
同一口座内で両建てをすることで、
どっちに転んでも
利益を出すことができるという
魔法のトレード方法が完成です。

この両建ての場合は、
Titan FXでもOKの両建てです。

 

含み損の両建てはあまりよくない

因みに、含み損を抱えて、
損切りができなくなった場合に
強制ロスカットになるのを防ぐ為に
両建てをする人がいますが、
これはあまりよくありません。

 

なぜなら、含み損の状態で
両建てをしたところで、
含み益になっているポジションを
どこで外せばいいかの判断が難しいし、
保有し続けるほどスワップも取られて
マイナス幅が広がるからです。

 

昔の私も、
損切りが悔しくてできずに
強制ロスカットになりそうになったら
両建てをしていましたが、

「どこで両建てを解消すればいいんだ?」

なんてなってしまいました。

 

そして結局、
適当なところで含み益の方を外したら
含み損の方が更に逆行されて
強制ロスカットになりました。

このような感じで、
含み損を抱えた時の両建ては
判断が凄く難しくなるので
あまりやらない方がいいです。

 

そもそも、損切りできない時点で
ロットが自分のキャパシティを
超えている証拠なので
間違ったトレードをしている事になります。

そんな状態で
一時的に逃げようとして両建てをしても、
ほとんど効果はありません。

 

このような事を繰り返している場合は、
まずは自分に合った手法を
しっかり作り上げる事が先決です。

もし、自分に合った手法の作り方が
よくわからない場合は、
以下の記事を参考にしてみてください。
FXで自分に合う手法のルール作りはどうやればいい?

 

結局、普通にトレードをするのが一番いい

上記では、Titan FXでの
OKな両建てとNGな両建てを
紹介しました。

 

基本的に両建て自体は
特に禁止されていませんが、
両建てを使った手法を
しっかり作り込んでやる以外は
普通にトレードするのが一番です。

 

特に、含み損を抱えた時に
強制ロスカットを避けるような
両建てはほとんど意味がありません。

 

また、FX業者の隙を狙うような
両建てをしたとしても、
すぐに対策されるだけでなく、
利益を没収される可能性が高いです。

これは昔、
このような手法が流行って
FX業者に大きな損害を与えたからです。

 

このようなことからも、
変に両建てをするより、
普通にトレードをした方が
結果が良い事がほとんどです。

関連記事:海外FXを使う時の効果的な手法は?検証するならどんな手法?

 

まとめ

今回は、Titan FXで、
OKな両建てとNGな両建てについて
お伝えしてきました。

 

結局、FXでは両建てをしても、
利益が取れる両建てに関しては
禁止されているので、
ほとんど意味がありません。

それであれば、
普通にトレードをした方が
よっぽど稼ぐことができるので、
両建てはやらない方が良いでしょう。

 

もし、Titan FXの総合的な
使い勝手について知りたい場合は、
以下の記事を読んでみてください。
Titan FXの使い勝手を調べてまとめてみた

 

 


P.S. メルマガを始めました

大衆心理を中心に、
FXで勝つ為のコツをお伝えしていきます。

「FX歴が長いけど勝てない」
という方には特におススメです。

FX初心者用のメルマガも用意しているので、
"何から勉強すればわからない"
という場合にもオススメです。

メルマガの詳細内容はコチラ


登録はもちろん無料で、
解除もワンクリックで出来ます。