FXに限らず株式でも有名なMAですが、
これを使っている人は非常に多くいます。

私自身はMAを入れると
チャートが見づらくなるし、
判断に迷う事があるので
今は使っていません。
(昔は使ってました)

 

しかし、

「MAを使ったトレードは勝てるのか?」

と聞かれれば「勝てる」と答えます。

 

実際に私の周りにも
MAを使っている方は多くいますし、
継続して勝ち続けているトレーダーもいます。

ただし、MAを使って
継続的に勝ち続けているトレーダー達は、
MAだけを頼りにして
トレードをしているわけではありません。

 

MAはあくまでも補助的な役割がメイン

“MAを入れれば、
トレード精度が劇的に変化して勝てる”

なんて思う人が意外に多いのですが、
実はそんなことはありません。

 

MAを使って
勝っているトレーダーを見ると、
そう思えてしまうのですが、
このような勝ちトレーダー達は

・全体の流れを読む力
・相場参加者の心理を読む力

といった、
FXで勝つ為に必須の技術を
しっかり持ち合わせています。

 

MAを使うのは、
あくまでも簡単にトレンドを見たり、
サポレジラインと合わせながら使ったりと、
トレードの精度を上げる為に、
補助的“な役目で使っています。

 

FXでは特にMAや
ボリンジャーバンドなどの、
テクニカル指標が有名で、
これらを使った
トレードツールなどが溢れるほどあります。

その為、それらをメインにして、
トレードをする方が後を絶たないのですが、
本来テクニカル指標は
メインにして使う物ではありません

 

特にMAを使ったトレード手法で、
ゴールデンクロス、
デットクロスという手法がありますが、
あの手法も私からすれば
エントリーサインが遅すぎます。

 

例えば以下の画像を見てください。

 

ゴールデンクロスを
使ったエントリー手法だと、
エントリーは上記画像の
黒マルの箇所になるかと思います。
(MAは25と75MAです。)

 

これだと大分上のレートで買う事になり、
自分が許容した損切り幅内で
耐えてくれればいいですが、
損切りになった時のダメージは
かなり大きいものになります。

しかも上記画像の
黒マルでエントリーした場合、
含み損に耐える事になるので
精神的にもキツイです。

 

一方で、ローソク足や
サポートラインだけでも下記画像のように、
もう少し早くエントリーできて、
損切りが小さく、利幅も大きく狙えます。

 

その為、MAを
エントリーのメインに使ってしまうと、
タイミングが遅れて、
含み損に耐える時間が長くなったり、
損切りのダメージが
大きくなったりしやすいのです。

 

MAを使うならどう使うのが効果的なのか?

私自身、
今はMAを使っていませんが、
使っていた時は
普通にトレードで勝てていました。

ただ、先程チラッと伝えたように、
その後の検証や訓練などで
MAなしの方が成績が良くなったので
使わなくなっただけです。

 

それで、
その時に効果的だった使い方が、

・トレンド転換
・トレンド中

この2つの場面で
サポレジラインと一緒に
押し目買いと戻り売りで
使う方法です。

 

 

何の変哲もない
王道の使い方ですが、
やっぱりこれが
一番成績が安定していました。

しかも、この使い方だと、
損切り位置が明確になるし、
利益も大きく取れるので
MAを使う場合はオススメです。

 

サポレジラインと合わせると更に効果的

MAを使うのであれば、
私の経験上、

・トレンド転換
・トレンド中

といった場面で使うと効果的でした。

 

更にこれに加えて、
サポレジラインと
MAが重なる場所で使うと
より効果的でした。

やはり、1つの根拠よりも
複数の根拠が揃った方が
反転する可能性は高くなりますからね。

 

これは王道の使い方になりますが、
やっぱり王道といわれるだけあって
効果は高かったです。

 

MAの設定値にも少し注意が必要

FXではMAを使ったトレードでも
普通に勝てるのですが、
MAを使う際には、
もう1つポイントがあります。

 

それはコチラでも書いたのですが、

“多くの人達が使っている数値のMAを使う”

という事です。

 

これはどういう事かと言うと、
例えば20MAや25MAといった
有名な数値を使う事です。

FXというのは
極端に言えば多数決のゲームです。

多くの人が考える方向へ掛けるのが
一番勝つ確率が高くなります。

 

MAもこれと同じで、
多くの人が使っている
数値を使うからこそ、
現在のレートがMAと重なった時に
反応しやすくなります。

 

例えば、

「MA163を使ってます!」

といったマイナーな数値のMAを
使っている人をよく目にしますが、

「その数値のMA使ってる人って
どれだけいるの?」

と疑問に思ってしまいます。

 

FXで勝てていない状態だと、

「MAで反応しやすい設定値は
誰も知らないような
設定値があるに違いない」

なんて、特別な数値があるように
考えてしまうのですが実は逆なのです。

 

むしろ、多くの人が使う
設定値を使うからこそ、
効きやすいのです。

 

因みに、
MAで有名な数値と言えば、

・20~25
・200

といった辺りです。

 

また、MAのタイプに関しては、

・SMA
・EMA

この2つのどちらかを
使っておけば十分です。

私がMAを使っていた時は
SMA20を使っていました。

 

まずは基本的なトレード技術を身につけよう

FXではMAを使っても
普通に勝つことができますが、
MAだけでは難しいです。

 

また、
MAを使って勝っている人は、
MAのお蔭で
勝てているのではありません。

むしろ、MAを使わなくても
勝てるトレード技術を持っています。

 

MAはあくまでも、
トレンドをよりはっきりと確認したり、
水平線と合わせて使ったりすると
“多少トレードが精度が上がる”
というスパイス的な感じで使っています。

 

ですから、今現在、
FXで勝つことができていないのであれば、

・環境認識の判断の仕方
・水平線の引き方
・相場参加者の心理の読み方

といったトレード技術を
まずは身につけるべきです。

 

正直なところ、
MAなんて
後からできたチャートを見れば、
どんな数値であれ、
必ずどこかで反応しています。

私からすると、
そんな曖昧なものをメインに使うよりも、
上記の事について勉強や訓練をした方が
よっぽど早く勝てるようになります。

 

ですから、MAを使ったトレードは
勝てる事は勝てますが、
メインとして使ってしまうと、
地力がない状態で
トレードをしていることになります。

よって、
勝てていない状態で
MAを使っているのなら
一旦は止めた方が良いでしょう。

 

もし、上記3つのことについて、
勉強をしたいと考えている場合は、
以下の記事も参考にしてみてください。

FXの効果的な勉強方法とは?まずやるべき事は環境認識から!

効果的な水平線を引く際のちょっとしたコツとは?

FXでも相手の気持ちを考える事が重要です

 

まとめ

今回は、

「MAを使ったトレードは勝てるのか?」

といった事に対して、
私の考えをお伝えしました。

 

MAを使ったトレードでも
普通に勝つことができますが、
実はMAというのは、
補助的に使われていることがほとんどです。

 

MAを使った勝ちトレーダーを見ると、
MAメインのように見えるのですが、
実はMAを使わなくても
普通に勝てる力は持っています。

 

また、
MAに限らずインジケーターを
チャートに色々表示させると、

「凄腕のトレーダー!」

みたいな間違った気分になって、
テンションが上がるかもしれませんが、
勝てていないのなら、
“それは間違い”という事を認識しましょう。

 

色んなインジケーターを使って
FXで勝っている人達も、
基本的な戦闘力が高く、
インジケーターはあくまでも
補助的に使っているだけですので。

 


P.S. メルマガを始めました

大衆心理を中心に、
FXで勝つ為のコツをお伝えしていきます。

「FX歴が長いけど勝てない」
という方には特におススメです。

FX初心者用のメルマガも用意しているので、
"何から勉強すればわからない"
という場合にもオススメです。

メルマガの詳細内容はコチラ


登録はもちろん無料で、
解除もワンクリックで出来ます。