FXで安定した利益を目指すなら、
“損切りは絶対必要”
と言われています。

 

一方で、デイトレは含み損を抱えても、
その内レートが戻ってくるので

“損切りしないでも大丈夫”

なんてことをよく聞きます。

 

これって一体どっちなのでしょうか?

 

確かに損切りをしないで済むなら、
損切りをしない方がいいですよね。

そこで今回は、デイトレ時に
損切りをしないでも大丈夫なのか?
といったことについて
お伝えしていきます。

 

デイトレで損切りしないでも利益は出せる?

デイトレで損切りしなくても
利益は出せるのかというと、
利益は出せます

 

基本的にFXでは、
10回中8回ぐらいは逆行されとしても
そのまま放置しておけば戻ってきます。

だから、実際のところ、
デイトレで損切りしないでも、
利益を出せることは出せます。

 

ナンピンをすれば勝率も高い

更に、デイトレで逆行されても、
損切りをせずにナンピンをすると
保有ポジションの平均レートも下がるので、
少し戻ってきただけで、
プラスマイナスゼロの損益になったり、
プラスの利益にもなります。

 

例えば、下記チャート画像の
黄色マルで買った場合、
ナンピンをしなくても、
放置しておけば、
水色マルのところまで戻ってきます。

 

しかし、黄色マルの所に加えて、
ピンクマルの個所でナンピンすれば、
緑マルの所まで戻ってきた時点で
損益がプラスマイナスゼロになります。

 

その為、
デイトレで損切りをしないでも、
このような技を使えば、
利益を出す事は出来るし、
勝率も高くなるのです。

 

しかし!!

 

損切りをしないと、
勝率も高いのですが、
たった1回のトレードで
その内、全てを失います。

しかも、95%以上の確率で

 

なぜなら、損切りをしないで
デイトレをずっとしていると、
どこかで大きな暴落や暴騰に巻き込まれます。

 

例えば、下記チャートの黄色マルで
買いエントリーをして、
そのまま逆行していったので、
どんどんナンピンしていったとしましょう。

 

そうすると、
資金の余力もどんどん無くなっていき、
下がっていくほど
強制ロスカットに近づいていきます。

 

しかも、このように
何度もナンピンをしてしまうと、
切った時の損失額が大き過ぎて
損切りをして逃げることができません。

 

そして、そのまま放置しておくと、
以下のようになりました。

 

最後に一発ドカンと大きく下げて、
強制ロスカットになり、
全ての資金を失います。

このように、
デイトレで損切りをしないと、
たった1回の損失で、
今まで積み上げてきたものが
簡単に消え去ります。

 

また、実は上記で見せたチャートは、
2019年の年始に、
フラッシュクラッシュと呼ばれる
大暴落が起きた際のチャートです。

そして、これによって、
今お伝えしたような事が
現実に起こって、
強制ロスカットになった人達が
大量発生しました。

 

この時は以下のように、
ツイッターでロスカットになった人達が
続々と投稿して、
一時、ツイッターのトレンドに
“ロスカット”が並んだくらい騒然としました。

 

 

このような事が現実で起こることから、
損切りをしないでデイトレをしていても、
いつか必ずといっていいほど、
どこかでドカンと資金を失います。

 

しかも、そのタイミングが遅くなって、
自分の資金が大きくなっていくほど、
このような事が起きた際には
計り知れないダメージとなります。

その為、デイトレをするなら、
結局は損切りをしておいた方が
安定した利益が出せるのです。

 

実際に昔の私も、
損切りをしないで、

・含み損は放置
・ナンピンをする

といった事を繰り返していました。

 

そしたら案の定、
最後は強制ロスカットで大損です。

しかも、一度こうなったら、
怒りで損を取り返そうとして
ハイレバレッジで
リベンジトレードをしていました。

 

しかし、
こんな事が上手くいくわけもなく、
更に傷口を広げて大損です。

 

そして、
こんな事を繰り返していく内に

・損切りできない
・ナンピン
・ハイレバトレード

といった事が癖づいて、
FXで1,000万以上を失いました。

関連記事:損切りの大切さが身にしみる!ナンピンで何度も逝った過去!

 

損切りができないのはルールが決まっていないから

デイトレでは損切りをしなくても、
一時的なら利益を出せます。

しかし、いつかどこかで
必ずと言っていいほど、
1回の損失で全資金を失うでしょう。

 

そもそも、

「損切りをしないでも、
デイトレで利益を出せるのかな?」

なんて考えるのは、
自分のトレードルールが決まっておらず、
曖昧な状態でFXをしているからです。

 

要するに、
どこで損切りすればいいかわからないので、

「自分が損切りをしたら戻りそう」

なんていう考えがある、

もしくは、
損切りした後に戻った経験を
何度かしたことがあるから

「損切りをしないでも大丈夫なのか?」

なんて考え始めるのです。

 

例えば、自分が使う手法が、
10回中9回損切りになるけど、
トータルで月間+400pipsになるのが
確実にわかっているなら、
9回連続で損切りができますよね?

 

ということは、
損切りができないのは、

「この手法を使ってトレードすれば、
トータルでプラスになる」

という自信を持っていない状態で
デイトレをしていることになります。

 

FXでこのような曖昧な手法を使うのは、
はっきり言って命とりです。

 

だから、もしあなたが、

「デイトレは損切りしないでも、
利益が出せるのでは?」

なんて考えているなら、
このままトレードをしていっても、
負け続ける事になる可能性が高いです。

 

その為、まずは自分のデイトレ手法を
しっかり作りこむことから始めましょう。

もし、デイトレ手法の作り方が
わからない場合は、
以下の記事を参考にしてみてください。
FXで自分に合う手法のルール作りはどうやればいい?

 

もし、損切り位置に迷うなら

FXのデイトレでは、
損切りをしない方が
大損をしやすいです。

 

ただ、中には、

「損切りの場所がわからない」
「損切り後の反転が多発する」

といったように、
損切りに迷う人も多いです。

 

そのような場合、
まずは相場参加者の心理を考えて、
損切り位置を決めるのが有効です。

なぜなら、チャートというのは
相場参加者の意思によって
作られているからです。

 

その為、相場参加者の意思を
読み取ることができれば、

「ここを抜けたらマズいな」

といった箇所がわかるので、
自信をもって
損切りをする事ができるからです。

 

よって、損切り位置に迷うなら、
チャートから相場参加者の意思を
考える癖をつけるのがいいでしょう。

もしこの事について、
より詳しく知りたい場合は、
以下の記事を参考にしてみてください。
大衆心理を使って損切り位置を見つける方法とは?

 

また、損切り後の反転が多い場合は、
損切り位置だけでなく、
損切り幅なども影響しているので、
まずは自分のトレード記録を
見返してみるのがいいでしょう。

もし、損切り後の反転が多くて
悩んでいる場合は、
以下の記事も参考にしてみてください。
FXで損切り後の反転が多い?その時はココを確認!

 

まとめ

今回は、
デイトレで損切りをしないでも、
利益を出すことができるのか?
ということについて
お伝えしてきました。

 

デイトレでは損切りをしなくても、
一時的に利益を出す事は可能です。

しかし、たった1回の負けで
全てを失うので、
安定してFXで稼ぎ続けたいなら、
損切りは絶対に必要になります。

 

 


P.S. メルマガを始めました

大衆心理を中心に、
FXで勝つ為のコツをお伝えしていきます。

「FX歴が長いけど勝てない」
という方には特におススメです。

FX初心者用のメルマガも用意しているので、
"何から勉強すればわからない"
という場合にもオススメです。

メルマガの詳細内容はコチラ


登録はもちろん無料で、
解除もワンクリックで出来ます。