FXでは必ずと言っていいほど
損切りを経験します。

ネット上では、

「損切り不要のトレード手法!」

なんて大々的に
アピールした手法をよく見ますが、
私からすれば損切りをできないと、
安定した結果は出ないと考えています。

 

しかし、損切りをすると、
お金を失う事になるので物凄く苦痛です。

私の場合、特に負けず嫌いなので、
損切りが通常の人の
3倍以上苦痛に感じます。

その為、
損切りができるようになるまで
とても苦労しました。

 

そのようなこともあり、

「逆に損切りをわざとしまくれば、
損切りに慣れて苦痛が減るのでは?」

なんて考えて、
わざと損切りになるような
トレードをして
訓練をした経験があります。

 

そこで起きたことについて、
今回はお伝えしていきます。

 

わざと損切りをし続けたら損切りに慣れた?

私がFXで全く勝てずに
連戦連敗が続いていた暗黒時代には、
損切りがあまりにもできなかったので、

「1回損切りしまくって損失に慣れよう」

という訳のわからない修行というか
苦行をしていました。

 

そして、それをやってみたところ、

重度のポジポジ病や
リベンジトレードを発生させるだけだった

という結果になりました(笑)

 

その時は何も考えずに
適当にエントリーして、
-10~-30pipsぐらいに損切りを入れて
あとは放置していました。

そして損切りになったら
“また適当にエントリーして放置”

という事をひたすら繰り返していました。

 

しかもこの時って、
もちろん最小ロットではありますが、
リアルトレードでやっていました。

そしたら、負けに慣れるどころか、
この行為は傷口に塩を塗る行為と同じで、
単純に怒りを増幅させるだけでした。

 

なぜなら、少額とはいえ、
やはり自分の大切な
資金が減っていくのを見ると、
悔しさから徐々に怒りが沸いてくるわけです。

 

そして、連敗していく内に、

「この損を取り返してやる」

なんていう気持ちになって
結局すぐに再エントリーをして
ひたすらポジションを取り続けていました。

 

しかも、最後は、
1回で全ての損を取り返そうとして、
大ロットでトレードをしてしまい、
結局全ての資金を失っていました。

 

こんなことを繰り返していく内に、
負けに慣れるどころか、
ポジポジ病がどんどんひどくなっていき、
それに伴って
リベンジトレードをする癖がついてしまいました。

その為、何をやっても負けるようになり、
これらの癖を取り除くのに、
数年掛かることになって、
資金と時間を無駄にしただけでした。

 

FXは負けに慣れているから勝てるわけではない

負けに慣れていけば、
損切りが苦痛ではなくなって
FXで結果が出せるようになると
思っていたのですが、
それは全くの見当違いでした。

 

今ならわかりますが、
FXで結果を出している人達って、
負けに慣れているから
淡々と損切りができるわけではありません。

トータルで勝てるという自信があるからです。

 

FXで安定した結果を出している人達は、
過去の自分の売買記録から、

・勝ちやすいパターン
・負けやすいパターン

といったものを見つけ出して、
そこから血のにじむような
検証と訓練を繰り返して、

「トータルでプラスにできる」

という自信を身につけています。

 

だからこそ、
損切りをすると悔しいけど、
熱くならずに次のトレードを
冷静に行なう事ができるのです。

 

実際に私が知っている億トレーダーも、

「1pipsでも負けると悔しい」
「でも切らないとやられるから」

なんて言っていましたから。

 

負けることに慣れると永遠に負け続ける

更に、負けることに慣れると
永遠に負け続ける可能性が高くなります。

なぜなら、
これは脳の仕組みになるのですが、
人間はある行為に慣れると、
その行為が当たり前になるからです。

 

例えば、毎日歯を磨くと思いますが、
この行為は毎日行うのが
当たり前になっているので、
寝る前などになると、
自然と体が動いて歯を磨いていますよね。

 

FXでのトレードもこれと同じで、
負けることに慣れてしまうと、
勝手に体が負けるポイントで
注文ボタンを押すようになってしまうのです。

こうなると、更に負け癖がついてしまい、
負けることが当たり前になって
永遠に負け続けることになるのです。

 

ですから、損切りが悔しいからといって、
私のように

“負けに慣れる練習”

なんてことをすると、
負け癖がついてしまい、
そこから這い上がるのには、
金銭的にも精神的にも
非常に苦労するので、
このような行為は絶対に止めましょう。

 

とにかくトレード技術を磨こう

負けに慣れるような行為をすると、
逆に負け癖がついて
破産することになります。

ですから、
私のような奇行をするのではなく、
とにかく自分のトレード技術を
磨くことに専念しましょう。

 

自分の売買記録を見返す

もし、リアルでトレードをしていて、
ずっと負け続けているなら、
まずは自分の売買記録を
見返してみましょう。

 

そしてそこから、

・上手くいきやすいパターン
・失敗しやすいパターン

というのをチェックしていき、
自分が使っている手法を
改善していくのです。

 

これをやるだけでも、
余計な負けを減らすことができる上に、
自分に合った手法ができていくでしょう。

もし、売買記録を取る際に
必要な項目について知りたい場合は、
以下の記事も参考にしてみてください。
FXの売買履歴から自分だけの聖杯を作れるのを知っていますか?

 

自分の知識を整理する

これはFX歴が長いのに
負け続けている人に起こりやすいのですが、
FX歴が長くなると、
色んな情報が頭に入っていき、
情報過多になることが多いです。

 

このことによって、
色んな知識がごちゃまぜになって、

「どうすればいいかわからない」

ということが起きやすくなります。

 

その為、自分の中にある知識を
一度すべてクリアにして、
基礎的な部分がちゃんとわかっているか
再確認をするのです。

 

FXで安定した結果を出すには、

・全体の流れを読む力
・反転しやすい場所に水平線を引く力
・相場参加者の心理を読む力

この3つの力があれば十分です。

 

テクニカル知識などは
特に必要ありません。

ですから、もし自分の中で
色んな知識がごっちゃになって
迷いが出ているのであれば、
再度、この基本的な知識について
チェックしてみるといいでしょう。

 

もし、これらの知識について、
再確認をしてみたい場合は、
以下の記事を読んでみてください。

FXの効果的な勉強方法とは?まずやるべき事は環境認識から!

効果的な水平線を引く際のちょっとしたコツとは?

FXは買いたい人と売りたい人の気持ちを考えると覚醒する!

 

徹底的な検証を行う

先程もお伝えしましたが、
FXで結果を出している人は
負けに慣れているのではなく、

「トータルでプラスになる」

という自信があるから
安定したトレードができているのです。

 

その為、このような自信をつける為に、
自分が使う手法に対して、
徹底的に検証をしていきましょう。

徹底的に検証をすることで、
自分の意識の中に
手法の内容が刷り込まれていき、
トレード内容が安定するようになるので。

 

もし、自分の手法に対する
検証方法がわからない場合は、
以下の記事も読んでみてください。
FXで勝てる手法を作れる具体的な検証方法とは?

 

まとめ

今回は、昔私が負けに慣れる為に
わざと損切りをしまくった時の結果について
色々とお伝えしてきました。

 

FXでは負けることが日常茶飯事なので、
悔しい思いをすることも多々あります。

その為、この悔しさをなくすために、
わざと損切りをして
負けに慣れるようなことをしようと
考えることがあるかもしれませんが、
はっきり言って逆効果になります。

 

ですから、
変に負けに慣れようとするのではなく、
自分のトレード技術を磨いてき、

「トータルで勝てる」

という自信をつける方向へ持っていきましょう。

 


P.S. メルマガを始めました

大衆心理を中心に、
FXで勝つ為のコツをお伝えしていきます。

「FX歴が長いけど勝てない」
という方には特におススメです。

FX初心者用のメルマガも用意しているので、
"何から勉強すればわからない"
という場合にもオススメです。

メルマガの詳細内容はコチラ


登録はもちろん無料で、
解除もワンクリックで出来ます。