FXで安定した結果を出すには、
実は結構簡単だったりします。

水平線とダウ理論を使った、
トレード手法だけでも十分ですから。

 

実際に私自身も、
水平線とダウ理論を中心に、
トレードをしています。

RSIなどのテクニカル指標は、
一切使っていません。

 

そこで今回は、
FXはダウ理論と水平線だけでも
結果が出せる理由について
お伝えしていきます。

 

実際の私のトレード例

例えば下記画像では、
あなたならどこに水平線を引いて、
どこでエントリーしますか?

 

恐らく上記チャートを見た方のほとんどが、
同じ場所でエントリーすると思います。

 

私もあなたが考えた場所と同じ場所で
エントリーするでしょう。

というか実際にエントリーしました。
それが下記画像の赤マルになります。

 

 

どうでしょうか?
いたって単純なエントリーですよね。

単純に意識されそうな場所に、
水平線を引いて、ダウ理論に従った、
エントリーをしただけです。

 

FXで結果が出ていない人は、
色んな知識を詰め込んでしまい、
情報過多になっている事が多いです。

その為、
自分で手法を複雑にしてしまい、
エントリーや決済に躊躇して、
利益を取り逃すことが多いです。

 

しかし、実はFXなんて、
基本に忠実なエントリーでも、
十分結果を出すことができます。

むしろ、基本に忠実な
シンプルなトレードの方が
トータルで見ると
結果は安定しやすいです。

 

チャートの気持ちを考えると精度がよりアップする

FXは基本に忠実なトレードでも、
安定した結果は出せますが、
もちろん全部が
簡単なエントリーで
結果が出るわけではありません。

 

例えば下記画像を見てください。

 

上記画像でも、
ダウ理論に沿った形の場所がありますが、
1枚目の画像と同じようにエントリーすると、
損切りになります。

 

ですが、
こんな形もしょっちゅうあります。

チャートは人間の心理が、
作り出しているので、
安定している日もあれば、
不安定な日もあります。

 

あなた自身の気持ちも、
毎日が安定した快適な日が続く
というのはないと思います。

 

楽しくて気分が良い日もあれば、
イライラしてる日、悲しい日、憂鬱な日
など色んな日がありますよね。

チャートもこれと同じで、
色んな気持ちの日があります。

 

例えば、あなたが、
会社の上司に話しかける場合、
上司の顔色を伺いながら話しかけませんか?

 

「今は忙しそうだから、
話しかけるの止めておこう」

「なんかイライラしてるから、
もう少し落ち着いたら話かけに行こう」

「今は暇そうだから、
今の内に話かけてあの事を聞いてみよう」

など相手の表情や状態を考えながら、
話かけに行くと思います。

 

チャートも実はこれと全く同じです。
チャートさんの気持ちを伺いながら、
話かけ(エントリーしに)に行くのです。

 

例えば、1枚目の画像内の、
チャートさんの気持ちを考えてみましょう。

まず、ダウ理論に沿って、
キレイに安値高値切り上げを
していますよね。

 

このキレイにというのがコツなのですが、
キレイに高安切り上げをしている
と言うのは、機嫌が良い証拠です。

ということは今の状態は、
話掛けやすい状態です。

 

そうなると、後はどこで、
話しかけに行く、
(エントリーする)かですが、
この場合はぶっちゃけどこでも良いです。

ダウ理論で意識される場所に、
水平線を1本引いて、
あとは意識される辺りで、
エントリーしに行けば、
チャートさんの機嫌が良いので、
素直に動いてくれるでしょう。

 

 

しかし、チャートさんにも、
機嫌が悪い日というのがあります。

それが下記画像になります。

この日のチャートの波形
(青ライン)を見ると、
急な上下をしながら、
上がって行ってますよね。

こういう時のチャートさんは、
情緒不安定な状態です。

 

しかも、最高値から
上の赤ラインまでの下がり方を見ると、
急に下がってきてますよね。

ということは機嫌があまりよろしくない
という事になります。

 

これは、ダウ理論に沿って
上がって行っても、
角度が急な状態で上がっていくと、
買っている人達の利食いが入りやすいので、
戻りも急になるのです。

 

例えばあなたが、
青ラインの一番下で、
エントリーできたとしたら、
短時間でこんなに急に上がって行ったら、
「一旦もらっておこう」と思いませんか?

 

実際に急な角度で調整すると、
買いポジションを持っている人達は、

「短時間で大きく利益が乗ったから
今の内に利食いをしておこう」

と考えるので、
一斉に利食いの決済が入りやすくなります。

 

これによって、
調整で下がる角度も急になるので、
そのような場所で

「ダウ理論に沿って押し目買いだ!」

なんてバチンとエントリーしても、
負ける可能性が高くなります

 

なぜなら、急に下がってくると、
買いポジションを
保有している多くの人達が、

「ヤバイヤバイ、急に下がってきた」
「今の内に決済しないと利益がなくなる」

と思ってどんどん決済をしてきます。

 

そして、この急な動きを見て、
押し目買いをしようとしていた人達は、

「これだけ急に下がると、
売りの勢いが強いな」

「じゃあ今は様子見をしておこう」

と考えて、エントリーを見送ります。
(つまり買いが入ってこない)

 

更にこれに加えて、
逆張り売りを狙っている人達も、

「お、この下げ方は勢いが強いな」
「じゃあ、売ってやるか」

と考えて、
新規の売りエントリーをしてきます。

 

その為、いくらダウ理論に沿っていても、
チャートが急な動きをすると、
このような思惑が働いて、
水平線では下げ止まらずに、
そのまま下抜ける事が多くあります。

 

このように、
FXは水平線とダウ理論だけでも
結果を出すことができますが、
毎回勝てる訳ではありません。

 

その為、トレードの精度を上げるには、
チャートさんの気持ちを読み取る、
つまり、

相場参加者の心理を読み取る

ということがポイントになってきます。

 

これができるようになれば、
トレードの勝率が
上がるようになってきます。

ですから、もしあなたが、
水平線とダウ理論を使った手法で
更に精度を上げたいのであれば、
相場参加者の心理を読み取る訓練を
してみるといいと思います。

 

もし、相場参加者の心理を読む方法について、
詳しく知りたい場合は、
以下の記事も読んでみてください。
FXでも相手の気持ちを考える事が重要です

 

または、
ダウ理論や水平線の引き方について
いまいち自信がないような場合は、
以下の記事も参考にしてみてください。
FXの効果的な勉強方法とは?まずやるべき事は環境認識から!

効果的な水平線を引く際のちょっとしたコツとは?

 

テクニカル指標はあくまでも補助的に使う

上記では、
ダウ理論と水平線をだけでも
安定したトレードができる事について
お伝えしました。

 

ただ、当然ながら、
この2つだけでなく、
MA(移動平均線)などの
テクニカルを使っても
自分に合っていれば
全く問題ありません。

 

とはいっても、
テクニカル指標は
あくまでも補助的に使うものなので、
いくつも使い過ぎると、

・エントリーが遅れる
・エントリーに迷いが出やすくなる
・トレードチャンスが激減する

といった弊害も起きます。

 

ですから、
私の個人的な意見としては、
テクニカル指標を使うにしても
1つか2つが十分だと考えています。

 

まとめ

FXなんて自分で思っているよりも、
実は物凄い単純です。

実際は自分でFXを
難しくしている事がほとんどです。

 

ただ、これもある意味、
仕方のないことです。

なぜなら、FX歴が長くなるほど、
色んな知識が頭に入ってくるので、
情報過多になってしまうからです。

 

特にFX商材をいくつも買っていると、
それらの手法が混ざってしまい、
どんどん複雑になっていきます。

 

ですから、もしあなたが今現在、

「手法に迷ってよくわからない」

となっているなら、
それは情報過多になっている証拠なので、
一旦今まで得た知識は横に置いて、
ダウ理論と水平線を使った手法を
再度検証してみてください。

 

そうすれば、案外すんなりと、
自分に合った手法が
できあがるかもしれませんよ?

 

もし、検証方法自体が
よくわからない場合は、
以下の記事も読んでみてください。
FXで勝てる手法を作れる具体的な検証方法とは?

 


P.S. メルマガを始めました

大衆心理を中心に、
FXで勝つ為のコツをお伝えしていきます。

「FX歴が長いけど勝てない」
という方には特におススメです。

FX初心者用のメルマガも用意しているので、
"何から勉強すればわからない"
という場合にもオススメです。

メルマガの詳細内容はコチラ


登録はもちろん無料で、
解除もワンクリックで出来ます。