デイトレと言えば、私からすれば、
15分足以上の時間足で行うトレードです。

15分足以上でトレードする場合、
全体の流れを確認して、
1時間足以上の意識される場所に、
サポートやレジスタンスラインを引く。

そして、そのラインに来たら、
バチンとエントリーをしても、
損切り設定さえちゃんとしてれば、
トータルではプラスになると思います。

 

ただ、このようなエントリーだと、
サポレジラインを
そのまま抜けていくことも結構あります。

 

そうなると、

“エントリー後すぐに損切り”

という事もあるので、
勝率がどうしても下がります。

 

そこで、このような事を回避して、
勝率を上げるには
どうすればいいかと言うと・・

 

群集心理を使ってエントリーする

 

ということになります。

 

そこで今回は、
デイトレで群集心理を活かして、

“エントリー後に逆行しにくくなる方法”

というのを解説してみたいと思います。

 

この記事を読めば、
デイトレで群集心理を使って、
勝率の高いトレードが可能になるので、
最後までしっかり読んで下さいね。

 

15分足以上のデイトレに1分足を組み込む

15分足以上の時間足でデイトレをする場合、
意識されるサポレジライン付近で、
指値をしてエントリーする人が、
私の知る限りでは相当数います。

 

例えば、1時間足以上の時間軸で
デイトレをする場合は、
サポレジラインが効きやすいので、
そこでバチンとエントリーをしても
トータルではプラスになるでしょう。

 

しかし、
レートの動きに勢いがある時などは、

“そのままサポレジラインで、
反応せずに抜けてしまう”

ということがしょっちゅうあります。

 

これだと、
どうしても勝率が落ちてしまい、
継続して安定した勝ちを目指すとなると、
少しどうかな?という感じがあります。

 

そこで15分足以上のデイトレでも、
群集心理を使っていくのですが、
この群集心理を取り入れていくことで、

“エントリー後にそのまま突き抜けて、
すぐに損切りになってしまう”

というのを、最小限に
抑えることが出来るようになります。

 

じゃあ、どのように、
群集心理を活かせばいいのか?
と言うと、1分足を組み込んでいきます。

 

まず最初は、
いつものデイトレと同じように
全体の流れを確認してから
意識されそうな場所に、
サポレジラインを引いて、
そこにレートが来るまで待ちます。

そして、サポレジラインまで
レートが来たときに、
1分足のチャートを表示させて、
そこからエントリータイミングを
計っていきます。

 

例えば先程の15分足チャート画像で、
意識されるサポートラインに到達して、
赤マルでエントリーを
考えているとしましょう。

 

本来のデイトレ手法であれば、
このラインで、
バチンとエントリーするのですが、
群集心理を使ったトレードをする場合は、
ここでバチンとエントリーせずに、
1分足チャートを表示させます。

そして、そこから群集心理を使って、
下げ止まりを判断していきます。

 

例えば、
上記の15分足画像を1分足にすると、
以下のようになります。

 

上記画像ではずっと下げていてますよね。

これは買いが入らず
下げの勢いが強い証拠なので、
サポートラインでは
バチンとエントリーせずに、
最低でも2~3本以上のローソク足を見ます

 

勢いが強い時というのは、
サポートラインで、
買いを待ち構えている人からすると、

「下落の勢いが強いから様子見しよう」

という群集心理が働くので、
多少は買いが入っても、
そこからすぐに反転するような、
大きな買いは入りずらいです。

 

更に、
チャートの上の方から売っていて、
含み益になっている人達も、

「下げの勢いが強いから、
下げ止まる形が出るまで、
ポジションはキープしよう」

と判断するので、
サポートラインに来たからといって
すぐに利食いをするわけではありません。

 

このような群集心理が働くことで
いくら意識される強いサポートでも、
“そこから一気に反発する”
ということは少ないので、
サポートラインで
バチンとエントリーをしても、
そのまま抜けやすくなるのです。

 

だから、意識されるサポートに来た場合は、
1分足の動きをよーく観察して、
ローソク足1本1本の動きを考えながら、
下げ止まりを確認していきます。

 

例えば、以下の画像も
上記とは別の15分足チャートなのですが、
意識されるサポートラインまで
落ちてきていますよね。

 

 

これを1分足に変えるとこんな感じです。

ここからローソク足が、
下に行かないことを確認していきます。

文字だけで説明するとわかりずらいので、
ここでは下記画像を直接見て、
エントリーの根拠を確認してください。

 

どうでしたでしょうか?
なんとなく、
どのようにエントリーしていけば良いか
わかったと思います。

 

ポイントとしては、
一旦反発したとしても、
大体がもう一度安値更新を狙ってくるので、
その安値更新が失敗したら、
エントリーするようにすると、
無駄な損切を減らすことができます。

 

このように
15分足以上のデイトレでも、
1分足から細かい群集心理を考えて
ローソク足を読んでいけば、

“エントリー後にすぐ逆行してしまう”

という事が劇的に減って、
勝率も上がります。

 

しかも、エントリータイミングも、
1分足で狙っていくので、
サポートライン付近の良いレートで、
エントリーする事ができます。

これであれば、損切り幅は小さく、
利益幅は大きく取れるので、
勝率の高い、
損小利大のトレードが可能になります

 

群集心理はスキャルピングに非常に効果的

今回は、デイトレに群集心理を組み入れた
エントリー方法をお伝えしていますが、
この群集心理を使った
エントリー方法を訓練していくと、
スキャルピングの練習にもなります。

 

FXで収益を更に伸ばしたいなら、
1分足のスキャルピングは将来的に、
絶対に取り入れたほうが良いです。

スキャルピングを極めれば、
ぶっちゃけどこでも利益が取れるので、
はっきり言って、スキャルピング最強です。

 

特に要人発言や指標発表後など、
大きく動いて
ボラティリティが高くなった場合、
狙っているサポレジラインまで届かずに
反転していくことが多いです。

その時に、1分足のローソク足から
群集心理を読めるようになっておけば、
1分足だけでトレードができて
利益チャンスを増やすことができます。

 

ただし!

 

スキャルピングを極めるには、
物凄い高度な技術が必要なので、
トレードで最も難しいスタイルになります。

 

その為、最初からスキャルピングで
トレードをしようすると、
値動きに翻弄されてしまい
資金をあっという間に失います。

最悪、ポジポジ病などの
悪いくせがついてしまい、
FXで安定した結果を出すまでに
ものすごい時間が掛かることになります。

 

だからこそ、15分足以上のデイトレに
1分足を組み込んで
群集心理を考える癖をつけていけば、
エントリー後に
逆行しにくいポイントで入れるし、
スキャルピングの練習にもなるので、
一石二鳥です。

 

因みに、この群集心理は、
15分足だけのデイトレでも使えるのですが、
それだとエントリーが遅れて、
悪いレートでエントリーする事になります。

 

そうなると、
損切り幅も大きくなってしまうので、
群集心理を使う場合は、
やはり1分足チャートで
タイミングを計っていくのがオススメです。

 

この方法はFX経験者が使うと効果的

FXのデイトレに群集心理を使う方法は、
FX歴が1年以上ある人にオススメです。

 

なぜなら、FX歴が1年以上あると、

・正しいトレンド判断
・正しい水平線の引き方

といったことが
できている場合が多いからです。

 

この基礎的な部分ができていないと、
1分足で群集心理を読む訓練をしても、
エントリーの精度は上がりにくいです。

だから、群集心理を使う場合、
FX歴が1年以上あって、
15分足ぐらいのデイトレに使うと
一番効果的だと私は考えています。

 

逆にFX初心者の場合は、

・トレンド判断
・反発しやすい水平線の引き方

といったことが
未熟なことが多いので、
1時間足以上のデイトレがオススメです。

 

1時間足上のデイトレで
基礎的な力をしっかり身につけて
成績がトータルでプラスになってから
15分足ぐらいのデイトレへ移行するのが
一番の近道になると思います。

実際に私自身も、
群集心理を勉強する前に
4時間足のデイトレで
トレードが安定してから
15分足のデイトレへ移行しました。

 

その為、FX初心者の場合は、
まずは1時間足以上のデイトレから
トレード力を身につけていくのがオススメです。

もし、1時間足以上のデイトレについて
もう少し詳しく知りたい場合は、
以下の記事も参考にしてみてください。
4時間足のデイトレがFXで勝てるきっかけになった!

 

まとめ

今回は、FXのデイトレで
群集心理を活かすトレード方法を
お伝えしてきたのですが、
いかがでしたでしょうか。

最初は「1分足でタイミングを取る」
というのは難しく感じるかもしれませんが、
毎日15分でもいいので、
少しずつ訓練をしてあげると、
3ヵ月後、半年後には、
劇的にトレードのレベルが上がっているはずです

 

群集心理を読めるようになると、
本当にトレードが楽になります。

「次にどちらへ行きやすいのか」

という事がわかってくるので、
負けることが減って、
トレードの精度が上がります。

 

だから、15分足以上のデイトレを
主体にしていても、
タイミングは1分足で計るようにすると、
安定した成績が一気に近づいてくるので、
是非取り入れてみてください。

もし、群集心理の読み方を
覚えたい場合は、
まずは以下の記事から読んでみてください。
FXでも相手の気持ちを考える事が重要です

 


P.S. メルマガを始めました

大衆心理を中心に、
FXで勝つ為のコツをお伝えしていきます。

「FX歴が長いけど勝てない」
という方には特におススメです。

FX初心者用のメルマガも用意しているので、
"何から勉強すればわからない"
という場合にもオススメです。

メルマガの詳細内容はコチラ


登録はもちろん無料で、
解除もワンクリックで出来ます。