FXのトレードにおいて売買回数は、

「多ければ多いほど良い」

と思っている人が
結構な数いるのですが実は逆です。

多ければ多いほど、
損をする機会も増えるので、
その分リスクが高まります

 

ただ、デイトレの場合、
少なすぎても
資金はなかなか増えていかないので、
ある程度の回数は必要になってきます。

 

「じゃあ、1日に売買回数
どのくらいあればいいの?」

と聞かれると、
これに対する答えも少し迷ってしまいます。

 

なぜなら、
トレードスタイルによって、
1日の売買回数も違うからです。

そこで今回は、
デイトレの1日における売買回数を中心に、
スキャルピングやスイングトレードの
売買回数についても、
私の考えをお伝えしていきます。

 

デイトレの売買回数

まずは今回のタイトルにもあるように、
デイトレの1日の売買回数について
私の考えをお伝えしていきます。

ただ、デイトレの場合、
一言でデイトレとはいっても、
時間軸が変わってきますよね。

 

そこで今回は、
デイトレで主要な時間軸である、

・15分足
・1時間足
・4時間足

この3つの時間軸に対しての
売買回数をお伝えしていきます。

 

15分足のデイトレ

15分足でのデイトレの場合、
売買回数は
1日に0~3回程度が平均ですかね。

 

もちろん、手法にもよるのですが、
押し目、戻し目を狙うような場合、
大体、このぐらいの売買回数になります。

もし、ブレイクや逆張り手法など、
複数の手法を持っている場合は、
更に売買回数は増えていきます。

 

また、複数通貨を
トレード対象にしている場合も、
その分、トレード回数が増えていくので、
意外に忙しくなることもあります。

 

1時間足のデイトレ

1時間足のデイトレになると、
売買回数は
1日に0~1回
がいいところですかね。

 

1時間足の場合、値動きがゆっくりで、
値幅も大きくなるので、
意識される場所に来るまでに
時間がそれなりに必要になります。

そして、意識される場所に
レートが来るのが大体1日に1回です。

 

一方的な動きにならない限り、
1日に2回も3回も、
意識される場所にはそんなに来ないですね。

ただ、1時間足のデイトレも、
複数通貨をトレード対象にしていれば、
1日に数回の売買回数があることもあります。

 

それでも基本的には、
売買回数は“1日に1回あるかないか”
と考えておくのが良いでしょう。

 

4時間足のデイトレ

最後に4時間足のデイトレですが、
この場合、デイトレというよりも、
短期のスイングトレードに近くなるので、
売買回数としては、
2~3日に1回が平均だと思います。

私も4時間足のデイトレをしていた時は、
大体このぐらいの売買回数でしたから。

 

4時間足は1時間足よりも
更に値動きがゆっくりになって
値幅も大きくなってくるので、
売買回数は減ります。

 

ただ、その分、
1回の利益が大きくなるので、
トータルでは普通にプラスにできます。

もし、複数通貨をトレードするなら、
1日に1回ぐらいは、
トレードチャンスが来ることも多いです。

 

以上が、FXでデイトレをする際の
平均の売買回数の目安になります。

 

スキャルピングの売買回数

スキャルピングの場合、
2~3pipsの利益を細かく取っていくので、
1日の売買回数は、
100回を超える人も普通にいます

 

それでも平均すると、
1日に20~30回ぐらいの人が多いですね。

しかし、注意しなければいけないのが、
ポジポジ病になるリスクがあることです。

 

スキャルピングの場合、
細かい利益を積み上げる必要があるので、
とにかく売買回数が多くなります。

こうなると、

「常にトレードしていないと気持ち悪い」

といった感覚に陥ってしまい、
ポジポジ病に掛かって、
オーバートレードになりやすいです。

 

しかも、スキャルピングだと、

・損切り:-5~10pips
・利食い:+2~3pips

といったように、
損大利小のトレードになりやすく、
1度負けるとその分を取り返すのに
2~3連勝する必要があります。

 

これは実際にやってみればわかりますが、
かなりキツイです。

2~3連勝してやっと
トータルでゼロになるので、
そこからプラスにもっていくには、
合計で5連勝ぐらい必要になります。

 

だから、余計売買回数が増えて、
ポジポジ病が加速していき、

「気づいたらガッツリ負けていた」

なんてことがしょっちゅうです。

 

その為、デイトレで結果が出ない内は
スキャルピングに手を出すのは止めましょう。

 

特にFX初心者だと、

「2~3pipsぐらい簡単でしょ」

なんて思って
安易に手を出しやすいのですが、
ほぼ確実に負けるので、
手出しはNGです。

 

スイングトレードの売買回数

最後にスイングトレードの
売買回数についてですが、
スイングの場合は、
日足以降の時間軸がメインになるので、
売買回数は極端に減ります。

 

平均的な売買回数としては、
1ヶ月に1回が良いところでしょう。

複数通貨をトレードすれば、
1ヶ月に2~3回ぐらいあるかもしれませんが。

 

しかも、一方的に動かれると、
ずっとエントリーできないし、
レンジ相場の中間位置にいたりすると、
更にエントリーできないので
余計売買回数が減ってしまいます。

 

ただし、スイングトレードの利点は
比較的簡単に結果が出やすいことです。

なぜなら、日足以降のサポートラインや
レジスタンスラインというのは、
かなり強い効き目を持っているので、
そこでだけエントリーしていれば、
勝率もそれなりに高くなるからです。

 

それでも私個人としては、
もし専業トレーダーになりたいなら、
あまりオススメはしません。

というのも、
売買回数が少ないとその分、
経験を積むのに凄い時間が掛かるし、
何よりもポジションを
長期保有してるのが
ツラくてストレスになります。

 

例えば、含み益が100pipsとか超えると
利食いしたい衝動にかられます。

でもスイングの場合、
損切りが-100pipsとかになるので、
最低でも利益を200pips以上取らないと、
トータルでマイナスになりやすいです。

 

だから、利益を伸ばす必要があるのですが、
FXのチャートは一方向に動くのではなく、
上下しながらジグザグに動きます。

その為、含み益が減ってしまう日も出てきます。

 

こうなると、

「あー、あそこで利食いしておけば」

なんて思ったりして、
意外に感情が揺さぶられます。

 

これがけっこう強いストレスとなって、
我慢できずに利食いをしてしまい、
“その後の大きな利益を取り逃した”
なんてことも起きやすくなります。

 

個人的なオススメはデイトレード

デイトレ、スキャル、スイングの売買回数を、
簡単に解説してきたのですが、
個人的に一番なのはやっぱりデイトレですね。

 

デイトレだと、

・値幅
・ボラティリティ
・売買回数

といった部分が一番ちょうどいいです。

 

だから、

・経験値を適度に積める
・ポジポジ病になる確率が低い
・トレードが回数が適度

といったメリットがあります。

 

それでいて、

・利食い幅:+20~100pips
・損切り幅:-10~30pips程度

という感じで
損小利大のトレードができるので、
トレードの種類の中で
一番ストレスが少ないと考えています。

 

スキャルピングの売買回数のところで
少し書きましたが、
デイトレだと損小利大なので、
1回負けたとしても、
たった1回の勝ちで損を取り戻せる上に
プラスの損益にもっていくことができます。

実際にトレードをしているとわかりますが、
これができると精神的に余裕ができて、
変なトレードをしにくくなります。

 

まぁ、極めれば、
スキャルが最強なんですけど、
まずはデイトレで勝てるようにならないと、
話しにならないですからね。

だからFXで結果が出ていない間は、
15分足~4時間足のデイトレで、
訓練していくのがオススメです^^

 

どんな人がどんなデイトレが適している?

私の個人的な考えとしては、

・FX歴が1年以上:15分足のデイトレ
・FX初心者:1時間足以上のデイトレ

というのがオススメです。

 

15分足のデイトレ

FX歴が1年以上ある人の場合、
15分足のデイトレがオススメです。

 

なぜなら、このぐらい経験があると、

・トレンドを読む
・正しい水平線を引く

といったことが
ほぼできていることが多いので、
少し売買回数を増やして
経験値を積んだ方が
早く結果が出やすいからです。

 

だから、もしあなたが、
FX歴が1年以上ある状態で、
トレンドが読めて、
水平線も引けるのであれば、
15分足のデイトレがちょうどいいでしょう。

 

もし、15分足のデイトレについて、
もう少し詳しく知りたい場合は
以下の記事も読んでみてください。
FXでデイトレをするなら15分足の手法が一番やりやすい!

 

1時間足以上のデイトレ

一方でFX初心者の場合、
1時間足以上のデイトレが
ちょうどいいと思います。

 

なぜなら、1時間足以上のデイトレだと、

・トレンドを読む力が身につく
・反転しやすい水平線を引けるようになる

といったように、
FXで安定した結果を出す為の基礎を
効率良く身につけることができるからです。

 

もちろん、このぐらいの時間軸だと
売買回数は減ってしまいますが、
FXで結果を出す為の基礎がないのに
売買回数を増やしたところで
資金が減っていくだけです。

 

だから、FX初心者の場合は、
1時間足以上のデイトレが
もっとも適していると思います。

因みに、私自身も、
4時間足のデイトレによって
FXで結果を出す為のきっかけを掴みました。

 

もし、1時間足以上のデイトレに
興味が沸いたら、
以下の記事も読んでみてください。
4時間足のデイトレがFXで勝てるきっかけになった!

 

まとめ

今回は、FXでデイトレをすると、
1日の売買回数はどれくらいあるのか?
といったことについて
私の考えをお伝えしてきました。

 

デイトレの場合、
時間軸によって違いますが、

・15分足:1日0~3回
・1時間足:1日0~1回
・4時間足:2~3日に0~1回

といった感じになるでしょう。

 

私個人としては、
このぐらいの売買回数でも
“十分、FXで結果は出せる”
と考えています。

だから、焦る必要はないので、
あなたの生活環境合わせた
デイトレスタイルを見つけてみてください。

 


P.S. メルマガを始めました

大衆心理を中心に、
FXで勝つ為のコツをお伝えしていきます。

「FX歴が長いけど勝てない」
という方には特におススメです。

FX初心者用のメルマガも用意しているので、
"何から勉強すればわからない"
という場合にもオススメです。

メルマガの詳細内容はコチラ


登録はもちろん無料で、
解除もワンクリックで出来ます。