FXでは自動売買ができることで有名です。

 

特に、FXでは有名なチャートソフトである、
MT4(Meta Trader4)を使うと、
EAという自動売買機能を
無料で使うことができます。

 

自動売買と聞くと、

「楽にお金を稼いでくれそう」
「放置しておけばお金が勝手に増える」

なんていうイメージが強いので、
それを利用したFX商材が多くあります。

 

しかしながら、
無料や数万程度の自動売買ソフトでは、
正直、資金を増やすことは難しいです。

できないことはないですが、
ちょっとしたコツが必要になります。

 

そして、その昔、
私も自動売買にを手を出したことで、
大損をした嫌な記憶があります(笑)

 

勝率100%の自動売買ソフトで大損!?

実は私自身も、
FXで自動売買に手を出して、
大損した経験があります。

そして、
自動売買に手を出した理由は単純です。

裁量トレードで上手くいかなくて、
楽して稼ごうとしたからです(笑)

 

しかも、私が使った自動売買ソフトは、
勝率100%と言われるものでした。

「勝率100%なのに何で大損するの!?」

なんて思いますよね?

 

私も大損する前までは
そう思ってました。

「勝率100%なんて最強だな」

なんてニヤニヤしていた記憶があります。

 

ですが、実はその自動売買ソフトには、
ちゃんと落とし穴があったのです。

 

私に大損をもたらした
自動売買ソフトの手法は
マーチンゲールという方法でした。

知ってます?マーチンゲールって?

 

この手法は簡単に言うと、
利食いと損切設定はあるのですが、
損切りをした次のトレードは
ロットを倍にしていくのです

 

例えば、

・利食い+10pips
・損切り-10pips

といったトレード手法で、
10枚でエントリーするとしますよね。

 

最初は10枚でエントリーして、
勝ったら次のエントリーも10枚。

逆に最初に負けたら、
次は20枚でエントリーしていくのです。

そうすれば、最初に10枚で負けても、
次に20枚で利食いをすれば、
トータルプラスですよね、

 

つまり、最初に10枚で
-10pipsの損切りだと、
-10,000円ですよね。

でも、次に20枚でエントリーして、
+10pipsの利食いをしたら、
+20,000円になりますよね。

そしたら最初の負けた分と合わせると、
トータル+10,000円ですよね。

 

このような感じで、損切りをしても
次のエントリーでロット数を倍にすれば、
右肩上がりに資金が増えていくのです。

だから”勝率100%”なんて
広告で大々的にアピールされていたのです。

 

これだけ聞くと「おースゲー!」
ってなるかもしれないですけど、
実はこれ、ある事を考慮してないんです。

 

そうです。

連敗です。

 

これって負けた後に絶対に勝てるなら、
それこそ勝利の聖杯ですよ。

でも、連敗すると、
ひたすらロット数を倍にする必要があるので、
負ける金額が大きく膨れ上がります。

 

しかも、無限に資金があるなら、
どこかで必ず勝つので取り返せるのですが、
そういうわけでもないので、
どこかで資金が足りなくなります。

そうなると、
勝率100%の前提が崩れるので、
取り返しのつかない
大損をする事になるわけです。

 

私は当時、このことがわからずに、
ひたすらこの自動売買ソフトを使い続けて、
あっという間に資金がなくなって大損したのです。

 

しかもその時は
海外のFX業者を使っていて、
レバレッジが500倍とかあったので、
資金に対して
信じられないロット数でトレードができます。

だから、連敗すると、
ホントに資金が瞬殺されて、
即効性のある大損でしたね(笑)

 

自動売買で大損しやすい理由とは?

今現在、
無料や数万程度の自動売買ソフトでは、
資金を増やせるどころか、
逆に大損しやすいです。

 

なぜなら、今現在の自動売買ソフトは、

・トレンドが出ている時だけ強い
・レンジの時だけ強い

といったように、
特定の場面だけしか
通用しないように設計されているからです。

 

その為、
トレンドに強い自動売買ソフトを使って
放置しておくと、
トレンド相場が終わってレンジになった時でも
勝手にエントリーをしていくので、
負けまくって資金があっという間になくなります。

 

「じゃあ、トレンド用とレンジ用を
組み合わせればいいんじゃないの?」

なんて思いますよね。

 

しかし、1つの自動売買ソフトに
複数のロジックを組み合わせると、
コードが非常に複雑になってしまい、

・誤作動を起こす
・そもそも動かない

といったエラーが
大量発生する可能性が高くなるので、
商材の販売側からすると
売り物にならなくなるのです。

 

仮に、1つのソフトで、
全ての相場に対応できるように作るとしても、
莫大な開発費が掛かるので、
販売するとしたら、
数百万で売らないと元が取れないのです。

これだと売れることはないので、
いろんな部分を簡易化して、
数万程度の金額で売っているわけです。

 

自動売買ソフトで資金を増やすことも可能

基本的に自動売買ソフトを使って、
そのまま放置をしておいても、
ほぼ確実に大損します。

 

ただ、一応、自動売買ソフトでも、
資金を増やすことは可能です。

そしてその方法というのが、
裁量判断を加えることです

 

要するに、例えば、
トレンドに強い自動売買ソフトを使った場合、
自分で相場の流れを見て、
トレンドが終わってレンジに入ったと思ったら、
一旦、ソフトの使用を止めます。

 

そこから、またトレンドが出たと思ったら、
ソフトを再稼働させていくのです。

こうすることで、
自動売買ソフトの強みを上手く活かせるので、
資金を増やすことができるわけです。

 

でも、ちょっと考えてみてください。

 

もし、相場の流れを
判断できるほどの力があれば、
自分でトレードをしたとしても、
資金を増やすことができますよね?

ということは、
今の自動売買ソフトで資金を増やすには、
裁量トレードで結果を出す力が必要なわけです。

 

基本的に自動売買を使う人って、
昔の私みたいに、
裁量トレードで結果を出せない人が
使うことがほとんどです。

だから、このような人達が
自動売買ソフトを使ったところで、
大損するのは目に見えているわけです。

 

AIの自動売買ソフトってどうなの?

FX商材の広告を見ていると、

「AIを使った自動売買ソフト!」

なんていうのをよく見かけますが、
あれも実際は過去のデータを最適化して
売っているだけのものがほとんどです。

 

単純に”AI”ってつけた方が、

「なんだか凄そう!」

ってなって売れやすいからです。

 

今現在の技術でも、
AIを使った自動売買ソフトは
作れるとは思いますが、
これも開発費が莫大になるので、
販売価格は1,000万を超えるでしょう。

たった数万~数十万で
売られることはないと思った方がいいです。

 

まずは自分で結果を出せる技術を身につけるべき

自動売買に挑戦したところで、
今現在のソフトでは、
放置して楽に稼げることはなく、
逆に大損する可能性の方が高いです。

 

それであれば、
自分のトレード技術を地道に磨いていった方が、
早く結果を出せるようになるし、
大損をする確率も大きく減ります。

 

ですから、まずは
自分のトレード技術を
高める方向へ持っていった方がいいです。

そして、裁量トレードでも
安定した結果が出るようになったら初めて、
資金効率の面を考えて、
自動売買を取り入れるのがいいでしょう。

 

もし、裁量トレードで
結果を出す為にすべきことがわからない場合は、
以下の記事も読んでみてください。
FXで勝つ為に勉強する事はたった3つで十分!

 

まとめ

今回は、私が自動売買を行って
大損した体験から、
今現在の自動売買では
資金を増やすことが難しい理由について
お伝えしてきました。

 

今の技術にはAIが台頭してきていますが、
FXの自動売買となると、
数万から数十万程度で売られているものは
単に過去データを
最適化しただけのものがほとんどです。

 

ですから、
逆に大損する可能性の方が高いので、
それであれば、
自分のトレード技術を磨いた方が
よっぽど結果が早く出ると思います。

 


P.S. メルマガを始めました

大衆心理を中心に、
FXで勝つ為のコツをお伝えしていきます。

「FX歴が長いけど勝てない」
という方には特におススメです。

FX初心者用のメルマガも用意しているので、
"何から勉強すればわからない"
という場合にもオススメです。

メルマガの詳細内容はコチラ


登録はもちろん無料で、
解除もワンクリックで出来ます。