「FXの勉強の仕方がわからないんです」

こんな悩みをもらうことが
意外に多くあります。

 

確かに今では、
インターネットが当たり前なので、
色んな情報が簡単手に入ります。

それらの情報を色々と見ていくうちに、
「何を勉強すべきなのか?」
とFXの勉強の仕方に
迷ってしまうんですよね。

 

ただ、実際は、
勉強の仕方と言っても
特別な仕方はないですし、
覚えることもそこまで多くありません。

もちろん、完全なFX初心者の場合、
注文方法やローソク足の見方など、
勉強することは多くなりますが、
それでも抱えきれないほどの
勉強量があるわけではありません。

 

そこで今回は、私が考える、
FXで勉強すべきことについて
お伝えしていきます。

 

最初は全体の流れを読む勉強から!

FXの勉強をするにあたって、
一番最初に勉強すべきことは、

“全体のトレンド判断をすること”

これに尽きます。

 

全体のトレンド判断とは、
日足、4時間足、1時間足といった
大きな時間軸を使って、

「今の流れは上昇・下落どっちなのか?」

ということを判断することです。

 

相場の世界では、

「トレンドはフレンド」

なんて言われるぐらい、
トレンドを読み取る事は大切です。

 

全体の流れを読み間違えると、
いくらエントリーポイントが良くても、
「逆行されて損切り」
なんてことが起きやすくなります。

だから、まずは、
「トレンドの判断が出来るようになる事」
これを最初に覚えましょう。

 

トレンドの具体的な勉強の仕方としては、
とても簡単で、ダウ理論を勉強して、
上昇・下落トレンドの形を、
頭に叩き込むぐらいです。

 

ダウ理論自体も、

・高安切り上げがアップトレンド
・高安切り下げがダウントレンド

というだけなので、
特に難しい事はないと思います。

 

ただ、ダウ理論に関しては、
全てのトレードに対して
重要な基礎の部分となるので、
必ず覚えるようにしましょう。

 

極端な話、
正しくトレンドを判断できれば
エントリーポイントが悪くても
何とかなることが多いです。

仮に負けが続くとしても、
損切りさえしていれば
大損するような事は起きないでしょう。

 

もし、ダウ理論について、
もう少し深く知りたい場合は、
以下の記事を読んでみてください。
FXの効果的な勉強方法とは?まずやるべき事は環境認識から!

 

効果的な水平線を引く訓練をする

全体のトレンド判断の次は、
効果的な水平線を引けるようになる事です。

 

水平線は非常に単純ですが、
トレード時には
ものすごい効果を発揮します。

FXでは、
効果的な水平線が引ける、引けないで、
トレードの精度に雲泥の差が出てきます。

 

ただ、水平線の勉強の仕方としては、
全く難しい事はなく、
実際のチャートに引きまくるだけです。

自分で考えながら、色々引いていると、
段々と効果的な水平線が
引けるようになります。

 

しかし、水平線を引くにもコツがあって、
そのコツを覚えて、
水平線を引く練習をした方が、
圧倒的に早く
効果的な水平線を引けるようになります。

 

もし、そのコツについて知りたい場合は、
以下の記事で詳しく説明してあります。
効果的な水平線を引く際のちょっとしたコツとは?

 

相場参加者の心理を読む勉強をする

・環境認識
・水平線の引き方

これら2つのことをマスターしたら、
最後にする勉強が、
相場参加者の心理を読むことです。

 

FXのチャートというのは、
トレーダー達の心理によって
作られています。

その為、
トレーダー達の心理を読めれば、
次にどう動きやすいのかを
予測することができます。

 

これによって、
エントリーの精度が上がるので、
余計な損切などが減って、
勝率を上げることが可能になります。

 

実際に私自身も
相場参加者の心理を
考えながらトレードをするようになったら
ピンポイントでエントリーができるようになり、
トレード精度が大きく変わりました。

今ではこの考えを手法に取り込んで
トレードをしています。

 

ただし、これ関しては、
環境認識ができて、
水平線がしっかり引けないと
上手く力を発揮できないので、
この2つを習得してから
相場参加者の心理を読む勉強を
していくのがベストです。

 

もし、相場参加者の心理を
読む勉強をしたい場合は、
以下の記事から読んでみてください。
FXは買いたい人と売りたい人の気持ちを考えると覚醒する!

 

基本的に、FXで勉強すべきことは、
この3つで十分だと私は考えています。

最悪、環境認識と、
水平線の引き方さえマスターすれば、
FXで安定した結果を出すことはできます。

 

ですから、
もしFXの勉強の仕方がわからないなら、
上記でお伝えしたことを
まずは勉強していくといいでしょう。

 

基礎的な勉強が終わったら手法を作ろう

FXで勉強すべき事は、

・環境認識
・水平線の引き方
・相場参加者の心理の読み方

といった3つになるのですが、
環境認識と水平線の引き方を理解したら
手法を作っていってもいいです。

 

相場参加者の心理の勉強に関しては、
少し時間が掛かるので、
一旦手法を作ってから
その手法の精度を上げる為に
勉強し始めるのでOKです。

 

環境認識ができるようになって、
水平線も引けるようになれば、

「今は上昇の流れだから、
このサポートラインで反転するだろうな」

というのがある程度わかってくるので、
その相場観を基にして
手法を作ってみましょう。

 

手法の作り方に関しては、
色んな作り方があるし、
使う手法も自分に合っていれば
何でもいいです。

 

しかし、そうは言っても、

「何を基準にして手法を作ればいいか
よくわからない」

といった場合もあると思います。

 

もし、そのような場合は、
以下の記事を参考にしてみてください。
FXで自分に合う手法のルール作りはどうやればいい?

 

FXで結果を出すには徹底的な検証が必要

・基本的な知識の勉強
・手法を作る

といったところまできたら、
次にやるべきことが
手法の徹底的な検証です。

 

なぜなら、手法を作ったとしても、
その手法が本当に使えるのかは
まだわからないからです。

その為、
資金を失うことを防ぐ為にも、
作った手法に対して、
過去チャートを使いながら
徹底的に検証をしていくのです。

 

これをやることで、
自分が作った手法の、

・得意な相場
・苦手な相場

といったことがわかり、
FXで通用する手法へ
洗練させていくのです。

 

そして、
この検証を何度も繰り返すことで、
自分に合った手法が完成し、
そこから実践へ移っていくのです。

この検証をやらずに実践に入ると、
ほぼ確実に資金を失うので、
検証は必ずやりましょう。

 

恐らく、この検証に
一番時間が必要になるので
検証は毎日コツコツと
根気よくやっていきましょう。

できることなら、
毎日同じ時間帯に
同じ時間だけ検証をするように
ルーティン化させると
挫折せずに検証ができます。

 

もし、検証について、
更に深く知りたい場合は、
以下の記事も読んでみてください。

FXで勝てる手法を作れる具体的な検証方法とは?

FXの検証回数は最低100トレードは必要!その理由はなぜ?

一気に勝ち組へ!FXの検証で確認すべき項目とは?

 

まとめ

今回は、FXについての
勉強の仕方について
お伝えしてきました。

 

FXの勉強の仕方と聞くと、

「何か難しい事をしなけれいけないのか?」

なんて思いがちですが、
何にも難しいことはないです。

 

単純に、

・基礎的な知識を覚える
・手法を作ってみる
・徹底的な検証をする

といった段階を踏んでいき、
実践に入っていくだけですので。

 

ただ、勉強の仕方などは単純ですが、
“すぐに稼げるようになる”
ということではないので、
そこは勘違いせずに、
覚悟を持ってFXへ取り組みましょう。

 


P.S. メルマガを始めました

大衆心理を中心に、
FXで勝つ為のコツをお伝えしていきます。

「FX歴が長いけど勝てない」
という方には特におススメです。

FX初心者用のメルマガも用意しているので、
"何から勉強すればわからない"
という場合にもオススメです。

メルマガの詳細内容はコチラ


登録はもちろん無料で、
解除もワンクリックで出来ます。