FXでトレードをしていると、
必ずと言って良いほどみんな、
専業のデイトレーダーを目指しますよね。

私自身も・・・まぁ・・・
デイトレードで日々小銭を得ているので、
一応専業のデイトレーダーですね。

 

専業デイトレーダー
と聞くと、良い所に住んで、
毎日良い物食べて、
自由で楽しい生活なんだろうな~
って思いますよね。

私自身も全く同じ考えだったし、
専業になったら毎日贅沢な生活をするぞ!
なんて思ってました(笑)

 

そこで今回は、
あくまでも私に関してですが、
専業デイトレーダーの生活は
どんなものなのかを
簡単にお伝えしていこうと思います。

 

生活水準は一気に上がる?

専業デイトレーダーの生活ですが、
いきなり結論を言うと
かなり普通です(笑)

 

なぜなら、
専業である程度収入があるとはいえ、
FXは1発退場があり得るので、
もしこれが起きた場合は、
次の日から生活ができなくなるからです。

 

もちろん、
全資金をFXへ使うことはなく、
万が一に備えて生活費は
別で保管してあります。

しかし、仮に今の資金を全て失うと、
トレードをする資金がなくなるので、
生活費から補填することになると思います。

 

そうなると、「早く取り返さなくては」
という気持ちが強くなり、
無理なトレードをして、
更に資金を失うということが起きるでしょう。

こうなってしまうと、
無一文になるのはあっという間なので、
毎月数千万を稼げたりしない限り、
生活水準は大きく上げたくないのです。

 

税金も異常なまでに持っていかれる

更に専業だからといって、
贅沢な生活をしない理由に、
税金も大きく関係しています。

 

国内のFX業者で仮に月100万稼ぐと、
税率は20%なので、
それだけで20万円を持っていかれます。

これが海外のFX業者を使えば、
この倍以上税金で持っていかれます。
(海外FXについての税金の仕組みはコチラ

 

更にこれに加えて、
年金と健康保険も持っていかれます。

年金に関しては、月に2万いきませんが、
健康保険に関しては、
稼ぎによって金額が決まるので、
ドン引きするほど持っていかれます。

 

こうなると、月100万稼いだとしても、
半分近くを税金に取られるので、
手元に残る金額は月50万が良いところです。

 

月50万と聞くとすごいかもしれませんが、
FXは一発退場がありますからね。

だから、専業デイトレーダーでも、
貯金が数千万~1億とかないと、
毎日優雅な生活はできないです。

 

最初は少し贅沢をした

でも、専業のデイトレーダーになって、
初めて月収100万超えた時とかは、

「ちょっと贅沢しちゃおうかな~」

なんて思って、高級焼肉に行ったり、
ムダに高い家電を買ってみたりして、
浪費をしていました(笑)

 

ただ、物欲とかって限度があるので、
ある程度、好きな物を買ったり、
食べたりすると、満たされるんですよね。

そうなると、それ以降は、
また元の普通の生活に戻ります。

 

しかも、基本的に平日は
ずっと家にいてトレードをしているので、
外食も面倒くさくてすることもなく、
食事は自炊したりして普通です。

結局、高い食べ物も
たまに食べるから美味しいのであって、
毎日食べていたら飽きますからね。

 

お金を惜しまずに使うものは?

専業デイトレーダーになって、
お金を惜しまずに使うものと言えば、
私に関しては、

・パソコンなどの商売道具
・旅行

といった感じですね。

 

これらは、
日々のトレードでストレスを和らげる為に、
それなりのお金を使っています。

 

例えば、高性能なパソコンを使って、
トレードや事務作業を快適にしたり、
デスクや椅子も使いやすい物を選んだりして、
一応商売道具には気を使ってます。

しかも、経費で落ちるし。

 

ただ、これらに関しては、
1個買ってしまえば長持ちするので、
そこまで贅沢品ではないですかね。

あとは旅行に行く際は
日々のストレスを解消して
思いっきり楽しむ為に
ケチらずにお金を使っています。

やはり専業となると、
常に部屋にこもってトレードをしているので、
けっこうストレスが溜まるので。

 

生活する時間はどうなる?

専業のデイトレーダーになると、
時間の制約がなくなるので、
自分の好きなように生活ができます。

ただ、ここに関しては、
その人のトレードスタイルによるので、
不規則になる人もいれば、
規則正しいままの人もいます。

 

例えば、欧米時間を中心に
トレードをするような場合は、
大体19時以降から朝の4時とかまで
トレードをする人も多いです。

逆に私の場合は、
24時以降の勝率が良くないので、
その時間には終わらせて寝ます。

 

しかも、専業になると、
1日中に家にいることが多くなって、
ほとんど疲れないので、
睡眠時間も短くなります。

だから、私は大体4時頃に目が覚めて、
ウォーキングに行ったり、
朝ごはんを食べたりしているので、
かなり規則正しい生活をしています。

 

友達にこの生活リズムを伝えると、

「おじいちゃんみたいな生活だな」

なんて馬鹿にされます(笑)

 

専業になるとストレスはどうなるの?

多くの人が専業になりたいと思う理由の1つに、

「仕事のストレスから解放されたい」

というのがあると思います。

 

私もサラリーマン時代には、
通勤や面倒くさい上司などによって、
日々のストレスが大きかったです。

専業のデイトレーダーになると、
通勤のストレスや、
仕事での理不尽なストレスに関しては
ものすごく楽になります。

時間的制約もなくなるので、
本当に全てが自由です。

 

しかしその分、

「いつ退場してもおかしくない」

という危機感が常につきまといます。

 

先程から何度かお伝えしているように、
FXは自分の資金を危険にさらして
お金を稼いでいくので、
全てを簡単に失う可能性があります。

ですから、仮に全て失ってしまった場合、
サラリーマンをはるかに超えるストレスが
重くのしかかることになります。

 

実は私もサラリーマンが嫌過ぎて、
ニートレーダーと言う専業になりました。

そしたら、見事に全てを失い、
そこから再就職をするのにも苦労して、
復活するまでにかなり苦しみました。

まだ独身だったからよかったですが、
家族がいたら目も当てられなかったでしょう。

 

もし、この時のことについて、
詳しく知りたい場合は、
以下の記事も読んでみてください。
FXの専業トレーダーになって失敗したら何も残らなかった

 

専業になるのは結果が安定してから

専業のデイトレーダーになると、
サラリーマン時代のストレスとは、
別の種類のストレスが大きくなります。

下手したら明日から生活できなくなるので
サラリーマン以上の
ストレスになる可能性が高いです。

 

だから、専業になるとしても、
トレード結果が最低でも
半年以上安定してプラスになったら
専業になった方がいいと考えています。

 

個人的には、
専業になって思ったのが、
兼業のデイトレーダーというのが
なんだかんだで
一番幸福度が高いと思います。

会社員としての安定収入は
やっぱり魅力的ですからね。

関連記事:サラリーマンFXデイトレーダーが最強な理由とは?

 

まとめ

今回は、専業デイトレーダーの生活は
どんな感じなのかをお伝えしてきました。

 

しかし、今回の話に関しては、
あくまでも私の場合に限るので、
これが全てではありません。

それでも専業になりたての頃は
月数百万~数千万といった、
そこまで大きな収入もないと思うので、
比較的リアルな生活だと思います。

 

専業になると、
色んな面で自由になりますが、
何だかんだで自分で決まりを作って
生活をしていかなければいけないし、
背負うリスクも大きくなるので、
個人的にはオススメしません。

 

「じゃあ、何でお前は専業なの?」

なんて言われそうですが、
サラリーマンの収入では
叶えられない目標があるのと、
単純に社会不適合者だからです(笑)

 


P.S. メルマガを始めました

大衆心理を中心に、
FXで勝つ為のコツをお伝えしていきます。

「FX歴が長いけど勝てない」
という方には特におススメです。

FX初心者用のメルマガも用意しているので、
"何から勉強すればわからない"
という場合にもオススメです。

メルマガの詳細内容はコチラ


登録はもちろん無料で、
解除もワンクリックで出来ます。