私は今でこそ、
FX専業トレーダーとして、
なんとか生活をしていますが、
FXで何度か失敗して、
退場も経験しています。

 

そこで今回は、

“FX専業トレーダーになって失敗すると、
本当に何も残らない悲惨さ”

についてお伝えしていこうと思います。

 

安易な理由で専業になった

元々、FXを始めた理由として、

「好きな時に好きなだけ
お金を稼げそうだから」

という理由で始めました。

 

その頃は、
普通にサラリーマンをしていたのですが、
単純に仕事が嫌だったんです。

毎日上司の尻拭いをしたり、
色んな仕事がすぐに自分に来たりと、
理不尽な理由が多かった事に対して、
物凄い嫌気がさしていました。

 

そのような理由から、
FXで勝ててもいないのに、
仕事を突然辞めて、
専業トレーダーになったんです。

まぁ、専業トレーダーなんて、
聞こえはいいですけど、
単なるニートレーダーですからね。

 

そこで仕事の嫌気から一気に解放されて、

「これからは自由だ!」
「ガンガンFXで稼いでいくぜ!」
「俺が失敗するはずがない!」

なんてバカな事を考えてたんですよね。

 

現実はそう甘くなかった

FX専業トレーダーという名の、
ニートレーダーになった私は、

「1年もあれば勝てるようになるだろ」
「1年くらい生活できる貯金もあるし」

なんて安易な考えから、
ニート生活を始めたのですが、
当然の事ながら、
現実は甘くありませんでした。

 

ニートになって、
1日中チャートを見る時間があると、

 

無駄なところでエントリーしまくる

 

という非常に悪い癖が出てきました。

 

今までだったら、
仕事中はチャートが見れなかったので、
エントリーポイントが絞れていて、
月間でプラスになる月など
チラホラありました。

 

ただ、専業になって
いざFXをやってみると、
チャートを1日中見れるので、

「少しなら取れそう」

なんて思って、
自分のポイントじゃないのに、
エントリーしちゃうんです。

そうなると、そういう時って、
必ずと言っていいほど失敗します。

 

しかも、そこで失敗しちゃうと、
その損を取り返そうとして、
すぐにエントリーし直すのです。

そしたら、また損切り(笑)

 

こうなってしまうともうダメです。

私の場合はそれで切れてしまい、
そこからはポジポジ病が発生して、
エントリーしては負けての繰り返し。

 

夜中までずーーっとトレードして、
最後に疲れ切って止めた頃には、
トレード履歴が真っ赤。

1日の損益:-300,000

とか表示されてるんですよ(笑)

 

こんなの専業でも何でもないですよね。
単なるFX失敗者です。

だから、FXで結果が出ていない状態で
専業トレーダーになると、
1日中チャートを見れてしまうので、
それが逆に悪影響になります。

 

FXって他の事に比べると特殊で、
例えば、英語の勉強とかは、
やればやるほど力が付いていくけど、
FXはやればやるほど、
稼げる訳ではないんですよね。

逆にやればやるほど、
失敗するリスクが増えて、
資金がどんどん減っていくのです。

 

だから、専業になってからは
月間でプラスになる月が
全くなくなって、
ただ資金を溶かす日々が続きました。

 

結局1000万と2年の時間を失う

そんな感じで結局その後も失敗し続けて、
気付いたら丸2年が経っていました。

 

専業というニートになって、
失ったものは1000万の資金と、
2年という時間でした。

その2年間は全く働いてなくて、
ずっと家に引きこもって、
トレードして負け続けてました。

 

完全にFX専業トレーダーではなく、
底辺中の底辺ニートです。

 

そしてついに、
専業になってちょうど2年経った頃に、
1000万を失って
失敗した現実を見て、

「これじゃあヤバイ!」

と感じて就職活動をするも、
丸2年も働いていないと、
どこも雇ってくれません。

 

「2年間の空白がありますが、
この間は何をしてたんですか?」

 

なんて聞かれると、何も答えられません。

 

「FXの専業トレーダーで、
失敗して1000万失ってました!」

なんて言ったら、

「こいつクズだな・・・」

なんて思われるだけじゃないですか。

 

だから、どこも受かるわけがなく、
何とか見つかった仕事も、
自給800円の派遣の仕事です。

30歳超えのオッサンが、
ジッパチの派遣って・・・
って空しい気持ちでいっぱいでした(笑)

 

マジで、「俺、何やってたんだろう」
っていう悲壮感がハンパなかったです。

「FXの専業なんて、
マジでならなきゃ良かった」

っていう失敗した気持ちで満載でした。

本当に何も残らなかったですから。

 

結構検証とか必死でやったんですけど、
意味のない検証ばかりやって、
何にも身に付かずに終わりました。

*今は自分なりの検証方法を確立しました。
その方法に興味がある場合はコチラ

 

しかも、専業をやっている時は、
FXに集中したいからって、
遊びとか全てを断ってたら、
誘われなくなって、完全に疎遠になったし。

体付きもダルダルになったし。

マジでゴミみたいな人生だと、
自分でずっと思ってましたから。

 

だから、FXで結果が安定していない状態で、

「1年頑張ればいけるでしょ」

なんて安易な気持ちで専業になると、
間違いなく失敗すると思った方がいいです。

 

FXで結果が出せるようになったきっかけ

専業というニートレーダーになって、
2年で1000万を失う失敗をしたのですが、
結局その後は派遣の仕事をしながら
何とか這い上がることができました。

 

そして、
FXで結果を出すきっかけとなったのが、
4時間足のデイトレードでした。

 

私の場合、ニートレーダーの時は
スキャルピングで失敗して、

・損切りできない
・ポジポジ病
・ナンピン

といった悪い癖が
付きまくっていました。

 

だから、
トレードの時間軸を大きくすることで、
わざとトレード回数を減らして
落ち着いてトレードするようにしました。

そしたら徐々にトレードが安定していき、
FXで結果を出すコツをつかみました。

 

また、4時間足のデイトレードだと、
チャンスが少ないことから、
チャートに張り付く必要がないので、
仕事をしながらでもできました。

 

しかも、1時間足以上になると、
水平線の効き目が強いので、
その付近で、

・エントリーの指値
・損切りの逆指値
・利食いの指値

をして放置しておくだけでも
トータルでプラスにできました。

 

このお陰で安定した結果が出て、
FXで勝つ為のコツをつかみました。

その時の経験を交えて、
1時間足以上のトレードの特徴を
記事にしてみたので、
良ければ参考にしてみてください。
4時間足のデイトレがFXで勝てるきっかけになった!

 

まとめ

今回は、FXで専業になったけど、
失敗した私の体験談をお伝えしました。

 

結局、FXで勝てないまま専業になると、
私には”失敗”という道しかなかったです。

今は、それなりに結果がでるようになって、
わかる事は、

 

サラリーマンとして
仕事をする何十倍も、

強い責任感と強い意識を持って
FXに取り組まないと、

勝てるようには絶対にならない

 

という事でした。

 

FXって上手くいけば、
サラリーマンの何十倍、
何百倍も稼げるけど、
稼げるようになるまで、
めちゃくちゃ苦しいです。

特に私のようにFXで勝てない状態で、
専業になると、ほぼ確実に失敗します。

 

だから、「専業トレーダーになる!」
と考えているなら、
最低でも、
自分が今貰っている月給以上は、
稼げるようになってからが良いです。

 

逆に今現在、FXで勝てていないなら、
まずは勝てる力を身に付けるべきです。

もし、どうやって勝てる力を身に付けるのか、
わからない場合は、
以下の記事を読むと参考になると思います。
FXで勝てない人へ。勝ちにつながる訓練方法とは?

 


P.S. メルマガを始めました

大衆心理を中心に、
FXで勝つ為のコツをお伝えしていきます。

「FX歴が長いけど勝てない」
という方には特におススメです。

FX初心者用のメルマガも用意しているので、
"何から勉強すればわからない"
という場合にもオススメです。

メルマガの詳細内容はコチラ


登録はもちろん無料で、
解除もワンクリックで出来ます。