FXをやっていると必ず起きるのが、
○○ショックなどの政治的な問題で、
大きく上げたり、下げたりする事です。

このような○○ショックの時に、
必ず出てくるのが、
大損してFXから退場してしまう人や、
退場しかけてしまう人です。

特に大きかったのが、
2016年の米国大統領選挙で起きた
トランプショック”です。

 

あの時は凄かったですよね。

クリントンが勝つと思われてる中で、
まさかのトランプがリードし続けて、
結局そのまま勝利。

それによって最初は大きく下げるも、
その後は全戻しを余裕で超えて、
強い上昇相場が続きましたよね。

 

この時には損を出した人も
多かったみたいですね。

では、このような大相場の時に
失敗をしないようにする為には
どうすればいいのでしょうか?

 

トランプショックなどで失敗する人の共通点は?

トランプショックなどの大相場で
失敗する人の共通点として、

 

噂で売買する

 

という共通点があります。

 

今回のトランプショックで言うと、

「トランプが勝ったら、
アメリカ中心の世界になるので、
円高方向(ドル円が下)に進む」

なんて事が、かなり噂されていました。

 

そんな噂を聞いて、

「トランプが勝ったら絶対下げるだろ」

なんて思惑だけで売りポジションを持って、
今でも塩漬けにしている人を知っています。

 

そして、含み損が大きくなるに連れて、

「誰だよ!」
「トランプが勝ったら下がるって言ったの!」

なんてめちゃくちゃ文句を言っていました。

 

FXは全て自己責任なのに、
よくわからない噂に惑わされて、
失敗したら他人のせいにする。

こんな人が実は多いんですよね。

 

今、久々に見るとなかなかですね。

400pips下げた後の、
1700pipsの上昇ですからね。

 

こういう、
トランプショック的な事が起こると、
FXでは美味しいチャンスなんですけど、
失敗して大損する人は、
噂に流されてしまう人が多いです。

 

トランプショックなどで失敗しない為には?

今回はトランプショックで
失敗した人が多かったみたいですが、
このように大きく動いた時に
失敗しないようにすべきことは単純で、

 

FXは思惑でやるな

事実を見てトレードしよう

 

ということです。

 

FXに限らず、株式などもそうですが、
相場は何が起こるか全くわかりません。

逆に言えば、
何が起きてもおかしくありません。

その為、
本当かわからない噂に翻弄されて、
それを信じて失敗することなんて、
いくらでもあり得ます。

 

そんな失敗を避けるには、
チャートの形状をしっかり見て、
丁寧にトレードをしていくのが一番です。

 

基本的に、トランプショックのような、
大相場で暴落、暴騰をしたとしても、
止まるべき場所で止まる事がほとんどです

 

例えば、今回のトランプショックも、
日足のチャートを見ると、
反応すべきところで
ちゃんと反応しています。

ドル円日足↓↓

 

更に別の時間足でチャートを見てみると、
美味しいエントリーポイントが普通にあります。

一方的に上げてるように見えますが、
ちゃんと見ていくと、
いつも通りのキレイな動きをしていて、
押し目買いポイントが多くあります。

 

このような事を考えると、
トランプショックのようなことがあっても、
FXでは出来上がったチャートを見ながら
いつも通り、

・全体のトレンドを確認する
・意識される場所に水平線を引く

という基本的な事をして、
あとは押し目や戻し目で
トレードをすればいいだけです。

 

この事を知っておくだけでも、
噂を信じて変に逆張りでトレードしたり、
含み損を抱えて塩漬けにしたりといった、
失敗を防ぐ事は十分可能です。

 

大相場になった日はトレードしないのも手

トランプショックのように
大きく動く日は、
トレードをしないのが
実は一番安全だったりします。

 

このような日は
ボラティリティが大きいので、
短時間で大きく動いて
利益も取りやすくなります。

ただし、値動きのスピードが速いので、
利益を取りやすくなりますが、
損失も受けやすくなります

 

しかも、その損失額も
いつもより大きくなる可能性大です。

そんな中でトレードをして
仮に損をしてしまったら、
その損失を取り返そうとして
すぐに再エントリーをします。

そして、また損切りになったら、
すぐに再エントリーをします。

 

こんなことを繰り返していくうちに
ポジポジ病になってしまい、
損を積み重ねていくことで
最後には大きな損失になるのです。

だから、大相場当日には
トレードをしないのが実は一番安全です。

 

大相場でトレードする際に役立つ技術

トランプショックのような大相場で
トレードをしたい場合、
その時に役立つ技術が
相場参加者の心理を考えることです

 

チャートというのは、
相場参加者の心理によって
作られています。

その為、ローソク足を1本ずつ
丁寧に見ていくことで、

「次にどっちへ動きやすいのか?」

ということが判断できるようになります。

 

また、今現在の全体の流れを見て、

“買いたい人売りたい人、
どっちが多いのか?”

という事も判断できます。

 

更には、

“どこで利食いの決済や
損切りの決済が出やすいのか?”

といった事も判断できます。

 

これらのことを
考えられるようになると、
早く動く相場環境の中でも
効果的にトレードができるようになります。

だから、早い動きの中でも
利益を出せるようになりたいなら、
相場参加者の心理を読む癖を
つけるといいでしょう。

 

もし、相場参加者の心理を
読めるようになりたい場合は、
まず以下の記事から
読んでみてください。
FXでも相手の気持ちを考える事が重要です

 

FXのトレード自体が安定しない場合は?

そもそもトレード自体が安定せずに
FXで負け続けている場合は、
当然ながらトランプショックのような
大きく動く相場でのトレードはNGです。

 

このような大きく速く動く相場で
トレードをしたとしても、
簡単に失敗をして資金を失うだけです。

 

だから、FXで結果が出ていない場合は、

・大相場ではトレードをしない
・短期トレードはしない

といった事を徹底することが大切です。

 

そして、1~2日経ってから

・今現在の全体の流れを確認する
・反転しそうな場所に水平線を引く

という作業をして、
デイトレードをしていくのがいいでしょう

 

因みに、デイトレードに関しては、
私個人としては、
15分足のデイトレがオススメです。

 

なぜなら、15分足のデイトレだと、

・1日に1~2回のトレードチャンスがある
・勝率を比較的高くできる
・リスクリワードも大きめ
・短時間で終わる

といったように、
全ての面でちょうどいいからです。

 

このぐらいであれば、
仕事から帰ってきてからでも
トレードチャンスはあるし、
1~2時間程度で
トレードが終わることも多いです。

 

また、1日1~2回チャンスがあることで、

・トレード回数が多すぎる
・トレード回数が少なすぎる

といったことがないので、
適度なペースで経験値を積めます。

 

だから、サラリーマンなどの
兼業トレーダーにとっては、
15分足のデイトレがオススメなのです。

 

しかし、15分足のデイトレだと、
1時間足以上のチャートを使って、

・トレンドを判断する
・効果的な水平線を引く

といった力が必要になるので、
FX歴が1年以上あった方が良いです。

 

15分足のデイトレについて、
もう少し詳しく知りたい場合は
以下の記事も参考にしてみてください。
FXでデイトレをするなら15分足の手法が一番やりやすい!

 

FX初心者は1時間足以上のデイトレがオススメ

逆にFX初心者の場合は、

・全体の流れを判断する
・効果的な水平線を引く

といった力が
不足している場合が多いので、
1時間足以上のデイトレが良いです。

 

なぜなら、
1時間足以上になると、
相場参加者が一気に増えるだけでなく、
大口の投資家もいるので、

・サポレジラインが効きやすい
・トレンドフォローが効きやすい

といった特徴があります。

 

その為、1時間足以上のデイトレで、
トレンドを判断する力や、
水平線を引く力を身につけていけば、
FXでのトレードを安定させるための
基盤を作る事が可能です。

 

また、1時間足以上だと、
値動きがゆっくりになるので、
ポジポジ病などの悪い癖が付くリスクを
減らすこともできます。

 

実は私はFX初心者の頃に
短期トレードに手を出したせいで、

・1,000万以上の損失を出す
・ポジポジ病などの悪い癖が付く

といったように、
完全に失敗してFXから退場しました。

 

もちろん、トランプショックのような
大きく速く動く相場にも手を出して
資金を大きく失いました。

 

そこで、大失敗をした後に
4時間足のデイトレに変えたところ、

・トレンドを読めるようになった
・水平線の引くべき場所がわかった
・落ち着いてトレードできるようになった

といった変化が出てきて、
安定した結果が出るようになりました。

 

このような経験から、
FX初心者の内から
1時間足以上のデイトレに取り組めば、
私のような失敗を
経験しなくて済むと思っています。

 

もし、1時間足以上のデイトレについて
もう少し詳しく知りたい場合は
以下の記事も参考にしてみてください。
4時間足のデイトレがFXで勝てるきっかけになった!

 

まとめ

トレードスタイルは十人十色で、
勝ち方も様々なので、
“何が悪い、何が良い”
という事ではありません。

しかし、
トランプショックのような
大相場が来ても、
チャートを丁寧に見ていれば、
トレードできるポイントは
意外に多くあります。

 

それであれば、
本当かどうかも
わからない噂を信じるよりも、
チャートが作り出す事実を確認しながら、
丁寧にトレードをしていけば、
十分利益を残す事は可能だと、
私は考えています。

 


P.S. メルマガを始めました

大衆心理を中心に、
FXで勝つ為のコツをお伝えしていきます。

「FX歴が長いけど勝てない」
という方には特におススメです。

FX初心者用のメルマガも用意しているので、
"何から勉強すればわからない"
という場合にもオススメです。

メルマガの詳細内容はコチラ


登録はもちろん無料で、
解除もワンクリックで出来ます。