私がデイトレをする場合、
メインとして見る時間足は15分足ですが、
エントリーをする際は、
5分足か1分足を見ながら
エントリーしていきます。

 

5分足と1分足を使う場合の違いですが、
これは特に厳密な違いはありません。

15分足を見ていて、
押し目買いの候補に来た時に、
5分足でエントリーの形が出れば、
5分足でエントリーをします。

ただ、5分足を見ても、
エントリーの形が出ない場合は、
1分足でローソク足の形を見て
エントリーをしていく感じです。

 

因みに、5分足のエントリー方法は、
コチラの記事で紹介したので、
今回は、デイトレ1分足を使って、
ピンポイントでエントリーする方法を
お伝えしていきます。

 

まずは環境認識から!

デイトレに1分足を使うといっても、
最初から1分足を見るのではなく、
まずは1時間足、4時間足を見て、
全体の流れを確認するところから始めます。

そしてそこから、
エントリーするポイントを決めます。

 

例えば、
1時間足で全体の流れを確認する為に、
チャートを開いた時に、
下記画像のような状態だったとします。

 

上記のような場合、
全体のトレンドは上ですよね。

 

そうなると、まず考える事は、

“どこで買いエントリーをするか?”

という事になります。

 

基本的にデイトレの場合、
保有時間が少し長くなります。

そうなると、トレンドの方向に沿って、
エントリーをした方が、勝率も高く、
利益も大きく伸ばす事ができます。

 

その為、買いをメインで考えるので、
押し目買いが入りそうなところに、
水平線を引きます。

私であれば、以下のような感じで、
水平線を引いておきます。

 

上記のチャートでは、
押し目買い候補が3つほどあるので、
どちらかといえば、
ゾーンで反転する場所を見る感じですね。

このように全体の流れを見て、
水平線を引いたら、
あとは水平線に来るまで放置です。

 

水平線に来たら1分足を見る

水平線を引いて放置して、
レートが予想通り
水平線まで落ちてきたら、
その時に初めてエントリーを考えるので、
そこで1分足を表示させていきます。

 

先ほどの画像の場合だと、
以下のように、第一候補に到達しました。

 

私のデイトレの場合、
こうなったら1分足を表示させます。

この時の1分足を見てみると、
以下のようになっていました。

 

上記画像の赤ラインが第一候補です。

上記画像を見ると、
赤ラインまで急落して来てますよね。

私の場合、急落してポイントまで来たら、
1回目のライン反発では入りません。

 

なぜなら、
急落してくるという事は、
下げの勢いが強い証拠です。

ということは、
売っている人からすると、

「下げの勢いが強いから
このまま下落するかも」

と判断してくるので、
売りの決済が出にくいです。

 

また、押し目買いをしたい人も、

「押し目買いをしたいけど、
下げの勢いが強いから様子見しよう」

と判断をしてくるので、
新規の買いが入りにくいです。

 

その為、一旦反発したとしても、
もう一回下げてきて、
そこから更に
安値更新をする可能性が高いです。

 

上記画像でも赤ラインで
少し反発していますが、
この場合は下げの勢いが強いので、
一旦様子見をします。

実際に一旦反発していますが、
戻り売りが入って
直近の安値を更新していますよね。

 

こうなると、私のデイトレの場合、
明確な反転の形が出るまで、
エントリーはしません。

この場合だと、
直近安値を更新した後に、
赤ラインの少し下で、
もみ合ってますよね。

 

しかも、この時は、
もみ合いのすぐ下に第二候補があるので、
こういう中途半端な位置でもみ合うと、
第二候補までストンと、
落ちてくる事が多いです。

だから、こういう場合は、
エントリーせずに第二候補まで待ちます。

 

そして、しばらくもみ合いが続いた後、
ストーンと下げて、
第二候補まで来ていますよね。

これは第一候補を下抜けることで、
サポートがレジスタンスに変わり、
短期的に戻り売りが入った証拠です。

 

ただ、全体の流れは上昇トレンドなので、
買い目線は継続です。

その為、このまま1分足を監視し続けて
エントリーする形が出るかを見続けます。

 

第二候補まで来た動きを見ると、
また勢い良く下がってきているので、
1回目の反発は見送って、
2回目の反発が同じポイントで起きるかを、
確認していきます。

 

すると、第二候補で1回目の反発の後に、
直近の安値を更新せずに、
切り上げたダブルボトムができていますよね。

私のデイトレでは、
1分足でこの形が出て初めて
エントリーをしていきます。

 

上記のエントリー場面で特に重要なのが、

「安値を切り上げた」

という事です。

 

第二候補のライン付近では、
売りポジションを持っている人達は、
第二候補の赤ラインを下抜けて、
更に利益が伸びることを期待しています。

しかし、この場合、
赤ラインで一旦反発して、
もう一度、戻り売りが入っているのですが、
直近の安値を更新できずに、
反発していますよね。

 

この動きが起きると、売っている人達は、

「安値更新しないか~」
「じゃあ、押し目買い候補だし利食いだな」

という心理になって、
決済をし始めます。

 

そうなると、買いを狙っている人達も、

「安値更新しないってことは、
反発する可能性が高いな」

と判断して、新規買いを入れてきます。

 

この2つの心理が働くことで、
赤ラインで反転して上昇していくのです。

だから、黄色マルで、
エントリーができるのです。

 

このようにして、
私は15分足でデイトレをする場合も、
1分足に切り替えて、
エントリータイミングを計っていきます。

 

1分足エントリーの一番の利点

デイトレに1分足を組み入れると、
一番の利点としては、

損切り幅が小さく済む

ということです。

 

今回のエントリーポイントの場合、
赤ラインから3pipsしか離れていない場所で、
エントリーをすることができます。

そうなると、損切りポイントとしては、
赤ラインのすぐ下に置けるので、
-5~10pips程度で済みます。

 

私の場合は、赤ラインのすぐ下に、
損切りを置くと、ノイズに引っ掛かって、

“損切り後に反転”

という事が多いので、
-10pipsぐらいは見ます。

 

またこの時の利食いは、
最低でも直近高値まで狙います。

更に、勢いが強ければ、
そのもう1つ上の高値まで狙います。

 

ドル円15分足

 

上記画像の場合、
直近の高値まで、
エントリーポイントから54pips、
次の高値まで、93pipsあります。

その為、損切り幅が-10pipsに対して、
利食い幅が最低でも50pipsあるので、
リスクリワードが1:5です。

 

デイトレであれば、
リスクリワードは1:2でも十分なので、
このことを考えると、
1分足を使ってピンポイントで入れれば、
かなりの利益になりますよね。

 

このようにして、デイトレであっても、
1分足を組み込んでいくと
ピンポイントでエントリーができて、
損を極限まで小さくできるし、
その分、利益幅も大きくなります。

 

1分足エントリーをするなら大衆心理を使おう

上記では、
デイトレに1分足を組み入れて
ピンポイントでエントリーする方法を
お伝えしました。

ただし、今回のように
ピンポイントでエントリーをするには、
大衆心理を読む力が必要です。

 

つまり、

買っている人はどう考えているのか?
売っている人はどう考えているのか?
買いたい人はどう考えているのか?
売りたい人はどう考えているのか?

といった、
相場参加者の心理を読む事が必要です。

 

相場参加者の心理を読めるようになると、

“なんでこの動きになったのか?”

といったことがわかるようになります。

 

そして、その理由がわかるようになると、
今度は過去の動きと照らし合わせて、

「次はこう動くんじゃないか?」

ということが読めるようになってきます。

 

FXで上手く結果が出ない人って、
チャートが形成された経緯を考えずに、

・サポートに来たから買い
・レジスタンスに来たから売り

といったように、
無感情なエントリーを
していることが凄く多いです。

 

でも実際は、チャートは
世界中のトレーダーによって
動かされているので、
そこには多かれ少なかれ、
人間の感情が働いています。

その為、チャートから
相場参加者の心理を読めれば、
トレード精度が上がるというのが、
なんとなくわかると思います。

 

特に大衆心理を読めるようになると、
1分足のスキャルピングにも
大きな力を発揮するので、
デイトレに1分足を組み入れるのは、
将来的にも役に立ってくれます。

だから、
大衆心理を考えることが、
トレード精度を上げる為の
近道だと私は思っています。

 

もし、大衆心理について
詳しく知りたい場合は、
以下の記事も参考にしてみてください。

大衆心理の基礎的な読み方を
解説しています。
FXでも相手の気持ちを考える事が重要です

 

まとめ

今回の記事では、

デイトレで1分足を使って、
ピンポイントでエントリーする方法

という事で書いてきました。

 

通常1分足はスキャルピングに使いますが、
デイトレにも応用して使う事ができます。

しかも、上手く使えば、
スキャルと同じ損切り幅で、
“利益幅はデイトレのように大きく取れる”

ということが十分可能なので、
スキャルとデイトレの、
良いとこ取りができます。

 

ただし、
デイトレに1分足を融合させるには、
大衆心理を読む必要があるので、
このようなピンポイントで
エントリーがしたい場合は、
大衆心理を読む訓練が必要になります。

 

その為、もし、このような、
エントリーができるようになりたければ、
まずは上記で紹介した記事を読んで、
大衆心理の読み方を学んでみましょう。

 

大衆心理について、
最初からしっかり学びたい場合は、
私の作った教材があるので、
そちらも参考にしてみてください。
これを極めれば勝てる!FX大衆心理入門

 


P.S. メルマガを始めました

大衆心理を中心に、
FXで勝つ為のコツをお伝えしていきます。

「FX歴が長いけど勝てない」
という方には特におススメです。

FX初心者用のメルマガも用意しているので、
"何から勉強すればわからない"
という場合にもオススメです。

メルマガの詳細内容はコチラ


登録はもちろん無料で、
解除もワンクリックで出来ます。