FXで手法を検証する場合、
検証結果をデータにして、
勝率やリスクリワードなどから
手法の優位性をチェックします。

 

基本的に確認する項目として、
以下の項目を検証すると思います。

・トレード回数
・買いと売りの比率
・勝率
・平均利益
・平均損失
・トータル損益
・リスクリワード

この辺りを主に確認して、
自分が検証した手法に、
優位性があるのかを確認します。

 

しかし、これらの項目に加えて、

 

時間帯別収支

 

というを確認すると、
その手法の精度が更にアップします。

 

この項目をチェックしていない人は
実はかなり多いのですが、
手法を作る際は、
必ずチェックした方がいいです。

 

では、なぜこの時間帯別収支を
チェックしたほうがいいのでしょうか?

 

これについて、私の考えを
今回はお伝えしていきます。

 

時間帯別収支をチェックする事のメリット

FXで使う手法を検証する際に、
時間帯別収支をチェックした方がいい理由に、
時間別に市場の動きが違うからです。

 

FXには、

・オセアニア市場
・アジア市場
・欧州市場
・ニューヨーク市場

といった市場に分かれていて、
各市場で動きが大きく変わります。

 

例えば、午前から15時ぐらいまでの、
アジア時間の場合は、
値動きもそこまで大きくなく、
レンジ相場ができやすい。

15時以降の欧米市場では、
値動きが激しくなり、
トレンド相場になりやすい。

といったように、
時間帯によって、
値動きに特徴が出てきます。

 

その為、手法の検証をした際に、
勝率やトータルの損益を見ると、
凄く良い成績なのに、
時間帯別収支を確認して見ると、

“自分がトレードする時間帯に負けまくる”

なんて事が結構あります。

 

例えば、自分の作った手法の
時間帯別収支を出してみたら、

「午前中に負けやすい傾向がある」

といった結果が出た場合、
その手法は、

“レンジ相場に弱く、
トレンド相場に強い可能性が高い”

という事がわかります。

 

検証時に、このような自分の手法の
時間帯別の特徴を確認しておかないと、
自分がトレードに使える時間が
午前中しかない場合、
いくらそれがトータルで勝てる手法でも、
“負けやすくなる”という事が起きます。

 

その為、せっかく頑張って検証をしても、
取るデータの種類が、
少しでも不足していると、
「いける!」と思っていた手法が、

“実は自分のトレードする時間帯に
合っていなかった”

なんてことが起きてしまい、
せっかく頑張って検証をしたのが、
水の泡になってしまいます。

 

ですから、もし、検証結果を見ると、
トータルではプラスになるのに、

「実践になるとなぜかプラスにならない」

と悩んでいる場合は、
その手法の時間帯別収支を調べてみると、
もしかしたら負けている原因が、
判明するかもしれません。

 

因みに、先ほど、

“FXには時間帯別に市場がある”

とお伝えしましたが、
もし市場別の動きについて
詳しく知りたい場合は、
以下の記事も参考にしてみてください。
FXには時間帯で動きに特徴が!その際のトレードの注意点とは?

 

通貨別収支や曜日別収支もチェックすると効果的

上記では、手法の検証をする際は、
“時間帯別収支もチェックした方がいい”
とお伝えしました。

 

更にこれに加えて、

・通貨別収支
・曜日別収支

といった事もチェックすると、
自分が検証している手法の特性を
よりはっきりさせることができます。

 

なぜなら、全く同じ手法を使っても、
通貨ごとにボラティリティや、
値動きが変わってくるので、
それによって結果が変わってくるからです。

 

例えば、ドル円で検証をした場合、
利食い:+20pips
損切り:-10pips
という設定でプラスになるとしましょう。

 

しかし、ポンド円に
この決済幅を当てはめた場合、
ボラティリティが高いので、
損切り幅が-10pipsでは
すぐに引っかかってしまい、

“同じ手法でもトータルで負けてしまう”

なんてことがよくあるからです。

 

更にFXの場合、時間帯だけでなく、
曜日によっても動きは変わってきます。

例えば、月曜日は様子見相場なので、
あまり動かないけど、
水、木辺りが一番動きが活発になるなど、
曜日によっても、
手法の特徴を掴む必要があります。

 

その為、これから新しい手法を作って
検証しようとしているなら、
1つの通貨だけでなく、
複数の通貨でも検証をしてみてください。

そして、通貨別の収支や、
曜日別の収支も出してみると、
より洗練された手法を
作ることができるでしょう。

関連記事:FXは通貨別にチャートの動きに癖がある

 

私の時間帯別収支のチェック例

因みに私はこんな感じで、
検証した手法のデータを取っています↓↓

 

これはエクセルで関数を入れて、
作ってあるのですが、
通貨とエントリー時間を入力すると、
自動で時間帯別収支が、
算出されるようになっています。

 

その為、通貨別で
時間帯別の収支を
確認することができるので、
同じ手法であっても、

・ドル円は午前中の方が成績が良い
・ポンド円は夜の方が成績が良い

といったことがわかり、
時間と通貨によって、
手法を使い分けることが可能になります。

 

もし、このエクセルファイルを
使ってみたい場合は、
検証に特化した教材を作って
そこで特典としてお渡ししています。

興味がある場合は、
以下の記事を読んでみてください。
FXで自分に合った手法を無限に作り出す為の検証方法

 

また、私の場合はこれ以外にも、

・勝率
・平均利益
・平均損失
・トータル利益
・リスクリワード

といった項目もチェックして、
かなり細かく検証結果を分析します。

 

もし、これらの項目を
チェックする理由を知りたい場合は、
以下の記事で詳しく説明しているので、
よければ参考にしてみてください。
一気に勝ち組へ!FXの検証で確認すべき項目とは?

 

検証時間はどれくらい必要なのか?

ここで話が急に変わりますが、
時間つながりで、

「検証時間はどれくらいだと、
FXで結果が出せるようになるのか?」

ということについて、
私の考えを簡単にお伝えします。

 

FXをやる理由は、
圧倒的な金額を稼ぎたいからだと思いますが、
できることなら1日も早く
稼げるようになりたいですよね。

 

しかし、残念ながら、
FXで結果を出せるようになるまでに、

“このくらいの時間検証すれば、
結果を出せるようになる”

という目安はありません。

 

通常、何かを勉強する場合、

“このぐらい時間を掛ければ、
ある程度結果が出る”

という目安があるのですが、
FXに関しては、
いくら検証をしたとしても、
必ず結果が出るとは限りません。

 

なぜなら、仮に検証を徹底的に行って、
自分なりの手法が完成したとしても、
いざリアルトレードとなると、
お金に対する欲望が思いっきり出るので、
検証通りに使いこなすには
それなりの時間が掛かるからです。

 

だから、検証によって
自分の手法を作ったとしても、

「3ヶ月で結果を出せるようになった」

と言う人もいれば、

「結果を出すまでに1年以上掛かった」

と言う人もいます。

 

因みに私の場合は、

・平日は3時間以上
・土日は8時間以上

という検証を続けながら、
リアルトレードをしていましたが、
FXでの結果が安定するまでに
余裕で1年以上掛かりましたから。

 

ただ、そうは言っても、
本気でやり続けていれば、
多少時間が掛かったとしても、
花が咲く日は来ると思うので、
とにかく諦めずに全力でやることが
実は一番の近道だったりします。

 

もし、

「検証の具体的なやり方がわからない」

というような場合は、
以下の記事も参考にしてみてください。
FXで勝てる手法を作れる具体的な検証方法とは?

少しは検証時間の短縮につながると思います。

 

まとめ

今回は、FXで使う検証をする際は、
時間帯別収支を出すと、
手法の癖や特性がわかる理由について
お伝えしてきました。

 

FXでは時間帯によって市場があり、
動きもかなり変わってくるので、
検証した手法に対して、
時間別の収支を確認すると、
より手法の力を発揮できると思います。

 

特にトレンド用の手法や
レンジ用の手法など、
特定の手法に特化している場合は、
特徴が出やすいと思うので、
チェックしてみることをオススメします。

 


P.S. メルマガを始めました

大衆心理を中心に、
FXで勝つ為のコツをお伝えしていきます。

「FX歴が長いけど勝てない」
という方には特におススメです。

FX初心者用のメルマガも用意しているので、
"何から勉強すればわからない"
という場合にもオススメです。

メルマガの詳細内容はコチラ


登録はもちろん無料で、
解除もワンクリックで出来ます。