FX初心者が損切りをする場合、
成行での決済はしない方が無難です。

エントリーと同時に、
損切りの逆指値が入るようにした方が安全です。

 

では、なぜFX初心者は、
損切りを成行でせずに
逆指値を使った方がいいのでしょうか?

今回はこのことについて、
私の考えをお伝えしていきます。

 

FX初心者は損に慣れていない

FX初心者が損切りに
逆指値を使うべき理由に、

「損をする事に慣れていない」

ということがあります。

 

私たちは普段の生活では、
お金を失ったとしても、
対価として物や情報を得ています。

 

例えば、
スーパーでの買い物がいい例です。

 

スーパーで買い物をして、
5,000円を失ったとしても
対価として食料品など、
目に見える物を手に入れていますよね。

これによって、
5,000円を失ったという感覚がないのです。

 

しかし、FXで損切りをすると、
対価として得るものはなく、
単に資金を減らしただけになります。

その為、FX初心者だと、
この事に慣れていない為、
損失に対する苦痛が大きくなります。

 

例えるなら、
ジュースを買おうとして
自販機にお金を入れようとしたら
そのお金を落としてしまい、
失くしてしまった感覚と同じです。

あれってたった100円とかでも
凄く悔しい思いをしますよね。

 

FXの損切りは、
この金額が10倍以上になる感じです。

だから、連敗などが続くと、
損をするのが嫌な心理が強く働いて、
その内、成行で損切りができなくなります。

 

実は私もFX初心者の頃は全く同じで、
FXを始めた当初って、

「FX=危険」

というイメージが少なからずあって、
「損切りを徹底しなきゃ」
という思いが強かったので、
最初は成行でも損切りができていました。

 

しかし、トレードを続けていく内に、
損切りが連続して続くことが起きると、
段々と損をしたくない気持ちが強くなって、

「これ以上、損切りしたくない!」

なんて思って、
成行で損切りが出来なくなって、
含み損を大きくしてしまい、
結局大損をするはめになりました。

 

よって、FX初心者の内は
損切りに成行は使わずに
逆指値を使った方がいいのです。

 

FX初心者は悪い癖がつきやすい

更に、
成行で損切りをして
損切りができなくなってくると、
拡大する含み損に耐えられなくなり、
ナンピンをしやすくなります。

 

これをやってしまうと、
上手くいった時は良いですが、
失敗してそのまま逆行されると、
更に含み損が拡大していきます。

そして、
最後は資金の証拠金がなくなって、
強制ロスカットになります。

 

これが起きると今度は、
失った資金を取り返そうとして
すぐに入金をしてから
大ロットでリベンジトレードをします。

リベンジトレードで逆行されると、
更に損失が大きくなり、
入金した分もあっという間に失います。

 

こんなことをしている内に、

・ナンピン
・リベンジトレード

といった、
FXで破産を引き起こす行為が
癖になってしまい、
ものすごく遠回りをすることになります。

 

実際に私が1000万を失った時も、
損切りの逆指値を入れずに、
成行で決済しようとしていました。

 

しかし、連敗を繰り返していたことで、
成行で損切りができなくなり、

・ナンピン
・リベンジトレード

といったことをしてしまい、
資金を全て失いました。

関連記事:損切りの大切さが身にしみる!ナンピンで何度も逝った過去!

 

更に、これらの行為が
癖付いてしまったせいで、
損切りに対する苦痛が強くなり、
FXで安定した結果を出せるまでに
5年以上の時間が掛かりました。

だから、FX初心者の内は、
成行で決済をするのではなく、
損切り幅の限界を決めて
その場所に逆指値を、
必ず入れるようにしましょう。

 

因みに、私は今でも、
損切りの逆指値は必ず入れます。

成行でエントリーした場合は、
利食いの指値よりも、
まず最初に、
損切りの逆指値を入れますから。

 

指値でエントリーする場合でも、
ID-DONE-OCOを使って、
必ず損切り設定をしています。

とにかく、トレードをする時は、
利食いの指値は入れない事があっても、
損切りの逆指値だけは100%入れています。

そのぐらい、損切りを重要視しています。

 

FX初心者は急な動きに対応できない

FXの場合、
要人発言や指標などで、
急に大きく動くことがよくあります。

 

その為、損切りの逆指値を入れずに
成行で損切りをしていると、
要人発言などで急な動きをして、
大きな含み損を抱えた時に
思考停止状態になって、
余計損切りができなくなります。

 

この症状が出てしまうと、
含み損が大きくなるにつれて、
益々損切りができなくなって、
最悪、”強制ロスカット”
なんて事も起こりえるので、
損切りの逆指値は必須です。

 

更に最悪なことは、
含み損が大きくなりすぎて

「もうダメだ」

なんて思ってしまい、
そこからナンピンをしだすことです。

 

これをやってしまうと、
強制ロスカットになって
大損する確率が更に高まりますから。

 

逆指値が完璧でない場合もある

ここまでは、
FX初心者が損切りをする際は
成行ではなく逆指値を使うべき理由を
お伝えしてきました。

 

基本的に損切りは逆指値をしておけば、
問題ないのですが、
この逆指値も実は完璧ではありません。

 

なぜなら、逆指値というのは、

「指定したレートに来たら、
自動で成行決済をする」

という仕組みだからです。

 

その為、”〇〇ショック”
といった暴落が突然起きた時は、
レートの動きが早すぎて
指定したレートで決済されずに
想定外の損を受けることがあります。

 

例えば、105円でエントリーをして、
104.5円の場所に
逆指値の損切りを設定していたとしましょう。

 

この時に突然暴落が起きて、
レートが飛んで103円になった場合、
103円になってから
逆指値が発動するので、
103円で損切りがされることになります。

よって、予定よりも
150pipsも悪いレートで
損切りがされることになります。

 

このように、逆指値を使ったとしても、
レートが飛んでしまうような動きが出た場合は、
想定外の損失を受けて、
全ての資金を失うだけでなく、
追証になって借金を抱えることにもなります。

 

しかし、そうはいっても、
逆指値を入れておけば
自動で損切りはしてくれるので
手動で損切りをするよりもずっと安全です。

 

追証を防ぐにはどうしたらいいのか?

突然暴落が起きて、
想定外の損失を受けたせいで
追証になると借金を抱えることになります。

では、この追証を防ぐには、
いったいどうすればいいのでしょうか?

 

この対策として有効なのが、
海外のFX業者を使うことです

 

なぜなら、海外のFX業者の場合、
“ゼロカット”という仕組みがあって、
追証分をゼロへリセットしてくれるからです。

これによって、
万が一暴落などで
自己資金以上の損失を出して
借金を抱えることになっても、
借金をチャラにしてくれるので、
最大損失は自己資金だけで済みます。

 

ですから、もし、暴落などによる
追証が怖いのであれば、
海外のFX業者を使うと
いいかもしれません。

 

しかも、海外のFX業者の場合、
口座開設ボーナスといって、
初めて口座開設をする場合に限り、
リアルトレードに使えるボーナスを
もらえることがあります。

その為、完全に自己資金ゼロから
リアルトレードができるので、
FX初心者には意外にオススメです。

 

もし、海外のFX業者を
使ってみたいと思う場合は、
以下の記事を読んでみてください。
オススメの海外FX業者!ハイレバレッジで使いやすい業者6選!

 

私が実際に使ってみて、
使いやすかった業者を紹介しています。

 

まとめ

FXで安定して勝ち続けるには、
手法も勿論大事ですが、
損切りが出来るという事はもっと大事です。

損切りが出来ない限り、
“安定した勝ちはありえない”
というのが私個人の考えです。

その為、FX初心者の内から、
損切りは常に逆指値を入れる癖を付けて、
損失を限定していきましょう。

 


P.S. メルマガを始めました

大衆心理を中心に、
FXで勝つ為のコツをお伝えしていきます。

「FX歴が長いけど勝てない」
という方には特におススメです。

FX初心者用のメルマガも用意しているので、
"何から勉強すればわからない"
という場合にもオススメです。

メルマガの詳細内容はコチラ


登録はもちろん無料で、
解除もワンクリックで出来ます。