FXでは、4時間足の手法を使う人が
実は意外に多くいます。

今の私は15分足のデイトレがメインですが、
昔は4時間足の手法を使っていました。

 

しかも、私がFXで
勝てるきっかけとなったのが、
4時間足のデイトレ手法でした。

 

では、その4時間足の手法は
いったいどんな手法だと思いますか?

ってこんなこと聞かれてもわからないですよね。

 

そこで今回は、
私がFXで勝つきっかけをつかんだ、
4時間足の手法について解説をしてきます。

 

私が使っていた4時間足の手法とは?

私は4時間足のデイトレで、
FXで結果を出すきっかけを掴めたのですが、
その時に使っていた手法が、

・トレンド中の押し目買いと戻り売り
・トレンド転換時の押し目買いと戻り売り

といったものでした。

 

恐らく、これを聞いて、

「そんな簡単な手法で、
本当に結果が出たの!?」

なんて感じたと思います。

 

ですが、本当にこの単純な手法で
FXで安定したトレードをするコツを
つかむことができたのです。

 

例えば、以下は買いの場合ですが、
その手法を使ったトレードは
以下のようなポイントです。

 

どうです?

物凄くシンプルな手法ですよね。

でも、こんなシンプルな手法でも、
4時間足に変えた途端、
今までボロ負けだった私のトレードが
徐々に安定し始めました。

 

なぜこんな簡単な手法で結果が出るのか?

なぜ、こんな簡単な手法で
結果が出たのかというと、
相場参加者の数が大きく影響しています。

 

FXの市場では、
数多くのトレーダー達が
トレードをしているのですが、
相場参加者の数というのは、

・1分足よりも5分足
・5分足よりも15分足
・15分足よりも1時間足
・1時間足よりも4時間足
・4時間足よりも日足

といったように、
時間軸が大きくなるにつれて
意識する相場参加者の数が
多くなるからです。

 

その為、時間軸が大きくなるほど、
サポレジラインの効き目が強くなるので、
トレンド中の押し目買いや、
トレンド転換時の押し目買いなど、
単純な手法であっても結果が出るのです。

 

4時間足はポジポジ病などの悪い癖もつきにくい

更に、4時間足の手法を使うメリットとして、
ポジポジ病などの悪い癖が
つきにくい点もあります。

 

1分足の短期トレードなどになると、
細かい利益を積み重ねる必要があるので、
トレード回数が多くなります。

そうなると、
常にポジションを持っていないと
落ち着かない気分になってしまい、
ポジポジ病になってしまいます。

 

しかも、短期トレードで連敗が続くと、

「すぐに取り返してやろう」

という気持ちになりやすいので、
ポジポジ病が更にひどくなって
最悪、資金を全て失います。

 

一方で、4時間足になると、
1回のトレードに掛かる時間が
数時間から数日になることが多いので、
トレード機会が大きく減ります。

その為、ポジポジ病にならずに済むのです。

 

損小利大のトレードも身につく

また、4時間足になると、
1トレードの値幅が大きくなります。

 

大体、平均で、

・利食い:+50~200pips以上
・損切り:-30~-50pips以内

といった感じなので、
損小利大のトレードができるようになります。

 

これによって、仮に連敗したとしても、
たった1回の利食いで損を取り返せるので、
気持ちにも余裕を持って
トレードができるようになります。

 

実際に私も、FXで負けている状態で
スキャルピングをしていた時は、

・利食い:+2~3pips
・損切り:-10pips以上

といった感じで、
たった1回負けただけでも
4連勝以上する必要があったので、
常に焦っていたし、
これのせいでポジポジ病もひどかったです。

 

そして結局、
スキャルピングをしたせいで
1,000万以上の損失を出したのです。

 

久々に4時間足のトレードをしてみた

私はここ最近は、
15分足のトレードがメインなのですが、
昨日たまたま4時間足をチェックしたら、
昔使っていた手法のエントリーの形に
思いっきりあてはまったので、
久々にエントリーしてみました。

 

そしたら普通に利食いできました(笑)

しかも、いつものトレードよりも
大きな利食い幅で。

 

いつもは15分足のトレードなので、
大体30pipsぐらいで利食いなのですが、
今回はその倍以上の68pipsも取れました。

 

まぁ、4時間足トレードは、
損切り幅も広くなるから、
利食い幅も大きくしないとダメなので、
このぐらいの利食い幅は普通か、
むしろ少ない方なんですけどね。

ちょっと久々だったので、
4時間足のトレードにしては
チキン利食いとなりました。

 

それでエントリーしたポイントが、
以下の黄色マルです。

 

エントリーポイントを見ても
すごくシンプルですよね。

何も難しいことはせずに、
トレンド転換を4時間足で狙って、
押し目買いをしただけです。

そして、利食いも直近の高値である、
下記画像の黄色マル辺りです。

 

このトレンド転換の手法は、
4時間足のトレードをしている時は
よく使っていました。

 

この手法は4時間足だけを使って、
はっきりとした形が出た時だけ
エントリーしていきます。

しかも、トレンド転換の初動を狙うので、
利益をかなり大きく取れるのです。

今回は久々にこの手法を使ったので、
チキン利食いだったのですが、
それでも+68pips取れましたから。

 

このような感じで、
久々に4時間足でトレードをしたのですが、
値動きがゆっくりしてるので、
精神的にかなり余裕ができるから
やっぱり楽でした。

 

基本、エントリー後に
利食いと損切の指値を出しておいたら、
あとは放置でOKですからね。

これを機にまた4時間足のトレードも
再開しようと思ったぐらいでした(笑)

 

まとめ

今回は、私が昔使っていた、
4時間足の手法の内容について
色々とお伝えしてきました。

 

4時間足の手法だと、

・単純な手法でOK
・ポジポジ病などの悪い癖がつきにくい
・損小利大のトレードが癖づく
・エントリー後は放置でもOK

といったメリットがあるので、

・ポジポジ病などの癖が付いている
・忙しくてFXに使う時間がない
・チャートを長時間見たくない

といった人には
かなり効果的だと思います。

 

もし興味があれば、
4時間足の単純な手法を
検証してみてください。

 


P.S. メルマガを始めました

大衆心理を中心に、
FXで勝つ為のコツをお伝えしていきます。

「FX歴が長いけど勝てない」
という方には特におススメです。

FX初心者用のメルマガも用意しているので、
"何から勉強すればわからない"
という場合にもオススメです。

メルマガの詳細内容はコチラ


登録はもちろん無料で、
解除もワンクリックで出来ます。