FXで安定して勝ち続けるには、
損切りをすることが必要だと
私は考えています。

こうすることで、
損をしたとしても
資金の減りを最小限に抑えながら
増やしていくことが可能になります。

 

ただ、デイトレで損切りをすると、
お金を失うことから、
激しい苦痛が伴うので、
損切りを遅らせたり、
もしくはしなかったり、
最悪、ナンピンなんてして、
破産につながることをしてしまいます。

そんな破産をしない為にも、
デイトレをする前には、
必ず損切りラインを明確にすべきです。

 

損切りラインさえ明確にしておけば、
そこから狙える利益を計算して、

“リスクリワードが良ければ、
トレードをする”

“そうでなければ、トレードをしない”

という選択ができます。

 

それでは、

「どうやって、
デイトレをする際に、
損切りラインを明確にするの?」

なんて思うかもしれません。

 

あなたはすでに損切りラインを知っている

もし、あなたが、
完全なFX初心者でない限り、
正しい損切りラインをすでに知っています。

つまり、明確な位置に、
損切りラインを設定できる力があるのです。

 

例えば、下記画像の黄色マルで、
エントリーした場合、
損切りラインはどこに設定しますか?

 

どうでしょうか?

上昇トレンドの押し目を狙って、
デイトレでの買いエントリーですが、
パッと見た瞬間、
損切りラインの場所がわかると思います。

 

私だったら以下のように、
損切りラインを設定します。

 

多分、あなたも、
この損切りラインを見て、

「あ~やっぱりそこね」

と思ったはずです。

 

結局、その後どうなったかというと、
以下のようになりました。

 

想定した損切りラインを下抜けて、
その後も逆行していますよね。

損切りラインの決め方なんて、
こんなもので十分です。

意識されそうな場所の
少し下や上に設定すればいいのです。

 

これを徹底していくだけで、
損失を最小限に抑えながら
資金を増やすことが可能です。

 

基本的に損切ラインの設定に迷う場合、
設定する位置に関しては
わかってはいるけれど、

「なぜそこで損切りすべきなのか?」

という理由がわからないから
設定に迷うわけです。

 

その為、
損切りラインを明確にしたい場合は、
チャートから相場参加者の心理を読んで
トレードをしてみると、
自分でも納得した損切りラインを
決めることができるでしょう。

 

もし、この事について、
更に詳しく知りたい場合は、
以下の記事も読んでみてください。
実践例を紹介!FXのトレードで損切りラインはどこに置く?

 

損切りができなかったり迷うのはなぜ?

FXのデイトレでは、
設定する損切りラインの位置は
FX歴が1年以上あれば、
すでに知っていることがほとんどです。

ただ、損切りをする理由が
わからないから、
損切りラインの設定に迷うのです。

 

更に、このことに加えて、
損切りができなかったり、
迷ったりするのには、

・ロットが大き過ぎる
・検証不足
・損切り後に戻る

大体がこの3つのどちらか、
もしくは両方が原因です。

 

ロット数が大き過ぎる場合

エントリーのロット数が大き過ぎると、
損切りをした際の金額を意識して、

「ここで切ったら3万の損失か・・・」

なんて考えが浮かんでしまうので、
資金を失いたくない気持ちが強くなって、
損切りラインに到達したとしても、
損切りを実行できなくなります。

 

最悪、逆行されると、
ナンピンをしてしまい、
強制ロスカットになることも多いです。

私もこれが原因で、
何度も資金を失っていました。

 

このような場合は、
デイトレで自分が損切りをしても、
切れないで済む
ギリギリのロット数に調整するか、
更にその半分にすると、
精神的に耐えることができます。

 

例えば、損切りをしても、

“1万円の損失なら切れずに済む”

というのであれば、
その金額で損が収まるように、
ロット数を調整してから、
損切りラインを決めます。

 

もしくは、
切れないギリギリのロット数が嫌なら、
その半分にロットを落としてしまえば、
損切りをしたとしても、
精神的苦痛が更に軽くなります。

 

仮にデイトレで損切りが-20pipsで、
自分が損切りをしても、
許容できる金額が1万円だったら、
ロット数は5枚。

もしくは、ロット数をこの半分にして、
損失額を5,000円に抑えるのでも良いです。

 

このような感じで、ロット数を調整すれば、
明確な損切りラインで、
ちゃんと損切りできるようになります。

私の場合は、この方法が結構役立ちました。

 

もし、ロット数の決め方に関して、
もう少し詳しく知りたい場合は、
以下の記事も読んでみてください。
FXでのリスク管理で特に重要な点とは?

 

検証不足の場合

次に損切りに迷ったり、
できなかったりする理由として、
圧倒的な検証不足があります。

デイトレで、
明確な損切りラインがわかっていながら、
損切りができないというのは、
自分の手法に自信がない証拠です。

 

だから、

「自分が損切りした後に反転するかも」

なんて思ってしまい、
損切りができなかったり、
迷ったりしてしまい、
損失を拡大させてしまうのです。

 

そして、
自分の手法に自信がないのは、
徹底的に検証しておらず、

「この手法ならトータルでプラスになる」

という確信がない状態で、
迷いながらトレードをしているからです。

 

もし、徹底的に検証していれば、

「損切りをしたとしても、
トータルで勝てるから大丈夫!」

という自信を持った状態で、
デイトレをすることが出来ますから。

 

ちょっと想像してみてください。

 

もしあなたが使う手法が
10回中9回損切りになって
1回しか利食いにならないけど

“トータルで必ず+200pipsになる”

という手法だったら
9連続で損切りになっても
耐えることができますよね?

 

その為、あなたが今現在、
FXで勝てていない状態で、

「損切りラインがわからない」
「損切りができない」

といったように悩んでいるなら、
それは検証不足の可能性が高いです。

 

それであれば、
一旦リアルトレードは中止して、
デイトレで使っている手法を
検証し直した方が良いでしょう。

徹底的に検証を行えば、
自分の意識の中に、
その手法の優位性が定着するので、
明確な損切りラインが判断できて、
損切り自体もできるようになるでしょう。

 

もし、手法の検証方法が
よくわからない場合は、
以下の記事を参考にしてみてください。
FXで勝てる手法を作れる具体的な検証方法とは?

一気に勝ち組へ!FXの検証で確認すべき項目とは?

 

損切り後に戻る

トレードをしていると
必ずといっていいほど、
損切り後に自分が思っていた方向へ
戻ることを経験します。

 

そして、この回数が多くなると

「損切りをしなくてもいいんじゃないのか?」

なんて思ってしまい、
損切りをしなくなるのと同時に
損切りラインが完全にわからなくなるのです。

 

ですが、損切り後に戻る現象は
トレードをしていれば
必ず経験するものなので
これはある意味仕方ありません。

私も何度も経験してますから。

 

それでも、
損切り後に戻る事が
あまりにも多い場合は、
手法に問題がある事もあります。

そんな時は、
以下の記事で対策方法を
お伝えしているので
興味がある場合は読んでみてください。
損切り後に戻るのが多い場合の確認すべき点と対処方法とは?

 

まとめ

今回は、
デイトレでの損切りラインについて
色々とお伝えしてきました。

 

ただ、そうはいっても、
基本的にFX歴が1年以上ある場合、
すでに正しい損切りラインを
知っている事の方が多いです。

 

単純に損切りラインに迷うのは、

・損切りをする理由がわからない
・ロット数が大き過ぎる
・検証不足

といったことが原因で、
損切りができなかったり、
迷ったりするわけです。

 

FXでのトレードは
難しいように感じますが、
意外とシンプルです。

ですから、変に迷う必要なく、
単純に物事を考えていくだけでも、
結果を出すことができます。

 


P.S. メルマガを始めました

大衆心理を中心に、
FXで勝つ為のコツをお伝えしていきます。

「FX歴が長いけど勝てない」
という方には特におススメです。

FX初心者用のメルマガも用意しているので、
"何から勉強すればわからない"
という場合にもオススメです。

メルマガの詳細内容はコチラ


登録はもちろん無料で、
解除もワンクリックで出来ます。