FXで安定して勝ち続けるには、
損切りは絶対に必要ですが、
初心者の内は
成り行き損切りする事は
オススメできません

必ず逆指値を使って
損切りをするようにしましょう。

 

では、なぜFX初心者の内は、
成り行きでの損切が
オススメできないのでしょうか?

 

FX初心者は損をすることに慣れていない

FX初心者が損切りに
成り行きを使うべきでない理由に、
損をする事に慣れていないからです。

 

例えば、私たちは日常生活で、
買い物をよくしますよね。

その時って、
お金を失っていますが、
対価として物や情報を得ています。

 

その為、”お金が減る=対価を得る”
という意識が染み付いています。

 

しかし、FXの場合、損切りをすると、
単純に資金を減らすだけで、
対価として得るものはありません。

一応、経験という対価を得ていますが、
目に見えずに手元にも残らないので、
対価と感じることができません。

 

つまり、損切りをして資金を減らすことは、

・財布を落としてお金を失う
・家に泥棒に入られてお金を失う

という感覚と近いので、
苦痛が物凄く強くなります。

 

よって、
損切りを成り行きでするということは、
自分で自らお金を捨てる行為に感じるので、

「お金を失いたくない」

という気持ちに負けてしまい、
手動で損切りができません。

 

そしてこの結果、

・ナンピン
・塩漬け

といったことをしやすくなり、
資金を全て失うことになるのです。

 

FX初心者は悪い癖がつきやすい

FX初心者の場合、
損失に対する免疫がない事に加えて、
FXをする際の欲望の働き方も
よくわかっていないので、
悪い癖がつきやすくなります。

 

例えば、FXを始めた頃って、

“FXは危険”

というイメージを少なからず持っているので、
最初は成り行きでも一応損切りができます。

 

しかし、連敗をしたり、
損切り後に順行されたりすると、
段々と損切りする悔しさが強くなって、
成り行きで損切りが出来なくなります。

 

そうなると、
逆行されたらそのまま放置したり、
ナンピンをしたりして、
資金を大きく失うことになります。

 

更に、この経験によって、

「失った資金をすぐに取り返したい!」

と考えるようになり、
追加で入金をして
すぐにトレードを再開します。

 

そして、またエントリー後に逆行されると、
今まで失った金額が頭によぎって、

「もうお金を失いたくない」

という気持ちがすごく強くなり、
また損切りができずに、

・ひたすら放置する
・ナンピンをする

といったことをしてしまうのです。

 

これを繰り返す内に、
これらの行為が癖になってしまい、
何をやっても資金を失ってしまいます。

 

実際に私もFXを始めた当初は、
成り行きで損切りできてました。

エントリーしたらチャートをガン見して、
損切りラインに来るまで我慢して、
そこに来たら、
成り行きで決済をしていました。

 

しかし、自分が損切りをして、
その後、反発したりすると、

「ふざけんなよ!」

なんて切れて、
すぐに再エントリーしたり、
逆行されても損切りしなかったりと、
滅茶苦茶な事をし始めました。

 

しかも、更に最悪なことに、
ナンピンまでしてしまい、
結局そのまま戻らずに、
“強制ロスカット”
なんて事をしょっちゅうやっていました。

そして、これらが癖になってしまい、
何度も同じことを繰り返すことで、
1,000万もの損失を出してしまいました。

 

もし、1,000万もの損失を
出した時のことを知りたい場合は、
以下の記事も読んでみてください。
私がFXで失敗して1000万を失った原因は1分足にあった!

 

FX初心者は逆指値を必ず使おう

FX初心者が成り行きで損切りを始めると、
ほぼ確実に損切りができずに、
悪い癖がついたりするので、
損切りをする際は必ず逆指値を使いましょう。

 

仮に成り行きで損切りするとしても、
最大損失を決めて、
逆指値を入れておくべきです。

 

私の経験上、

「ここを抜けたら成り行きで損切りする」

と思っていても、
よっぽど意志が強くない限り、
実際にその場所に来ても、

「ここから反転するんじゃないか?」

なんて思ってしまい損切りできません。

 

また、FXではある時突然、
要人発言などで急落や急騰をして、
あっという間に
大きな含み損を抱えることがあります。

こうなってしまうと、
思考停止になって、
成り行きで損切りが
ますます出来なくなります。

 

その為、このような事を避けるためにも、
FX初心者は成り行きで損切りせずに、
エントリー後すぐに逆指値を入れましょう。

もし、損切り幅をどれくらいにすべきか
よくわからない場合は、
以下の記事を読んでみてください。
損切りは何pipsに設定するのが一番いいのか?

デイトレで逆指値の損切り幅はどう決めるべきかを解説!

 

FX初心者はエントリー枚数にも注意

FX初心者の場合、
最初は怖いもの知らずなので、
リアルトレードをする際に
信じられないエントリー枚数で
トレードをすることが多いです。

その為、
仮に成り行きで損切りができたとしても、
損失額が大きくなることで、
激しい苦痛が生まれることになります。

 

これによって、
すぐに損を取り返そうとして、

・ナンピン
・リベンジトレード

といったことをしやすくなり、
あっという間に資金を減らす事になります。

 

ですから、
リアルトレードをするにしても、
1,000通貨単位の最小枚数で
トレードをするようにしましょう。

実際にトレードをしてみればわかりますが、
たった数百円の損失であっても、
連敗したりするとイライラしますから。

 

私も最初は1,000通貨でトレードをしていて

「数百円程度の損なら余裕でしょ」

なんて思っていたのですが、
3連敗とかすると切れて
リベンジトレードをしていましたから(笑)

 

実は自分の資金を使わずにリアルトレードができる

FX初心者の場合、
損をする事に慣れていないので、
成り行きで損切りができずに
資金を失いやすくなります。

 

そこで、そんな事を避ける為に、
自己資金ゼロから
リアルトレードができる方法を
お教えします。

それが海外のFX業者を使うことです。

 

なぜなら、海外のFX業者では、
“口座開設ボーナス”
というのがあるからです。

これは初めてその業者を使う時に
与えられる特典で、
口座開設をするだけで、
リアルトレードに使える資金を
もらえるのです。

 

よって、自分の資金を使うことなく、
リアルトレードができるので、
まずは損切りがどんなものなのかを
体感するにはちょうどいいと思います。

 

また、口座開設ボーナス以外にも、
入金ボーナスというのもあり、
入金した金額に応じて、
トレードに使えるクレジットがもらえます。

その為、
トレード資金が増えることになるので、
自分の資金を使うにしても、
少額からトレードができます。

 

それに海外のFX業者の場合、
レバレッジも1,000倍など高いので、
使う資金が更に少なく済みます。

ですから、損切りに慣れない内は、
海外のFX業者を使って
トレードをするのもアリだと思います。

 

もし、海外のFX業者について
興味が沸いた場合は、
私が実際に使ってみて
良かった業者を以下で紹介しているので、
よければ参考にしてみてください。
海外のFX業者を利用する際の使いやすい業者は?

 

まとめ

今回は、

“FX初心者は
損切りを成り行きでしない方が良い”

という理由について、
私の考えをお伝えしてきました。

 

FX初心者の場合、
とにかく損をする事に慣れていないので、
成り行きで損切りをしようとしても、

「損をしたくない」

という気持ちが強く働いて、
損切りできない事が多いです。

 

ですから、トレードをする際は、
必ず逆指値の損切りを
エントリー直後に入れるようにしましょう。

そうすれば、
よっぽどのことがない限り、
資金を全て失うことを
避けることができますので。

 


P.S. メルマガを始めました

大衆心理を中心に、
FXで勝つ為のコツをお伝えしていきます。

「FX歴が長いけど勝てない」
という方には特におススメです。

FX初心者用のメルマガも用意しているので、
"何から勉強すればわからない"
という場合にもオススメです。

メルマガの詳細内容はコチラ


登録はもちろん無料で、
解除もワンクリックで出来ます。