FXで勝つにはこの手法しかない!」

みたいな広告を結構見かけますが、
ぶっちゃけた話、
手法はそこまで関係ないです。

 

「この手法じゃないと勝てない!」

といったものはなく、
自分に合った手法で、
それを使って稼げるのであれば、
手法自体はどんな手法であれ、
あまり関係ありません。

 

ただ、
気にすべき点があるのも事実です。

 

FXでは結果を出すのに手法が関係ない理由

FXでは結果を出すのに
手法は関係なく
どんな手法でも結果は出せます。

 

なぜなら、FXの場合、
一見動きがランダムに見えますが
実は規則的な動きをしているからです。

その為、
その規則的な動きに合わせていけば、
どんな手法であっても、
関係なく結果を出すことができます。

 

例えば、
下記のチャート画像を
見てみてください。

 

このチャートを見ると、
値幅の大きい小さいはあれど、
上下ジグザグに動いてますよね。

 

価格というのは
常に上か下に動きます。

ということは、極端な話、
下がったら買って、
上がったら売るだけでも
普通に利益が出せます。

 

このことを
上記のチャートに当てはめると
以下のような感じになります。

 

別に決まった手法を使わなくても
このような感じで
トレードをするだけで
利益は出せるのです。

このことからも、
FXは手法関係なく、
安定した結果を出す事は可能です。

 

NGと言われる手法でも結果は出せる

FXでは、

“やらない方がいい手法”

と言われている手法が存在します。

 

それが、

・ナンピンをする手法
・損切りをしない手法

といったものになります。

 

もしあなたが、
FX歴が1年以上あるなら、
これを耳にしたことがあると思います。

これらの手法というのは、
エントリー後逆行されても
損を確定しません。

 

その為、ひたすら逆行されると
資金が含み損に耐えられなくなり、
強制ロスカットが発動します。

そして最後は
損失が確定されてしまい、
資金を大きく失うのです。

ですから、ナンピンや
損切りをしない手法というのは
基本的にNGとされている手法なのです。

 

しかし、現実には、
これらの手法を使っても
安定した結果を出している人が
かなり多くいることも事実です。

私自身、
これらの手法は使いませんが
知り合いに損切りをせずに
トレードをして
安定した結果を出している人がいます。

 

その人の
何が優れているのかというと、
資金管理能力になります。

その人の場合、
レバレッジを徹底的に落として
1万pips逆行されても
強制ロスカットになりません。

 

そして、
このような資金管理をベースに、

・ナンピン
・両建て

といったことを駆使して
損切りをせずに稼ぎ続けています。

 

こんな感じで、
一般的にはNGと言われる手法でも、
FXは結果を出すこともできるので、
これも手法は関係ないと言われる理由です。

手法で気にすべき点とは?

FXで使う手法は、
資金を増やすことができれば
どんな手法であっても
関係ありません。

 

ただ、私の中で、
1つ気にすべき点があって、
それがリスクリワードです。

いわゆる、損失と利益の比率です。

 

FXで使う手法において、

・トレードする時間軸
・エントリーポイント
・使うテクニカル
・トレードスタイル

などは何でも良いのですが、
損切り幅と利食い幅の比率は、
しっかり考えた方がいいです。

 

例えば、自分が使う手法が、
勝率80%~90%など、
高勝率な手法でない限り、
損切り幅よりも、
利食い幅を大きくした方がいいです。

 

できれば、最低でも、
リスクリワードは
1対2以上はあった方がいいです。

つまり、損切りが-10pipsだとしたら、
利食いは+20pips以上という事です。

 

なぜなら、リスクリワードが悪いと、
1回損切りになっただけで、
その損失を取り返すのに
2回以上の利食いが必要になるからです。

 

例えば、

・損切り:-20pips
・利食い:+10pips

といった手法を使っている場合、
1回損切りになると、
その損失を取り返すのに
2連勝以上しないといけません。

 

これは実際にやってみればわかりますが、
1回損切りをしただけで、

「2連勝以上しないとダメだ」

なんて精神的に追い込まれて
かなりきついです。

 

最悪、すぐに取り返そうとして、
本来のポイントでない場所で
エントリーをしてしまい、
また損切りになる可能性が高くなります。

 

一方で、

・損切り:-10pips
・利食い:+20pips

といった手法を使っておけば、
1回損切りをしても、
次に利食いをしたら
合計で+10pipsになります。

 

最悪、2連敗したとしても、
1回の利食いで取り返せるので、
心に余裕を持ってトレードができます。

よって、手法の内容自体は
何でも良いのですが、
リスクリワードに関しては
出来る限り1:2以上あった方がいいです。

関連記事:FXで損切りと利確の割合はどう決めると効果的なのか?

 

リスクリワードが良いと勝率が低くてもプラスになる

リスクリワード関係で
もう1つ利点を話しておくと、
リスクリワードの比率が良いと
勝率もあまり関係なくなってきます。

 

例えば、リスクリワードを1:3にすると、
勝率がたったの30%でも、
トータルでプラスになります。

 

仮に勝率30%で、

・損切り幅:-20pips
・利食い幅:+60pips

という手法を使って50トレードした場合、
理論的に考えると、
トレード成績は
50戦15勝35敗となりますよね。

 

そして、ここから損益を計算すると、

15勝 x 60pips = +900pips
35敗 x -20pips =-700pips

となり、
合計+200pipsとなるので、
勝率がたったの30%でも
トータルでプラスになり、
資金を増やす事ができます。

 

因みに、
昔、リスクリワードを1対3にして、
エントリーはサイコロを振って、

・偶数が出たら買い
・奇数が出たら売り

といったふざけた手法で、
検証をしたことがあるのですが、
結果はちょいプラスという、
信じられない結果が出ました。

 

そして、リアルトレードで
最小ロットでその手法を使ったところ、
100回ぐらいトレードをしたら
確かにちょっとプラスになりました(笑)

 

でも結局、

「こんなのは手法とは言えない」

なんて変なプライドがあったので、
使わなくなってしまいましたが・・・

 

ただ、このことからもわかるように、
リスクリワードをしっかりしておけば、
勝率が悪かろうが、
どんな手法であろうが関係なく、
FXで結果を出すことは可能です。

 

手法は自分に合う・合わないを見極めるのが重要

FXで結果を出すには、
手法関係なく、
どんな手法でもOKです。

 

ただし、だからといって、
本当に何でもいいわけではなく、

「自分の性格に合っているか?」

というのが非常に重要です。

 

FXの場合、
手法自体は無限にありますが、
手当たり次第に適当に使っても
皮肉なことに資金を失うだけです。

自分の性格や生活環境を考慮して
それらに合った手法を
使わないといけないのです。

 

FXで負けている人達は
ここを上手く見極められないから
結果が出ていないのです。

 

ですから、もしあなたが今現在、
FXでなかなか結果が出ていなくて
手法探しに迷っているなら、
まずは自分の性格や
生活環境を改めてチェックしてみましょう。

 

例えば、
あなたがサラリーマンで
日中はチャートが見れずに
夜しかFXに使える時間が
ないとしましょう。

 

そうなると、
この生活環境に合った
トレードスタイルとしては、

・スキャルピング
・時間軸を大きくしたデイトレード

といった辺りになるでしょう。

 

そしたら次に、
自分自身の性格を分析してみましょう。

もしあなたの性格が、
チャキチャキ動く正確なら
短時間で終わるスキャルピングが
合っているかもしれません。

 

一方で、あなたの性格が
おっとりしていて
急ぐの嫌な性格であれば、
1時間足以上のデイトレードが
合っているかもしれません。

このように、手法を作る前に
まずは自分の性格や
今の生活環境を考えて
トレードスタイルを決めましょう。

 

もし、自分に合った手法の
作り方を知りたい場合は、
以下の記事も読んでみてください。
FXで自分に合う手法のルール作りはどうやればいい?

 

手法はシンプルな方がオススメ

FXで使う手法は関係ないとはいえ、
私個人としては、
シンプルな手法を使うことをオススメします。

 

なぜなら、シンプルな手法の方が
再現性が高く、
エントリー時の迷いも少ないので
トレード内容が安定しやすいからです。

 

逆に、手法にテクニカルや
インジケーターをいくつも入れると、
一気に手法の内容が複雑になるので、

・エントリー機会が減って再現性が低くなる
・エントリーに迷う

といったことが起きやすくなります。

 

しかも、テクニカルをいくつも使って
過去の値動きにぴったり合わせると、
過剰な最適化が起きてしまいます。

FXでは、
過去と似たような動きはしますが、
完全に同じ動きはしません。

その為、過剰な最適化をしてしまうと、
過去の値動きと少し違う動きをするだけで
一気に使えない手法になってしまいます。

 

もちろん、
テクニカルを使う事自体を
否定してるわけじゃありません。

私の周りの常勝トレーダーには、
テクニカルを駆使して、
ガッツリ稼いでいる人もいます。

 

これ以外にもネット上では、
テクニカルを使って稼いでいる人は
いくらでも存在します。

だから、テクニカルを使おうが、
手法自体は関係なくて、
自分が使っている手法で
資金が増えているなら
それが正解なのです。

 

ただ、テクニカルを過剰に使いすぎると、
逆効果になることが多いので、
使うにしても1つか2つにした、
なるべくシンプルな手法が良いと思います。

 

特にFXで安定した結果が出ていない内は
テクニカルに頼り過ぎてしまうと
トレードの本質を見誤ってしまうので
1つか多くても2つぐらいがいいです。

関連記事:FXで使う手法にテクニカルが必要ない理由とは?

 

シンプルな手法でも検証は必須

シンプルな手法を使えば、
エントリーと決済が単純なので、

「すぐに実践に移ろう」

なんて考える人がいるのですが、
シンプルな手法であっても、
検証は絶対に必要です

 

なぜなら、
シンプルな手法を使うとはいえ、
その人によってFXの経験値や
トレード技術が違うからです。

その為、通用することもあれば、
しないこともあるので
本当に機能するかわからないのです。

 

例えば、
熟練のトレーダーとFX初心者が、

“上昇トレンド中の押し目買い”

という同じ手法を使ったとしましょう。

 

しかし、同じ手法を使ったとしても、
この2つのトレーダーの間では
経験値やトレード技術が全く違うので、

・熟練トレーダー:資金を増やせる
・FX初心者:全資金を失う

という結果になる可能性が高いからです。

 

その為、
どんなにシンプルな手法であっても、
今の自分の実力を知る為に
必ず検証はすべきです。

もし、手法の検証法について
よくわからない場合は、
以下の記事を参考にしてみてください。
FXで勝てる手法を作れる具体的な検証方法とは?

FXの検証回数は最低100トレードは必要!その理由はなぜ?

 

まとめ

今回は、FXで結果を出すには、
手法はあまり関係ない理由について
お伝えしてきました。

 

FXでは無限に手法があり、
それを使う人の性格や生活環境も
十人十色なので、

「この手法なら絶対に勝てる!」

というのはないです。

 

むしろ、自分に合った手法を使わないと、
逆に大損する可能性が高いので、
手法の内容に関しては何でも良いのです。

 

 


P.S. メルマガを始めました

大衆心理を中心に、
FXで勝つ為のコツをお伝えしていきます。

「FX歴が長いけど勝てない」
という方には特におススメです。

FX初心者用のメルマガも用意しているので、
"何から勉強すればわからない"
という場合にもオススメです。

メルマガの詳細内容はコチラ


登録はもちろん無料で、
解除もワンクリックで出来ます。