ナンピンしてると・・・
その内、逝っちゃいますよ?

 

FXの場合、レバレッジが高いので、
ナンピンがしやすくなります。

特に海外口座を使うと、
“レバレッジが500倍以上”
なんていうのがザラにあるので、
いくらでもナンピンができます。

 

だから、損切りをしないで、
ナンピンをしまくっていれば、
大体戻ってくるのですが、
たった1回の逆行で全てを失います。

 

そしてそのたびに必ず、
「あそこで損切りしておけば!」
なんて思いながら、
損切り大切さを思い知ります。

 

実は私自身も、
何度もナンピンをしては死に、
その度に損切りの大切さを知りました。

 

そして、

「次こそは絶対損切りするぞ!」

なんて意気込むのですが、
いざトレードを再開すると、
損切りの大切さを忘れてしまい、
またナンピンをしちゃうんです。

 

では、なぜ、

“ナンピンをするのがダメ”

とわかっていても、
ナンピンをしてしまうのでしょうか?

 

間違った成功体験がナンピンを癖にする

ナンピンをしてしまう時って、

・大ロットでエントリーした時
・本来のトレードではない時

といったような場合に、
ナンピンをしやすくなります。

 

例えば、いつもより大ロットで
エントリーした時は、
逆行されると含み損が大きくなり過ぎて

「こんな大きな金額を失いたくない!」

と思ってしまい、
ナンピンをしてしやすくなります。

 

また、チャートの形を見て、

「ちょっとは取れるかな」

なんて、本来のトレードではない
エントリーをすると、
逆行された時に悔しくて
損切りができなり、
ナンピンをしやすくなります。

 

そして、このナンピンをしたことで、
レートが戻ってきて上手くいってしまうと、

「ナンピンしたら助かった」

という、間違った成功体験が
意識に刷り込まれてしまいます。

 

これによって、
損切りの大切さをわかっていても、
いざエントリー後に逆行されてしまうと、

「ナンピンすれば助かるよ」

なんて悪魔が顔を出してきて、
ナンピンをしてしまうのです。

 

これを繰り返していく内に、
どんどんナンピンが癖になり、
最後は全てを失っていくのです。

 

ナンピンが癖になると治すことが難しい

人間は癖になった事を修正するのに、
物凄い時間が掛かる生き物です。

 

ナンピンに関しても、
「損切りは大切」とわかっていても、
癖になっているので、
無意識にやってしまいます。

無意識にやってしまう行動に対しては、
どんなに「損切りが大切!」
と意識していても、
はっきり言って太刀打ちできません。

 

実際、私自身も、
ナンピンが見事に癖になってしまい、
数年間ずっと、
ナンピンしては破産を繰り返していました。

「もう、FX止めて死んだ方が良いでしょ」

って思ったぐらい、
ひたすら繰り返しては、
自分の愚かさに疲れ果ててました。

 

だって、ナンピンで資金を飛ばしたら、
すぐに入金しなおして、

「損切りの大切さを感じろ!」
「次からは絶対に損切りするぞ!」

なんて思っていても、
いざエントリーして逆行されると、
悔しすぎて損切りできないんですから。

 

基本的に私は今でも、
損切りの大切さがわかっていても、
実際に損切りになると、
悔しくて仕方ないです。

 

 

しかも、損切り後に順行されると、
モニターを破壊したくなるほど、
イライラが爆発します。

 

だから、もしかしたら、
FX自体が私には
合っていないのかもしれません(笑)

でも、ナンピンする癖をなんとか治して、
損切りをする癖を付けたので、
なんとかやってるって感じですかね。

 

ナンピンをする癖を治すには?

ナンピン癖があった私ですが、
数年かけて苦労しながら
なんとか治すことができました。

 

そして、その時に
ナンピンを治す為にやったことは、

・トレード記録を見返す
・自分の手法を確立する
・気合

といった感じです。

 

トレード記録を見返す

これは自分がナンピンで破産した
全てのトレードを見返すことです。

 

もちろん、
負けトレードを見返すことは
かなり苦痛ではありますが、
これをすることで、

「自分はどれだけ愚かだったんだ」
「損切りさえしていれば助かっていたのに」

ということを実感することができました。

 

これによって、
損切りの大切さを認識できると同時に、

「ナンピンしたら破産する」

ということを意識に刷り込めました。

 

自分の手法を確立する

自分のトレード記録を見返して、
損切りの大切さを意識させたら、
次にしたことが
自分の手法を確立することでした。

 

私がナンピンをしていた時は、
手法すら曖昧で、
損切りをする場所を
明確にしていなかったので、

「俺が損切り後に反転するのでは?」

なんて考えてしまい、
損切りができずにナンピンをしていました。

 

その為、
まずは自分の手法を確立させて、

・エントリーポイント
・利食いポイント
・損切りポイント

といった部分をはっきりさせることで、
ナンピンをしづらくなりました。

 

また、検証やリアルトレードの結果から、

「自分が損切りした後は、
どれくらい反転しやすいのか?」

というのをチェックして、
損切り後の反転率を計算しました。

 

そしたら、損切り後の反転率が
30%未満だったので、

「これなら損切り後の反転があっても、
損切りをしていた方がトータルの利益は多いな」

と実感できたことも
ナンピンを治すには大きな効果がありました。

 

もし、自分の手法を確立する方法が
よくわからない場合は、
以下の記事を参考にしてみてください。
FXで自分に合う手法のルール作りはどうやればいい?

 

気合

ナンピンを減らす為には
最後は気合が必要になってきます。

 

なぜなら、
損切りの大切さをわかっていても、
同じ過ちを繰り返すわけなので、
自分の中に根付いた癖は、
簡単には治らなかったからです。

 

だから、本当に1トレードずつ、
「絶対に損切りするぞ!」
という意識を持ってエントリーして、
必ず損切りの逆指値を入れる

そして、損切りになったら、
チャートを閉じたり、
席を離れたりして、
とにかくチャートを見ないようにする

 

私の場合は1時間以上経つと、
大分損切りの悔しさが薄れるので、
そのぐらいは見ないように、
必死に我慢しました。

 

こんな事をしていると、
損切り後に更に逆行していく事を
見るようになりました。

 

これを見ることで、

「おーナイス損切り!俺!」

なんて自分で自分を褒めていました。

 

この損切り後の
更なる逆行を見ることで、

「ナンピンしたら助かる!」

という今までの意識が、

「損切りすれば助かる!」

という良い意識に上書きされて、
損切りの大切さがわかり、
徐々に損切りが癖になってきました。

 

こんな感じでやっとこさ、
ナンピンせずに損切りできるようになり、
今の自分がいる感じですね。

結局、損切りの大切さを
本当に理解するには、
自分で失敗を色々と経験して、
少しずつ改善していくしかないです。

 

基本的に、私は精神論は、
あまり好きではありませんが、
“気合で乗り切らなきゃいけない時”
というのはどこかで必ず来ます。

だから、
FXでの成功を手に入れたいなら、
これも必要なことだと、
個人的には思っています。

 

ただ、損切りの場合は、
“損切りする位置”
というのも大切になってくるので、
もし、”損切り位置がわからない”
と悩んでいるのであれば、
以下の記事も参考にしてみてください。
実践例を紹介!FXのトレードで損切りラインはどこに置く?

 

まとめ

今回は、ナンピンで
何度も破産した過去をお伝えしながら、
損切りの大切さや
ナンピンの治し方について
お伝えしてきました。

 

基本的にナンピンをすると、
10中8,9は戻ってきます。

ですが、たった1回の損失で
全てを失ってしまい、
しかもナンピンが癖になります。

 

こうなってしまうと、
昔の私のように、

「ナンピンしては資金を失う」

ということをひたすら繰り返して
負のループに陥りやすくなります。

 

ですから、もしあなたが今現在、
ナンピンが癖になっているのなら、
上記で紹介した方法を使って
ナンピンを治す方向へもっていきましょう。

 


P.S. メルマガを始めました

大衆心理を中心に、
FXで勝つ為のコツをお伝えしていきます。

「FX歴が長いけど勝てない」
という方には特におススメです。

FX初心者用のメルマガも用意しているので、
"何から勉強すればわからない"
という場合にもオススメです。

メルマガの詳細内容はコチラ


登録はもちろん無料で、
解除もワンクリックで出来ます。