FXに限らず投資の世界では、

・テクニカル分析
・ファンダメンタル分析

といった分析方法が有名です。

 

テクニカル分析は、
チャート分析がメインで、
ファンダメンタル分析は
世界情勢などを分析して
将来の値上がりや値下がりに
掛けていくような分析と言われています。

 

特にファンダメンタル分析は、
投資の神様である、
ウォーレンバフェットが
ファンダメンタルを常に勉強して、
株を買って莫大な資産を
築いたことで有名ですよね。

 

そこで疑問に沸いてくるのが、

「ファンダメンタル分析の勉強って、
FXで結果を出す為には必要なの?」

という事だと思います。

 

これに関しては、
色んな意見があるのですが、
私個人としての意見は、

・勉強が役立つ場合
・そこまで役立たたない場合

この2つがあると考えています。

 

そこで今回は、
この2つがどんな場合なのかについて
私の考えをお伝えしていこうと思います。

 

ファンダメンタル分析の勉強が役立つ場合

ファンダメンタル分析は、
今の世界情勢などから

「将来的な景気はどうなっていくのか?」

といったことを考えて、
トレードをしていくことになります。

 

ということは、
ポジションを持つにしても、
長期的に保有することになります。

その為、
ファンダメンタルの勉強が役立つのは、
日足や週足をベースにした
スイングトレードになります。

 

ですから、もしあなたが、
1回のトレードで、
数年近く保有するつもりであれば、
ファンダメンタルの分析は
トレードに役立つと思います。

 

ファンダメンタルでのトレードは株向き

ファンダメンタルでトレードをする場合、
どちらかというと、
株式トレードの方が合っていると思います。

 

なぜなら、株式の場合、
企業に対してトレードをしていくからです。

例えば、世の中の景気状態から
企業の財務諸表を見たりして
企業業績を予想しながら
将来的な値上がり銘柄を探して
トレードをしていきます。

 

実際に世界的に有名な投資家である、
ウォーレンバフェット氏も
株式でファンダメンタルを使って
投資していますからね。

ですから、
ファンダメンタルを使って
トレードをするのであれば、
基本的には株の方が合っていると思います。

 

FXはファンダメンタルでのトレードは難しい?

私個人の感覚では、
ファンダメンタルを使った長期トレードは、
FXではなく、株の方が合っていると思います。

その為、FXでファンダメンタルを使って
トレードをするのは少し難しいと考えています。

 

なぜなら、株にも言えることですが、
いくらファンダメンタルの勉強をしても、
数か月後、1年後、数年後の未来は
誰にもわからないからです。

 

例えば、株式やFXでは、暴落が起きると、

「30年一度の大暴落!」

なんて騒がれてますが、
実はそのような暴落は今では
2~3年に1回のペースで起きています。

 

また、毎日のように、
ファンダメンタルを勉強している、
超優秀な大学を出たアナリストでさえ、
実際に予想が当たっているかを見ると、
ほとんどが当たっていないですからね。

仮に当たっていたとしても、
その予想が何年も当たり続けたのは
私は見たことがありません。

 

しかも、FX業者のニュースなどに出てくる
アナリストが毎朝発表する予想を見ると、

「今日のドル円は
100円~105円で推移するでしょう」

という感じで言っていますが、

「1日の値幅にそんな余裕を持たせたら
絶対に当たるに決まってんじゃん」

なんて思いますからね(笑)

 

このように、ファンダメンタルの勉強を
毎日のように行っている、
“超優秀”と言われるアナリストでさえ、
こんな予測の仕方をしているんだから、
数年後の予想なんて、
基本的には当たらないと思います。

 

だから、私個人としては、
ファンダメンタルの勉強をしても、
“奥が深すぎて難しいな”
と感じているので、
FXでのトレードに活かすには
かなり難しいと思っています。

 

ファンダメンタル分析の勉強が特に役立たない場合

逆にファンダメンタルの勉強が
あまり役立たない場合が、
スキャルピングやデイトレードなど、
比較的短時間のトレードをする場合です

 

このような場合、
早ければ数秒から数分、
長くても数日ぐらいの保有時間なので、
数か月~数年先の値動きを考えても
意味がありません。

 

その為、デイトレードぐらいまでなら、
ファンダメンタルの勉強ではなく、
チャートを読み取る勉強を
徹底的にすべきだと私は考えています。

要するにテクニカル分析の方ですね。

 

実際に私自身も、
15分足のデイトレードがメインなので、
ファンダメンタル分析は
勉強したことがありません。

それよりも、
チャートを読む勉強や訓練を
徹底的に行いました。

これによって、
日銭をコツコツと稼ぎ、
資金を増やしています。

 

仮に世界情勢を確認するにしても
FX業者にあるニュースや指標を
チラッと確認するぐらいですね。

 

例えば、ニュースで、

「北朝鮮がミサイルを発射した」

というのを確認したら、

「地政学的リスクが高まっているから、
売りメインでトレードをしていこうかな」

程度に見るくらいです。

 

結局、急騰、急落を起こすニュースが出ても、
チャート上の意識される場所で
反応することが多いので、
反転しそうな場所に水平線を引いておけば、
そこを起点にトレードができますから。

 

ですから、
数時間から数日で終わるような
トレードスタイルの場合は、
ファンダメンタル分析の勉強は
特に必要ないと考えています。

 

デイトレードで結果を出す為に必要な勉強は?

長期のトレードをしない限り、
ファンダメンタルの勉強は
特に必要ないと私は考えています。

 

では、デイトレードなど、

「短期のトレードスタイルで
結果を出す為に必要な勉強は
どんなことなの?」

なんて思うかもしれません。

 

これに関しては私の経験上、

・トレンドを正しく判断する勉強
・反転しやすい場所を見つける勉強
・相場参加者の心理を読む勉強

主にこの3つを勉強すれば、
FXで安定した結果を出す力を
身につけることができます。

 

ただ、そうは言っても、

・トレンドを正しく判断する勉強
・反転しやすい場所を見つける勉強

この2つに関しては、
FX歴が1年以上ある場合は
特に問題はずです。

 

ほとんどの人が、
トレンドを正しく判断できて、
反転しやすい場所へ
水平線を引くことができますから。

 

ですから、FX歴が1年以上ある場合は、
相場参加者の心理を読む勉強をすると、
潜在能力が一気に引き出されて、
トレードの質が変わってくると思います。

実際に私も、
相場参加者の心理を読む勉強をしてから、
トレード精度が劇的に変化しました。

 

もし、相場参加者の心理を
読む勉強について、
詳しく知りたい場合は、
まずは以下の記事から
読んでみてください。
FXでも相手の気持ちを考える事が重要です

 

もしくは、トレンド判断の仕方や、
水平線の引き方が少し曖昧な場合は、
以下の記事も読んでみてください。
FXの効果的な勉強方法とは?まずやるべき事は環境認識から!

効果的な水平線を引く際のちょっとしたコツとは?

 

まとめ

今回は、

「FXでは、
ファンダメンタルの勉強は役立つのか?」

ということについて、
私の考えをお伝えしてきました。

 

再度まとめると、
ファンダメンタルの勉強が役立つ場合は、
数か月から数年保有するような
トレードスタイルの場合になると考えています。

逆に、ファンダメンタルの勉強が
そこまで役立たない場合は、
デイトレードなどの
長くても数日で完結するような
トレードスタイルになります。

 

ですから、
自分のトレードスタイルと照らし合わせて
ファンダメンタルの勉強をしていくと、
効果的なトレードができるようになるでしょう。

 


P.S. メルマガを始めました

大衆心理を中心に、
FXで勝つ為のコツをお伝えしていきます。

「FX歴が長いけど勝てない」
という方には特におススメです。

FX初心者用のメルマガも用意しているので、
"何から勉強すればわからない"
という場合にもオススメです。

メルマガの詳細内容はコチラ


登録はもちろん無料で、
解除もワンクリックで出来ます。