FX相場では
時間帯によって、

・オセアニア市場
・アジア市場
・欧州市場
・ニューヨーク市場

といったように、
市場がわかれていて、
時間帯ごとに
動きが結構変わってきます。

 

そうなると、

「時間帯別に分けた
手法が必要なのかな?」

なんて思うかもしれませんが、
これはどうなのでしょうか?

 

今回は、このことについて、
私の考えをお伝えしていきます。

 

時間帯別に手法は分けた方がいい?

FXでは時間帯別に
値動きがけっこう変わってきます。

 

例えば、
簡単に時間帯の動きを説明すると、

朝9時からは
日本の株式市場が開くので、
10時半ぐらいまでは結構動く。

逆に11時ぐらいからは、
株式の前場が
終わる時間帯に入るので、
動きが一気に悪くなる。

 

そして株式が終わって、
欧州時間に入る
15時ぐらいの時間帯から、
動きが活発になる。

21時以降になると、
欧州時間に加えて、
ニューヨーク時間も始まるので、
更に動きが活発になる。

 

そして、24時以降になると、
欧州がクローズし始めて
段々と動きがなくなる。

といった感じの動きになります。

 

ということは、
時間帯別の動きに合わせた
手法を持っていれば、
状況に合わせたトレードがしやすいので、
かなり効果的だと思います。

よって、可能であれば、
時間帯別に手法を分けてあげると、
トレードがしやすくなるでしょう。

 

私も昔は、
自分の手法に対して、
時間帯別収支を出してみたら、

・負けやすい時間帯
・勝ちやすい時間帯

っていうのがあって
驚いた経験があります。

 

だから、その時には、

“この時間帯は逆張り手法”
“この時間帯は順張り手法”

みたいな感じで、
トレード手法を使い分けてました。

 

因みに、時間帯別の動きについて、
より詳しく知りたい場合は、
以下の記事を参考にしてみてください。
FXには時間帯で動きに特徴が!その際のトレードの注意点とは?

 

まずは自分のトレード時間に合う手法を作ろう

FXでは時間帯別に動きが違うので、
その動きに合わせた手法を作れば、
効果的なトレードができるでしょう。

 

しかし、そうはいっても、
実際は1日中チャートに張り付いて
トレードをすることは難しいですよね。

だから、無理に時間帯別に
手法を分けなくてもいいです。

 

逆に手法を分けることに
こだわり過ぎると
色んな手法が混ざってしまい
優位性がない手法になったりします。

特にFXの場合、
上手くやろうとすればするほど
ドツボにハマって
迷走することが多くなりますから。

 

むしろ、
それよりも前にやるべきことは、
自分がいつもトレードする
時間帯の動きに合わせた
手法を作り上げることです。

要するに、
まずは自分のライフスタイルに合った
トレードを優先することです。

 

例えば、自分がトレードに使える時間が、
毎日19時~24時までなら、
その時間帯の値動きの特徴をつかんで、
手法を作っていくのです。

大体19時~24時までなら、
ボラティリティが高く、
トレンドが出やすい相場なので、
順張りの手法なんかが良いと思います。

 

逆に、午前中しか
トレード時間が取れない場合は、
ボラティリティが低く、
レンジになりやすい相場なので、
少し短期の逆張りの手法が
有効だと思います。

 

このように、
自分のトレードできる時間と、
その時間帯の動きに合わせた
手法を作ることで、
より効果的なトレードができるようになります。

 

私も最初の方は
時間帯別の手法は作らずに
自分がトレードをできる時間に合わせて
手法を作るようにしていました。

そしたらトレード内容が安定して
結果も出るようになりましたから。

 

自分の苦手な動きを把握するのも吉

FXでは時間帯別に動きが変わるので、
その動きに合わせた手法を
作るのが効果的です。

 

ですが、そうはいっても、
人によっては、

“順張りのトレードが苦手で
逆張りのトレードの方が得意”

といったように
トレードに得手不得手があります。

 

このような状態で、
順張りが効果的な時間帯に
無理に順張り手法を使っても

「イマイチかみ合わずに
損切りが連続してしまう」

みたいな感じで
結果が出ない事が多いです。

 

ですから、
上手く時間を味方にする為にも
自分が苦手な動きを把握しながら
時間帯の動きと上手く調整して
トレードをしていくのがいいでしょう。

 

例えば、逆張りのトレードの方が
順張りよりも得意だけど、
トレードできる時間帯は

“トレンドが出やすい
欧米時間しかできない”

という状態だったとします。

 

そしたら、1時間足以上で
強いサポレジラインを見つけて
そこで反転の兆しを見せたら
逆張りでトレードをするのです。

そして、レートが押し目買いや
戻り売りポイントに来たら利食いです。

 

基本的にレートは
一方的に動くというよりも
押しや戻りをつけながら
ジグザグに動いていきます。

その為、
反転しそうな場所を見つけて
押しや戻りが入るような場所まで
限定的に狙っていけば、
トレンドが出る時間帯の逆張りでも
十分、結果を出すことはできます。

 

このような感じで、
時間帯の動きと自分のトレード手法が
上手くかみ合わなくても
やりようはいくらでもあります。

 

トレードに使う時間が取れない場合は?

もし、トレードに使う時間がない場合、
それは今現在、
FXをやる状態にないことを意味します。

ですから、
FXに使える時間が確保できるまで、
トレードは休むべきです。

 

仮に、短時間で稼ごうと思って、
スキャルピングなどに手を出しても、
落ち着いてトレードする時間がないようでは、
無理にトレードをすることになるので、
資金を失っていくだけです。

これでは本末転倒になるので、
トレードに使う時間がない場合は、
FXは一旦休みましょう。

 

ただし、時間がない状態でも、
トレードをする方法は一応あります。

それが1時間足以上のデイトレードです。

 

なぜなら、
1時間足以上のトレードだと、
値動きがゆっくりなことから、
エントリーポイントに来るまでに
長い時間が掛かるので、
チャートをほとんど見る必要がないからです。

 

また、1時間足以上になると、
サポレジラインの効き目が強くなるので、
その付近に、

・エントリーの指値
・損切りの逆指値
・利食いの指値

という3つの注文を出しておけば、
勝手にエントリーから
決済まで行ってくれます。

 

しかも、1時間足以上になると、
値幅が大きくなることから、
時間帯別による動きに
あまり影響されなくなります。

このようなことからも、
FXに使う時間がないけど、
トレードをしたい場合は、
1時間足以上のトレードがオススメです。

 

実際に私も、サラリーマン時代は、
トレードをする時間があまりなかったので、
4時間足でトレードをしていました。

そしたら、トレード内容が安定して、
FXで結果を出すきっかけをつかめました。

関連記事:4時間足のデイトレがFXで勝てるきっかけになった!

 

もし、その時使っていた手法の内容を
更に詳しく知りたい場合は、
以下の記事を読んでみてください。

あまりのシンプルさに
少し驚くかもしれませんが(笑)

FXで使う4時間足の手法を紹介!こんなに簡単で結果が出る!

 

まとめ

今回は、

FXで使う手法は、
時間帯別に分けた方がいいのか?

といったことについて、
私の考えをお伝えしました。

 

FXの場合、
時間帯別に市場が分かれていて、
値動きも違ってきます。

その為、時間帯別に
手法を分けることは効果的です。

 

しかし、実際問題、
1日中チャートを見ることは
あまり現実的ではありません。

よって、時間帯別に手法を分けるよりも、
まずは自分のトレード時間と、
その時間の値動きに合わせた手法を
1つでいいので作ることが先決です。

 

これをするだけでも、
FXで安定した成績を出すことができるので、
まずはここから始めていきましょう。

 


P.S. メルマガを始めました

大衆心理を中心に、
FXで勝つ為のコツをお伝えしていきます。

「FX歴が長いけど勝てない」
という方には特におススメです。

FX初心者用のメルマガも用意しているので、
"何から勉強すればわからない"
という場合にもオススメです。

メルマガの詳細内容はコチラ


登録はもちろん無料で、
解除もワンクリックで出来ます。