FXには色んな手法がありますよね。

きっとあなたも、
あなたオリジナルの手法を
持っている事でしょう。

 

私自身も、
FXのトレード手法としては、
3つか4つぐらい持っています。

そんなFXのあらゆる手法に対して、
エントリー精度を上げる方法があります。

私の手法も、全てその方法を使って、
エントリーの精度を上げています。

 

そこで今回は、私自身が取り入れている、
FXの手法で”エントリー精度を上げる方法”
というのをお伝えしていきます。

 

エントリー精度を上げる方法とは?

私がFXで使う手法に対して、
エントリー精度を上げる方法とは・・・

 

 

大衆心理を使うこと

 

 

これに限ります。

 

大衆心理を使うとは、
簡単に説明すると、
ローソク足やチャートの形から、
相場参加者の心理を読んで
エントリーをしていくことです。

ローソク足が作り出すチャートは、
相場参加者の心理によって作られています。

 

その為、その心理を考えながら
ローソク足を読んでいけば、

「次にどう動きやすいのか?」

ということをかなりの確率で
予測することが可能になります。

 

私のブログでは、
大衆心理をメインにした内容ですが、
その理由として、

「手法のエントリー精度が上がるから」

というのが実はあります。

 

実際に私も大衆心理を学ぶことで、
トレードの精度が劇的に上がって
一気に負ける回数が減ったり、
エントリー後に逆行せずに
伸びていく回数が増えましたから。

 

大衆心理をエントリーにどう活かす?

では早速、
大衆心理をエントリーに、
私がどう活かしているか?
というのをお伝えしていきます。

 

FXには、
無数の手法が存在するのですが、
例えば、ここでは、
“上昇トレンド中の押し目買い”
を取り上げてみましょう。

 

上昇トレンド中の押し目買いは、
下記画像の黄色マルで
エントリーするような手法ですよね。

 

このエントリー手法は、
勝率も高く、利益も大きく伸びるので、
FXでは王道の手法ですよね。

もちろん、私もこの手法は使っています。

 

ただし

 

このエントリー手法が、
いくら勝率が高く、
利益が大きく伸びると言っても、
絶対に勝てるわけではありません。

もちろん負けることも普通にあります。

そんな時に、大衆心理を使うと、
手法のエントリー精度が上がって、
負けを減らす事ができます

 

例えば、上昇トレンド中の押し目でも、
以下のように
黄色マルでエントリーしても下抜けして、
損切りになることもありますよね?

 

こんな時に大衆心理を使うと、
手法のエントリー精度が上がって、
このような負けを減らす事が可能になります。

 

例えば、上記の画像は、
15分足チャートなのですが、
私が赤ラインで
押し目買いを待っていた場合、
赤ラインにレートが来た時点では、
すぐに買いは入れません。

 

なぜなら、赤ラインに来るまでの、
下げの勢いが強いからです。

 

これはどういう事かというと、
まず、上昇後に、

「高値を試してダメだった」

という形跡が残っていますよね?

 

これによって、買っていた人達が、

「高値更新できなかった」
「てことはもう上がる力が無いな」

と判断して利食いをすることで、
下落しています。

 

しかも、高値更新を失敗した時に、
上ヒゲ陰線を作って、
かなり嫌な雰囲気を作ってますよね。

 

これを見た時点で、
買っている人達は、
一斉に逃げてきたでしょう。

 

そして、この形を見たことで、
買っていた人達の利食いに加えて、
逆張り売りを狙っている人達も、

「高値更新に失敗してる」
「しかも上ヒゲ陰線じゃん!」

といった感じで、
上に行く力がないのを確認して、
新規の売りでエントリーしてきます

 

これによって、

・買いの利食い
・売りの新規エントリー

というダブルの力が働いて、
強く下落していますよね。

 

そして、強く下落する事で、
押し目買いポイントである、
赤ラインに来るわけです。

 

ただ、赤ラインに来て、
押し目買いのエントリーポイントですが、
私の場合は、ここではまだ入りません。

 

なぜなら、もう一度言いますが、
下げの勢いが強いからです。

 

このような、
下げの勢いが強い状態で、
押し目ポイントに来た場合、
大衆心理を考えると・・・

 

・買いたい人
「押し目エントリーしたいけど、
下げの勢いが強いから様子見をしよう」

・売っている人
「押し目買いが入る場所だけど、
下げの勢いが強いから
まだ利食いはせずに様子見しよう」

 

といった心理が働いて、
買いが入りにくくなっているので、
反転上昇する理由がありません。

 

だから、私の場合、
チャートの形が、
エントリーするポイントに来たとしても、
大衆心理を考えた場合、
赤ラインではエントリーせずに、
様子見をします。

 

これによって、
サポートラインに来ただけで
バチンとエントリーするよりも、
大きく負けを減らすことができます。

 

因みにこのような場合、
私がエントリーするとしたら、
サポートラインで一度反発してから、
再度安値更新を目指して
失敗した兆しを見せたらエントリーします。

つまり、サポートライン付近での
ダブルボトムの右肩でエントリーです。

 

なぜなら、
サポートラインに来るまでに
下落の勢いが強いので、
一旦反発したとしても、

「下落の勢いが強いから
戻ってきたら一旦売ってみたいな」

と考えている人がいるので、
もう一度下がる可能性が高いからです。

 

逆に、もう一度下落してから、
直近の安値を抜けることができないと、
短期的に売った人達は、

「あ、安値更新に失敗した」

「流れも上昇トレンドだから、
逃げないと損切りになる」

と判断して決済をしてきます。

 

また、買いを狙っている人達も、

「あ、安値更新に失敗した」

「流れも上昇トレンドだから、
ここから反転上昇する可能性が高そうだ」

と判断して買いを入れてきます。

 

よって、この2つの思惑によって、
ダブルの買いパワーとなり、
反転上昇しやすくなるのです。

 

このような根拠から、
エントリー精度を上げる為に、
私の場合はダブルボトムの右側で、
エントリーすることが多いです。

 

このような感じで、
FXのトレード手法に、
大衆心理を組み込むと、

・負けを減らす事ができる
・ピンポイントでエントリーできる

といった事が可能になります。

 

もし、大衆心理について
基本的な事から学んでみたい場合は
まずは以下の記事を読んでみてください。
FXでも相手の気持ちを考える事が重要です

 

もしくは、大衆心理を使ったトレードを
もっと見てみたい場合は、
以下の記事を読んでみてください。
デイトレで1分足を使ってピンポイントでエントリーする方法

 

まとめ

大衆心理を使う利点として、
どんな手法であっても
エントリーの精度を上げる事が可能です。

なぜなら、どんな手法であっても、
ローソク足の形で判断して、
エントリーしていくからです。

 

ローソク足というのは、
簡単に言ってしまえば、
相場参加者の心理です

だから、買っている人や、
売っている人などの気持ちを考えれば、
どのように動きやすいのか?
といった事がローソク足から判断できます。

 

その為、大衆心理を使う事は、
どんな手法であれ、
エントリー精度を上げる事が可能だと、
私個人としては考えいています。

 

もし、あなたがエントリー手法はあるけど、
「イマイチ精度が良くない」
と感じているのであれば、
大衆心理を勉強してみると、
FXのトレードに、
更に磨きが掛かるかもしれませんよ。

 

因みに私の場合、

・サポレジラインでの大衆心理
・ローソク足を決めつけて読む
・ローソク足を逆説的に読む

といった3つの方法を組み合わせて、
大衆心理を読んでいます。

 

もし、これらの方法に
興味がある場合は、
コチラのFX教材で大衆心理を
勉強してみると良いでしょう。

 


P.S. メルマガを始めました

大衆心理を中心に、
FXで勝つ為のコツをお伝えしていきます。

「FX歴が長いけど勝てない」
という方には特におススメです。

FX初心者用のメルマガも用意しているので、
"何から勉強すればわからない"
という場合にもオススメです。

メルマガの詳細内容はコチラ


登録はもちろん無料で、
解除もワンクリックで出来ます。