FXで結果が出ていない時って、

「トレード回数がもっと多ければ勝てる!」
「だからスキャルピングの手法を作ろう!」

なんていう考えを持ってしまい、
短期の手法を作ろうとする事があります。

 

でも、私の個人的な考えでは、
FXで勝てていない人ほど、
中長期の手法の方が、
“FXで安定した結果が出やすくなる”
と思っています。

 

中長期の手法が結果が出やすい理由は?

FXで勝てていない人が、
中長期の手法を使うと
結果が出やすくなる理由に、

複数の時間軸を見なくてよい

ということがあります。

 

これはどういうことかというと、
例えば、5分足の
短期のトレード手法を使う場合、
エントリーをする際は、

・5分足
・15分足
・1時間足
・4時間足

といったように、
複数の時間足を見ながら
トレードをする必要があります。

 

実はこれが迷いを生じさせて、
“トレードがぐちゃぐちゃになる”
といった原因になったりします。

 

例えば、下記画像で
1時間足で短期上昇トレンドが出ていて、
赤ラインで押し目買いを
狙っていたとしましょう。

 

FXで勝てていない人も、
1時間足では、
ちゃんとトレンドを認識できていて、
狙いが合っている事は多いです。

 

ただ、赤ラインまでレートが到達して、
いざ買いエントリーをしようと、
5分足の短期足に変えると、
以下のように見えます。

 

パッと見てわかるように、
思いっきり下落トレンドですよね。

 

この形を見てしまうと、
買いとわかっていたのに、

「あれ?下げが強い?」
「じゃあ、売らなきゃダメか」

なんて急に考えを変えてしまい、
売りでエントリーして、
“結局、損切り”
なんてことが起きてしまいます。

 

FXで結果が出ていない状態で、
短期のトレード手法を使うと、
このような事が起きやすくなります。

 

一方で、中長期の手法だと、
基本的に複数の時間足を見て、
エントリーする必要はないです。

あ、因みに、
ここでいう中長期というのは、
1時間足~日足の事を指します。

 

なぜなら、FX相場では、
時間軸が長いほど、

・トレンドが強くなる
・水平線の効きが強くなる

といった傾向があるので、
中長期の足だけで
トレードをしても、
トータルでプラスにできるからです。

 

だから、中長期での手法なら、
トレンドに沿った
キレイなトレードをしやすくなります。

 

更に、中長期の手法を使うと、
それより下の時間足は
見る必要はないので、
迷いなくトレードができます。

その為、
FXで上手く結果が出ていない状態で、
短期の手法を使って負けている場合は、
中長期の手法を試してみると、
良い方向へ進めるかもしれません。

 

中長期の手法はポジポジ病を防げる

1分足や5分足の短期足でトレードをすると、
値動きに翻弄されて、
損切りを連発しやすくなります。

そうなると、
損をすぐに取り返そうとして、
過剰にトレードをしてしまい、
ポジポジ病に掛かってしまいます。

 

ポジポジ病に掛かると、
過剰にトレードをするのが
癖付いてしまっているので、
治すのにめちゃくちゃ苦労します。

私も、FXで勝てていない頃に、
1分足の手法を使ったせいで、
激しいポジポジ病になって、
1,000万円を失っています。

 

しかも、1,000万を失った上に、
ポジポジ病が癖になって、
とにかくエントリーが我慢できずに、
ボタンを押しちゃうんです。

 

それで損切りになると、
“切れてまたエントリーをする”
といった事がとにかく治らずに、
FXでのトレードが安定するまでに、
5年以上掛かりましたから。

ポジポジ病になると、
治すのは本当に苦しみます。

 

一方で中長期の手法を使えば、
値動き自体がゆっくりしているし、
トレード回数が少ないので、
ポジポジ病が起こりにくいです。

関連記事:1時間足以上のデイトレでポジポジ病の解消を目指そう!

 

保有時間が長くなる事も吉

中長期の手法の場合、
トレードをする時間軸が大きくなるので
必然的に保有時間も長くなります。

これが実はポジポジ病に効果的なのです。

 

なぜなら、人間というのは
支払ったお金に対して
対価を求める生き物だからです。

 

その為、保有時間が長くなることで
無意識の内に、

「これだけ長く保有出来たなら
まぁいいか」

という気持ちになって
すぐに取り返そうとする気持ちが
沸きずらくなるのです。

 

例えば、遊園地などの
テーマパークに行って
入場料を1万円払ったとしましょう。

 

それなのに、
そのテーマパークがつまらなくて
たった30分で出てきてしまったら

「たった30分で1万円かよ!」

なんて怒りが沸いてきますよね。

 

FXでのポジポジ病も
これと同じ原理が働いて、
エントリー後すぐに損切りになると、

「たった5分で1万円の損失かよ!」

となってしまうので、
すぐに取り返そうとしてしまうのです。

 

ですから、
保有時間が長くなることでも
中長期の手法というのは
ポジポジ病を発生させにくくなるのに
役立ってくれるのです。

 

中長期だと1回の利益が大きい

中長期の手法だと、

「エントリー回数が少ないから、
利益が全然取れないんじゃないの?」

なんて思うかもしれませんが、
実際はそんな事はありません。

 

中長期の足でトレードをすると、
値幅が大きくなるので、
1回の利益も大きくなります

 

例えば、1時間足~4時間足ぐらいの
デイトレードをした場合、
私の経験上、

・損切り:-25~-50pips以内
・利食い:+50~+150pips以上

という損益比率になるので、
利食い幅の方が大きくなります。

 

その為、連敗をしたとしても、
たった1回の利食いで
損を取り返せるだけでなく、
むしろプラスにすることができます。

これも短期トレードと
大きく違う部分で、
これがあるだけで
取り返そうとする気持ちも減るので
ポジポジ病などの
悪い癖がつきにくくなります。

 

もちろん、1通貨だけでトレードすれば、
エントリー回数が少ないですが、
複数通貨をトレード対象にすることで、
その点はある程度補うことができます。

 

チャートに張り付く必要がない

中長期のトレード手法を使う場合、
エントリーポイントまで
レートが来るのに時間が掛かるし、
エントリー後に決済するまでも
時間が掛かるようになります。

 

その為、チャートを張り付いて
見ている必要がないので、
日中に仕事などをしていて
チャートを見れない状態でも
何の問題もなくトレードができます。

 

私もサラリーマン時代は、
中長期の手法を使っていたのですが、

・エントリーの指値
・損切りの逆指値
・利食いの指値

といった3つの注文を入れておき、
そのまま放置するトレードをしていました。

 

これによって、
チャートを1日に1~2回程度
見るだけで済んだし、
こんなトレード方法であっても、
トータルでプラスにすることができました。

 

私が勝てるきっかけを掴んだのも中長期の手法でした

私自身も、FXを始めた当初は、
短期足の手法を使ったせいで、

・ポジポジ病
・リベンジトレード
・チキン利食い

といった事が癖付いてしまい、
1,000万の損失を出しただけでなく、
これらの癖を治すのに、
物凄い苦労しました。

関連記事:私がFXで失敗して1000万を失った原因は1分足にあった!

 

でも、この癖を治して、
FXで勝てるきっかけになったのが、
4時間足の手法でした。

 

だから、もし今現在、
短期足の手法を使っていて、
FXで全然勝てていない場合は、
一度、中長期の手法へ変えて、
ゆっくりトレードをしてみると、
コツを掴めるかもしれませんよ^^

 

中長期の手法を使って、
勝ち癖が付いてしまえば、
あとはそれを短期足に当てはめるだけで、
意外と上手くいくようになっているので、
そのような意味を含めても、
中長期の手法はオススメです。

 

もし、私が中長期の手法を使って
結果を出せるになった時のことを
もう少し詳しく知りたい場合は、
以下の記事を読んでみてください。
4時間足のデイトレがFXで勝てるきっかけになった!

 

まとめ

今回は、FXで勝てていない人ほど、
中長期の手法が
オススメな理由をお伝えしてきました。

 

 


P.S. メルマガを始めました

大衆心理を中心に、
FXで勝つ為のコツをお伝えしていきます。

「FX歴が長いけど勝てない」
という方には特におススメです。

FX初心者用のメルマガも用意しているので、
"何から勉強すればわからない"
という場合にもオススメです。

メルマガの詳細内容はコチラ


登録はもちろん無料で、
解除もワンクリックで出来ます。