海外のFX業者を使って、
20万以上の利益が出た場合、
確定申告をして税金を払う必要があります。

 

しかも、海外FXの場合、
税金は累進課税になるので、
以下のように、稼げば稼ぐほど、
税金が高くなっていきます。
(以下は住民税込みの税率です)

稼いだ利益額税率
 195万以下15%
 196~330万20%
331~695万30%
696~900万33%
901~1800万43%
1801万~50%

 

だから、もし、海外のFX業者を使って、
20万以上の利益が出た場合は、
経費にできるものは経費計上をして、
少しでも税金を減らした方がいいです。

 

特に、税率が変わるギリギリのラインで、
利益が出ている場合は、
経費計上によって、
支払う税金が少なくなるので、
経費はしっかり計算した方が良いです。

 

そこで今回は、
海外のFX業者を使って、
経費計上をできるものについて、
考えてみたいと思います。

 

経費計上が可能なものは?

では早速、海外FXで利益が出た場合に、
経費計上できるものについて、
お伝えしていきます。

 

とはいえ、ぶっちゃけた話、
海外FXであっても、国内FXであっても、
経費計上できるものは、
FXに関係したものであれば、
基本的に全て計上しても大丈夫です。

 

ただし、全て経費計上しても良いとはいえ、
何でもかんでも経費計上をすると、
税務署に調査に入られた時に、
説明できずに、
追徴課税を取られる事もあるので、
それなりに切り分けが必要です。

 

家賃

これは結構知らない人が多いのですが、
家賃も経費に入れて、
税金対策にする事ができます。

 

ただし、
家賃全てを経費に入れる事は不可能です。

もし、FXのトレード用に、
事務所を借りているのであれば、
それも可能かもしれませんが、
自宅の場合は無理です。

 

だから、家賃を経費に入れる場合は、
あくまでも、
FXの為に使っている部分だけです。

言うなれば、PC周りだけになります。

 

その為、家賃を経費に入れるとしても、
せいぜい10~20%ぐらいが
良いところでしょう。

 

因みに、このパーセンテージは、
部屋の面積から、

“PC周りに使っている面積はどれくらいか?”

といった事を
ちゃんと計算する必要があります。

 

私も自宅でFXをしているので、
トレード部屋が自宅の何%かを計算して、
経費に入れています。

 

FXに関する本

FXをやっていると、
“本を読んで勉強をする”
という人も結構います。

その勉強の際に使った、
本も経費に入れる事ができます。

 

しかも、本の場合、
タイトルに”FX”と入っていなくても、
FXのトレードに役立ちそうな本、
例えば、経済関係の本でも、
経費に入れて大丈夫です。

 

FXの商材、塾費用、有料メルマガなど

FXをする上で、商材を買う事は、
かなり多いはずです。

しかも、FXの商材って、
数万円するものが多いので、
これらを経費に入れると、
税金対策に力を発揮してくれます。

 

商材以外にも、FXのコンサルを受けたり、
“〇〇塾”といった高額の塾費用も、
経費に入れて税金対策に使えます。

また、有料のメルマガや配信なども、
経費に入れる事ができます。

 

FXのセミナー費用

FXに関するセミナーに行った場合は、
その費用も経費計上ができます。

 

もし、セミナーに行くのに遠出をして、
泊りになった場合、
交通費や宿泊費も
経費に入れることも可能です。

 

ただし、交通費や宿泊費に関しては、

“セミナーついでに観光もする”

なんてことも多いので、
かなりグレーな部分です。

 

私の場合は、
税務署に調査が入られた時に
説明に困るようなものは
経費にしていません。

だから、
交通費や宿泊費に関しては、
経費に入れていません。

入れるにしても、
FX関係分とプライベート分を
ちゃんと分けないといけません。

 

携帯代

携帯に関しても、
今ではスマホで
普通にトレードができるので、
その分は経費に入れてOKです。

 

ただし、基本的に経費に入れるのは、
通信費ぐらいでしょう。

通話料などは
“毎回FXでの会議に使う”
などでない限り難しいと思います。

 

もし、完全にFX専用の携帯であれば、
通話料や基本料金など、
全てを経費計上しても良いと思いますが、
プライベート用も含まれるのであれば、
通信費までにしておくのが無難です。

 

インターネット代金

ネットはFXトレードをする上で、
絶対に必要なので、
これも経費に入れてOKです。

 

FXの場合、
通信スピードが大事なので
中には一番良いクラスの回線を
入れる人もいるくらいです。

そうなると、
毎月1万円を超えたりするので
これも結構な費用になりますよね。

 

ただ、これもFXに使う割合を計算して、
その分を経費計上するのが基本です。

 

パソコン関係の費用

FXをする上で、
パソコンは必須ですよね。

だから、もし、パソコンを買い替えたり、
トレード用にノートパソコンを
買ったりした場合は、
それらも経費に入れる事ができます。

 

更に、パソコン以外にも、

・椅子
・デスク
・キーボード
・マウス
・モニター
・ルーター
・LANケーブル
・PCの機能をアップさせるパーツ
・ソフトウェア

といった物でも、
FXに関係したものであれば、
これらも全て経費計上できます。

 

FXをやっていると、
このような物を買う事が多いので、
この辺りもちゃんと計算してみると、
意外に税金対策に力を発揮します。

 

手数料

これも意外に見落としがちなのですが、
海外のFX業者を使うと、
出金する際に手数料を取られる事があります。

この出金手数料も、
FXに関係した手数料になるので、
経費計上ができます。

 

ただし、トレードの手数料に関しては、
年間の取引報告書に
含まれている事がほとんどなので、
そこは確認が必要です。

もし、含まれていなければ、
その手数料も経費計上ができます。

 

経費にできる物の基本的な考え方

上記では、海外のFX業者を使って、
利益が出た際に税金を減らす為の、
“経費計上ができる物”
についてお伝えしてきました。

 

もっと細かく見ていけば、
経費にする事ができる物はありますが、
あまり細かくやり過ぎても、
税務署が調査に来た際に
説明するのが面倒なので、
数百円程度のものであれば、
割り切って経費にしないのも手です。

 

私も経費にしているものは、
上記で説明したものぐらいで、
あとは面倒くさいのでやっていません(笑)

だって、仮にウン千万稼いだ時に、
数百円の経費計上なんて、
税金対策にほとんどならないですからね。

 

あとは何よりも、
経費計上できる物の判断は、

 

FXで使ったものかどうか?

 

といった事が第一です。

 

当然ですが、FXに使っていない物を
経費に計上すると、経費水増しになって、
その分の追徴課税を取られる事になります。

 

だから、自分がはっきりと、

「これはFXの為に使いました」

と説明できないものに関しては、
経費に入れるべきではありません。

 

もし、迷うものがあれば、
一度、税理士に相談してみたり、
税務署に問い合わせてみると、
はっきりと区別ができると思います。

ただし、税務署に聞く場合、
担当者によっては、
FXの事をほとんど知らずに、
まともに話せない事も多いので、
税理士に相談が確実だと思います。

 

まとめ

海外のFX業者を使って利益が出た場合、
累進課税なので、
経費計上をうまく使うと、
効果的な税金対策につながります。

 

ただし、過剰な経費計上は、
逆に自分の首を絞める可能性もあるので、
経費に入れる際は、

・FXに使ったものか?
・ちゃんと説明できるものか?

といった事を基準に考えながら、
経費計上をしていきましょう。

 

もし、経費以外に、
海外FXの税金についても
詳しく知りたい場合は、
以下の記事を参考にしてみてください。
海外のFX口座で得た利益は累進課税!多く稼ぐほど税金は取られる

 


P.S. メルマガを始めました

大衆心理を中心に、
FXで勝つ為のコツをお伝えしていきます。

「FX歴が長いけど勝てない」
という方には特におススメです。

FX初心者用のメルマガも用意しているので、
"何から勉強すればわからない"
という場合にもオススメです。

メルマガの詳細内容はコチラ


登録はもちろん無料で、
解除もワンクリックで出来ます。