FXは土日以外は、
24時間市場が開いているので、
いつでもトレードができます。

 

ただし、チャートを
いつでも見れる分、
時間がない場合でも、
無理矢理トレードをしてしまい、
損をする可能性も高いです。

また、いつでもトレードができることで、
逆に自分に合った時間軸がわからずに、
混乱してしまう事も良くあります。

 

そこで今回は、
チャート時間軸の特性から、
自分に合ったトレードスタイルを
見つける方法について、
私の考えをお伝えしていきます。

 

まず、自分の生活環境を把握する

FXは平日なら、
24時間いつでもトレードできますが、

いつでもトレードできる=いつでも勝てる

という訳ではありません。

 

だから、自分の生活環境を
しっかり把握して、
自分に合った時間軸の
トレードスタイルを見つけるべきです。

 

その為、まずは、
自分が1日のどの時間に、

・FXに時間を割けるのか?
・チャートを見れるのか?

といった事を再確認しましょう。

 

そして、
FXに割ける時間が把握できたら、
それに合った時間軸の
トレードを考えていきます。

 

短期のトレードが合っている人は?

ここでいう短期のトレードとは、
5~15分足チャートをメインにした
デイトレードになります。

 

これらの時間軸をメインに
トレードをする場合は、
1日にチャートを見る時間は、
3~4時間は欲しいところです。

特にトレンドとボラティリティが出やすい、
19時~24時の間に時間が取れると、
比較的トレードチャンスも多いです。

 

また、5~15分足の時間軸を
メインにすると、エントリー後は、

・早ければ30分程度
・普通で1~3時間

といった感じで決着がつくので、
レートがエントリーポイントに来るまでの
監視時間も含めると、
やはり1日に3~4時間ぐらい、
チャートが見れると良いでしょう。

 

更に、これらの時間軸だと、

・損切り幅:-10~-20pips程度
・利食い幅:+20~50pips程度

といった損失と利益幅が
平均的なので、
大きな損切り幅に耐えられない場合も、
短期のデイトレードが良いと思います。

 

私自身は15分足のデイトレがメインで、
この時間軸が一番やりやすいです。

もし、この理由について
詳しく知りたい場合は、
以下の記事も読んでみてください。
FXでデイトレをするなら15分足の手法が一番やりやすい!

 

長期のトレードが合っている人は?

ここでいう長期のトレードとは、
1時間足以上の時間軸をメインにした、
トレードスタイルになります。

 

これらの時間軸をメインにする場合は、
FXに割く1日の時間や、
チャートを見る時間は
10分もあれば十分でしょう。

 

トレードの時間軸が1時間以上になると、
値動きがゆっくりになるので、
エントリーポイントにレートが来るまでに、
時間が掛かります。

 

例えば、下記チャート画像の、
黄色マルでエントリーする場合、
水色マルから黄色マルまでの時間は、
約16時間もあります。

 

その為、1日にチャートを見る回数も、
1~3回程度あれば十分でしょう。

 

しかも、1時間足以上の時間軸だと、
水平線が効きやすいので、
その付近にエントリーと決済の
指値注文をしておくトレードでも、
トータルで勝つことが可能です。

 

実際に私自身も、
仕事でチャートを見る時間がなかった時は、
4時間足のトレードをメインにしていて、
仕事中は全て指値注文を出していました。

 

更に、1時間足以上のトレードだと、

・損切り幅:-30~-40pips程度
・利食い幅:+50~+200pips程度

といったように、
損切り幅は少し大きくなりますが、
その分、大きな利益も取れるので、
トータルで見れば、
短期のデイトレードと、
そこまで収益は変わらないでしょう。

 

だから、長期足の時間軸が合う人は、

・FXに取れる時間が1時間未満
・チャートを長時間見たくない

といった人になるでしょう。

 

実際に私自身も、
サラリーマン時代は
FXに使う時間が取れなかったので、
4時間足のデイトレードをしていました。

そしたら、これが
FXで結果を出すきっかけとなりました。

 

もし、4時間足でのトレードについて、
詳しく知りたい場合は、
以下の記事も読んでみてください。
4時間足のデイトレがFXで勝てるきっかけになった!

 

トレード時間とスタイルが合わない場合は?

例えば、1日にFXに使える時間が、
1~2時間など、
“中途半端な時間しか取れない”
という場合もありますよね。

 

このような場合は、
無理にトレードをすべきではありません。

 

なぜなら、
FXに使える時間が少ない状態で、
短期のデイトレードをしようとすると、
無理にエントリーポイントを探してしまい、
自分のポイントではない場所で
エントリーをする可能性が高まるからです。

 

これをやってしまうと、
自分のトレードスタイルが崩れて
悪い癖が付くことに加えて、
損切りになった際に、
その損をすぐ取り返そうとして、

・ポジポジ病
・損切りができない

といったことが起きやすくなります。

 

そもそも、”FXに使える時間がない”
という時点で、
“トレードをする時期ではない”
という事を意味するので、
そのような場合は、
トレードをせずに
検証をするのが良いでしょう。

 

スキャルピングは厳禁

FXに使う時間が1~2時間など、
短時間しかないからといって、
トレードする時間軸を
1分足のスキャルピングにするのは
絶対にやらない方がいいです。

 

なぜなら、スキャルピングは
1分足の速い値動きに翻弄されやすく、
FXの中でも一番難しい
トレードスタイルだからです。

 

普通に考えると、

「2~3pipsぐらい簡単に取れるでしょ」

「だから時間がない場合は
スキャルピングが最適」

なんて思うかもしれませんが、
実は正反対です。

 

むしろ、値動きに翻弄されて
損切りができなくなったり、
ポジポジ病に掛かって
資金をあっという間に減らします。

ですから、デイトレ以上で
トレード成績が安定しない内は
スキャルピングに関しては
絶対に手を出さない方がいいです。

 

実際に私自身も
スキャルピングに手を出したせいで、
1,000万以上の損失を出しています。

もし、この時のことについて
詳しく知りたい場合は、
以下の記事も読んでみてください。
私がFXで失敗して1000万を失った原因は1分足にあった!

 

トレード以外にも検証をする時間は必要

ここまで、
自分に合ったトレードをする為の、
時間軸についてお伝えしてきましたが、
トレードをする時間以外にも、
検証をする時間は絶対に必要です。

 

むしろ、検証をしっかりせずに、
トレードだけに時間を割いていては、
FXで勝つことは難しいでしょう。

 

その為、FXで勝てていないのであれば、
リアルトレードよりも、
まずは検証に時間を割いたほうが、
より短期間で結果が出るようになるでしょう。

 

因みに、私の場合は、
仕事から帰ってきて、
ザッとチャートを見てから、
エントリーポイントにアラートを設定して、
アラートが鳴るまでは検証をしていました。

そして、もし、寝る時間までに、
アラートが鳴らなければ、
その日のトレードは諦めて寝てました。

 

こうすることで、
トレードができなくても、
検証はできていたので、
少しずつ前進できて、
3ヵ月後ぐらいには
安定したトレード手法が作れました。

因みに、その時の検証時間は、
1日平均30分~1時間程度でした。

 

まとめ

「自分に合うトレードスタイルがわからない」

と悩む人は多くいますが、
そのような場合、
自分の生活環境や性格から、
トレードの時間軸を決めるのが良いでしょう。

 

ただし、トレードをする時間以外にも、
検証をする時間も必要なので、
チャートを見る時間が取れないなら、
無理にトレードはせずに、
検証をしていた方が良いでしょう。

 

もし、検証方法がわからない場合は、
コチラの記事を参考にしてみてください。

 


P.S. メルマガを始めました

大衆心理を中心に、
FXで勝つ為のコツをお伝えしていきます。

「FX歴が長いけど勝てない」
という方には特におススメです。

FX初心者用のメルマガも用意しているので、
"何から勉強すればわからない"
という場合にもオススメです。

メルマガの詳細内容はコチラ


登録はもちろん無料で、
解除もワンクリックで出来ます。