FXの場合、
トレード対象の通貨がいくつもあります。

でも、チャートの形は同じに見えても、
実は通貨の動きには癖があります。

 

私も最近、とある手法を
検証しているのですが、
全く同じ手法を使っても、
この通貨の癖によって、
成績が結構変わるのを実感しています。

だから、この癖をある程度把握して、
エントリーの仕方や決済も調整すると、
より安定したトレードが可能になります。

 

癖が少ない通貨は?

私が実際にトレードをしていて、
癖が少なくてトレードしやすい通貨は、

・ドル円
・ユーロドル

この2通貨がやりやすいですね。

 

チャートの形を見ても、
キレイな波形を作りやすいし、
ボラティリティも適度にあるので、
私が許容できる
損切り幅で損が抑えられるし、
利益幅もそれなりに狙えます。

 

しかも、FXの場合、
指標があるのですが、
ドル円やユーロドルの場合、
大きく動く指標が、
そこまで多くないので、
短期のデイトレがやりやすいです。

 

だから、FXで勝てていない場合や、
FXを始めたばかりの頃は、
この2つの通貨をメインに
トレードをするのが良いと思います。

むしろ、
セオリー通り忠実に動く通貨で勝てないと、
癖のある通貨で勝てるわけがないですからね。

 

癖が強い通貨は?

検証やトレードをしていて、
逆に癖が強く感じる通貨は、

・ポンド円
・ポンドドル
・ドルカナダ

といったところですね。

 

ポンド円はいわずと知れた
殺人通貨ですが、
とにかくボラティリティがスゴイです。

だから、上手くトレードできれば、
大きな利益も狙えますが、
その分、簡単に破産できます。

 

しかも、ポンド円の場合、
ドル円とポンドドルの合成通貨で、
両方の通貨の動きに影響されるので、
とにかく癖が強くてやりづらいです。

 

あとは、ポンドドルとドルカナダも
かなり癖がありますね。

検証とかトレードをするとわかるのですが、
動きが一方的なんですよね。

 

例えば、一度下がり出したら、
戻りも付けずにひたすら下げるんです。

それでトコトン下げた後に、
今度はもみ合いが続くので、
かなりやりづらいです。

下記のチャート画像みたいに。

 

これに加えて、これらの通貨では、
指標が大きく動くのですが、
指標後にV字や逆V字が起きる事が多いので、
これも癖の強さにつながっています。

 

例えば、下記チャート画像は、
ドルカナダの雇用統計なのですが、
V字の連続で、
動きが一方的過ぎますよね。

 

こんな感じで、
ポンド系とドルカナダは、
一方的な動きをするので、
かなり癖が強いです。

だから、この辺りの通貨は、
徹底的に検証をして癖を掴んでから
トレードをするのが良いと思います。

 

癖に影響されずトレードするには?

FXの場合、通貨別に癖があるのですが、
これに影響されずにトレードをしたいなら、
1時間足以上のデイトレが良いでしょう。

 

チャートの時間軸が1時間足以上になると、
5分足や15分足でのトレードに比べて、
ボラティリティの差が縮まるので、
その分、癖も小さくなっていきます。

 

だから、通貨による癖を受けたくないなら、
トレードの時間軸を長期にすると、
どの通貨であっても、
ある程度、安定したトレードができると思います。

 

実際に私自身も、
4時間足のデイトレードで
FXで結果を出すきっかけをつかんだのですが、
その時は

・ドル円
・ユーロドル
・ポンドドル
・ポンド円
・オージードル
・オージー円

といった6通貨でトレードをしていました。

 

それでも、通貨の癖は特に感じずに
普通にトレードができていたので、
通貨の癖を受けたくない場合は、
長期足のトレードがオススメです。

 

もし、私がやっていた
4時間足のデイトレードについて
更に詳しく知りたい場合は、
以下の記事も読んでみてください。
4時間足のデイトレがFXで勝てるきっかけになった!

 

時間帯によっても動きに癖がある

チャートの動きは
通貨によって癖がありますが、
これ以外に時間帯によっても、
癖が出てきます。

 

なぜなら、FXの市場では、

・オセアニア時間
・アジア時間
・欧州時間
・ニューヨーク時間

といったように、
時間帯が別れているからです。

 

例えば、

・アジア時間はトレンドが出にくい
・欧米時間はトレンドが出やすい

といったような動きをしやすいので、
これらの癖に合わせて
トレードをしていくと効果的です。

 

また、自分の手法に合わせて
トレードをする時間を決めるのもアリです。

実際に私もこれをやっています。

 

私の手法はトレンド中の押し目買いや
戻り売りがほとんどです。

よって、トレンドが出やすい、
欧米時間を中心にトレードをしています。

 

大体、欧州勢が出てくる
15時か16時ぐらいから
本格的にチャートを見るようにしています。

逆に、レンジになりやすいアジア時間は
私の手法だとあまりチャンスがないので
検証したり運動したりしています。

あとは用事なんかも
ほとんど午前中に済ませるようにしています。

 

もし、時間帯別のチャートの動きについて、
更に詳しく知りたい場合は、
以下の記事も読んでみてください。
FXには時間帯で動きに特徴が!その際のトレードの注意点とは?

 

自分のトレードする時間と合わせて通貨を選ぶのもグッド

FXでは通貨別に動きに癖があるのですが、
これを利用して、
自分のトレードする時間と合わせて
トレードをする通貨を選ぶのも効果的です。

 

例えば、
午前中に動きが出やすい通貨は、

・ドル円
・オージードル
・ニュージ―ドル

といった、
アジアやオセアニア関係の
通貨になります。

 

あとは、ドル円に動きが釣られやすい、
クロス円なんかも動きが出やすいです。

 

その為、午前中にしか
トレードの時間が取れないような場合は
これらの通貨を対象にして
トレードをしていくのがいいでしょう。

 

逆に、夜になると、

・ユーロドル
・ポンドドル
・ドル円

といったように、
ユーロ圏やアメリカ関係の通貨が
よく動きます。

 

ですから、
夜にトレード時間が取れる場合は
これらの通貨を中心にトレードをすると
効果的に、しかも大きく、
利益を取りやすくなります。

 

このように、
自分がトレードをする時間に合わせて
通貨を選ぶのもかなり効果的です。

やはりFXでは、
動きがよくてボラティリティがないと
稼ぐことはできないですからね。

 

私も先程お伝えしたように、
基本的には欧米時間を中心に
トレンド中の押し目買いや戻り売りの
トレードをしているので、

・ポンドドル
・ユーロドル

この辺りでのトレードが多いです。

 

オージードルや
ニュージ―ドル辺りは
午前中にトレンドが
出るような動きをすれば
エントリーをしていきます。

ただ、アジア時間は
そこまで大きく動かないので
私の手法には合致しにくくて
トレード回数は少ないですね。

 

まとめ

FXは通貨の種類が多いので、
その分、トレードチャンスも増えます。

 

ただし、短期のトレードをする場合、
通貨別に癖があるので、
その辺りも考慮してあげると、
トレードがより安定するでしょう。

 

しかし、FXで勝てていなかったり、
FX初心者の場合は、
チャートの波形がキレイに出やすい、

・ドル円
・ユーロドル

といった通貨で
トレードをするのが良いでしょう。

 

ボラティリティがあるからといって、
ポンドやカナダに手を出すと、
痛い目を見る事が多いので、
注意が必要になります。

 

もし、通貨の癖を受けたくないなら、
先程も伝えたように、
長期足のトレードにすると良いでしょう。

 

もちろん、
長期足でトレードするメリットは
これ以外にもあり、
FX初心者には特にオススメです。

この理由について知りたい場合は、
以下の記事も読んでみてください。
FX初心者がデイトレを勉強するなら長い時間軸からがオススメ!

 


P.S. メルマガを始めました

大衆心理を中心に、
FXで勝つ為のコツをお伝えしていきます。

「FX歴が長いけど勝てない」
という方には特におススメです。

FX初心者用のメルマガも用意しているので、
"何から勉強すればわからない"
という場合にもオススメです。

メルマガの詳細内容はコチラ


登録はもちろん無料で、
解除もワンクリックで出来ます。