FXでトレードをする上で、
短期のデイトレをする場合、
チャートを複数表示させると思います。

ただ、チャートを複数表示させるとはいえ、
モニターの大きさには限度があるので、
多くのチャートを表示させる事は難しいです。

 

そこで今回は、私が考える、
表示させるチャートの組み合わせについて
お伝えしていきます。

 

短期のデイトレードの場合

短期のデイトレードの場合、
チャートの組み合わせを
複数にして表示させたほうが
トレードがしやすいです。

なぜなら、長期足チャートで
全体の流れを見ながら
短期足チャートで
エントリータイミングを計れるからです。

 

では、チャートを複数表示させるなら、
どの組み合わせが良いのか?

といった事になるのですが、
これに関しては・・・

 

どの組み合わせでも良い

 

というのがぶっちゃけた意見です。

 

「それじゃあ元も子も無いじゃん!」

と思うかもしれませんが、
やはり、人によって、
見やすい時間軸があるので、
自分がトレードしやすい時間軸を
組み合わせていくのがベストでしょう。

 

ただし!

 

チャートを複数表示させるなら、
1時間足はどの組み合わせに対しても、
入れておいた方が良いと考えています。

なぜなら、1時間足というのは、
「全世界で同じチャートの形状になる」
なんて事が言われているからです。

 

これはどういう事かと言うと、
FXで使われるチャートソフトは、
基本的にMT4が万国共通です。

海外のFX業者を見ればわかるように、
チャートソフトは基本的にMT4が主流です。

 

しかし、実はMT4は、
FX業者によって開始時間が違います

つまり、朝6時に始まるFX業者と、
朝7時に始まるFX業者があります。

そうすると、この1時間のズレによって、
まず4時間足の
チャート形状が変わりますよね。

 

例えば、6時開始のMT4だと、
4時間足チャートが作られるのは、

・6~10時
・10~14時
・14~18時
・18~22時
・22~26時

となりますよね。

 

これが7時開始のMT4だと、
4時間足チャートが作られるのは、

・7~11時
・11~15時
・15~19時
・19~23時
・23~27時

となるので、
1時間ずれることになります。

 

そうなると、例えば、
10~11時の間に、
レートが大きく動くと、
6~10時と7~11時の
4時間足の形が大きく変わりますよね。

極端に表現すると、
以下のような感じです。

そして、これが積み重なっていくと、
明らかにチャートの形が変わって、
相場全体の判断に迷う事があります。

 

また、日足チャートの場合も、
FX業者によっては、

・4本を1週間と見る
・5本を1週間と見る

という場合に分かれるので、
これによってもチャートの見方が
少しずつズレてきます。

 

一方で、1時間足チャートの場合、
6時開始のFX業者であれ、
7時開始のFX業者であれ、
月曜朝一の1本が増えるだけで、
あとは同じローソク足の形状になるので、
チャートの見方にズレが出にくいです。

 

「チャートの見方にズレが出にくい」
という事は、全世界の相場参加者が、
同じようなチャートの見方をするので、

・トレンドの判断がしやすい
・サポレジラインで反応する確率が上がる

といった事が考えられますよね。

 

だから、
複数のチャートを組み合わせるにも、
1時間足は組み込んだ方がいいと
私は考えています。

実際に、1時間足チャートは、
「もっとも多く見られている時間軸」
なんて事も言われていたりします。

 

因みに私の場合、

・1分足
・5分足
・15分足
・1時間足

といった組み合わせで、
チャートを表示させています。

 

4時間足や日足に関しては、
朝一でチャートをチェックする際に
簡単に確認したり、
たまにどこかで
チラッと確認する程度なので、
特に組み合わせてはいません。

 

長期のデイトレードの場合

例えば、1時間足や4時間足など、
長期の時間軸でトレードをする場合は、

・1時間足
・4時間足
・日足

といった時間軸を組み合わせて、
複数表示させれば良いでしょう。

 

長期の時間軸でトレードをする場合は、
チャートの組み合わせ自体に
限りが出てくるので、
短期足のデイトレードのように、
細かく考える必要はないでしょう。

 

むしろ、1時間足以上なら、

“短期足と長期足を組み合わせて
トレードをする”

という必要がそこまでないので、
複数時間軸のチャートを
組み合わせなくても、
単一の時間軸だけでも大丈夫でしょう。

 

因みに、私もFXで勝ち始めた頃は、
4時間足のトレードが
メインだったのですが、
その時は、4時間足チャートを
多通貨で表示させていました。

 

4時間足をメインにすると、
1つの通貨だけでは
トレード回数が少ないので、
多通貨でトレードを
する必要があったからです。

だから、短期足との組み合わせではなく、
多通貨で同じ時間軸の
チャートを複数表示させていました。

 

まとめ

今回は、複数チャートを表示させる際の、
組み合わせについて、
私の考えをお伝えしてきました。

 

上記でお伝えしたチャート設定方法は、
あくまでも私の組み合わせ方法なので、
ご自身でチャートを組み合わせてみて、
見やすい形を作ってみてください。

それでも、全体の流れや、
効果的なサポレジを確認する為に、
1時間足チャートは
「組み合わせに入れた方がいいかな」
と個人的には思います。

 

因みに、チャートの配置や配色については、
コチラの記事
オススメの設定方法をお伝えしています。

 


P.S. メルマガを始めました

大衆心理を中心に、
FXで勝つ為のコツをお伝えしていきます。

「FX歴が長いけど勝てない」
という方には特におススメです。

FX初心者用のメルマガも用意しているので、
"何から勉強すればわからない"
という場合にもオススメです。

メルマガの詳細内容はコチラ


登録はもちろん無料で、
解除もワンクリックで出来ます。