FXをする上で、多くの人達が
専業トレーダーになる事を
考えると思います。

 

そんな専業トレーダーになる為には、
資金はどのくらい必要なのか?

といった事を考えたりしますよね。

 

そこで今回は、
専業トレーダーになる為に、
必要な資金について、
私の考えを書いていきます。

 

専業での資金はいくら必要?

専業トレーダーになる為には、
資金がいくら必要なのか?

この問いに対する答えは、

 

あればあるだけ良い

 

ということになります。

 

まぁ、そりゃそうですよね。

専業トレーダーの場合、
FXをメインにして
生活資金を稼ぐ必要があるので、
資金は多ければ多いほど良いです。

 

ただ、これでは身もふたも無いので、
もう少し細かく考えていきましょう。

 

月間で必要な獲得pips数は?

まず、専業トレーダーとして、
いくら資金が必要なのか?
という前に、

月間で何pips取る必要があるのか?

といった事の方が大切です。

 

なぜなら、いくら資金があっても、
FXで勝てる力が無ければ、
専業トレーダーなんて無理だからです。

 

そして、この獲得pips数に関しては、
私の個人的な考えだと、

 

月間で最低200pips
確実にいくなら月間400pips

 

といった感じです。

 

毎月安定して、
このくらいのpips数が取れれば、
専業トレーダーとして
やっていけると思います。

 

私自身や私の周りも、
大体このくらいですね。

ほとんどが月間で
400pipsは超えてると思います。

このぐらい毎月取れれば、
それなりに余裕が出てきます。

 

自分の生活費から資金を逆算してみる

専業トレーダーとしてやっていくには、
最低でも今の生活を維持できるぐらい
稼げないと無理です。

むしろ、
FXでのリスクや税金の事を考えると、
恐らく、今の収入の2倍以上はないと、
専業としては厳しいと思います。

 

例えば、今の生活費が、
月間で20万円必要な場合、
20万円の稼ぎでは無理です。

なぜなら、
この稼いだ20万に対して
税金が掛かるので、
国内のFX業者を使った場合、
20%の4万円が差し引かれます。

 

更にここから、

・国民年金
・国民健康保険
・住民税

といった税金が、
合計で月に3~5万ぐらい
持っていかれるので、
手取りとしては11~13万ぐらいになります。

 

これだと、生活費が20万の場合、
20万の稼ぎだけでは
毎月赤字になってしまいますよね。

 

だから、専業トレーダーになるなら、
今の生活費の2倍以上は稼げないと、
無理だと考えたほうがいいです。

 

この事を頭に入れた上で、
専業トレーダーに必要な資金を
逆算していきます。

 

例えば、生活費が20万必要な場合、
月間で40万の稼ぎが必要としましょう。

 

そして、月間で必要なpips数を、
専業としてやっていくのに
最低の200pipsと設定しましょう。

そうなると、月間200pipsで、
月間40万を稼ぐわけなので、
この金額を稼ぐのに必要なロット数は、
20枚(20万通貨)となりますよね。

 

今現在、国内FX業者のレバレッジは、
25倍なので、これを考えると、
20枚でトレードをするのに必要な資金は、
ドル円が110円だとすると、

(110 * 1万通貨÷25倍)*20枚=88万円

となります。

 

しかも、この88万円は、
20枚でトレードできる
ギリギリの資金なので、
最低でもこの倍の資金が
必要になるでしょう。

更にFXの場合、
損切りを必ずするので、
資金が増えたり減ったりします。

 

この資金の増減を考えると、
やはり最低資金の、
3~5倍はあった方がいいです。

ということは、
専業トレーダーとしてやっていくには、
資金は最低でも300~500万は必要でしょう。

 

資金=貯金額ではない

専業トレーダーとして
やっていく資金が、
最低300~500万だからといって、

「今の貯金がそれぐらいだから大丈夫そう」

なんていう考えをしてはいけません。

 

なぜなら、FXの場合、
資金全てを1発で吹き飛ばすことが、
十分ありえるからです。

その為、全貯金額を資金にして、
全てを吹き飛ばした場合、
生活する事ができなくなります。

 

だから、トレード資金以外にも、
最低でも1~2年は生活できるような
お金も必要になります。

 

このような事も考えると、
専業トレーダーとしてやっていくには、
物凄いお金が必要になることが
わかると思います。

むしろ、
専業じゃない方がいいんじゃないの!?

なんて思うかもしれませんが、
はっきり言ってその通りだと思います。

 

ある程度の資金がないと、
トレードだけで食っていくのは、
かなりキツイです。

私も、税金や生活費の事など
ほとんど考えずに、
専業という名の
ニートレーダーになったので、
しばらくは生活が
めちゃくちゃきつかったです。

 

毎日が常にギリギリの生活で、

・税金
・家賃
・食費
・光熱費

など最低限必要なお金を払ったら、
手元に残るお金なんて、
1~2万円程度でしたから。

 

しかも、その頃は、
トレードも不安定だったので、
月の収支もかなり上下してました。

だから、毎日が不安で仕方なかったし、
ストレスもハンパなくて、
月間で負け越した時なんて、
本気で”命を絶とう”と思ってましたから。

 

このような事を思い返すと、
サラリーマン時代の毎月入るお給料が
本当にありがたかったと思います。

その為、私の個人的な考えからすると、
FX以外の収入もあった方が、
精神的にも圧倒的に余裕が出るので、
専業トレーダーになることは、
あまりオススメしません。

 

私自身は、社会不適合者で、
集団で仕事をするのが面倒くさくて、
今の状態しか無理なので、
仕方なくって感じなんです(笑)

 

まとめ

今回は、専業トレーダーになるには、
資金はいくら必要なのか?
といったことについて、
私の考えをお伝えしてきました。

 

結論としては、

「資金が〇〇円必要」

というよりは、
今の生活費の2倍以上を
最低でも稼げるようになってから
専業になる事を考えた方がいいでしょう。

 

専業トレーダーになると、
お金もたくさんだし、
時間も自由だからサイコー!

なんて思うかもしれませんが、
現実は良い面よりも、
厳しい面の方が多いです。

 

常に破産のリスクと隣り合わせなので、
私個人としては、
兼業トレーダーがベストだと思います。

 

それよりも、まずは、
FXでしっかり勝てるようになりましょう!

FXで勝つ力を身に付けたい場合は、
以下の記事も読んでみて下さい。
FXで勝つ為に勉強する事はたった3つで十分!

 


P.S. メルマガを始めました

大衆心理を中心に、
FXで勝つ為のコツをお伝えしていきます。

「FX歴が長いけど勝てない」
という方には特におススメです。

FX初心者用のメルマガも用意しているので、
"何から勉強すればわからない"
という場合にもオススメです。

メルマガの詳細内容はコチラ


登録はもちろん無料で、
解除もワンクリックで出来ます。