FXGTは海外のFX業者ですが、
スプレッドは広いのでしょうか?
それとも狭いのでしょうか?

 

海外のFX業者の場合、
業者によってスプレッドがけっこう違うので、
その辺りも含めて調査してみました。

その結果を今回はお伝えしていきます。

 

FXGT自体のスプレッド

まずはFXGT自体のスプレッドを
紹介していきます。

FXGTの場合、
取引商品も多岐にわたるので
まずはFXGTがどのくらいかを知って
把握していきましょう。

 

また、FXGTでは、
6つの口座タイプがあって、
各口座でもスプレッドが違うので
それも紹介していきます。

因みに、紹介する通貨は
よくトレードするであろう通貨の
スプレッドを紹介していきます。

 

為替のスプレッド

セントミニスタンダードFXスタンダード+プロECN
ユーロドル1.9~1.7~1.4~1.4~0.7~0.0~
ポンドドル2.6~2.2~1.6~1.6~0.9~0.2~
オージードル2.4~2.1~1.5~1.5~0.8~0.4~
ドルカナダ2.5~2.3~2.1~2.1~1.4~0.6~
ニュージ―ドル2.6~2.5~2.1~2.1~1.4~0.4~
ドル円2.0~1.8~1.5~1.5~0.8~0.1~
ポンド円3.6~3.6~2.9~2.9~1.4~1.1~
ユーロ円2.4~2.2~2.1~2.1~2.2~0.5~
オージー円3.3~3.0~2.8~2.8~2.1~1.0~
カナダ円3.6~3.3~2.8~2.8~2.1~1.0~
ニュージ―円4.8~3.0~2.8~2.8~2.1~1.0~
ポンドオージー5.8~3.9~3.3~3.3~2.6~1.7~
ユーロポンド2.1~2.2~2.1~2.1~1.4~0.3~

 

為替の場合、口座タイプによって、
上記のようにスプレッドが違います。

特にプロ口座やECN口座は
スプレッドの狭さが凄まじいですね。

 

ただ、ECN口座の場合、
手数料が発生して、
約0.6pips分上乗せされます。

まぁ、それでも他の口座よりも
スプレッドが低いですが・・・

 

仮想通貨のスプレッド

ミニスタンダード+プロECN
BTCUSD15ドル15ドル13.5ドル10ドル
BTCJPY2,000円1,350円1,000円
ETHUSD1.5ドル1.2ドル1.08ドル1.0ドル
ETHJPY130円117円100円
XRPUSD0.15ドル0.125ドル0.225ドル0.35ドル
XRPJPY12円13.5円35円
LTCUSD0.35ドル0.13ドル0.165ドル0.05ドル
LTCJPY15円20円5円

 

仮想通貨の口座タイプは
全部で4つですね。

セントとFX専用口座での
取り扱いがありません。

やっぱりスプレッドは
プロとECN口座が低いですね。

 

もし、FXGTでの仮想通貨について、
詳しく知りたい場合は、
以下の記事を参考にしてみてください。
FXGTで仮想通貨のトレードはやりやすい?調べた結果

 

メタルのスプレッド

ミニスタンダードFXスタンダード+プロECN
ゴールド3.0~2.5~2.5~2.5~2.4~
シルバー3.0~2.5~2.5~2.5~2.6~

 

メタル系のスプレッドは
FX専用口座からは
ほとんど変わらないですね。

このぐらいの差であれば、
ゴールドをメインにトレードする場合は
手数料が取られる
ECN口座は使う必要がないですね。

関連記事:ゴールドのスプレッドならFXGTが一番!他社と比較してみた

 

エネルギー

ミニスタンダードFXスタンダード+プロECN
USオイル12121266
UKオイル10101066
天然ガス403434356

 

エネルギーになると、
プロ以降のスプレッドが低いですね。

特にECN口座が手数料を考えても顕著です。

もし、エネルギーをメインに
トレードをするなら
ECN口座がいいかもしれませんね。

 

株価指数

ミニスタンダードFXスタンダード+プロECN
US302.8ドル3.0ドル3.0ドル3.0ドル0.0ドル
US1002.5ドル3.0ドル3.0ドル3.0ドル0.0ドル
US5000.65ドル0.75ドル0.75ドル0.75ドル0.0ドル
JP22512円12円12円12円6円
UK1001.2ドル3.2ドル3.2ドル3.2ドル0.0ドル
GER402.5ドル3.0ドル3.0ドル3.0ドル0.0ドル

 

株価指数に関しては
ECN口座が抜けてますね。

そしてなぜかミニ口座が
次に低いっていう謎現象が起きてます(笑)

 

株式

スタンダードFXスタンダード+プロECN
アップル0.21ドル0.21ドル0.21ドル0.21ドル
Amazon0.89ドル0.89ドル0.89ドル0.89ドル
アリババ0.58ドル0.58ドル0.58ドル0.58ドル
バンクオブアメリカ0.15ドル0.15ドル0.15ドル0.15ドル

 

株式に関しては
どの口座タイプも同じですね。

でも、この手数料って
日本の証券会社で
米国株式をやるよりも安い手数料です。

 

米国株をやるなら、
実はFXGTがベストなのかも・・・
なんて思っちゃいますね。

因みに、株式に関しては、
海外のFX業者では
トレードできるところがあまりなく、
FXGTは珍しい部類に入りますね。

 

以上が、FXGTの口座タイプによる、
スプレッドの比較になります。

 

トータルしてみると、
やっぱりECN口座が一番ですね。

手数料が掛かるのですが、
それでも他の口座タイプより、
スプレッドが低いですね。

 

ただ、上記のスプレッドは
あくまでも最小スプレッドなので

・月曜朝一
・指標時
・相場の急変時

など、時と場合によっては
あまり変わらないこともあります。

 

他の海外FX業者とスプレッドを比較してみた

では次に、他の海外FX業者と
スプレッドを比較した結果を
お伝えしていきます。

因みに、比較した口座タイプは
一番多くの人が使う、
スタンダード口座+になります。

 

為替のスプレッド比較

FXGTXMGemforexFBSIron FX
ユーロドル1.4~1.5~1.5~1.8~1.8~
ポンドドル1.6~2.2~1.8~1.9~2.0~
オージードル1.5~2.0~1.8~1.5~2.0~
ドルカナダ2.1~2.3~2.2~2.8~2.5~
ニュージ―ドル2.1~2.7~3.0~1.8~2.0~
ドル円1.5~1.5~1.5~1.6~1.8~
ポンド円2.9~3.3~2.8~3.2~3.4~
ユーロ円2.1~2.2~2.1~2.2~2.3~
オージー円2.8~3.4~2.6~1.8~2.4~
カナダ円2.8~3.3~3.3~2.3~2.4~
ニュージ―円2.8~3.3~2.8~3.0~2.4~
ポンドオージー3.3~3.8~3.8~2.8~3.8~
ユーロポンド2.1~1.9~2.2~2.0~2.3~

 

主要な海外FX業者と比べてみましたが、
正直、そこまで変わらないですかね。

FXGTが一番狭いのが
最も多いですが、
それでもそんなに
大きくは変わらないですね。

 

とはいっても、
1pip違うだけでも
けっこう変わったりするので
FXGTの為替のスプレッドは
上位に食い込みますね。

 

仮想通貨のスプレッド比較

FXGTBybitBinance
BTCUSD15ドル55ドル33ドル
BTCJPY2,000円非対応
ETHUSD1.2ドル3.7ドル2.9ドル
ETHJPY130円非対応非対応
XRPUSD0.125ドル0.125ドル0.09ドル
XRPJPY12円非対応非対応
LTCUSD0.13ドル0.2ドル0.14ドル
LTCJPY15円非対応非対応

 

仮想通貨に関しては、
FXGTが抜けていますね。

しかもFXGTの場合、
円建ての仮想通貨も
取り扱いがあるので
尚更使い勝手が良いですね。

 

因みに、FXGTは上記以外にも
多くの仮想通貨に対応しているので
その点も含めて、
仮想通貨のトレードをしたいなら
FXGTが一番良いでしょう。

 

メタルのスプレッド比較

FXGTXMGemforexFBSIron FX
ゴールド2.53.33.83.83.6
シルバー2.53.33.83.83.6

 

メタルのスプレッドに関しては
FXGTが一番ですね。

特にここ最近は
ゴールドでのトレードを
メインにする人が多いです。

 

しかも、ゴールドは
どの業者もスプレッドが広いので
FXGTのこのスプレッドは最高です。

 

エネルギーのスプレッド比較

FXGTXMGemforexFBSIron FX
USオイル12412144
UKオイル10412144
天然ガス4030

 

エネルギーに関しては
FXGTはスプレッドが広めですね。

もし、エネルギーをトレードするなら
FXGT以外のところが良さそうですね。

 

株価指数のスプレッド比較

FXGTXMGemforexFBSIron FX
US303.0ドル3.5ドル5.5ドル2.0ドル
US1003.0ドル2.0ドル1.8ドル1.4ドル
US5000.75ドル0.5ドル1.5ドル0.9ドル
JP22512円6円14円5円
UK1003.2ドル1ドル1.2ドル1.4ドル
GER403.0ドル1ドル1.5ドル

 

株価指数に関しても、
FXGTはちょっと微妙ですね。

可もなく不可もないって感じです。

 

株価指数をメインにトレードする場合は、
別の業者の方がいいかもしれませんね。

 

FXGTを使った方が良い場合とは?

上記では、
FXGTと他の海外FX業者の
スプレッドを比較してみました。

 

上記の結果を見てみると、
FXGTを使った方が良い場合は、

・為替
・仮想通貨
・エネルギー(ゴールドとシルバー)

これら3つのスプレッドが
他の海外FX業者よりも狭いので、
これらをメインにトレードをする際は
FXGTが一番低コストになるでしょう。

 

また、FXGTでは
海外のFX業者には珍しく、
米国株式もトレードができます。

その為、米国株も
トレードをしたい場合は
FXGTを使うのが一番でしょう。

 

逆に、エネルギーや株価指数を
メインにトレードする場合は、
XM辺りが一番良いと思います。

もし、XMの使い勝手について、
詳しく知りたい場合は、
以下の記事を参考にしてみてください。
海外のFX口座ならXMがおすすめ!詳しく評価しすぎた結果とは?

 

まとめ

今回は、FXGTのスプレッドについて
色々と解説をしてきました。

 

口座タイプのスプレッドや
他の海外FX業者との比較結果を見てみると、
FXGTは、

・為替
・仮想通貨
・メタル
・米国株式

これらをトレードする場合には、
かなり使いやすいFX業者となります。

 

その為、もしこれらの商品を
メインにトレードする場合は、
FXGTを使うのがオススメです。

そんなFXGTの口座開設は
以下からできます。
FXGTの口座を開設する

 

もし、FXGTのその他の使い勝手を
更に詳しく知りたい場合は、
以下の記事も読んでみてください。
FXGTの使い勝手はどう?詳しく調べてみた結果

 

 


P.S. メルマガを始めました

大衆心理を中心に、
FXで勝つ為のコツをお伝えしていきます。

「FX歴が長いけど勝てない」
という方には特におススメです。

FX初心者用のメルマガも用意しているので、
"何から勉強すればわからない"
という場合にもオススメです。

メルマガの詳細内容はコチラ


登録はもちろん無料で、
解除もワンクリックで出来ます。