海外FX業者を使うと、

・ハイレバレッジ
・ボーナス
・ゼロカット

といった特典がありますが、
スプレッドってどうなのでしょうか?

 

国内のFX業者だと、
ドル円が0.3pipsなど、
スプレッドがとにかく狭いですよね。

そこで今回は、
海外のFX業者における、
スプレッドについてお伝えしていきます。

 

海外FXはスプレッドは広め

海外のFX業者の場合、
日本国内のFX業者に比べると
スプレッドは広めです。

 

スプレッドが一番狭いドル円や
ユーロドルであっても、
1.2~1.7pipsぐらいのスプレッドです。

 

例えば、海外のFX業者で
日本人に一番人気のXMだと、

・ドル円:1.7
・ユーロドル:1.6
・ユーロ円:2.6
・ポンドドル:2.5
・ポンド円:3.8
・オージードル:2.1
・オージー円:3.0
・ニュージードル:3.4
・ニュージー円:5.1
・ドルカナ:2.2
・カナダ円:3.6
・ドルスイ:2.5

といった感じです。

 

だから、スキャルピングなど、
短期売買をする場合は、
海外のFX業者は向かないでしょう。

逆にデイトレード以上であれば、
特にスプレッドの影響はないので、
海外のFX業者を使うなら、
デイトレで使うのが一番です

 

この事について
詳しく知りたい場合は
以下の記事も読んでみてください。
海外FXを使う時の効果的な手法は?検証するならどんな手法?

 

スプレッドがゼロになる口座タイプが存在する!?

海外のFX業者では、
日本国内のFX業者に比べると、
スプレッドは広めです。

 

ただ、海外のFX業者でも、
スプレッドがゼロになる口座があります。

 

例えば、XMにも、Zero口座という
最小スプレッドがゼロになる口座があります。

 

この口座を使うと、
特に欧米時間などの
流動性が高い市場では
スプレッドがゼロになることが多いです。

 

流動性が低いアジア市場であっても、
0.1pipsとかのスプレッドが普通です。

こんな感じで↓↓

 

・ドル円:0.1
・ユーロドル:0.1
・ユーロ円:0.7
・ポンドドル:0.8
・ポンド円:1.3
・オージードル:0.3
・オージー円:0.6
・ニュージードル:0.9
・ニュージー円:1.4
・ドルカナ:0.8
・カナダ円:1.0
・ドルスイ:0.5

といった感じですかね。

 

ポンド円やニュージー円に関しては、
スプレッドが1を超えますが、
それでも十分狭いですよね。

 

しかし、
このような口座タイプの場合、
取引手数料が必ず掛かります。

大体片道0.5pipsぐらいなので、
往復で約1pips分は取られます。

 

そうなると、スプレッドゼロに
+1pip分のスプレッドが加わるので、
実際は、

・ドル円:1.1
・ユーロドル:1.1
・ユーロ円:1.7
・ポンドドル:1.8
・ポンド円:2.3
・オージードル:1.3
・オージー円:1.6
・ニュージードル:1.9
・ニュージー円:2.4
・ドルカナ:1.8
・カナダ円:2.0
・ドルスイ:1.5

といった感じになります。

 

それでも、スプレッドはまだ狭いので、
短期売買もできなくはないですよね。

それに、海外FXの場合、
ハイレバレッジや入金ボーナスもあるので、
スプレッドが多少広くても
それを補って有り余るほどのメリットがあります

 

因みに、このような口座タイプは、
海外のFX業者では
呼び名は違えど大体存在します。

 

海外FXは使う価値あり?

FXではスプレッドがけっこう重要視されるので、
“スプレッドが広い海外のFX業者は使いにくい”
なんて言われることがあります。

 

確かに、スキャルピングなどの
超短期売買をする場合は、
スプレッドが重要になるので不向きでしょう。

ただ、デイトレードであれば、
スプレッドは重要ではないので、
ほとんど影響はないでしょう。

 

もし、デイトレードのやり方について
詳しく知りたい場合は、
以下の記事を参考にしてみてください。
FXのデイトレードで戦略の立て方はどうやる?実例を紹介!

 

スプレッドは広めでも特典が多い

海外FX業者を使うと、
スプレッドが広めなのですが、

・ハイレバレッジ
・追証なし
・ボーナス

といったメリットがあります。

 

ハイレバレッジ

通常、ハイレバレッジと聞くと、
“危険”というイメージがあると思います。

でもこれは、
ハイレバレッジが危険なのではなく、
過剰にレバレッジを使う人が危険なのです。

 

これはSNSなどでよく見ますが、
少額の資金からハイレバレッジを使って、
大きく増やしている人がいますよね。

 

こういうのにつられて真似をして、
大損する人が後を絶たないから、

“ハイレバレッジ=危険”

なんて言われるのです。

 

ちゃんとリスク管理をして、
無理のないレバレッジで
トレードをしていれば、
資金効率が凄く良くなり、
大きなメリットとなります。

レバレッジとは本来、
このような使い方をするのです。

関連記事:海外FXのレバレッジが意味する本当のメリットとは?

 

追証なし

海外FXの場合、
追証がありません。

つまり、
もし暴落に巻き込まれて、
自己資金以上に損を出した場合、
マイナス分を払う必要がありません。

 

これはゼロカットという制度で、
海外のFX業者には必ず備わっています。

もし、これが国内のFX業者だと
ゼロカットはついていないので、
マイナス分は借金となります。

 

このことからも、
スプレッドが少し広めでも、
海外FXを使うメリットがあります。

関連記事:海外FXのゼロカットは最強!国内FXと比較したら安全さが判明!

 

ボーナスがある

海外のFX業者では、

・口座開設ボーナス
・入金ボーナス

といったボーナスが存在します。

 

これらを使う事で、

・資金ゼロからトレードができる
・トレードの証拠金が倍になる

といったメリットがあります。

 

このようなボーナスを見ても、
スプレッドの広さを補って
あり余るくらいのメリットがあります。

もし、ボーナスについて、
より詳しく知りたい場合は、
以下の記事を参考にしてみてください。
海外FXが初めてなら口座開設ボーナスを必ず使おう!

海外FXで100%入金ボーナスがある5つのFX業者とは?

 

海外FX業者のスプレッドを調べてみた

スプレッドが広い海外FX業者ですが、
実際のどのくらいのスプレッドなのか
知りたい部分があると思います。

 

そこで簡単にですが、

・XM
・Gemforex
・Land FX
・FBS
・Titan FX
・FXGT

海外FX業者で有名な
これら6つの業者のスプレッドを
調べてみたところ、
以下のようになっていました。

タイタンFXLand FXFBSXMGemforexFXGT
ドル円1.50.92.01.61.51.5
ユーロドル1.00.90.91.61.51.4
ポンドドル1.51.61.41.92.21.6
オージードル1.21.51.61.61.91.5
ユーロ円1.21.51.52.12.12.1
ポンド円2.21.72.73.22.22.9
オージー円1.61.51.63.23.22.8

 

上記の表を見ると、
大体同じような感じですが、
Land FXが一番狭いですね。

その為、
もしスプレッドの狭い業者を使いたいなら
Land FXがいいかもしれませんん。

 

ただ、海外FX業者の場合、
スプレッド以外にも
約定力やボーナスなどもあるので
これらも総合して考えるのが一番ですが。

 

もし、スプレッドについて
更に詳しく知りたい場合は
以下の記事も読んでみてください。
海外FX業者のスプレッドを比較!ベストな業者はどこ?

 

まとめ

今回は、海外FX業者の
スプレッドについて
ざっくり説明して見ました。

 

海外のFX業者の場合、
国内のFX業者に比べて
スプレッドが広くなります。

 

ですが、スプレッド以外に

・ボーナス
・ハイレバレッジ
・追証なし

といったメリットもあるので
トータル的に考えて
使うかどうかを決めるのがいいでしょう。

 

私が実際に使ってみて、
使いやすかった海外FX業者を
知りたい場合は、
以下の記事で紹介しています。
オススメの海外FX業者!ハイレバレッジで使いやすい業者6選!

 


P.S. メルマガを始めました

大衆心理を中心に、
FXで勝つ為のコツをお伝えしていきます。

「FX歴が長いけど勝てない」
という方には特におススメです。

FX初心者用のメルマガも用意しているので、
"何から勉強すればわからない"
という場合にもオススメです。

メルマガの詳細内容はコチラ


登録はもちろん無料で、
解除もワンクリックで出来ます。