海外FXを使う醍醐味に、
ハイレバレッジがありますよね。

国内FX業者だと、
2019年現在はレバレッジ25倍ですが、
将来的には10倍になるでしょう。

 

こうなってしまうと、
スプレッドが狭いとはいえ、
国内FX業者だと拘束資金が増える上に
資金効率が悪くなり、
レバレッジの醍醐味が失われます。

その為、海外FXのハイレバレッジが
益々活躍しそうですよね。

 

でも、海外FXのハイレバレッジで
フルレバを使った場合、
どのくらいの資金で
最大ロット数はどれくらいなのでしょうか?

 

以前はコチラの記事で、
複利運用した際の結果を
お伝えしましたが、
今回はフルレバについて
調べてみました。

 

主要な海外FX業者の最大レバレッジは?

まず、主要な海外FX業者の
最大レバレッジを調べてみると
以下のようになっていました。

・FBS:3,000倍
・Gemforex:1,000倍
・XM:1,000倍
・Land-FX:500倍
・タイタンFX:500倍

 

これらの海外FX業者で
フルレバを使った際の
最大ロット数を見てみたいと思います。

 

各FX業者での必要証拠金は?

上記の主要な海外FX業者で
フルレバを使うには、
まず、1万通貨での必要証拠金を
計算する必要があります。

 

この計算式としては、

為替レート x ロット数 ÷ レバレッジ

となります。

 

その為、ここでは、
ドル円が110円の時の必要証拠金について、
各FX業者で計算してみると、

・FBS:367円
・Gemforex:1,100円
・XM:1,100円
・Land-FX:2,200円
・タイタンFX:2,200円

となりました。

 

因みに、国内FX業者のレバレッジだと、
必要証拠金は44,000円になります。

こうやって見比べてみると、
海外FXのハイレバレッジは
必要証拠金が少なく済むので、
リスクヘッジになるのがわかりますよね。

 

関連記事

海外FXの必要証拠金はいくらで済む?国内FXと比較してみた

海外FXのハイレバレッジから証拠金を計算する方法とは?

 

各FX業者でフルレバを使った際の最大ロット数は?

各FX業者での
必要証拠金がわかったところで、
早速、フルレバ時の
最大ロット数を見ていきましょう。

ここでも、ドル円が110円と仮定して
最大ロット数を計算していくと、
以下のようになりました。

 

資金1万円の場合

フルレバ時のロット数
FBS27万通貨
Gemforex9万通貨
XM9万通貨
Land-FX4万通貨
タイタンFX4万通貨

 

資金3万円の場合

フルレバ時のロット数
FBS54万通貨
Gemforex27万通貨
XM27万通貨
Land-FX12万通貨
タイタンFX12万通貨

*FBSは資金が2万円を超えると、
レバレッジが2,000倍になるので、
そのレバレッジで計算しています。

 

資金5万円の場合

フルレバ時のロット数
FBS90万通貨
Gemforex45万通貨
XM45万通貨
Land-FX20万通貨
タイタンFX20万通貨

*FBSは資金が2万円を超えると、
レバレッジが2,000倍になるので、
そのレバレッジで計算しています。

 

資金10万円の場合

フルレバ時のロット数
FBS180万通貨
Gemforex90万通貨
XM90万通貨
Land-FX40万通貨
タイタンFX40万通貨

*FBSは資金が2万円を超えると、
レバレッジが2,000倍になるので、
そのレバレッジで計算しています。

 

といった感じになります。

ちゃんと計算してみると、
海外FXのハイレバレッジは
やっぱり凄いですね。

FBSの資金10万で
フルレバ時に180万通貨って
異常ですよね(笑)

 

ただし!

 

これはフルレバ時なので、
上記のロット数でエントリーすると、
‐5~10pipsぐらい逆行された
すぐにロスカットになるので、
現実的ではないです。

損切りを‐10pipsぐらいに考えると、
フルレバを使う場合は
以下のような感じになると思います。

 

資金1万円の場合

フルレバ時のロット数
FBS8万通貨
Gemforex7万通貨
XM7万通貨
Land-FX3万通貨
タイタンFX3万通貨

 

資金3万円の場合

フルレバ時のロット数
FBS25万通貨
Gemforex20万通貨
XM20万通貨
Land-FX10万通貨
タイタンFX10万通貨

 

資金5万円の場合

フルレバ時のロット数
FBS45万通貨
Gemforex35万通貨
XM35万通貨
Land-FX18万通貨
タイタンFX18万通貨

 

資金10万円の場合

フルレバ時のロット数
FBS90万通貨
Gemforex70万通貨
XM70万通貨
Land-FX36万通貨
タイタンFX36万通貨

 

といった感じになるでしょう。

これでも大き過ぎるくらいですね。

 

一応、計算上は、
このような感じになりますが、
それでも基本的には
フルレバでのトレードは
ギャンブルになるので、
あくまでも目安です。

実際はこの10~20分の1ぐらいが
ちょうどいいと思います。

 

そうはいっても、
国内FXと比べると、
圧倒的に少ない資金で
トレードができるので、
かなりのリスクヘッジになりますね。

関連記事:海外FXのレバレッジが意味する本当のメリットとは?

 

入金ボーナスを使うと更にお得

上記では、
海外FXをフルレバで使った際の
最大ロット数を計算してみました。

これらのロット数を見ると、
5万円程度の資金でも
十分トレードができますよね。

 

ただ、海外FXには、
入金ボーナスがある場合があります。

これはFX業者に入金をすると、
その金額に応じて、
クレジットが貰えて、
リアルトレードに使えます。

 

その為、例えば”100%ボーナス”
となっていた場合、
5万円を入金すると、
更に5万円分のクレジットが貰えるので、
合計で10万の資金になります。

 

だから、この入金ボーナスを使えば、
更に初期投資額が少なく済みます。

 

因みに、この入金ボーナスは
上記の海外FX業者だと、

・Gemforex:100%(不定期)
・XM:5万まで100%(以降最大45万円分)
・Land-FX:10~100%(口座タイプによる)
・FBS:100%入金ボーナス(レバレッジ制限有)
・タイタンFX:なし

となっているので、
個人的にはXMかLand-FXが
一番いいと思います。

Gemforexの入金ボーナスに当たったら、
それが一番良いですね。

 

もし、これらの入金ボーナスについて
詳しく知りたい場合は、
以下の記事を参考にしてみてください。
海外FXで100%入金ボーナスがある5つのFX業者とは?

 

フルレバでの指標トレードはNG

今回のように、フルレバを使った際の
最大ロット数を紹介すると、

「指標トレードに使おうかな・・・」

なんてたくらむ人がいます。

 

ですが、指標発表前にフルレバで
エントリーをして
一発逆転を狙っても無理です。

 

なぜなら、このようなトレードは
FX業者側で禁止されているからです。

その主な理由として、
海外FX業者特有の
追証なしが関係してきます。

 

海外FX業者の場合、
強制ロスカットによって、
もし残高がマイナスになったら
そのマイナス分を補填してくれるので、
借金を背負わずに済みます。

 

その為、指標でフルレバを使って
強制ロスカットされたとしても、
損失は自分の資金分だけになります。

関連記事:海外FXのゼロカットは最強!国内FXと比較したら安全さが判明!

 

このことを利用して、
フルレバで指標トレードをすれば、
損失は限定されるけど、
利益は大きく取れるわけです。

 

ただし、FX業者側からすると、
マイナス分を補填することは
業者側の損失になります。

つまり、
フルレバで指標トレードをされると、
業者側の損失が膨らんでいき、
経営を圧迫することになります。

だから、海外FX業者では
指標だけを狙ったトレードが
禁止されています。

 

もし、この規則を破ったら、

・追証分の支払い要求が来る
・利益が取り消される
・出金拒否される
・口座凍結される

といったことが起きるので、
フルレバで指標だけを狙うのは
やるだけ無駄になります。

関連記事:FXでの指標は避けよう!危険な指標やトレード内容を教えます

 

フルレバでのスキャルピングはどうなの?

海外FXの場合、レバレッジが高いので、
大きなロット数でトレードができますが、
フルレバでのスキャルピングは
どうなのでしょうか?

 

私個人の意見からすると、
フルレバではやらない方が良いです。

 

なぜなら、海外FXの場合、
スプレッドが少し広いので、
エントリーした時点で、
1~3pipsぐらいの含み損を抱えます。

その為、たった3~5pips逆行されたら
強制ロスカットになる可能性が高いです。

 

しかも、海外FX業者の場合、
サーバーに負荷が掛かることから
スキャルピングを
制限していることがけっこうあります。

だから、過度にやると、
利益を取り消されたり、
出金拒否をされたりします。

 

因みに、
今回出てきた海外FX業者では、
スキャルピングの制限は、
以下のようになっています。

・Gemforex:やり過ぎNG
・XM:制限なし
・Land-FX:やり過ぎNG
・タイタンFX:制限なし
・FBS:制限なし

 

一応、すべての業者で
スキャルピングはOKですが、
中にはやり過ぎると
ダメなところもあります。

 

また、スキャルピングをする際、
スプレッドが重要ですが、
スプレッドの狭いランキングとしては、

1位:Land-FX
2位:タイタンFX
3位:FBS
4位:Gemforex
5位:XM

となっています。

 

だから、スキャルピングをやるなら、
個人的にはFBSか
タイタンFXが良いと思います。

GemforexやLand-FXでも、
スキャルピングはOKなので、
秒スキャなど過度にやらなければ、
一番いいと思います。

 

海外FX業者のスプレッドについて、
詳しく知りたい場合はこちら。
海外FX業者のスプレッドを比較!ベストな業者はどこ?

 

ただ、スキャルをやるにしても、
フルレバではなく、
もう少し抑えたレバレッジで
やった方がいいです。

 

個人的にはFXで勝てていないなら、
スキャルをやっても
あっという間に資金を失うだけなので、
デイトレが一番オススメですが。

関連記事:FXでデイトレをするなら15分足の手法が一番やりやすい!

 

まとめ

今回は、海外FXを使って、
フルレバエントリーをする場合、
どのくらいのロット数でいけるのかを
お伝えしてきました。

改めて計算してみると、
やはり海外FXのハイレバレッジは
物凄いことがわかりましたね。

 

ただ、フルレバでトレードしたところで、
少し逆行されれば、
すぐにロスカットになるので、
あくまでも参考程度に考えてください。

 

もし、海外のFX業者に興味がある場合は、
以下でオススメの業者を紹介しているので、
よければ参考にしてみてください。
オススメの海外FX業者!ハイレバレッジで使いやすい業者6選!

 


P.S. メルマガを始めました

大衆心理を中心に、
FXで勝つ為のコツをお伝えしていきます。

「FX歴が長いけど勝てない」
という方には特におススメです。

FX初心者用のメルマガも用意しているので、
"何から勉強すればわからない"
という場合にもオススメです。

メルマガの詳細内容はコチラ


登録はもちろん無料で、
解除もワンクリックで出来ます。