Dealing FXは最速で
専業トレーダーになる為のマニュアルです。

なぜなら、このマニュアルには、
FXで勝てるようになる為の秘訣が、
ギッシリ詰まっているからです。

 

というか、

勝てるようになる事しか書いていない

といった方が正しいでしょう。

 

そんなDealing FXの全てを、
今回ここで私が、
全てを暴露して評価していきます。

だから、この記事を最後まで読む事で、
なぜ、この教材が
最速で勝てるようになるのか?
ということがわかるでしょう。

 

正直、この記事はめちゃくちゃ長いです。

まぁ、マニュアルの内容全てを
暴露しているので、
長くなるのは当然なんですけど・・・

 

そこで、一応、以下に目次を作ったので、
興味のある項目を押せば、
そこへ飛べるようになっています。

ただ、全てを最初からしっかり読んだ方が、
この教材の特徴を全て把握できます。

 

俺もDealing FXについて本気で評価しました。

だから、面倒くさがらずに、
最初から最後まで
しっかり読んで欲しいと思います。

 

それでは、早速解説していきます。

まず、この教材の目次は
以下のようになっています。

 

基本編
・トレード準備
・テクニカル指標の説明
・ボラティリティについて
・ダウ理論・グランビルの法則
・トレンドについて
・トレンド判断
・サポート・レジスタンス
・PinBar
・ライン

 

ルール編
・トレードスタイル
・順張りトレード
・逆張りトレード

 

知識編
・FXの市場について
・取引時間
・損切りについて
・利食いについて
・資金管理・ポジションサイジング
・ファンダメンタルズ
・経済指標発表時のリスクと対応
・窓・ギャップ
・取引通貨ペア
・時間足ついて
・トレード管理
・検証
・トレードの大罪
・エントリーについて
・オシレーターがいらない理由

 

実践編
・ラインのケースバイケース
・トレード・ケースバイケース
・スイングトレード
・スイングトレード・ケースバイケース
・トレードの応用について
・トレードの教訓

 

では、これらの項目を
全て解説していくので、
ちゃんと読んでくださいね。

 

基本編

トレード準備

ここでは、トレードをするにあたって、
必要なことを準備していきます。

 

使用する取引業者

Dealing FXでは、
一応オススメのFX業者を教えてくれますが、
「絶対これが必要!」といったものはなく、
最大許容範囲内のスプレッドであれば、
どこでも良いと言っています。

だから、基本的には、
自分の使いやすい業者を使えばいいでしょう。

もし、どのFX業者を使おうか迷っている
というのであれば、
このマニュアルに書いてある、
オススメ業者を使えばOKです。

 

MT4の導入

ここではFXをする上で、
必須のチャートソフトである、
Meta Trader4(MT4)の、
インストール方法を教えてくれます。

こんな所まで教えなくてもいいのに・・・
と思うぐらい丁寧に解説してあります。

 

これはFX初心者にとっては、
評価できる点でしょう。

この説明があれば、
MT4を使った事のない人や、
完全なFX初心者でも何の問題もなく、
MT4をインストールできるでしょう。

 

チャートのセットアップ

MT4のインストールが完了したら、
Dealing FXで使うテクニカルを
導入していきます。

 

ここでも、そこまでするの?
というぐらい、テクニカルの導入方法が、
物凄い詳しく書かれています。

「本当にFX初心者の事を考えてるな」

そう感心してしまうぐらい丁寧です。

 

Dealing FXでは、
使用するテクニカルはたった2種類で、
必要最低限のものしか使いません。

その為、非常にチャートが見やすく、
相場の本質を捉えながら
トレードが可能になるでしょう。

私個人としても、
この2種類のテクニカルさえあれば、
十分に勝てるようになると評価しています。

 

テクニカル指標の説明

ここではDealing FXで使用する、
2種類のテクニカルについて、
なぜ、そのテクニカルを使うのか?
という事をちゃんと説明してくれます。

 

Dealing FXでのトレードでは、
2種類のテクニカルを使って、
エントリーしていくので、
ここでそのテクニカルを使う理由を、
しっかり把握する事ができます。

 

因みに、私自身は、
今はテクニカルは使わないですが、
この教材の説明を読んだときに、

「なるほどね~こんな使い方もあるんだ」

と思ったぐらい、評価できる内容でした。

 

ボラティリティについて

ボラティリティはFXにおいて重要な要素で、
これを正しく判断しないと、
利益が伸びない時にエントリーして、
無駄なエントリーを繰り返すことになります。

 

Dealing FXでは、このボラティリティから、

今現在がトレンド相場なのか?
それともレンジ相場なのか?

という判断の仕方を教えてくれます。

 

ダウ理論

ダウ理論と言えば、FXをする上で、
基本中の基本といえる程、超重要項目です。

ダウ理論の基本原則としては、
以下の6つがあるのを知っていますか?

 

1.平均は全ての事象を織り込む
2.トレンドには3種類ある
3.主要トレンドは3段階からなる
4.平均は相互に確認されなければいけない
5.トレンドは出来高でも確認されるべき
6.トレンドは明確な転換シグナルが出るまで継続する

 

この6つがダウ理論の基礎となっていて、
この中でも特に重要なのは何なのか?

ということをDealing FXでは教えてくれます。

 

トレンドについて

「トレンドはフレンド」
と言われるくらい、
FXでトレンドは重要です。

 

いくら良いポイントでエントリーしても、
トレンドに逆らったエントリーだと、
利益が伸びない事が多いからです。

その為、利益を大きく取るには、
トレンドに沿った
トレードをする事が必須です。

 

Dealing FXでも、
「全ての手法はトレンドありき」
と覚えるように提唱しています。

この教材では図を使って、
上昇・下落トレンド、
レンジ相場を解説してくれるので、
非常にわかりやすい内容となっています。

 

更に、Dealing FXでは、
トレンドのサイクルについても
解説していて、
特にエリオット波動の重要性を説いています。

ただ、エリオットは全部覚える必要はなく、
重要な場所だけ覚えればよく、
その部分はどこなのか?
ということを教えてくれるので、
効果的な部分だけを学ぶことができます。

 

 

トレンド判断

私がDealing FXで最も勉強になったのが、
このトレンド判断の仕方です。

 

Dealing FXでは、
1時間足、4時間足、日足を使って、
大きな流れを判断していくのですが、
これはとあるテクニカルを使って、
今現在のトレンドを判断していきます。

このトレンド判断方法であれば、
30秒もあれば、現在のトレンドがわかり、
どんなFX初心者であっても、
エントリーする方向を
間違えることはないでしょう。

 

 

更にレンジ相場を判断する基準というのも、
はっきりしているので、この方法を使えば、
エントリーすべきでない状況も
すぐにわかる。

 

そのぐらい、この方法は、
簡単かつ効果的に、
トレンドを判断することができます。

私個人としては、
このトレンド判断方法を知る為だけに、
この教材を手に入れても良いと思うぐらい、
高く評価すべき点だと考えています。

 

サポートレジスタンス

この項目では、
私がこのブログで常々言っている、
大衆心理について解説されています。

 

サポート付近では、買った人、売った人、
様子見している人はどんな心理なのか?

なぜサポート付近では
買いが入りやすいのか?

なぜレジスタンス付近では
売りが入りやすいのか?

買い意欲と売り意欲が
逆転する場所はどこなのか?

 

このような事を詳しく解説してくれるので、
これもDealing FXの
最も評価できる特徴の1つと言えます。

 

 

Pin Bar

Pin Bar(ピンバー)とは、
ヒゲが長いローソク足のことで、
海外のトレーダーが
良い評価をしている事が多いです。

このローソク足の形は、
相場の反転を判断する際に、
とても重要になってきます。

 

ただし、Pin Barと言っても、
色々な種類があり、
どこからどこまでをPin Barと見るのか?
という問題点が出てきます。

 

このPin Barを見誤ると、

「相場の反転ではなく、
単なるダマシだった」

なんてことも
十分起こりえますからね。

 

その為、Dealing FXでは、

「相場が反転する可能性が高いPin Bar」

というのを教えてくれます。

 

 

これを知ることで、
反転のサインがわかるようになり、
勝率の高いトレードが可能になるでしょう。

 

ラインの引き方

FXで欠くことのできないライン。
これがしっかり引けるようにならないと、
安定した勝ちというのは難しいでしょう。

逆に、意識されるラインを
しっかり引けるようになれば、
反転する可能性の高い位置で
エントリーが可能になるので、
一気に勝ちトレーダーへの道が開けます。

 

Dealing FXでは、
水平線、トレンドラインの引き方を
教えてくれるのですが、
少し特殊な引き方をする

 

特に水平線に関しては、

・ノーマルSRライン
・レンジSRライン
・トレンドSRライン

という3種類の引き方があり、
それぞれに対して、
ちゃんと根拠がある引き方をしていて、
非常に有効な水平線となっています。

 

 

更にトレンドラインも2種類あり、
この2つを使い分ける事で、
トレンドの強弱がわかるようになります。

 

 

初めてこのラインの引き方を見た時は、

「何でこんな引き方をするんだ?」

と思ったのですが、
よくよく考えてみると、

「なるほどね~」

と評価できるような、
引き方であることがわかりました。

 

その為、Dealing FXで教わる、
ラインの引き方をマスターすれば、
反転しやすいポイントがわかるようになり、
それに伴って、
トレードの精度も上がるでしょう。

 

ルール編

トレードスタイル

Dealing FXのトレードスタイルは、
大きく分けて2つ。
順張り逆張りになります。

 

順張りは、押し目買い、
戻り売りを狙った順張りトレード

逆張りは、
抵抗線からの反発を狙った逆張りトレード

 

この2種類になります。

このトレードスタイルを聞くと、
「なんだ、普通じゃん」
と思うかもしれないが、
王道的なトレード手法だからこそ、
優位性が高いわけです。

 

しかも、Dealing FXの場合、
王道的なトレード手法といっても、
そこにテクニカルを絡めていくことで、
トレードの精度を、
非常に高めたエントリー手法になっています。

また、どちらのトレードも、
先ほど説明したトレンド判断方法を使った、
トレンドに沿ったエントリー手法なので、
どちらも厳密に言えば、
トレンドフォローになります。

 

順張りトレード

Dealing FXの順張りトレードは
主に15分足で、
水平線、MA、ボリンジャーバンドを使って、
トレンドに沿ったエントリーをしていきます。

 

この順張りトレードは、
特殊なトレンド判断に基づいて、

「MAにタッチしたらすぐにエントリー」

などという適当なエントリーではなく、
MAとローソク足の動きを上手く融合させて、
とある反転のサインを見せたら
エントリーしていきます。

 

その為、エントリー精度が高く、
逆行しにくいポイントで、
エントリーが可能になり、
そこが高評価すべき点です。

 

 

損切りは最大損失を設定しながら、
トレールのような形で、
損切り幅を小さくしていきます。

その為、常に完全固定の損切り幅ではなく、
順行していけば、
どんどん損切り幅が小さくなっていくので、
この損切り方法によって、
損失を最小限に食い止める事ができます。

 

利食いも非常にシンプルで、
とある場所に来たら決済をしていきます。

その為、この利食い方法によって、

「欲張って利益を取りこぼす」

ということがなくなり、
確実に利益を残すことができるでしょう。

 

 

逆張りトレード

逆張りトレードに関しても、
ルールは非常にシンプルです。

Dealing FX特有の効果的なラインを引いて、
そこからの反発を狙っていきます。

これも15分足を使って、
エントリーするのですが、
1時間足、4時間足、日足で、
大きな流れを確認して、
その流れに沿ったエントリーをしていきます。

 

その為、厳密に言えば、
トレンドフォローになります。

更に、このエントリールールも
非常にシンプルで、
チャートにラインを引いた後は、
たった2つの事を確認して
エントリーするだけなので、
迷うことなく勝率の高いトレードが可能です。

 

 

損切りも順張りトレード同様に、
最大損失を設定して、
とあるポイントを超えてきたら損切りします。

 

 

利食いに関しても、
ポイントが完全に決まっているので、
何の迷いもなく、
利食いが出来るようになっています。

その為、逆張りの場合は、
順張りよりも更にシンプルで、
優位性の高いトレード手法になっています。

更にDealing FXでは、
トレードを見送る場合に関しても、
しっかり説明してあるので、
これによって、無駄なエントリーを減らし、
勝率が高い手法となっているので、
ここも評価できる点ですね。

 

このトレード手法は、
エントリーと決済が非常にシンプルなので、
誰が使っても同じエントリーになり、
何の迷いもなく、
逆張りトレードができるようになるでしょう。

そんな優位性の高い
トレード手法を学べるマニュアルは、
以下から手に入れる事ができます。
Dealing FX ~プライスアクショントレードマニュアル~

 

今なら私からの、
総額12万相当の特典も付けているます。

その内容はこの記事の最下部で
確認することができます。

 

知識編

 

FXの市場について

ここではFXを行う上で、
知っておかなければいけない、
リスク、メリット、
デメリットについて評価してあります。

 

FXの主なリスクとして、

・相場変動リスク
・流動性リスク
・システムリスク
・信用リスク

これらのリスクがあります。

 

Dealing FXでは、
これらのリスクについて説明してあり、
FXを取り組むにあたって、
これらのリスクが、

どのようにトレードへ影響するのか?

という事が詳しく解説されています。

 

FXでは信じられない金額を稼げる分、
レバレッジを含め、
これらのリスクと常に隣り合わせです。

だから、ここで解説されているリスクを
理解することは非常に大切なのです。

 

これ以外にも、Dealing FXでは、
FX市場のデメリットと、
メリットについても解説してあり、
これを読むことで、

「FXにはどのような危険性があり、
どのような利点があるのか?」

という事を
しっかり認識することができます。

 

取引時間

FXは基本的に24時間トレードが可能ですが、
実は24時間の中にも、

・アジア時間、
・ロンドン時間
・ニューヨーク時間

といったように、
それぞれ各国の市場が開く時間がある。

しかもこの時間帯によって、
値動きが変わってくるので、
それに合ったトレードが必要になります。

 

Dealing FXでは、
この時間帯別の値動きについて、
詳しく説明してあり、

どの時間帯で、
どのトレード手法を使えば、
利益を出しやすいのか?

という事が詳しく説明してあるので、
自分のトレードできる時間に合った、
トレード手法を学ぶことができます。

 

 

また、これによって、
時間帯別に使うトレード手法や、
取れる利益幅などが把握できるようになり、
適材適所で、
効率の良いトレードが可能になるでしょう。

 

損切りについて

FXで退場していくほとんどは、
損切りが出来ないことによるものです。

損切りができないと、
はっきり言って安定的な勝ちは無理です。

 

Dealing FXでも、
「損切りできないトレーダーは死あるのみ」
と表現しているくらいです。

そこで、この項目では、
損切りができない人を、
2つのパターンに分けて、
各パターンで、
損切りできない理由と、
その対処法を教えてくれます

 

その為、この項目を読むことで、
損切りの必要性が理解でき、

「損失を最小限に抑える事が、
どれだけ大事か?」

ということを理解できるでしょう。

 

この項目は特に評価すべき項目なので、
しっかりと読んで、
頭に叩き込むべき内容となっています。

 

利食いについて

利食いはFXにおいて
永遠のテーマですよね。

なぜなら、
利食いの方法は十人十色で、
正解がないからです。

 

自分の中でどんなに

「上手く利食いできた!」

と思っても、
その後更に伸びることもよくあります。

 

Dealing FXでは、いかに上手く利食えるか?
というのではなく、

「大切なのは利益と損失のバランス」

と言っています。

 

そして、この利益と
損失のバランスについて、
プロスペクト理論を交えながら
説明してくれています。

その為、この項目を読むことで、
本当の利食いの仕方を理解できるでしょう。

 

 

資金管理、ポジションサイジング

トレードの三大要素のひとつとして、
資金管理があります。

資金管理は相場で生き残るには、
絶対に必要なスキルです。

 

極端な話、エントリー手法が三流でも、
資金管理をしっかり行えば、
それだけでも勝てるようになります。

そのぐらい資金管理をマスターすると、
資金の増加率が上がっていくのです

 

Dealing FXでは、ボラティリティによって、
損切り幅や利食い幅を変えながら、
それに合わせた資金管理をしていきます。

 

これをしていくことで、
リスクを大きく取ることなく、
安定した資金の増加を
目指すことができるでしょう。

 

ファンダメンタルズ

ファンダメンタルズと言えば、
各国の経済状況を現す、
基礎的な要因な事です。

Dealing FXでは、
このファンダメンタルズは、
デイトレードの場合、
どのように見ていけばいいのか?
ということを解説してくれます。

 

経済指標発表時のリスクと対応

FXでは経済指標というのは非常に重要です。

なぜなら、この指標1つで、
大きく動くことがしょっちゅうで、
指標発表時にトレードするのは、
いくつかの問題があるからです。

Dealing FXでは、
指標発表時のトレードの問題点を挙げて、
それに対してどう対応すべきか?
というのを解説しています。

 

窓・ギャップ

為替市場は土日が閉まっています。

ただし、土日の間に要人発言や、
○○ショックなど、
何かニュースが出ると、
月曜朝一に大きく窓が開きます。

 

この開いた窓は、埋める傾向があり、
トレードをする上では、
ボーナス相場的な位置づけになります。

ただし、埋まらない窓もあるので、
Dealing FXでは、
その辺りのことを踏まえながら、
窓が開くとどうなりやすいのか?
ということを解説しています。

これは後述に出てくる、
窓トレード手法で詳しく説明していきます。

 

取引通貨ペア

FXには多くの取引通貨ペアがあり、
それぞれの通貨ペアは、
微妙に違う動きをしてきます。

その為、取引通貨ペアにも相性があり、
勝ちやすい通貨、
負けやすい通貨というのが出やすいです。

基本的に、Dealing FXでは、
どの通貨をトレードしてもOKですが、
その中でも、
特にオススメな通貨を教えてくれます。

 

また、各メジャー通貨の
値動きの特徴も解説してくれるので、
その解説を見て、
自分にあったトレード通貨を
見つけることもできるでしょう。

更に、トレード通貨を増やすメリット、
デメリットも教えてくれ、
監視通貨は何通貨にするのが良いのか?
といったことも学ぶことができます。

 

時間足について

ここでは各時間足でのトレードについて、

「どの時間足が一番難しく、
どの時間足が一番簡単なのか?」

ということを説明しています。

 

因みに、Dealing FXでは、
15分足のデイトレードスタイルなので、

15分足のトレードは、
どのぐらいやりやすいのか?

といったことも学ぶことができます。

その為、この項目を読むことによって、
自分の生活スタイルに合った、
時間軸でのトレードが可能になるでしょう。

 

トレード管理

この項目では製作者の塚田さんが、
「本書で1,2を争うほど重要」
と位置づけるぐらい、
大事な項目になっています。

トレード管理とは、トレード記録のことで、
この記録を取らないと、
安定した勝ちにつなげる事は不可能です。

 

なぜなら、トレード記録には、
自分のエントリーの癖や、
負けパターン、勝ちパターンなど、
多くの勝つ為の秘訣が詰まっているからです。

損切りトレードであれ、
利食いトレードであれ、
これらを全て見返すことで、
自分だけのオリジナルの手法が見つかります。

しかもこれらを見つけることで、
自分のトレードはどうなのか?
という事を客観的に評価できます。

 

Dealing FXでも、
トレードの記録方法を詳しく解説していて、
この記録方法に沿って記録を取っていけば、
自然に自分の負けパターンや、
勝ちパターンがわかるでしょう。

また、記録を簡単に取るためのコツや
ツールも教えてくれるので、

“トレード記録を簡単に作れるけど、
絶対に必要な項目は外さない”

といった最高のトレード記録を
作ることができ、
この項目も評価すべき点です。

 

 

検証

FXで安定して勝てるようになるには、
絶対に検証は必要です。

自分でトレードルールを作ると、
すぐに実践をしたくなるのですが、
実際にそれをやって、
ルール通りにエントリーできる人は
ほぼ皆無と言っていいでしょう。

Dealing FXでも書いてあるのですが、
検証の意味は、

自分が作った手法に習熟する事と、
自信を付けることにある。

トレードにおいて、一瞬の迷いが、
命取りになる事は良くある。

そんな迷いを引き起こさないためにも、
検証はFXで勝てるようになる為に必須。

 

このような事を意味しています。

 

Dealing FXでは、
この検証の大切さを詳しく解説しながら、
実際の検証の仕方も教えてくれるので、
この方法に従って検証していけば、
効率的に自分だけの
勝ちパターンを作る事ができるはずです。

 

 

トレードの大罪

Dealing FXでは、

「絶対にしてはいけない最も愚かな行為」

についても解説しています。

 

この項目は5つあり、これらの行為をやると、

「絶対にFXで勝てるようにならない」

と評価されることになるので、
特に注意して読むべき項目となっています。

 

 

私がこれを読んだときにも、
その意見に完全に同意できるほど、
「ここに書いてある行為をしてはいけない」
と感じました。

その為、この項目をしっかり読むことで、
何をやったら絶対に勝てなくなるのか?
ということがわかり、迷うことなく、
トレードに取り組めるようになるでしょう。

 

エントリーについて

Dealing FXでは、
トレード手法を教えてくれるので、
エントリーポイント自体は、
間違える事はないでしょう。

 

ただ、エントリー時というのは、

・迷ってエントリーが遅れる
・検証不足で間違ったエントリーしてしまう

などのミスが多発しやすい状況になります。

 

その為、この項目では、
エントリー時におきやすいミスについて、
解説してあります。

 

 

この項目を読むことで、
エントリー時にミスが発生しやすい!
という意識が刷り込まれて、
慎重にトレードできるようになるでしょう。

 

オシレーターがいらない理由

Dealing FXではRSIやMACDなどの、
オシレーターは一切使用しません。

MAは使いますが、
MAはオシレーターではないです。

 

オシレーターがあると、
エントリーに迷いが出るし、
何よりも、これに頼っていると、
エントリーが遅れることになります。

実際に私自身も、
オシレーターは一切使いません。

オシレーターを入れると、
チャートが見づらくなり、
迷いも生じやすいので、
トレードの本質を見失う可能性が
高くなるからです。

 

そもそもチャートは、
人間の心理が作り上げているので、
ローソク足だけを見ていれば、
次にどっちに動きやすいかを
判断することは十分可能です。

 

Dealing FXでは、
オシレーターがいらない理由を、
詳しく解説してくれるので、
この項目を読めば、無駄なものを使わずに、
シンプルで優位性の高いトレードが、
できるようになるでしょう。

そんな優位性の高い
トレードができるようになる、
マニュアルは以下から手に入ります。
Dealing FX ~プライスアクショントレードマニュアル~

今なら私からの
12万円相当の特典も付けているので、
その内容は記事の最下部で確認してください。

 

実践編

ラインのケースバイケース

この項目では、
Dealing FXで習ったラインの引き方を、
実際のチャートを見ながら学んでいきます。

 

Dealing FXには、

・ノーマルSRライン
・レンジSRライン
・トレンドSRライン
・トレンドライン

といった4種類のラインがあり、
それぞれが通常とは
少し違ったラインの引き方で、
より効果の高いラインとなっています。

 

そして、この項目では、
実際のチャートにこれらのラインを引いて、
ラインを引く訓練をしていきます。

 

このケースバイケースは10パターンあり、
全てのパターンが
図解で説明されている
ので、

この4つのラインを
どのように引けばいいのか?

という事を細かく理解できます。

 

また、これらのラインは、
1つのチャート画像に対して、
1種類のラインを引くのではなく、
複数種類のラインを引いて
解説されているので、
より実践的な引き方を学ぶことができます。

 

その為、この項目で、
ラインの引き方をマスターすれば、
実際のトレードの精度も
グンッと上がるでしょう。

 

トレードのケースバイケース

この項目ではDealing FXの
マニュアルで説明されている、
順張り、逆張り手法の、
実際のエントリーケースを、
なんと35個も紹介しています。

 

これは実際のチャート画像を出して、
順張り、逆張り時に使う、
テクニカルやラインを表示させて、
その中でエントリーポイントを説明していきます。

 

しかも、

・利食いしたケース
・損切りしたケース
・ノートレードのケース

といった内容が紹介されていて、
各トレードケースは細かく解説されています。

 

 

 

 

その為、これを基準にしていけば、
実践に入った時でも迷うことなく、
エントリーから決済まで行えるでしょう。

更に、
この35個のケースバイケースを使って、
繰り返し勉強していくことで、
正しいエントリーポイントが
脳裏に焼き付き、実践する際に、
「間違った場所でエントリーしてしまう」
なんて事も防げるようになるでしょう。

 

因みにケースバイケースの割合は以下です。

・順張り:17ケース
・ノートレード:5ケース
・逆張り:13ケース

順張り、逆張りケース共に10を超えていて、
ノートレードのケースも5つあるので、
これだけあれば、
ほぼ全てのパターンを
網羅したと言ってもいいほど、
評価できるケースバイケースです。

 

この項目を何度も見返しながら
検証をしていけば、
最速で勝てる力が身に付くでしょう。

更にこの項目では、
“トレードルール以外の要点”
という20個の項目を教えてくれる。

 

 

これはトレードをする上で、
“心がけるべき20か条”
と言ってもいいです。

“Dealing FXのトレード手法が優れている”
とはいえ、連敗する時もあれば、
含み益だったのが
損切りトレードになることも普通にあります。

 

だから、それらが起きた場合に、

どうやってメンタルを
コントロールをしていくか?

など、この20か条には、
トレードをする上で、
非常に大切な事が書いてあります。

 

個人的には、
安定して勝てるようになるまでは、
この20か条をパソコンのモニターに貼って、
常に自分のメンタルを客観的に評価しながら、
コントロールするのが良いでしょう。

 

スイングトレード

Dealing FXでは、
忙しくて相場を見れない奴のために、
スイングトレードの手法も教えてくれます。

スイングトレードの場合、
保有時間が長くなり、
損切りの幅も大きくなってしまいますが、
トレード自体は、
デイトレードに比べると簡単なので、
エントリー手法としては非常にシンプルです。

 

また、Dealing FXのスイングトレードには、
2つのエントリー方法があります。

 

それは・・・

Inside Barトレード
Pin Barトレード

の2つです。

 

Inside Barトレードとは、
はらみ足を使ったトレード手法で、
Pin Barトレードはピンバーという、
ローソク足の形を使ったトレード手法です。

 

この2つの手法は、
相場の転換点を狙う逆張り手法と、
トレンドに沿った順張り手法になります。

これらのエントリー手法はとても単純で、
FX初心者でも、
何の問題もなくすぐにできる手法です。

 

だから、忙しくて相場を
見る時間がなくても、
はらみ足とピンバーが出た時点で、
とあるポイントに、
OCO注文を出しておくだけで済みます。

 

 

更に、Dealing FXの
スイングトレードでは、
決済の仕方にも特徴があります。

通常、スイングトレードの場合、
保有時間が長くなり、
損切り幅も大きくなるので、
保有中のストレスが大きくなります。

 

しかし、この手法では、
そのストレスを抑えて、
リスクを最大限に小さくした
決済方法となっています。

もちろん利食い幅は損切り幅に対して、
最低でも2倍以上の幅を設定するので、
ルール通りにエントリーをしていれば、
“トータルでマイナスになる”
ということはないでしょう。

 

このようにDealing FXでは、
デイトレードだけでなく、
スイングトレードの手法も
教えてくれるので、
自分の生活スタイルに合った
トレードが可能になります。

 

スイングトレードケースバイケース

この項目では、スイングトレードの、
エントリーケースを
実際のチャートを使って、
図解で詳しく説明してくれます。

しかも、トレードを見送るケースや、
ポジションの保有期間など、
かなり詳細な部分まで解説してあるので、
実際にトレードを
しているような感覚を味わえます。

 

 

このケースバイケースを使って、
勉強と検証していけば、迷うことなく、
スイングトレードが出来るでしょう。

 

トレードの応用について

Dealing FXでは、
15分足のデイトレードが基本ですが、
利食い幅など、
自分に合わない部分が出てきたら、
“好きにカスタマイズして大丈夫”
と言っています。

 

ただし、
エントリーポイントまで変更してしまうと、
Dealing FXの手法の優位性が
崩れてしまうので、
最初の内は、
この手法に従った方がいいでしょう。

というか、
この手法自体が勝てる手法なので、
エントリーポイントは変えない方が良いです。

応用を加えるのは、
あくまでも勝てるようになってからの事で、
勝てていない内は、本書の手法に従うべきです。

 

また、Dealing FXでは、
スキャルピングは推奨していないですが、
もし、やる場合に知っておくべき注意点も、
詳しく解説してあります。

ただし、スキャルピングは、
最も難しいスタイルなので、
“勝ててない内はやるべきではない”
というスタンスを取っています。

 

トレードの教訓

ここでは、Dealing FXの作者である、
塚田さんが大切にしている、
トレードの教訓を教えてくれます。

その教訓は25個あり、
どれもFXで勝てるようになる為には、
必須の教訓になっています。

 

この教訓の箇所を印刷して、
モニターに貼っておけば、
トレード時に注意すべき点が目に入るので、
無駄なエントリーや損切りの躊躇など、
色んなミスを防ぐのに役立つでしょう。

 

Dealing FXのトレードマニュアルは、
以上で全てとなります。

これらの事全てを、
183ページのPDFで学ぶ事ができます。

 

このマニュアルを何度も読み返して、
検証と訓練を行っていけば、
かなりの高確率で
勝てるようになるでしょう。

むしろ、
ここに書いてある事を徹底して行えば、
負けることの方が難しいぐらいなので、
安心してこのマニュアルに
従っていけばいいでしょう。

 

そんなFXで勝てるようになるマニュアルは、
以下のサイトから手に入れる事ができます。

Dealing FX ~プライスアクショントレードマニュアル~

今なら私からの
12万円相当の特典も付けているので、
その内容は記事の最下部で確認してください。

 

このマニュアル以外にも更に2つの手法が学べる!

Dealing FXのメインの手法は、
トレンドに沿った順張りと逆張りですが、
実は更に2つの手法を
特典として教えてくれます。

 

それが、以下の2つになります。

・トレンドを狙った初動トレード
・窓埋めトレード

これらの手法は、
元々教えるつもりはなかったそうです。

というのも、Dealing FXでは、
トレンドに沿った手法がメインなので、
これらの手法は、
本来の意向とは違ってくるからです。

 

しかし、

「少しでも早く稼げるようになって欲しい」

という塚田さんの熱い気持ちから、
今回の2つの手法を、
特別特典として教えてくれます。

 

トレンドを狙った初動トレード

この手法はブレイク狙った手法になります。
本来ブレイクはダマシが多く、
勝率が極端に低いトレード手法です。

しかし、Dealing FXでは、
7つのMAを使うことで、
ダマシを極限まで抑えて、
勝率の高いブレイク手法となっています。

 

最初に「MAを7個使う」と知った時は、

「こんな手法が
ブレイクで使えるはずがない」

と思ったのですが、よく読んでいくと、
物凄い利にかなった
ブレイク手法だとわかりました。

 

7個のMAは適当に選んだわけではなく、
ちゃんとした根拠があるので、
これらを使うことで、
エントリーの精度を格段に上げていたのです。

 

 

しかも決済には、
特殊なPIVOTを使うことで、
高確率で反転する場所で
利食いが可能になり、
利益を極限まで
伸ばせるようになっています。

 

更にこのブレイク手法には、
収益性を極限まで高める為に、
この手法を使う時間も限定されています。

これもブレイクの勝率を
上げるポイントとなっています。

 

だから、この手法を、
通常の順張り、逆張りトレード手法と
合わせて使う事で、
更にトレードの収益機会を
増やすことができるでしょう

 

窓埋めトレード

窓は上記も説明したとおり、
土日に大きなニュースなどがあった時に、
月曜朝一に価格が開いて寄り付く事で、
この手法は、その窓埋めを狙った手法です。

 

窓は「埋めない窓はない」
と言われるくらい、
埋める動きをする確率が高いので、
窓が開いた時にはボーナスチャンスです。

ただし、窓が開いたからといって、
適当にエントリーするのではなく、
窓埋めがより起きやすい状態を狙って、
エントリーする方法を教えてくれます。

 

しかも、エントリー方法も
非常にシンプルで、
簡単かつ高確率なので、
勝つことの出来る手法になっています。

 

これら2つの手法を会わせると、
トレード手法が4つに増えて、
トレンド相場、レンジ相場、窓開け相場と、
どんな相場状況でも、
利益を取ることができるようになるでしょう。

 

Dealing FXでは動画講義も満載!

Dealing FXでは、
183ページのマニュアルに加えて、
200本以上の動画講義があります。

そして、多くの動画講義では、
マニュアルで習った事を、
更に詳しく動画で解説しています。

 

文字を読む事に加えて、
耳を使って勉強すると、
更に記憶に定着しやすくなります。

その為、PDFで一通り確認した後に、
動画講義で再度復習することで、
更に素早く、このトレード手法を、
使いこなせるようになるでしょう。

 

リアルトレード動画がヤバイ!

Dealing FXでは、
専用のサポートサイトがあるのですが、
そこでは塚田さんの、
リアルトレードを見ることができます。

 

この動画では、

今現在の相場状況
どうなったらエントリーしたいか?
どうなったらエントリーを見送るのか?

といった事を解説しながら、
適切な相場状況を判断していき、
“チャンスがきたらエントリーする”
という場面を見ることができます。

 

しかも、そのリアルトレード動画では、
利食いの場面だけでなく、
損切りの場面も見れるので、
この動画を見ることで、
正しい利食いの仕方、正しい損切りの仕方
というのをはっきりと理解できるでしょう。

 

そして、
この動画を何度も見返していくことで、
トレードを迷いなく実行することができ、
最速で勝てるトレーダーへと
変貌することが可能になります。

はっきり言って、この動画は、
超高評価をするほど貴重な動画なので、
是非、この動画は見ていただきたいです。

 

サポートも個別コンサル並みに充実!

Dealing FXは売ったら「はい、おしまい」
というのではく、
サポートもしっかりしています。

 

例えば、トレードで迷った時や、
マニュアルでわからないことがあれば、
製作者の塚田さんに無期限、無制限で、
質問することができるのです。

もちろん、回答は塚田さんから直接きます。

こんなサポートは通常のFX商材では、
まずないサポートですよね。

 

勝ちトレーダーに、
無期限、無制限で質問できるなんて、
これは、ほぼ個別コンサル
と言ってもいいぐらい、
信じられないサポートです。

だから、
このサポートも上手く活用していけば、
それこそたった3ヶ月で、
勝つ力を身に付ける事だって可能でしょう。

 

価格は一体いくらなのか?

やっぱり最後は
価格が気になりますよね。

 

Dealing FXは、

・183ページの大ボリュームのPDF
・200本以上の動画講義
・無期限、無制限で質問できる権利

このような、
最速で勝てるようになるコンテンツが、
しっかり揃っています。

 

こんなに充実した
コンテンツが揃っていたら、
高額なFX塾や、
個別コンサルにひけをとらないか、
それ以上の質であることは間違いないでしょう。

 

その為、Dealing FXの価格は30万になります。

 

と言いたいところですが、
製作者の塚田さんは、
自分の利益を優先するのではなく、
「勝てるトレーダーを増やしたい」
という気持ちから、
手を出しやすい価格に設定しています。

その価格は39,800円。

正直、これでも安すぎると思える価格です。

 

なぜなら、この教材で真剣に学び、
徹底的に検証と訓練を行えば、
半年で勝てるようになるからです。

仮に、半年で勝てるようになるとすれば、
39,800円÷180日=221円となり、
1日辺りたったの221円のコストです。

 

こんなにも評価できるFX商材が、
1日たったの221円程度なんて、
はっきり言って信じられません。

1日たった221円を投資するだけで、
あなたは半年後、1年後には1日辺り、
数万稼いでいるかもしれないんですよ?

 

それを考えれば、
恐ろしく安い値段と言えますよね。

だから、今ここで、
Dealing FXを手に入れることは、
無限のお金を生み出す、
キャッシュマシーンを手に入れた事になります

 

 

ここでちょっと想像してみてください。

 

 

1日たった221円の投資をケチって、
これからもずっと、
相場に資金を吸い取られ続けるのか?

 

 

それとも、
1日たった221円の投資をすることで、
半年後、1年後には、
相場から好きなだけお金を拾い続けるのか?

 

あなたはこの2つの道だったら、
どっちが良いですか?

 

そもそもあなたは
何故FXを始めたのですか?

 

嫌いな上司にヘコヘコしたり、
毎朝の通勤が嫌だからじゃないのですか?

 

圧倒的なお金が欲しいからじゃないのですか?

 

誰にも縛られない
自由な生活をしたいからじゃないのですか?

 

もう一度、今ここで、
自分がFXを始めた理由を思い出してください。

そして、決断してください。

 

いい加減、
あなたの大切な資金を
奪われるのは止めにしませんか?

さっさと稼げるようになりませんか?

 

Dealing FXなら、
その可能性を大きくしてくれます。

あなたの夢を叶えるためにも、
今ここで決断して行動を起こしましょう。

 

そうすればきっと、明るい未来が、
むこうから近づいてくるはずです。

大丈夫です。
あなたなら勝てるようになるでしょう。

この教材で検証と訓練を繰り返せば、
少なくとも私のように、
1,000万もの金を失う事は
避けられるはずですから。

 

だから、この教材を手に入れて、
さっさと稼げるようになりましょう^^

Dealing FX ~プライスアクショントレードマニュアル~

今なら私からの
12万相当の特典も付けているので、
その内容は以下を確認してください。

 

 

オリジナル特典のご紹介

当サイトから「購入リンク」を通じて
購入していただいた方に限りまして、
総額12万円相当の トレードに役立つ
レポートを特典として
2つお付け致します。

 

特典1
これを極めれば勝てる!
FX大衆心理入門

(100,000円相当)

このレポートでは、
大衆心理を読む為のコツが凝縮されていて、
これを使ってトレードの勉強をしていけば、
トレードの精度が劇的に向上するでしょう。

 

私が今使っている手法には、
このレポートの内容が
組み込まれているので、
勝率も高く、
損小利大のトレードが出来ています。

 

実はこのレポートは現在も販売中で、
本当は特典として付けたくないのですが、
Dealing FXの場合は価格が少し高いので、
それを回収してもらう意味でも、
特典として付ける事を決意しました。

これをDealing FXと合わせて使えば、
より精度の高いエントリーが
出来るようになるでしょう。

 

因みに、このレポートは10万相当ですが、
今なら超特別価格で販売中です。

このレポートに興味がある場合はコチラ

 

特典2
勝率80%_窓トレード手法
(20,000円相当)

このレポートは、1年間で700万円稼ぎ出し、
FX雑誌Big Tomorrowにも取り上げられた
レポートになります。

 

これは月曜日朝一に開く、
「窓埋め」を狙ったスキャルピング手法で、
朝一の30分程度でトレードが終了する為、
忙しいサラリーマンの方などに
オススメの手法です。

Dealing FXでも、
窓埋めトレードを解説しているので、
この手法と合わせて使えば、
窓埋めトレードの効果がより高まるでしょう。

 

当サイトのリンクから購入画面に進むと、
下記画像の青枠のように
特典が表示されるので、
必ず確認してください

 

この表示がない状態で購入されても、
特典は付かないのでお気をつけ下さい。

 

最近、”リンクを踏んだけど特典が付かない”
といった問題が発生しています。

これは”クッキー”
というブラウザの仕組みから、
どのリンクを踏んだかを記憶しています。

色んな場所でDealing FXをチェックして
リンクを踏んでいると、
前に踏んだリンクの記憶が残り、
特典が受け取れなくなります。

 

このようなことが原因で、
特典が受け取れなくなった場合、
インフォトップのシステム上、
こちらではどうする事もできず、
責任を負いかねますので、
ご注意願います

その為、確実に特典を受け取りたい場合は、
キャッシュのクリアをしてからすぐに、
このサイトのリンクを踏んで
購入する事をオススメします。

キャッシュのクリア方法はコチラ

 

尚、特典には万全を期していますが、
もし、2つともダウンロードできない
などの不備があれば、
以下のお問い合わせフォームから
お知らせください。

お問い合わせはコチラ

 


P.S. メルマガを始めました

大衆心理を中心に、
FXで勝つ為のコツをお伝えしていきます。

「FX歴が長いけど勝てない」
という方には特におススメです。

FX初心者用のメルマガも用意しているので、
"何から勉強すればわからない"
という場合にもオススメです。

メルマガの詳細内容はコチラ


登録はもちろん無料で、
解除もワンクリックで出来ます。