FXではレバレッジが他の商品に比べて
大きく効くので、
少額からトレードができるのが特徴です。

国内のFX業者を使えば25倍の
レバレッジが使えるし、
海外のFX業者に至っては
3000倍のレバレッジなんてものも。

 

だから、
FXをやる人は必ずといっていいほど、

「少額から大きく増やしてやる」

なんていう、
少額チャレンジをします。

 

しかし、
FXで小額からトレードをする際には、
実はリスクも潜んでいます。

今回はこの事について
お伝えしていきます。

 

少額トレードに潜むリスクとは?

FXは少額からトレードができるので、
自己資金が少なくても大丈夫ですが、
実はそこにリスクが潜んでいます。

 

そのリスクとは何かというと、

“何回でも復活できてしまう”

ということです。

 

「え、何回も復活できるのは
良い事じゃないの?」

なんて思ったかもしれません。

 

確かに、少額でトレードをすれば、
仮に全部失ったとしても
ダメージは少ないので、
何回も復活できることは
良い事ではあります。

 

ただし、ここに実は罠があって、
何回も復活できるという事は、
それだけトレードに対する真剣さが
薄くなります。

 

例えば、あなたが少額から
FXにチャレンジした時に、

「5万円ぐらいなら別に無くなってもいいや」

なんて思って、
トレードをした事ありませんか?

 

私はこの経験、何度もあります。

このように考えることで、
トレードに対する真剣さが薄くなって、
適当なトレードが増えます。

 

そして、適当にトレードをすれば、
それだけ損切りになる確率も高くなり、
実際に損切りになると、
悔しくてすぐに取り返そうとして
またすぐに適当に再エントリーをします。

 

しかし、その再エントリーも
損切りになってしまうと、
急に怒りが沸いてきて、

「無くなってもいい資金だし、
ハイレバで一発逆転を狙ってやる」

なんて事をし出すのです。

 

それで結局、全部を失ってしまい、

「あーあ、ダメだったわ」
「でも、少額だし別にいいか」

なんて事をするのです。

 

少額の資金を失い続けて結局大きな損失に

少額の資金からFXをすると、
真剣さが薄れるので、
適当にトレードをしてしまい、
簡単に全てを失います。

 

こうなると、

「また5万入金してやるか」

なんて考えだして、
すぐに再入金をします。

 

しかし、再入金した後は
一旦リセットされたと思い込むのですが、
頭のどこかでは、
前に失ったお金の事があり、

「前に失った5万円を取り返してやる」

なんていう気持ちも
自分ではわからなくても
実は存在しています。

 

その為、再入金後のトレードでも、
早くトレードをして
取り返したい気持ちが働くので、
また適当にトレードをします。

 

こうなると、
もうおわかりだと思いますが、

・また損切になる
・また取り返そうと再エントリー
・また損切になる
・またハイレバでトレード
・また全部失う

といった流れになります。

 

そしてまた再度入金をして
同じ事を繰り返していきます。

 

こんな事を
ひたすら繰り返していく内に
少額でやっていたつもりが、

「気付いたら全部で50万失っていた」

なんて事になって
そこそこの大金を失うのです。

 

このように、
FXを少額の資金でやると、
何度も復活しては
何度も資金を失ってを繰り返して、

“結局大金を失う”

というリスクが潜んでいるのです。

関連記事:FXのトレードでは少なすぎる資金は逆効果!その理由とは?

 

同じ失敗を繰り返す事で悪い癖がつきやすい

FXを少額でやると、
同じ失敗を繰り返して
トータルで見ると
大金を失うリスクが潜んでいます。

 

更にこれに加えて、
少額を何度も入金して、
何度も同じ失敗を繰り返していると、

・ポジポジ病
・ハイレバでリベンジトレード

といった悪い癖が
つきやすくなります。

 

こうなってしまうと、
そこから抜け出すのに
物凄い時間が必要になります。

また、時間だけでなく、
より大きな金額も
失いやすくなるので、
この点もリスクになります。

 

実際に私自身も、

「少額だから全部失ってもいいや」

なんて軽い気持ちで
FXをしていた時は、
何度も同じ失敗を繰り返しました。

 

そしたら案の定、
ポジポジ病やリベンジトレードなどの
悪い癖が思いっきりついて、
トータルで1,000万以上失ったし、
FXで結果を出せるようになるまでに
5年以上の時間が掛かりました。

関連記事:FXで1000万を失う失敗をした私の末路・・・とは!?

 

少額でFXをする本来の意味とは?

少額でFXをすると、

「何度も復活できる」

という軽い気持ちから、
逆に大損をするリスクが潜んでいます。

 

これは、
少額からハイレバを使って
大きく稼ごうとする事が原因です。

 

例えば、SNSなどで、

「5万円から100万円に増やしました!」

みたいなのを頻繁に目にしますが、
これに影響を受けてしまい、
真似してしまうのです。

 

しかし本来は、
少額からFXをするのは良い事で、
その本当の目的は

・トレードに慣れる
・大損せずに経験値を積む

といった事になります。

 

トレードに慣れる

これはFX初心者に当てはまるのですが、
初心者の場合、
FXがどんなものなのかわかりません。

 

いきなり大きな資金を入れると、
ロットがメンタルに与える
影響がわからずに、
最初からロットを大きくして
トレードをしてしまい、
大損することが結構あります。

 

このような事を防いで、
FXでのトレードに慣れる為に
少額からFXを始めて、
リスクを小さくしていくのです。

関連記事:FX初心者は少額から!資金ゼロからFXを始める方法を伝授!

 

大損せずに経験値を積む

これはFX初心者だけでなく、
中級者にも当てはまります。

 

FXでは、
自分に合った手法を作って
それを使ってトレードをしていきます。

これをやることで、
安定的に資金が増えていくからです。

 

しかし、手法を作ったとしても、
その手法を実践で
ルール通りにできるとは限りません。

ほとんどの場合、
最初の内はルール通りにできずに
色んな失敗をします。

 

だから、手法ができたからといって、
いきなり大きなロットで稼ごうとすると
大損する可能性が高くなります。

このような事が起きやすいので、
まずは少額の資金から低ロットで
トレードをしていき、
経験値を積んでいくのです。

 

場数をこなして
経験値を積み上げていくことで、
段々とルール通りに
トレードができるようになっていき、
結果も安定してきます。

そうなったら、
本格的に資金を入れて、
ロットを少しづつ上げて
トレードをしていきます。

 

このような感じで、
少額でトレードをする本来の意味は

・トレードに慣れる
・大損せずに経験値を積む

といった事になります。

 

決して少額からリスクを取って
大きく増やすことを
意味しているのではありません。

 

資金が多ければトレードの難易度も下がる

少額でFXをすると、
間違ったトレードの仕方をすれば、
大損するリスクが高まります。

 

逆に、資金が多ければ、
実はトレードの難易度は下がります。

 

例えば、あなたが
月に50万稼ぎたいとしましょう。

 

その時にあなたの資金が、
以下の金額だとすると、
狙うべき月利は、

・資金100万:月利50%
・資金1,000万:月利5%

となります。

 

この結果を見ても明らかですが、
当然、資金が多い方が、
同じ金額を稼ぐにしても
狙う月利も小さいので、
精神的負担が段違いに軽くなります。

 

この事によって、
無理にトレードをする必要がなくなり、
それがルール通りに
トレードを実行させてくれます。

 

しかし、だからといって、
やみくもに資金を大きくして
FXをやればいいものではありません。

やはり勝てるトレード技術がなければ、
いくら資金があっても、
大損するリスクは高いです。

 

あくまでも、
勝てるトレード技術がある上で
資金が多い方が
難易度が下がるという意味ですので。

もし、今現在、
トレードで勝てる技術がなければ、
まずはその技術習得に力を入れましょう。

 

たとえ少額からであっても、
リアルトレードはしない方がいいです。

さもないと最初にお伝えした事が
起きやすくなるだけですから。

関連記事:FXで最初に重要なのは技術?メンタル?資金管理?どれなの?

 

まとめ

今回はFXでトレードを
少額でする際に潜むリスクについて
色々とお伝えしてきました。

 

少額でトレードをする事自体は
良いことなのですが、
やり方を間違えると、
逆に大損したり、
悪い癖がついたりする原因になるので、
その点は注意しましょう。

 

 

Visited 1 times, 1 visit(s) today