FXには色んなトレード手法があります。

単純にローソク足だけの手法から、
色んなテクニカルを混ぜ合わせる手法まで。

 

色んなトレード手法がある中で、
FX初心者が使うべき手法は、
とにかくわかりやすい
シンプルな手法が一番です。

 

では、なぜFX初心者は
わかりやすいシンプルな手法が
一番良いのでしょうか?

その辺りの理由を
今回はお伝えしていきます。

 

FXは手法を複雑にするほど上手くいかなくなる

人間は物事を自ら複雑にする傾向があり、
色々組み合わせて複雑にした方が、
「なんだか凄そう!」
と感じる事が多くあります。

特にFX初心者の場合、
何をすればFXで結果が出やすいのかを
把握しきれていないので、
手法を複雑にしがちです。

 

しかし、FXにおいては、
はっきり言って
トレード手法を複雑にするほど、
負ける可能性が高くなっていきます。

 

なぜなら、
使うテクニカルを増やしていくと、
全てのテクニカルの値が
エントリー基準に合致しないと、
トレードができなくなってしまい、
トレード数自体が極端に少なくなります。

 

例えば、2つの手法があったとして、

 

・手法A
MAだけを使って、
ローソク足がMAの上に来たら買い、
下に来たら売り

・手法B
RSIの数値が30以上(以下)
ATRの数値が30以上(以下)
ボリンジャーバンドにタッチ
MAが上(下)を向く

この4つが揃ったら買い(売り)

 

という条件になっていた場合、
手法Bの方がフィルタが多くなるので、
エントリー回数は極端に少なくなります。

こうなると、
トレードチャンス自体がなくなり、
FX初心者に重要な
経験値を積めなくなります。

 

しかも、FXの場合は、
使うテクニカルの数が
多いからといって、
上手くいく手法とは限らないのです。

これはカーブフィッティングと言って、
テクニカルをたくさん使って
過去の値動きに、
完全にフィットさせる事になります。

 

いくら、”相場は過去の動きを繰り返す”
という性質があるからといっても、
それが未来の相場で、
全く同じように起こるわけではありません。

 

その為、テクニカルをいくつも使って、
過去の動きに過剰に合わせすぎると、
その動きと少しでも違う動きをした場合、
その手法は通用しなくなってしまうのです。

 

更に、手法を複雑化してしまうと、
FX初心者の場合、
エントリーも間違えやすくなって、
本来の手法の力を
発揮できない事も多々あります。

このような理由から、
FX初心者の内はシンプルで、
わかりやすい手法を使うべきなのです。

 

FXのトレード手法は料理と同じ原理

実はFXの手法作りは料理と似ています。

 

例えば、うどんや蕎麦は基本的に
出汁としょうゆがベースですよね。

それだけでも十分美味しいし、
むしろそっちの方が美味しいですよね。

 

そんな美味しいうどんやそばに、
ソース、みそ、豆板醤など、
色んな調味料を入れてしまうと、
味がケンカしてしまい、
クソまずい食べ物になってしまいますよね。

 

FXの手法作りもこれと同じで、
水平線とローソク足だけでも
十分結果は出せるのに、
そこにMACD、RSI、
ストキャスティクスなど、
テクニカルをバンバン追加することで、
クソ使えない手法になってしまうのです。

 

因みに、億を稼ぐようなトレーダーは
みんな物凄くシンプルで、
わかりやすい手法を使っています。

私の周りの常勝トレーダー達も
みんな水平線しか
チャートに表示させてないですからね。

 

私も手法を複雑にしたせいで大損しました

実は私もFX初心者の時に
手法を複雑にしたせいで大損しました(笑)

 

当時はFXの事がよくわからず、

「2~3pipsぐらいなら簡単に取れるだろ」

なんて考えていたので、
FX初心者の時からスキャルピングをして
更に色んなテクニカルを
意味もわからず表示していました。

 

だから、

・1分足の速い値動きに翻弄される
・多いテクニカルでエントリーに迷う

ということが起きてしまい、
めちゃくちゃなトレードをして
結局1,000万以上を失いました

 

しかも、このめちゃくちゃな
トレードを繰り返していたせいで、

・ナンピンする
・リベンジトレードをする
・ポジポジになる

といったように、
FXで破産を引き起こす癖が
思いっきりついてしまいました。

 

これのせいで結局、
FXで安定した結果を出せるようになるまでに
5年以上の時間が掛かってしまい、
とにかく遠回りをするはめになりました。

その為、私のような失敗をしない為にも、
FX初心者の内から
シンプルでわかりやすい手法を
使うようにしておいた方がいいです。

 

FX初心者にわかりやすい手法とは?

FX初心者はシンプルで
わかりやすい手法を使うべきですが、

“シンプルでわかりやすい手法って
いったいどんな手法なの?”

なんて思うかもしれません。

 

FX初心者にわかりやすい手法に関しては、
色々意見があるとは思いますが、
私が個人的にわかりやすいと思うのは、

・トレンド中の押し目買い、戻り売り
・トレンド転換を狙う

この2種類だと考えています。

 

なぜなら、この2種類は、
テクニカルは必要なく、
水平線とダウ理論だけで
トレードができるからです。

その為、複雑な知識は必要なく、
基礎的な知識だけで使える手法なので、
FX初心者でもわかりやすい上に、
トータルで利益が出せる手法です。

 

因みに、この2つの手法について
詳しい内容を書いた記事があるので、
良ければ参考にしてみてください。
FX初心者が使いやすいトレード手法は?たった2つで十分!

 

FX初心者が失敗しにくいトレードスタイルは?

FX初心者は
わかりやすい手法を使うべきですが、
手法と同じくらい重要なのが
トレードスタイルになります。

 

トレードスタイルとは、

・1分足のスキャルピング
・15分足のデイトレード
・日足のスイングトレード

といったように、
トレードをする時間軸の事になります。

 

そして、FX初心者が失敗しにくいのが、
1時間足以上のデイトレードです。

 

なぜなら、1時間足以上になると、

・トレンド判断がしやすい
・反転しやすい場所がわかりやすい
・損小利大のトレードが癖づく

といったように、
FX初心者が安定した利益を出す為に
覚えるべきことを
身につける事ができるからです。

 

更に、1時間足以上だと、
値動きがゆっくりで翻弄されないので、
ポジポジ病などの悪い癖も
付きにくいのが特徴です。

 

実際に私自身も、
スキャルピングに手を出して
1,000万以上の損失を出してから
4時間足のデイトレに変更しました。

そしたら、徐々にトレードが安定していき、
FXで利益を出すコツをつかむことができました。

 

もし、1時間足以上のデイトレについて
更に詳しく知りたい場合は、
以下の記事も読んでみてください。
4時間足のデイトレがFXで勝てるきっかけになった!

 

まとめ

今回は、FX初心者は、
シンプルでわかりやすい手法を
使うべき理由について、
私の考えをお伝えしました。

 

FX初心者の場合、
テクニカルをたくさん使った
“複雑な手法の方が良さそう”
なんて考えがちなのですが、
実は全く逆です。

FXはシンプルでわかりやすい手法こそ
結果が出やすいものです。

 

それに最初から手法を複雑にすると、
余計な知識が入って
頭が混乱してしまいます。

このような事が起きると、
結果が出るもの出なくなり、
FXで稼げるようになるまでに
物凄い遠回りをすることになります。

 

私もFX初心者の頃から
複雑な手法を使ったせいで
1,000万以上を失った上に、
ポジポジ病などの悪い癖が
ガッツリ染みついてしまいました。

これによって、
FXで結果が出るまでに
5年以上の時間が掛かっているので、
この経験からも
FX初心者はわかりやすい手法を
使うべきだと強く感じています。

 

Visited 1 times, 1 visit(s) today