先日、
以下のようなツイートをしました。

 

FXをやっていると、
多くの人が一度は
大損を経験しています。

私に限っていえば、
一度どころか、
数えきれないくらい
大損をしています(笑)

 

しかも、大損を積み重ねる内に
何が原因で失敗したのか
わからなくなって
苦しんだ時期が長かったです。

あの時期は何をやってもダメで
本当に辛かったですね。

 

もしかしたら今のあなたも
昔の私のような同じ苦しみを
味わっているかもしれません。

 

そこで今回は、
何度も大損して
失敗を繰り返してしまう時の
失敗パターンを明確にして
改善する方法について
お伝えしていきます。

 

まずは自分に自問自答してみる

大きな資金を失った直後は
怒りや悲しみ、悔しさなど
マイナスの感情に
支配されている状態なので
一旦は何もせず
現実逃避をしていいと思います。

 

昔の私もそうでしたが、
やっぱり資金を失った直後は
何も考えられないし、
何も考えたくないですよね。

 

でも、
数時間後、1日後、数日後など、
気持ちが落ち着いてきたら、

「何で資金を失ったのか?」

ということを
考えていく必要があります。

 

そして、この時に
私がよくやっていたのが、

“自分で自問自答してみる”

ということでした。

 

例えば、私の場合、
損切りできずにナンピンをして
資金を全て失うことが多かったです。

この時にナンピンをした場所から
エントリーの時に向かって
自問自答をしていきます。

 

Q. 何でナンピンをした?

A. 損切りが悔しかったから

 

Q. 何で損切りが悔しかった?

A. 前のトレードで利食いして
その利益を減らしたくなかったから

 

Q. そもそも何でエントリーした?
本当に自分の形だった?

A. 完全に自分の形じゃないけど似てたから

 

Q. 何で似てただけでエントリーした?

A. 今日の利益を更に増やしたかったから

 

Q. 何で今日の利益を更に増やしたかった?

A. 昨日負けで終わったから

 

といった感じで、
大損して資金を失った場所から
1つずつ戻りながら
自問自答をしていくのです。

 

これをすることで、
大損を引き起こしたトレードの
原因を特定することができます。

 

失敗理由をノートなどに書き出していく

自問自答をして
大損理由が何となくわかったら、
今度はそれをノートや
パソコンのメモ帳などに
書き出していきます。

 

これをすることによって、
自分の失敗トレードの原因を
視覚化することができるので、
失敗した理由を
ハッキリと認識できます。

 

できればこの時に
言葉に出しながら書いていくと
より脳に刷り込まれて
失敗の原因を認識することができます。

 

大損したトレード全てをチェックする

・失敗の自問自答
・自問自答を書き出す

これらを
大損したトレード全てに対して
行っていきます。

 

そうすると、
大損する時に起きる思考のデータを
たくさん取ることができますよね。

これによって、
自分の失敗原因の一貫性を
見つけることができるのです

 

例えば、私の場合だったら
先程お伝えしたように
ナンピンをする癖がありました。

 

その為、ナンピンをして
大損したトレードに対する
感情のデータを取ってみたところ、

・前日からの負けを増やしたくない
・せっかく取った利益を失いたくない

というのが特に多かったです。

 

因みに、
大損したトレードだけでなく、
リベンジトレードや
ルール外のトレードをした時も
同じようにデータを取ると、
より正確な失敗原因を特定できます。

 

以上が、自分の失敗の原因を
明確化する為の3ステップになります。

 

失敗を繰り返す時の改善策

トレードで大損をする原因が
特定出来たら最後にするのは、
失敗を繰り返さないための対策ですよね。

 

この時の効果的な対策方法としては

“対策をプロセス化する”

ということです。

 

要するに
これ以上資金を失わない為の
具体的な行動を決めるのです。

 

例えば、
昔の私はナンピンをして
何度も資金を飛ばしていました。

 

そして、この時に失敗原因を
突き止めるところまでは
よかったのですが、
対策を立てるところで、

・ナンピンしないように気を付ける
・ナンピンはダメと自分に言い聞かせる
・損切りは経費だと言い聞かせる

みたいな
精神論的な対策を立てていました。

 

ですが、
このような気合や根性などの
精神論の対策を立てたところで、
また同じ失敗をする場面が来たら
怒りの感情に支配されて
対策など忘れてしまい、
同じことを繰り返してしまいます。

 

もちろん、
精神論が効く場面もありますが、
FXの場合、命の次に大切なお金を
リスクにさらしています。

そのお金が全部なくなる寸前の
恐怖感や怒りに
精神論で決めた対策なんて
簡単に吹き飛ばされます。

 

だから、精神論の対策ではなく、
行動を起こすような
(体を実際に動かすような)
対策を立てる必要があります。

 

例えば、ナンピンによって、
何度も資金を失っているなら、

1.エントリー直後に逆指値を入れる
2.損切りになったらチャートを閉じる
3.パソコンの前から離れる
4.外に出かける(シャワーを浴びる)

といったように、
体を実際に動かすような
対策をするのです。

 

そしてこれを、
付箋でも何でもいいので
目に見える位置に貼っておきます。

こうすることで、
自分が決めた対策をする確率を
高めていくのです。

 

まずは1回だけでいいから守ろう

対策を立てて
それを目に見える位置に置いたら、
まずは1回でいいので
決めた対策を実行しましょう。

 

本当は大損をしそうな場面全てで
対策を実行できればいいのですが、
何度も大損を繰り返していると
その大損行為が癖になっています。

やはり癖になったものは
いくら対策を立てたところで
最初から全てを完璧に
実行することは凄く難しいです。

 

ましてやFXの場合、
大切なお金を賭けているので、
怒りや悔しさなどに
簡単に支配されやすい状態です。

ですから、まずは1回でいいので、
自分が立てた対策を
実行することを心がけましょう。

 

そして、もし1回でも
対策を実行出来たら

「ナイス損切りだったな俺」
「成長したなー、俺」

みたいな感じで
思いっきり自分を褒めましょう。

 

これをすることで、
脳が活性化していきます。

実は脳には、
報酬系と呼ばれるシステムが存在します。

これは自分の欲求が満たされた時に
活性化されて自分に快感を与えてくれます。

 

そして、
この快感を得やすくなるように
また同じような行動を
引き起こしてくれるのです。

よって、対策通りに
実行できた自分を褒めてあげると
また同じような場面で
同じ行動をさせてくれます。

 

だから、まずは1回でいいので、
対策を実行するように心がけましょう。

あとは対策が実行できるたびに
成功体験が積みあがっていくので、
どんどん対策通りに
実行できるようなり
悪い癖がその内消えていきます。

 

以上が、
繰り返す失敗に対する
改善策になります。

 

その他、FXでよくある
失敗についても記事を書いているので、
もし悩んでいる場合は、
以下の記事も読んでみてください。
エントリーが我慢できない時に効果的な方法とは?

FXで損失を取り返す行為をしてしまう原因を特定する方法

 

まとめ

今回は、自分の大損理由を
明確化するための3ステップと
その改善策について
お伝えしてきました。

 

再度まとめると、
大損理由を明確するには、

・失敗を自問自答する
・ノートなどにそれを書く
・データを集めて原因の一貫性を見つける

といったことになります。

 

そして、対策としては、

・行動を起こす対策を立てる
・まずは1回実行する
・実行できたら自分を褒める

といったことになります。

 

正直、1度癖になったものは
すぐに治ることはありません。

ですが、
少しずつでも
行動を起こすことで
治すことができるので、
よければ試してみてください。

 


P.S. メルマガを始めました

大衆心理を中心に、
FXで勝つ為のコツをお伝えしていきます。

「FX歴が長いけど勝てない」
という方には特におススメです。

FX初心者用のメルマガも用意しているので、
"何から勉強すればわからない"
という場合にもオススメです。

メルマガの詳細内容はコチラ


登録はもちろん無料で、
解除もワンクリックで出来ます。