FXスキャルピングを極めれば、
はっきり言って最強です。

ぶっちゃけた話、
どこでも利益が取れます。

 

そのぐらい
最強のトレードスタイルだと、
個人的には思っています。

ただし、その分、
スキャルピングで
勝てるようになるには
ものすごく難しいです。

 

むしろ、
安易にスキャルピングに手を出すと
大損の元になります。

では、なぜスキャルピングをすると、
大損の元になるのでしょうか?

その辺りを今回は話していきます。

 

値動きに翻弄されやすい

1分足だけ見てトレードをすると、
値動きが上下に激しく動くので、
目線がコロコロと変わってしまいます。

その為、ちょっと上昇しただけで、
「よし!買いだ!」
なんてすぐに飛びついてしまいます。

 

しかも、1分足だけを見て
スキャルピングをしていると、
チャートの縮小拡大が自動調整されるので、
そんなに大きく動いてなくても、
「大きく動いた!」と勘違いして、
飛びつきエントリーしやすいんですよね。

 

私もスキャルピングに手を出して
大損していた頃は
1分足しか見てなかったので
大陽線が出ただけで

「これは買いだ!」

なんて判断して買ってました。

 

でも、後から見ると
その大陽線はたったの5pipsしか動いてなくて

“全然強い動きじゃなかった”

というのがしょっちゅうでしたから。

 

こんな感じで値動きに翻弄されてしまい、
買いと売りを狭い範囲で繰り返して
損を積み重ねていくことで、
最後は大損なんてことになるのです。

 

視野が狭くなってトレンドが把握できなくなる

スキャルピングをすると、
次に起きるのが、
1分足チャートを集中して見るあまり、
視野が狭くなってしまい、
トレンドが把握できなくなることです。

 

FXにおいて、
トレンドを把握することは、
継続して結果を出し続けるには必須です。

しかしながら、
スキャルピングでトレードをすると、
視野が極端に狭くなるので、
トレンドとは逆方向に
エントリーしがちです。

 

例えば、1分足だけ見ていると、
少し高安切り上げを作ったからといって、
上昇トレンドと判断して、
買いエントリーをしやすくなります。

 

でも実は、
この時のチャートを5分足で見ると、
“思いっきり戻り売りポイントだった”
なんてことがおきやすくなります。

だから、スキャルピングをすると、
極端に視野が狭くなって
全体の流れが見えなくなりやすいので、
トレンドとは逆の方向に
エントリーしまくって、
最後は大損で終わることが多いのです。

 

ポジポジ病などが癖になりやすい

個人的には、
スキャルピングをやる一番のデメリットは、
これが起きることだと考えています。

 

1分足だけでエントリーをしていると、
2~3pipsを何回も取ろうとするので、
エントリー回数が激増します。

こうなると常にトレードをしていないと、
落ち着かなくなってしまい、
無駄なエントリーが大量発生します。

 

そして、
この”常にトレードをしている状態”
が癖になってしまい、
ポジポジ病になってしまいます。

 

しかも、
無駄なエントリーが増えることで、
損切りを繰り返すことになり、
その損失をすぐに取り返そうとして、
更にエントリーが増えていきます。

そして、損失を更に重ねていくと、
今度は1回で全ての損を取り返そうとして、
大ロットでのリベンジトレードを
しやすくなります。

 

これによって、負けてしまうと、
大損するだけでなく、

・ポジポジ病
・リベンジトレード

といったことが癖になってしまい、
何をやっても上手くいかなくなります。

 

実際に私自身も、
FX初心者の状態で
スキャルピングに手を出しました。

そしたら案の定、
値動きに翻弄されて損を繰り返し、
ポジポジ病やリベンジトレードが癖づいて
1,000万以上の大損をしました。

 

しかも、これらの悪い癖が治るまでに
数年以上かかったので、
本当に苦しんだ記憶があります。

この時の詳細について、
詳しく知りたい場合は、
以下の記事も読んでみてください。
私がFXで失敗して1000万を失った原因は1分足にあった!

 

生活が破綻する可能性が高くなる

FXで勝てない状態で
スキャルピングをすると
生活が破綻する可能性が高くなります。

 

なぜなら、スキャルピングだと、
サクサクトレードできてしまうので、
仕事から帰宅後に

「ちょっと取ってやろう」

なんて考えてしまい、
つい適当にエントリーを
しやすくなるからです。

 

これをやってしまうと、
仮に利食いができたら、

「もう少し取れるかな」

なんて考えだして
更にトレードをしやすくなるし、
逆に損切りになると、

「損を取り返さなきゃ」

なんて思ってしまい、
更にトレードを続けてしまいます。

 

よって、どっちに転んでも
1回のトレードからハマって
夜中中トレードを続ける事になります。

 

しかも、損が続いた日には

「取り返すまで寝れない」

という気持ちが強く働いて
朝までトレードをし続けて
結局大損に終わってしまい、
仕事に大きな影響が出ます。

 

そして、
仕事が終わったら終わったで

「昨日の損を取り返さなきゃ」

なんて考えてしまい、
また寝ずにスキャルピングを続けて
朝までトレードをしてしまいます。

 

これによって、
生活リズムがどんどんおかしくなって
体調も壊してしまい、
生活が破綻していくのです。

 

実際に私自身も
これと同じことが起きて、

・寝不足になる
・仕事がちゃんとできない
・寝不足で判断力が鈍る
・体を壊す

といった状態になって
心も体も資金もボロボロになりました。

 

まずはデイトレードから極めていくべき

FXでスキャルピングに手を出すと、
上記のようなリスクがあるので、
大損する可能性が高くなります。

 

その為、今現在、
FXで結果を出せていないなら、
まずはデイトレードを極めるべきです。

 

特に15分足~4時間足ぐらいのデイトレードは、

・トレンドを読み間違えにくい
・ポジポジ病などになりにくい
・値動きに翻弄されにくい
・損小利大のトレードが癖づく

といったメリットがあるので、
FXで安定した結果を出す為の
基盤を作り上げることができます。

 

実際に私自身も、
スキャルピングで大損をしてから、
トレードスタイルを
4時間足のデイトレードに変えました。

そしたら、
徐々にポジポジ病などが治っていき、
トレード内容が安定して、
FXで結果を出すきっかけをつかめました。

 

そして、4時間足のデイトレードで
安定した結果が出るようになったら、
15分足のデイトレードへ移行して
資金の回転率を上げていきました。

 

更に、15分足のデイトレードでも
安定した結果が出るようになってから
スキャルピングに挑戦したところ、
そこでも何とか結果が出せるようになり
今に至る感じです。

 

この経験から、
FXでスキャルピングに挑戦するにしても、
時間軸の長いデイトレードから
段階的に進んでいった方が
上手くいく可能性はずっと高いです。

ですから、今の時点で
安定した成績が出せていないなら、
まずはデイトレードから
極めていくのがいいと私は考えています。

 

もし、4時間足のデイトレードや
15分足のデイトレードのメリットを
更に詳しく知りたい場合は、
以下の記事を参考にしてみてください。

4時間足のデイトレがFXで勝てるきっかけになった!

FXでデイトレをするなら15分足の手法が一番やりやすい!

 

まとめ

今回は、スキャルピングに手を出すと、
大損する確率が高い理由を
お伝えしてきました。

 

スキャルピングと聞くと、

「サクサク簡単に利益が取れる」

というイメージがあるかもしれませんが、
実際にやってみると、
ものすごく難しいトレードスタイルなのです。

 

その為、
逆に大損する要因となるだけでなく、
ポジポジ病などの悪い癖もつきやすいので、
スキャルピングに手を出すと
逆に遠回りする可能性が高いです。

ですから、今現在、
FXで安定した成績が出せていないのなら、
まずはデイトレードで
しっかり結果を出せるようになるべきです。

 

そうすれば、
スキャルピングへ移行した時も
比較的スムーズに
利益が出せるようになるでしょう。

 


P.S. メルマガを始めました

大衆心理を中心に、
FXで勝つ為のコツをお伝えしていきます。

「FX歴が長いけど勝てない」
という方には特におススメです。

FX初心者用のメルマガも用意しているので、
"何から勉強すればわからない"
という場合にもオススメです。

メルマガの詳細内容はコチラ


登録はもちろん無料で、
解除もワンクリックで出来ます。