Land FXは海外FX業者の中でも
トップクラスにスプレッドが狭い
FX業者で有名です。

そんなLand FXを使う際に
少し注意しなければいけないのが
ロット数に関してです。

 

なぜなら、Land FXのような
海外のFX業者を使う場合、
1ロットあたり〇〇”
なんて表現をよく使うので、
1ロットが何万通貨なのか
よくわからないからです。

ここを正しく理解しておかないと
思わぬ損失を受けることもあるので、
注意が必要になります。

 

そこで今回は、Land FXでの
ロット数についてお伝えしていきます。

 

1ロットは何万通貨?

Land FXに限らず、
海外FX業者を使ってトレードをする場合、
1ロットという単位が基準になります。

しかし、この1ロットというのは、
国内のFX業者でいうところの10万通貨になります。

 

よって、

・1ロット=10万通貨
・0.1ロット=1万通貨
・0.01ロット=1,000通貨

となっているので、
間違えないように気をつけましょう。

 

国内のFX業者を使っていると、
“1ロット=1万通貨”
みたいな表現をよく見かけます。

 

しかし、
この感覚をもってLand FXを使って
1ロットでトレードをすると、
“-10pipsの損切りで1,000円の損失”
なんて思っていたのが、

“1万円の損失で予定が大きく狂った”

なんてこともありえますからね。

 

実際に私自身も、
初めて海外のFX業者を使った際に、
1ロット=1万通貨だと思い込んでいて
大きな損を出した事があります(笑)

その為、私のような失敗をしない為にも、
Land FXを使って初めてトレードをする際は、
このロット数に気をつけましょう。

 

因みに、海外のFX業者の場合、
ほとんどが1ロット=10万通貨です。

関連記事:海外FXの1ロットは10万通貨!?一体いくらからトレード可能?

 

ECN口座に少し注意

Land FXでは、ECN口座と言って、
インターバンク直結の
透明性の高いトレードができる
口座タイプが存在します。

 

しかし、この口座タイプでは、
最低取引ロット数が
0.1ロットからとなっています。

つまり、最低1万通貨からで、
1,000通貨単位でトレードができません。

 

更に、この口座タイプでは、
スプレッドが非常に狭くて
0.1pipsのスプレッドから
トレードができるのですが、

“1ロットあたり7ドルの手数料が掛かる”

という仕組みになっています。

 

これは10万通貨の取引に対して、
7ドルの手数料が掛かる事を意味します。

よって、これをpips換算すると、
単純計算で約0.7pipsのスプレッドが
加算されることになります。

 

このように、Land FXに限らず、
海外FXでは、”1ロットあたり〇〇”
といった表現が頻繁に出てくるので、
慣れるまで注意が必要になります。

 

因みに、Land FXに存在する
口座タイプについて詳しく知りたい場合は、
以下の記事も読んでみてください。
Land FXの口座タイプは何がある?全ての種類を調査してみた

 

初めて海外FXを使う際の注意点

Land FXを含めて、海外のFX業者では、
1ロット=10万通貨となっています。

そして、初めて海外のFX業者を使う際に
注意すべきことがあって、
MT4のワンクリック注文を使う時です。

 

この時の注文ロットの初期値が
1ロットになっているので、
ここを見落とさないようにしましょう。

ここに気づかずに
ワンクリック注文でトレードをしてしまうと、
いきなり10万通貨で
トレードをする事になりますから。

これはLand FXに限らず、
MT4を使う全ての海外FX業者で同じなので、
忘れないようにしましょう。

 

Land FXの最大ロット数は?

Land FXでは
注文時の最大ロット数が決まっていて、

・1トレードで最大30ロットまで
・同一口座内で最大100ロットまで

となっています。

 

つまり、これを国内のFX業者換算すると、

・1トレード300万通貨まで
・口座内で合計1,000万通貨まで

ポジションが保有できることになります。

 

国内のFX業者だと、
大体1トレードあたり、
100万通貨までなので、
ここはさすが海外のFX業者ですね。

レバレッジが高い分、
ポジションの保有ロット数も
国内のFX業者よりも多いです。

 

何ロットからトレードするのがいい?

Land FXの1ロット辺りの
通貨数がわかったところで、
次に思うことが、

「何ロットからトレードすればいいのか?」

といった事になります。

 

これは正直なところ、
トレードをする人の、

・トレード技術
・資金量

といった部分で決まってきます。

 

トレード技術

FXで安定した結果を出し続けるには、
トレード技術が必要になります。

この段階で勝てる技術がないと、
いくらロットを上げても、
簡単に資金を失ってしまいます。

 

ですから、もしあなたが、
まだFXで安定して
勝ち続ける力がないのであれば、
最低の0.01ロットで十分です。

 

「そんなんじゃ全然儲からないよ」

なんて思うかもしれませんが、
それでいいんです。

だってFXで勝つ力がないんだから。

 

むしろ、この状態では本来、
リアルトレードではなくて、
デモトレードで十分です。

 

しかし、

「デモトレードだとどうも本気に慣れない」

なんていう場合も多くあります。

 

そんな時の為に、
自分が作った手法を実弾で試すのに
少額の資金を入れて、
最低ロットでトレードをするわけです。

ですから、まだFXで勝てるような
トレード技術がない場合は、
最低ロットの0.01ロットで十分です。

 

もし、FXで勝つ為に必要な事について
知りたい場合は、
以下の記事を参考にしてみてください。
FXで勝つ為に勉強する事はたった3つで十分!

 

資金量

トレードのロット数は
当然ですが資金量によっても
変わってきます。

 

Land FXが
いくらハイレバレッジとは言え、
資金が少ない状態で
大きなロットでトレードをしたら、
たった1回のトレードでも
ダメージは大きくなります。

最悪、たった1回のトレードで
強制ロスカットになる事もあります。

 

だから、資金が少ない場合は、
レバレッジに関わらず、
ロット数は小さくしましょう。

 

逆に、資金量が多い場合は、
それに合わせて、
ロットも上げていいでしょう。

ただそうは言っても、
やみくもにロットを上げるのではなく、
自分の手法に対して、
ちゃんと資金管理をした上で、
適正なロットを決めるべきです。

 

もし、資金管理方法について、
詳しく知りたい場合は、
以下の記事を参考にしてみてください。
FXで使う手法に対する資金管理はどうやればいいのか?

 

多すぎる資金は逆効果になりやすい

海外のFX業者を使って、
資金を多く入れ過ぎると、
逆効果になりやすいので注意が必要です。

なぜなら、
海外のFX業者の場合、
レバレッジが高いので、
資金量が多くあると、
過剰なレバレッジで
トレードをしやすいからです。

 

レバレッジが高い上に、
資金量も多くあると、

「これぐらい大きくても大丈夫だろ」

なんて勘違いしてしまい、
ロットを過剰に上げやすくなります。

 

そしていざトレードをして
損切りになったら、

“資金に対する損切り額が大き過ぎる”

なんて事になってしまいます。

 

ですから、Land FXを含めて、
海外のFX業者を使う場合は、
多すぎる資金は入れないようにしましょう。

私個人の経験だと、
50万以上は入れなくていいと思います。

関連記事:私がFXで大損した理由の1つに資金管理をおろそかにしていから

 

まとめ

今回は、
Land FXでトレードをする際の
1ロットの単位について
お伝えしてきました。

 

Land FXに限らず、海外のFX業者では、
1ロット=10万通貨を意味するので、
間違えないように気をつけましょう。

逆にここさえ間違わなければ、
“予想外の損をしてしまった”
なんてことは起こらなくなりますので。

 

Land FXの総合的な使い勝手を
詳しく知りたい場合は、
以下の記事を参考にしてみてください。
Land FXって実際どうなの?使い勝手を調べてみた

 

 


P.S. メルマガを始めました

大衆心理を中心に、
FXで勝つ為のコツをお伝えしていきます。

「FX歴が長いけど勝てない」
という方には特におススメです。

FX初心者用のメルマガも用意しているので、
"何から勉強すればわからない"
という場合にもオススメです。

メルマガの詳細内容はコチラ


登録はもちろん無料で、
解除もワンクリックで出来ます。