FXをする上で、
「専業トレーダーになること」
というのを多くの人が目指します。

私自身も全く同じだったし、
そうなる為に必死でした。

 

ただ、個人的な意見を言うと、
コチラの記事でも書いたのですが、
兼業デイトレーダーが最強です。

 

なぜなら、
本業で毎月の安定した給料を確保して、
その上でデイトレーダーとして
更に資金を稼いでいくと、
収入源が2つあることになるので、
経済的にも心にも余裕が出てくるからです。

 

だから、もし、本業の仕事が好きで
やりがいを感じているなら、
兼業デイトレーダーとして
トレードをしていくのが一番です。

 

じゃあ、

「兼業デイトレーダーが
一番やりやすい
トレードスタイルって何なの?」

なんて思いますよね。

 

そこで今回は、
兼業デイトレーダーにとって、
一番やりやすい
トレードスタイルについて
私の考えをお伝えしていきます。

 

兼業デイトレーダーがやりやすいスタイルは?

FXの兼業デイトレーダーとしてやっていく際に
一番やりやすいスタイルは、
1時間足以上のトレードだと
私は考えています。

 

では、なぜ1時間足以上のトレードが
兼業でやりやすいのでしょうか?

 

チャートに張り付かずに済む

兼業としてFXをやっていくなら、
1時間足以上のトレードが
一番やりやすい理由に、
チャートに張り付かずに済むことです。

 

やはり兼業だと基本的に、
朝から夜までは
本業の仕事があるわけです。

しかも残業なんてことになったら、
チャートを見ながら
トレードをすることは難しいです。

 

しかし、1時間足以上のトレードなら、
値動きがゆっくりなので、
エントリーから決済するまで
1日以上の時間が掛かることが多いです。

その為、チャートを見るのは、
1日に1~2回程度で十分なので、
本業に集中できます。

 

逆に、1分足や5分足といった、
短期トレードをしてしまうと、
常にポジションを持つ感じになるので
トレードが気になってしまい、
本業に集中できなくなります。

 

実際に私もサラリーマン時代に、
1分足のスキャルピングを
やっていたのですが、
仕事中に相場が気になって
仕方なかったですから。

だから、
ちょっとトイレに行っては、
携帯で相場をチェックして、
チャンスがあればエントリー
なんて事をしていました。

 

しかも、仕事の隙間時間にトレードをして、
損切りになった時なんて、
イライラするわ、凹むわで、
本業の仕事が
やる気ゼロになってましたから。

 

更に、短期トレードだと、
家に帰ってからの少しの時間で、

「1万円くらいサクッと取ってやるか」

なんて気持ちが沸いてしまい
余計なトレードが増えます。

 

そしてそこで
損切りになった日には

「損を取り返すまで寝れない」

なんて事が起きてしまい、

“結局朝までトレードをしてしまった”

といったことがおきて、
寝不足で仕事に行くことになり、
体調も崩しやすくなります。

 

このようなことからも、
兼業のデイトレーダーなら、
値動きがゆったりしている、
1時間足以上のトレードスタイルが一番です。

 

注文も指値を使って放置が可能

更に1時間足以上になると、
サポレジラインが強く効くので、
その付近に指値注文をしておき、
それと同時に損切りと
利食いの注文も設定しておけば、
あとは放置でOKです。

 

これであれば、
お昼休みと仕事帰りの2回ぐらい
チャートを確認するだけで十分なので、
精神的に余裕が出て、
本業に影響が出にくくなります。

実際に私自身も
兼業トレーダーだった時は
これと同じ方法で
トレードをしていました。

 

月間トータルで普通にプラスになる

1時間足以上のトレードだと、
トレード回数が少なくなるので、

「月間でプラスになるの?」

なんて思うかもしれません。

 

しかし、この点においても、
特に心配はありません。

なぜなら、FXでは、
トレード対象通貨が多くあるので、
複数の通貨でトレードをすればいいからです。

 

しかも、1時間足以上になると、
値動きがゆっくりになる為、
複数の通貨をトレードしても
忙しくなることはありません。

 

朝一に各通貨のチャートをチェックして、
サポレジラインの近くに
エントリーと決済の注文を入れておけば
それで作業は終了ですからね。

慣れてしまえば15分程度で
全てが終わります。

 

また、1時間足以上だと、
1回で取れる値幅も大きくなり、
私の経験上では、

・利食い:+100pips以上
・損切り:-30~-50pips以内

といった感じなので、
勝率も50%あれば、
トータルでプラスになるし、
月間で+200pips以上取ることは
普通に可能です。

 

よって、
1時間足以上のトレードで
エントリーチャンスが少なくても、
月間トータルでプラスにすることは
特に難しいことではありません。

 

1時間足以上のトレードだと、
このような特徴があるので、
兼業のデイトレーダーにとっては
一番やりやすいトレードスタイルだと
私は考えています。

 

手法はどんな手法が良い?

兼業のデイトレーダーにとっては、
1時間足以上のトレードが
一番やりすいと考えいるのですが、

「じゃあ、どんな手法がいいの?」

と感じたかもしれません。

 

これに関しては、
正直なところどんな手法でも良いのですが、
私が個人的に使って良かったのが、
トレンド中の押し目買いと戻り売りです

 

「は?そんな単純な手法で勝てるの?」

なんて思ったかもしれませんが、
この単純な手法でも安定した結果は出せます。

 

なぜなら、
先程もチラッとお伝えしたように、
1時間足以上になると、
サポレジラインの効きが強くなるので、
そこで単純な押し目買いや
戻り売りをするだけでも、
反転上昇(下落)しやすいからです。

その為、こんな単純な手法であっても、
十分安定した結果を出せるのです。

 

もし、この手法について
更に詳しく知りたい場合は
以下の記事を参考にしてみてください。
FX初心者が使いやすい手法は2つ!その手法の詳細と理由

 

因みに、これだけでは不安なら、
MAを1本足すのもアリです。

ただし、テクニカルを入れ過ぎると、
その分フィルターが掛かるので、
ただでさえ少ないトレードチャンスが
余計少なくなるので注意が必要です。

 

実際に私も兼業時は4時間足のトレードだった

コチラの記事でも書いたのですが、
私もサラリーマン時代は、
スキャルピングからFXを始めたのですが、
あっという間に破産をしました。

そして、
その後に4時間足のトレードに変えたら、
上記でお伝えしたようなメリットのお蔭で、
トレード内容が安定していきました。

 

これによって、
FXで安定した結果を出すコツをつかみ、
そこから15分足などの
短期トレードへ移行していき、
なんとか専業でやっていけるようになりました。

ですから、1時間足以上のトレードは、
専業になる為のベースを作れる点でも
実はかなり効果的なのです。

 

もし、私が兼業時代にやっていた、
4時間足のトレードについて
更に詳しく知りたい場合は、
以下の記事も読んでみてください。
4時間足のデイトレがFXで勝てるきっかけになった!

 

まとめ

今回は、兼業のデイトレーダーが
一番やりやすいトレードスタイルや
手法について、
私の考えをお伝えしてきました。

 

私もサラリーマン時代は、
兼業トレーダーだったのですが、
なんだかんだいって、
1時間足以上のトレードが
FXで安定した結果を出す為の
きっかけを与えてくれました。

 

それに1時間足以上になると、
チャートに張り付く必要がないので、
本業に集中もできるし、
それでいて資金も増やすことが可能です。

ですから、私個人としては、
兼業でトレードをするなら、
1時間足以上のトレードがオススメです。

 


P.S. メルマガを始めました

大衆心理を中心に、
FXで勝つ為のコツをお伝えしていきます。

「FX歴が長いけど勝てない」
という方には特におススメです。

FX初心者用のメルマガも用意しているので、
"何から勉強すればわからない"
という場合にもオススメです。

メルマガの詳細内容はコチラ


登録はもちろん無料で、
解除もワンクリックで出来ます。