海外のFX口座で得た利益は、
累進課税と言って、
稼ぐ額が多くなるほど、
とられる税金も多くなっていきます。

確定申告の区分で言うと、
雑所得にあたります。

 

では、この累進課税・・・
いったいどれだけ稼ぐと、
どれだけの税金が掛かるのでしょう?

 

海外のFX口座で得た利益の税金額は?

海外FX口座で得た利益は、
累進課税になるわけですが、
その税金額の内訳は、
以下のようになっています。

 

稼いだ利益額税率
 195万以下15%
 196~330万20%
331~695万30%
696~900万33%
901~1800万43%
1801万~50%

 

といった感じになっています。

 

上記の税率は
住民税の10%を含めた税率なので、
所得税だけでいうと、
10%を引いた税率になります。

国内FX業者を使えば、
税率はどんなに稼いでも20%なので、
これと同じ税率にしたければ、
330万以下の利益に抑える必要があります。

 

まぁ、最初の勝てていない内は、
これでも特に問題ないですが、
FXで勝ち始めて、
エントリー枚数を上げていくと、
この数字はあっという間に超えます。

 

税金を国内のFX業者と
同じぐらいにするなら、
月間で27万円の利益までです。

厳密には、FXに関係する
本や商材、PCなどを買った場合は、
それを経費にできるので、
もう少し稼げますが、
それでもたかが知れてますよね。

 

そう考えると、
累進課税恐るべしですね。

だって、1800万を超えると、
FXで死ぬ思いをしながら
稼いだ内の最大50%を
税金で持っていかれるわけです。

 

FXで勝てるようになると、
月間の利益額が
100万を超えるのは普通です。

だから、ある程度資金が溜まったら、
国内のFX業者に変えるか、
法人化すれば、
半分も持っていかれる事はないですけど。

 

因みに、プロ野球選手なんかも、
この累進課税と言われています。

だから、年俸1億であっても、
5000万は税金ですからね。

 

しかも、この税金額は、
翌年に来るので、
次の年で減俸になったら、
税金が払えなくなる可能性があります。

 

例えば、2018年に1億円稼ぐと、
この分の税金は、2019年に払います。

だから、2019年分の年俸が、
5000万とかに下がったら、
2019年は税金を払うだけで
全て持ってかれるので、
実質収入ゼロです。

 

こう考えると、
高額な年俸をもらっている
プロ野球選手も大変ですよね。

 

話が逸れてしまいしましたが、
海外のFX口座で利益を出すと、
累進課税で税金を取られていくので、
FXで勝ちまくった場合は注意が必要です。

 

追記 総合課税により税率がアップ?

上記では、海外FX業者を使う場合、
330万までが国内FX業者と同じ、
20%の税率とお伝えしましたが、
これはあくまでも
FX以外に収入がない人に限ります。

 

もし、サラリーマンなど
他に収入がある場合は、
総合課税なので
仮に330万以下でも
20%を超える可能性があります。

 

例えば、

・サラリーマンの所得:500万
・海外FXでの所得:150万

といった場合、
合計での所得は650万になりますよね。

 

海外FXの場合、
雑所得にあたるので総合課税となります。

つまり、税率は150万に対してではなく、
給料とFXの利益を足した金額で
税率が決まるので30%になるのです。

 

その為、海外FXの利益に対する税金は、
所得税と住民税を合わせて
45万を納めることになるのです。

 

これが国内のFX業者なら
分離課税になるので、
サラリーマンの給料は関係なく、
税率は一律20%になります。

ですから、
サラリーマンの年収が多い場合は
海外FXの利益が100万を超えたりすると
税率が20%を超えることもあります。

 

因みに、税金が掛かるのは
あくまでも所得に対してです。

所得とは、経費や控除などを
差し引いた金額になります。

 

その為、サラリーマンの年収が
600万あったとしても、
実際は給与控除や配偶者控除などを入れれば
所得は600万よりも大分安くなるので、

“年収=税率”

ということにはなりません。

 

FXでの稼ぎも同じです。

経費を利益から差し引いた金額が
所得となって税率が掛けられるので、
稼いだ金額にそのまま
税率が掛けられるものではありません。

 

海外FXは損失の繰越ができない

通常、国内のFX業者を使っていれば、
その年に損を出したら、
確定申告をするとその損失を繰り越せます。

 

例えば、2018年に損失が-100万で、
それを確定申告で報告しておけば、
2019年に100万の利益を出しても、
前年分と相殺できるので、
税金を払う必要がなくなるんです。

 

でも、これが海外FXとなると、
それができません。

だから、2018年に-100万で、
それを確定申告して、
2019年に100万の利益を出しても、
その100万に対する税金を
払う必要があります。

これはこれで結構残念な制度ですよね。

 

経費は普通に使える

FXでは、FXに関する物に対して
お金を使った場合、
それを経費にすることができます。

 

ですから、

・FXに関する書籍
・パソコン
・パソコンの周辺機器
・FX塾やコンサル費用
・セミナー代金

といったものは、
経費計上ができるので、
節税をすることができます。

 

よって、もしその年に
FXに関するものに対して
お金を使ったら、
しっかり経費計上した方がいいです。

特に高額のFX塾に入った場合などは
塾の費用も数十万になったりするので
必ず経費に入れるようにしましょう。

海外FXの場合、
累進課税になるので、
この経費計上はかなり役立ちます。

 

もし、FXで使える経費に関して、
更に詳しく知りたい場合は、
以下の記事を参考にしてみてください。
海外FXでの税金を減らす!経費はどこまでOK?実体験から考える

 

レバレッジ10倍 vs 累進課税

2019年現在、
国内FX業者のレバレッジ10倍は
見送られていますが、
この話が出た時点で、
いずれは10倍になるでしょう。

 

もし、国内のFX業者で
レバレッジが10倍になったら、
正直使い物にならないというか、
レバレッジの醍醐味が物凄い薄れます。

かといって、海外のFX口座を使うと、
累進課税によって税金が高くなる。

 

そうなると、
どっちを使えばいいのか、
正直ちょっと迷いますよね。

 

この点に関しては、
自分がFXに使える、
資金量で決めればいいと思います。

もし、現状のレバレッジ25倍や
レバレッジが10倍になったとしても、
自分が望むエントリー枚数で
トレードができるのであれば、
国内のFX業者でいいでしょう。

 

逆に、資金が少なくて、
レバレッジが25倍以下では、
自分の望む枚数で
トレードができない場合は、
海外のFX業者がいいでしょう。

 

因みに、海外のFX業者だと、
口座開設ボーナスや
ゼロカットがあるので、

・資金ゼロからトレードができる
・追証がない

といったメリットがあるので、
これらの恩恵を受けたい場合は、
海外のFX業者がいいでしょう。

 

関連記事

海外FXでの100%ボーナスの利用が有効な場合と注意点とは?

海外のFX業者の0カットとは?これぞ究極のシステム!?

 

まとめ

海外のFX口座を使って利益を出すと、
累進課税になるので、
税金額もドンドン増えていきます。

ただ、それはFXで
安定して勝てるようになってから
気にすれば良い事です。

 

だから、もしあなたが、
まだFXで結果が出ていない状態で、
FXを小額でやりたい場合は、
累進課税やら税金やらを気にせずに、
海外のFX口座を使うのがオススメです。

 

もし、オススメの海外のFX業者を
知りたい場合は、
以下の記事で紹介しています。
海外のFX業者を利用する際の使いやすい業者は?

 


P.S. メルマガを始めました

大衆心理を中心に、
FXで勝つ為のコツをお伝えしていきます。

「FX歴が長いけど勝てない」
という方には特におススメです。

FX初心者用のメルマガも用意しているので、
"何から勉強すればわからない"
という場合にもオススメです。

メルマガの詳細内容はコチラ


登録はもちろん無料で、
解除もワンクリックで出来ます。