Land FXを使うと、

・レバレッジ500倍
・入金ボーナス
・追証なし

といったように、
FXでのトレードに
大きなメリットがあります。

 

しかし、FXで利益を出した場合、
税金の支払いが発生するので、
確定申告をする必要があります

こうなると、Land FXは
海外のFX業者になるので、
“税金の区分がわからない”
といった事が起きやすくなります。

 

そこで今回は、
Land FXで利益を出した際の
税金についてお伝えしていきます。

 

いくらから確定申告が必要になる?

まず、Land FXで利益を出したとはいえ、
利益の金額によって、

・確定申告をするべき
・確定申告をしなくてもよい

といったことが決まっています。

 

そして、その基準額は年間の利益が、
プラスになったら確定申告が必要です。

因みに、副業をする会社員の場合は、
年間の利益が20万円を超えたら、
確定申告が必要になるので、
20万未満であればする必要はありません。

 

逆に、無職やフリーランスなどは、
プラスになったら
確定申告が必要になりますが、
基礎控除などが使えるので、
実際は税金が掛からない場合もあります。

 

例えば、無職なんかは、
FX以外の収入がゼロで、
年間の利益が48万円以下なら、
基礎控除が48万円使えるので、
所得税はゼロになります。

 

これは実はLand FXに限らず、
海外のFX業者を使った場合は
必ずこの基準に沿って
確定申告の有無が決まります。

その為、もしLand FXや
他の海外FX業者を使って
年間の利益がプラスになったら
自分の今の状況を見て、
確定申告の有無を判断していきます。

 

税金の金額はどうなっている?税率は?

Land FXでプラスの利益を出したら、
確定申告をして税金を払う必要があります。

 

ただ、税金を払う必要があるとはいえ、
Land FXで得た利益の税金の区分は
どこに分類されるのか
よくわからない事もあると思います。

 

Land FXに限らず、
海外のFX業者を使って利益を出した場合、
税金の種類は決まっていて、
累進課税の雑所得となっています。

要するに稼げば稼ぐほど税率が上がり、
支払う税金の額も大きくなっていきます。

 

因みに、雑所得の税率は
以下のようになっています。

年間の利益額税率
 195万以下15%
 196~330万20%
331~695万30%
696~900万33%
901~1800万43%
1801万~4000万50%
4001万~55%

 

この税率は所得税+住民税の税率になります。

こうやって見ると、
恐ろしい税率ですよね。

 

せっかく死ぬ思いで
頑張って稼いだとしても、
半分以上税金で持っていかれるなんて
ちょっとひどすぎですよね。

しかし、そうはいっても
税金を払わないと脱税になって
逮捕されるので、
結局払う必要があるのですが。

関連記事:海外FXの税金を支払うタイミングは?いくらから税金が発生する?

 

利益が出た場合は経費を上手く使おう

Land FXを使って
年間の利益がプラスの場合、
確定申告をして
税金を支払う必要があります。

 

ただ、FXの場合、
FX関係に使ったお金があれば、
それらは経費として認められます

 

例えば、FX関係の経費といえば、

・FX関連の書籍
・高額塾や個人コンサル
・FXのセミナー代金
・パソコン
・キーボードやマウスなどの周辺機器
・パソコンデスクや椅子

といったように、
FXの為に使ったお金であれば
経費として算入出来るので、
節税が可能になります。

 

だから、もし会社員で、
Land FXを使って
得た利益が21万円だった場合、
5万円のパソコンを買ったりすれば
合計の利益が16万になるので、
確定申告をする必要がなくなります。

*フリーランスや無職は別です。

 

ただし、税金の支払いを逃れる為に
過度な経費算入をすると
税務署に指摘されることもあるので、
本当に自分に必要なものだけを
経費に入れるのが基本です。

関連記事:海外FXで経費に入れて良いものは?確定申告で上手く節税!

 

年間の損益がマイナスになった場合は?

仮にLand FXを使って、
年間の損益がマイナスになった場合は、
確定申告は必要ありません。

 

海外のFXで得た所得は
雑収入になるので、
損失繰り越しができないからです。

これが国内のFX業者であれば、
分離課税になるので、
損失繰り越しができるんですけどね。

 

この点が海外のFX業者を使うと、
デメリットでもありますよね。

関連記事:海外FXで赤字が!この場合の税金はどうなるの?

 

損益通算はできない

Land FXを使ってトレードをする場合、
これ以外にも、
国内のFX業者を使って
トレードをする事もあるでしょう。

こうなると、
国内のFX業者と海外のFX業者両方で
損益が出る事になります。

 

そして仮に、年間の損益が

・Land FX:+25万円
・国内のFX業者:-30万円

となった場合、
この2つを合わせると、
合計‐5万円の損益になりますよね。

 

これを見て、

“トータル‐5万円なので確定申告は不要”

なんて思いがちですが、
海外のFXで得た損益と
国内のFX業者で得た損益は
合算する事ができません。

 

なぜなら、税金の区分が違うからです。

その為、今回の場合だと、
Land FXで得た利益に対しては
確定申告が必要になり、
所得税と住民税を払う必要があります。

 

国内のFX業者で出た損失は
損失繰越はできます。

関連記事:海外FXと国内FXで損益通算はできるの??

 

仮想通貨の損益とは損益通算可能

海外FXで得た損益は、
国内のFX業者で得た損益とは
合算する事ができませんが、
仮想通貨の損益ならできます。

 

これは、現状の仮想通貨の税金区分が
海外FXの区分と同じだからです。

 

ですから、仮に年間の損益が

・海外FX:+20万円
・仮想通貨:-20万円

となった場合は、
年間の損益が合計でゼロになるので、
確定申告の必要はありません。

 

その代わり、
万が一税務調査に入られた時の為に
両方の取引履歴は残しておきましょう。

 

もし海外FXだけ残っていて、
仮想通貨だけ残っていなかったら、

「年間の利益がプラスじゃん」

なんて指摘されて、
余計な税金が取られる事になりますからね。

関連記事:海外FXとビットコインFXで損益通算は可能!その内容とは?

 

確定申告は絶対にネットがオススメ

確定申告と聞くと、
“税務署に行って書類を書いて提出する”
というイメージがありますが、
ネット上で書類を作ることができます。

 

確かに初めて確定申告書を作る際は
少し難しいこともありますが、
一度作ってしまえば、
そのデータを保存することができるので、
翌年以降は金額を修正するだけで使えます。

 

実際に確定申告の時期に
税務署に行ってみればわかりますが、
向こうで申告書を作ろうとすると、
恐ろしい数の人が並んでいるので、
3時間待ちとかは普通にあります。

 

しかも、確定申告書を作った後に
提出する時にも長蛇の列ができるので、
最高に時間の無駄になります。

 

逆に確定申告書を
前もってパソコンで作って
印刷して持っていけば
並ぶ時間に10分程度かかるだけで
すぐに終わるので物凄い楽です。

Land FXを使って
トレードをしているということは、
パソコンに関しては
そこまで抵抗がないはずなので、
確定申告をする際は
ネットで作成するのが一番です。

 

まとめ

今回は、Land FXを利用して
利益が出た際の税金について
お伝えしてきました。

 

これはLand FXに限らず、
海外のFX業者を使う際も同じで、
年間の利益がプラスになったら
確定申告をして
税金の支払が必要になります。

 

これは日本に移住している限り
絶対に必要なことなので、
忘れずに確定申告をするようにしましょう。

さもないと脱税になって
最悪逮捕される事もありますからね。

 

Land FXの総合的な使い勝手を
詳しく知りたい場合は、
以下の記事を参考にしてみてください。
Land FXって実際どうなの?使い勝手を調べてみた

 

 


P.S. メルマガを始めました

大衆心理を中心に、
FXで勝つ為のコツをお伝えしていきます。

「FX歴が長いけど勝てない」
という方には特におススメです。

FX初心者用のメルマガも用意しているので、
"何から勉強すればわからない"
という場合にもオススメです。

メルマガの詳細内容はコチラ


登録はもちろん無料で、
解除もワンクリックで出来ます。