FXでトレードをする場合、

・買いが得意で売りが苦手
・売りが得意で買いが苦手

といった事があります。

 

その為、チャートを上下反転させれば、
得意な方と同じようにトレードが出来て

「勝率がアップするかも」

なんてニヤニヤしてしまうかもしれません。

 

ですが、FXでのトレードは
実はそう単純なものではなく、
下手すれば落とし穴に落ちます。

 

上下反転チャートの落とし穴とは?

自分の苦手なエントリーを
得意な方と合わせる為に
チャートを上下反転にしても、
実はあまり上手くいきません。

 

なぜなら、買いと売りで
チャートを形成する際の
スピードが違うからです。

 

これはどういうことかというと、
チャートをよく見ればわかりますが、
買われて上昇していく場合は
時間を掛けて上がっていきます。

 

一方で、
売られて下落していく場合は、
短時間で素早く下落していきます。

 

 

だから、チャートを上下反転させて
トレードをしようとしても
買いタイミングや売りタイミングが
結局上手く取れないことが多くなります。

 

更に、ここでちょっと
思い出してほしいのですが、

・買い=ロング
・売り=ショート

って呼びますよね?

 

この呼び名からもわかるように、
買いの方が時間長く掛かって
売りの方が時間が短く済むのが
なんとなくわかると思います。

 

あとは自分のトレード記録を
見返してみてもわかると思いますが、
買いと売りで保有時間を見てみると、
基本的に売りの方が短いはずです。

 

このような感じで、
FXのチャート形成には
ちょっとした癖があるので、
チャートを上下反転させても
自分の得意な方と同じように
トレードができるわけではないのです。

 

自分のトレード感覚が狂う場合も

上記でお伝えしたように、
チャートが上昇する時と
下落する時では
形成スピードが変わってきます。

その為、
自分の得意な方と同じように
チャート分析をしようとすると、
いつもの感覚と
ズレが出てくることがあります。

 

こうなってしまうと、
いつも上手く読めてたチャートでも、
いつもと違う感覚で読んでしまい、
トレード自体がおかしくなる事があります。

 

例えば、あなたが売りが得意で
買いが苦手だとしましょう。

だから、買いも売りと同じように
トレードをする為に
チャートを上下反転させて
買い戦略を考えます。

 

ですが、チャートの形成が
売りの時とは違うので、

「なんだかいつもと違う」

と、脳が錯覚を起こしてしまいます。

 

これによって、
上昇チャートに対して
売りの感覚を
強引に当てはめてしまうので、
トレード感覚が狂いやすくなるのです。

上下反転チャートは
このような弊害を生むこともあります。

 

下落の方がセオリー通りの動きをしやすい

FXを始めた頃って、
上昇と下落チャートは
以下のようにジグザグで動くって
学びませんでした。

でも実際は、
下落と上昇では
下落の方がセオリー通りの
ジグザグな動きをしやすいです。

 

先程のチャートを見てみると、
その感じがわかります。

 

どうです?

下落チャートの方が
キレイなジグザグですよね。

上昇チャートだと、
押し目の場所でもみ合ってから
上昇していますよね。

 

慣れない内は売りの方が少し難しい

下落チャートの場合、
セオリー通りの動きをしやすいですが、
慣れるまでは売りの方が
少し難しいと思います。

 

なぜなら、下落の場合、
チャートが動くスピードが速くなるので、
一瞬の判断力が必要になるからです。

その為、少しでも迷ったりすると
あっという間に置いて行かれます。

 

また、売りの場合、
下落スピードが速ければ、
戻ってくるスピードも速いです。

だから、決済の部分でも
少しでも判断が遅れると
利益を取り逃したり、
逆に損にしてしまったりすることも
実は意外に起きやすいです。

 

逆に売りに慣れていると、
買いトレードをする場合に
エントリー後もみ合いやすいので
けっこうイライラします。

 

私もどちらかといえば
売りが得意なので、
買いトレードをする場合は

「さっさと上がれよ」

なんてイライラします(笑)

 

FXは得意なことをするだけで十分

FXでのトレードは
買いと売り両方から
利益を狙うことができます。

その為、

「買いと売り両方取ってやる」

なんて考えがちです。

 

ですが実際は、
両方のトレードができなくても、
自分が得意な方だけで
十分利益を出すことができます。

 

普通の社会だと、

“色んなことを満遍なくできた方が良い”

みたいな風潮がありますが、
FXでは全くそんなことないです。

 

むしろ苦手なことも無理にやると、
資金を減らすだけですし、
それによって切れてしまい、

・リベンジトレード
・ポジポジ病

といったことをしやすくなるので、
苦手なことはやらない方がいいです。

 

あくまでもFXは、
上手くトレードするのが目的ではなく、
資金を増やすことが目的ですから。

 

それであれば、
自分の得意な方に対して
検証をもっとして
トレードのレパートリーを
増やしていった方が
ずっと簡単に資金が増えます。

 

例えば、売りトレードにしても、

・戻り売り
・ブレイク売り
・逆張り売り

といった方法があるし、
更にこの方法の中でも、

・トレンド相場用
・レンジ相場用

という感じで分けることができます。

 

こういう見方をすれば、
片側のトレードだけであっても、
いくらでもトレードチャンスは見出せます。

だから、チャートを上下反転させて
無理に苦手なトレードをするよりも、
得意な方のレパートリーを
増やしていく方向へ
持って行った方がいいでしょう。

 

まとめ

今回は、
チャートを上下反転させる際の
落とし穴についてお伝えしてきました。

 

FXでのトレードは
買いと売り両方できるので、
つい苦手な方であっても
無理にトレードをしようとしてしまいます。

 

ですが実際は、
自分が得意な方をやるだけで
資金は増えていくので、
無理にチャートを上下反転させて
トレードをしようとしなくて大丈夫です。

それであれば、
自分の得意なことを伸ばしていった方が
ずっと楽にトレードができるし、
資金の増え方も早いでしょう。

 

もし、トレード精度を上げたい場合は、
以下の記事でちょっとしたコツを
お伝えしているので、
よければ読んでみてください。
エントリーの精度を上げる為のちょっとしたポイントとは?

FXのあらゆる手法でエントリー精度を上げる方法とは?

 


P.S. メルマガを始めました

大衆心理を中心に、
FXで勝つ為のコツをお伝えしていきます。

「FX歴が長いけど勝てない」
という方には特におススメです。

FX初心者用のメルマガも用意しているので、
"何から勉強すればわからない"
という場合にもオススメです。

メルマガの詳細内容はコチラ


登録はもちろん無料で、
解除もワンクリックで出来ます。